FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
=== 案内板より ===
寺井廃寺出土瓦
強戸小学校から強戸中学校にかけての地域からは、
第二次世界大戦前から古瓦の出土が知られる。
その後も、鉄釘、金具、瓦溜、礎石などが発見されており、
これらの出土品や、この地域が「寺井」、「天良(てんら)」という
寺に関係のある地名であることから、古代寺院遺跡の存在が想定されている。
しかし、その寺院の名称は、資料がないため、不明であり、
「寺井廃寺」と呼ばれている。
また、規模や構造などの詳細も、本格的な発掘調査が行われていないため、
不明である。


寺井廃寺出土瓦。[太田市]

出土瓦には、軒丸瓦・軒平瓦・丸瓦・平瓦がある。
軒丸瓦には、上野国分寺式系の素紋縁五葉重弁蓮華文瓦と、
これより古い大和川原寺式系の面違鋸歯文縁八歯複弁蓮華文瓦などがある。

寺井廃寺は、有力な豪族の氏寺として、7世紀末頃(奈良時代白鳳期)
に建立されたと推定され、東毛地域ではもっとも古い寺院と考えられている。
この頃、豪族たちは仏教の影響を受け、
古墳の代わりに寺院を建立するようになったものと考えられる。



[寺井廃寺。[太田市]]の続きを読む