FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

やって参りました、新潟県南魚沼市。
以前より、ず~とチェックしていたこの場所へ♪



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

坂戸山の麓、銭淵公園の一画にある小さな資料館。
直江兼続公伝世館」でありますー。

さっそくー★



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]
「坂戸城絵図 江戸時代」。


=== 案内板より ===
国指定史跡 坂戸城跡
坂戸城跡は、坂戸山(標高634m、山麓との比高差約450m)と
その西麓に築かれた中世から近世初頭にかけての城跡である。
南北朝時代(14世紀中頃)、新田氏に替わって上杉氏が越後守護になると、
家臣の長尾氏(上田長尾氏)が勢力を伸ばし、やがて南魚沼地方
(上田庄)を治めるようになった。
16世紀初頭、越後国内が戦国の動乱期に入り、
坂戸城は長尾房長による本格的な築城が始まった。
天文19年(1550年)、長尾景虎(後の上杉謙信)が越後国主となるに及び、
翌年、政景(房長の子)は景虎と和睦を結び、臣従するに至った。
天正6年(1578年)謙信が急逝し、政景の子 景勝が御館の乱(1578~80年)を経て
越後国主になると、坂戸城は近隣武将の番城とされ、領国経営の要所となった。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]
「坂戸城 パノラマ模型」。


慶長3年(1598年)、豊臣秀吉の命により景勝は会津に国替えとなり、
春日山城には越前から堀秀治が入った。
坂戸城には秀治の家臣 堀直竒が入ったが、
同15年(1610年)信濃国飯山に移され、坂戸城は廃城となった。

坂戸山山頂部と主要な尾根には、石垣をもつ実城をはじめ、
主水郭・大城・小城などの郭群が築かれている。
実城をやや下ると桃之木平という広い郭があり、兵糧などの貯蔵や
大勢の城兵が立て籠もる際に使われたと考えられる。
寺が鼻尾根には小さな円形の塚が数多く存在する(寺が鼻百塚)。
西麓には、城主館跡(通称 御館)・家臣屋敷跡・御居間屋敷跡がある。
城主館跡は1町(約110m)四方あり、周囲を土塁で囲み、
正面の土塁には高さ約2mの石垣が築かれている。
家臣屋敷跡は、城主館跡の前方一帯に広がり、
直竒が家臣たちをここに集住させた。御居間屋敷跡は御主館跡のすぐ南側、
薬師尾根の中腹にあり、直竒が築いたものである。
城主館跡・実城に残る石垣も直竒によるものである。
西麓部と山頂部・尾根上の郭群を結ぶ道としては、
桃之木平を通る城坂と呼ばれる沢伝いの道が使われた。
昭和54年(1979年)、典型的な中世山城の姿をとどめているとして、
国の史跡に指定された。
云々。。。



[直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]]の続きを読む