FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

渋川市です。
突然思い立ったように見たくなりましたっ。
あれからしばらく経つから展示内容も変わったかな?と。。。

「埋蔵文化財調査センター 発掘情報館」にやって参りました。
そう、「甲(よろい)を着た古墳人」さんに会いたくなって。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

=== 案内板より ===
金井東裏遺跡のあるところ
金井東裏遺跡は榛名山北東麓の扇状地扇端部にあり、
古墳時代の2回の大噴火によって埋まった遺跡です。
噴火は現在の二ツ岳の位置で起こったもので遺跡から8kmの近距離にあります。
二ツ岳は、2回目の噴火の時にできた溶岩ドームなので、
古墳人たちは見ていませんでした。
扇状地の東端は吾妻川に削られた、高さ20mほどの崖になっています。
遺跡から西側にある榛名山の峰々は近すぎて見えません。
云々。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

===
「甲(よろい)を着た古墳人」の発見
「甲を着た古墳人」は、平成24(2012)年11月19日に発見されました。
発見の一報で、関係者が現地に集まり、
古墳人が甲を着たまま火砕流により亡くなっていることを確認しました。
このような発見例は日本で初めてのことで、
世界的に見ても貴重なものであることは言うまでもありません。
すぐに甲の破片を事業団に持ち帰り、X線写真撮影をした結果、
小札甲(こざねよろい)であることがわかりました。
云々。。。


===
「甲(よろい)を着た古墳人」と3人の被災者
「甲を着た古墳人」(1号人骨)は自然流路の可能性がある
31号溝から発見されました。
「首飾りの古墳人」(3号人骨)は、「甲を着た古墳人」の西側17mのところ、
道が溝を横断する地点で頭を北東方向にして倒れていました。
乳幼児(2号人骨)は、「甲を着た古墳人」の東側2mの31号溝中に
頭蓋骨の一部だけ確認されました。
5歳児(4号人骨)は、「甲を着た古墳人」の北西27mの平らなところで
頭を南東方向に向けて、両手足を大の字に広げてうつ伏せに倒れていました。
人骨の観察と調査・分析は、
九州大学アジア埋蔵文化財センターの研究グループに依頼しました。
云々。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

=== 案内板より ===
①「甲(よろい)を着た古墳人」
身長164cmの40代の男性です。出土した状況から、
膝立ちの状態で上半身が前方左側へ倒れ込んだと考えられています。
頭蓋骨の形質分析と歯根のストロンチウム同位体比分析から、
近畿から北九州古墳人の渡来系統で、
西からの移住者である可能性が示されました。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

甲を着て冑(かぶと)を持ち、もう1つの甲と鹿角製の胸当、
銀と鹿角の飾りのついた鉾(ほこ)、鹿角の飾りをつけた鉄鏃を所有することから、
リーダー的な存在でマツリに関係する人物であった可能性が高いのです。
云々。。。



[埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。August. 2019 [渋川市]]の続きを読む