FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/04

上杉神社。[山形県米沢市]

山形県米沢市です。
上杉神社」の続きです★

米沢城跡に建つ上杉神社さんの境内には、
お城であった頃の足跡があちこちに残っています。



上杉神社。[山形県米沢市]

先ずは「米沢城下絵図」から。


===
米沢城
伊達氏・上杉氏の居城で、松岬城・舞鶴城とも呼ばれる。
米沢城の起源は、鎌倉時代に地頭・長井時広が居館を置いたと伝えられる。
その後、長井氏に替わり伊達氏が置賜地方を領し、天文17年(1548)には
伊達晴宗が本拠を米沢に移し、輝宗・政宗の3代で米沢城下が整備された。

天正19年(1591)、政宗は豊臣秀吉の命で岩出山城に移り、
米沢城には蒲生氏郷の家臣・蒲生郷安が入るが、
慶長3年(1598)に上杉景勝が会津120万石に入封、
米沢城には重臣・直江兼続が配された。
慶長6年(1601)、前年の関ヶ原の戦いで西軍方についた上杉景勝が
米沢30万石に減封され米沢城に入城、城下の拡張整備に着手した。
以後、寛文4年(1664)に後継問題で米沢藩は15万石となるが、
米沢城は約270年間にわたり上杉氏13代の居城として明治維新を迎えた。

城郭は平城で、本丸・二の丸・三の丸からなる輪郭式の縄張りで、
三の丸の東側には町人町・職人町が置かれた。
本丸の中央は藩主の住む御殿があり、
南東隅の高台には上杉謙信の遺骸を祀る御堂が建ち、
北東と北西の隅には三層の隅櫓があった。
明治になって御殿や隅櫓は取り壊され、
本丸跡は松が岬公園と上杉謙信を祭る上杉神社になる。
堀と土塁が往時を偲ばせ、堀の周囲には桜の木が並び桜の名所ともなっている。
云々。。。



上杉神社。[山形県米沢市]

こちらの石段を上った先の高台には、
「上杉謙信公祠堂跡」があります。


上杉神社。[山形県米沢市]

===
上杉謙信祠堂(御堂)跡
江戸時代、上杉謙信の遺骸を安置した御堂(祠堂)が建っていた場所である。
謙信は天正6年(1578)3月13日、越後春日山城で逝去、享年49であった。
その遺骸は甲冑を着せ甕に納め、漆で密閉したと言われている。
その後、謙信の跡を継いだ上杉景勝が会津120万石、
米沢30万石に移封されるに伴い、謙信の遺骸も移され、
米沢城南東隅のこの地に御堂を建て安置した。
謙信遺骸の左右には善光寺如来と泥足毘沙門像が置かれ、
その後は歴代藩主の位牌も祀り、最も神聖な場所として厳重かつ鄭重に祀られた。
明治4年の廃藩に際し、仏式を改め神式とし、
謙信は上杉神社の祭神として祭られる。
謙信の遺骸は、同9年に歴代藩主が眠る御廟所(上杉家墓所)に移された。
云々。。。


以前会津の鶴ヶ城に行った時の「上杉謙信公仮廟所跡」の記事はこちらから。
鶴ヶ城に行ってきました!  ★会津若松市



上杉神社。[山形県米沢市]

そして御堂跡の隣に建つ「招魂碑」です。

===
招魂碑
この招魂碑は、慶応4年(1868)に始まった戊辰戦争で、
主に新潟方面で西軍と激戦の末に戦死した米沢藩士280余名と、
明治10年(1877)におこった西南戦争の戦死者52名を慰霊するために、
明治11年4月に建てられました。
その後、日清・日露戦争で戦死した将兵の霊も合祀されています。

この場所は、米沢城本丸の東南隅にあたり、
藩祖上杉謙信公の遺骸を安置した御堂があったところです。
毎年2月に開催される雪灯篭まつりの鎮魂祭は、この地で執り行われます。
碑は、凝灰岩で高さ約3.4メートル、総高約5.8メートル。
碑名は、戊辰戦争に従軍して参謀を努めた斎藤篤信
(後の山形県師範学校初代校長)が、
稲穂の芯を束ねた特製の大筆で書いたものです。
云々。。。



[上杉神社。その2 [山形県米沢市]]の続きを読む