FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
滝沢古墳。[群馬県北群馬郡吉岡町]

北群馬郡吉岡町です。
町役場の一角に古墳があります。
滝沢古墳」であります。


=== 案内板より ===
滝沢古墳
この古墳は、下野田の滝沢川右岸に存在したが、
関越自動車道路線にかかっていたので、
発掘調査後、ここに築造当初の形に推定復原したものである。

墳丘は直径11m、高さ2mほどの小円墳である。
高さ1mの付け基壇を有し、石室前には台形に開く前庭がある。
墳丘の表面には軽石や川原石を用いた葺石がある。
周囲には浅い堀が存在した。


滝沢古墳。[群馬県北群馬郡吉岡町]

埋葬主体部は、全長5.5m、玄室長2.7m、玄室幅1.8mの横穴式両袖型石室である。
側壁の下半部には浮石室角閃石安山岩、
上半部には硬質安山岩を配する乱石積である。
壁石の一部は鑿で削られ、玄室入口には切石の厳門があり、
末期的様相を呈している。

副葬品は古い開口なので、釘、刀子の破片が僅かに出土しただけで
埋納当初の状況は明らかでない。
古墳の年代は、石材の加工技術や構築法などから7世紀と考えられる。
この地域を支配した小豪族の墓であろう。
云々。。。


[滝沢古墳。[群馬県北群馬郡吉岡町]]の続きを読む
寺泊岬温泉 ホテル飛鳥。[新潟県長岡市]

「寺泊岬温泉 ホテル飛鳥」さん。


寺泊岬温泉 ホテル飛鳥。[新潟県長岡市]

ホッとする和室。


寺泊岬温泉 ホテル飛鳥。[新潟県長岡市]

部屋からの眺め。


寺泊岬温泉 ホテル飛鳥。[新潟県長岡市]

ディナーは1Fレストラン「波止場」にて。


[寺泊岬温泉 ホテル飛鳥。[新潟県長岡市]]の続きを読む
甘楽こいのぼりの里。甘楽郡甘楽町

甘楽郡甘楽町に出現したコイノボリ。
甘楽こいのぼりの里」です。


甘楽こいのぼりの里。甘楽郡甘楽町



甘楽こいのぼりの里。甘楽郡甘楽町

日本の里100選の「秋畑那須地区」で元気よく泳いでいます。
5月12日(日)まで。



以前のコイノボリはこちらから。
こいのぼりの里まつり。[館林市]
以前の甘楽郡はこちらから。
常盤館。[甘楽郡下仁田町]

【この辺から観ました↓】
@群馬県甘楽郡甘楽町秋畑

カフェ食堂 柚子の花。[新潟県弥彦村]

彌彦神社の「大鳥居」。
交差点のところです。


カフェ食堂 柚子の花。[新潟県弥彦村]

カフェ食堂 柚子の花。[新潟県弥彦村]

「マスカルポーネクリームのベリーパフェ」。


[カフェ食堂 柚子の花。[新潟県弥彦村]]の続きを読む
彌彦神社界隈のちょいグルメ。[新潟県弥彦村]

少し時間があったので、
彌彦神社界隈のちょいグルメです。


彌彦神社界隈のちょいグルメ。[新潟県弥彦村]

おでんの「こんにゃく串」。


彌彦神社界隈のちょいグルメ。[新潟県弥彦村]

「五平餅」。
菓子処 かめや」さんにて。


【かめや】
@新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦






彌彦神社界隈のちょいグルメ。[新潟県弥彦村]

越後みそ西 弥彦笹屋店」さん。


[彌彦神社界隈のちょいグルメ。[新潟県弥彦村]]の続きを読む
旬彩 みのや。[太田市]

群馬県太田市です。

お通しは「かき菜の胡麻和え」。


旬彩 みのや。[太田市]

「スナップエンドウ塩ゆで」。


旬彩 みのや。[太田市]

「お刺身」。
ウニ、鯛、サヨリ、イカ、マグロ。


[旬彩 みのや。April. 2019 [太田市]]の続きを読む
彌彦神社。[新潟県弥彦村]

新潟県西蒲原郡、弥彦村にある「彌彦神社」です。


彌彦神社。[新潟県弥彦村]

「玉の橋」。


彌彦神社。[新潟県弥彦村]

「手水舎」と「鳥居」。


彌彦神社。[新潟県弥彦村]

「御神木」。


彌彦神社。[新潟県弥彦村]


[彌彦神社。April. 2019 [新潟県弥彦村]]の続きを読む
~桜~ April. 2019。[高崎市*北新波砦史跡公園]

先週行って来ました、
高崎市の「北新波砦史跡公園」です。

散り始めでしたが、
とても綺麗な桜でした。


~桜~ April. 2019。[高崎市*北新波砦史跡公園]



~桜~ April. 2019。[高崎市*北新波砦史跡公園]


[~桜~ April. 2019。[高崎市*北新波砦史跡公園]]の続きを読む
こいのぼりの里まつり。[館林市]

館林で開催中の「こいのぼりの里まつり」。


こいのぼりの里まつり。[館林市]

市役所前の鶴生田川。
たくさんのこいのぼりが泳いでいます。

「こいのぼりの里まつり」は、5月10日(金)まで。
ライトアップは午後10時までデス。



以前の記事はこちらから。
鶴生田川のコイノボリ。[館林市]

【鶴生田川】
@群馬県館林市城町

箱石浅間山古墳。[佐波郡玉村町]

畑の隅に鳥居が建っています。


箱石浅間山古墳。[佐波郡玉村町]

佐波郡玉村町の「浅間神社」。

そして。。。


[箱石浅間山古墳。[佐波郡玉村町]]の続きを読む
手打 玄蕎麦 ことぶき。[館林市]

館林市です。


手打 玄蕎麦 ことぶき。[館林市]

「そばみそ」。


手打 玄蕎麦 ことぶき。[館林市]

「もつ煮込み鍋」。


[手打 玄蕎麦 ことぶき。April. 2019 [館林市]]の続きを読む
梨ノ木山古墳。[佐波郡玉村町]

佐波郡玉村町にある古墳です。


梨ノ木山古墳。[佐波郡玉村町]

=== 案内板より ===
梨ノ木山古墳
■現 状 ・南北42M 東西45M 高さ7Mの伏鉢状の円墳
■石室の形式・竪穴式石室と推定される
■出土品 ・刀子滑石製模造品 円筒埴輪破片 土師器杯破片若干
■築造年代・5世紀~6世紀と推定される
云々。。。


[梨ノ木山古墳。[佐波郡玉村町]]の続きを読む
砂町遺跡 東山道駅路。[佐波郡玉村町]

佐波郡玉村町にある「玉村町北部公園」です。
この公園内につくられたお山の上に1枚の案内板が建っています。
砂町遺跡 東山道駅路」です。


=== 案内板より ===
砂町遺跡 東山道駅路
砂町遺跡は、北部公園整備事業にともなって、1998~99年にかけて3回にわたり
約37000㎡が発掘調査され、古墳時代の用水路、古代の道路遺構、
平安時代の水田、中世の溝、近世・近代の用水路などが発見されました。
このうち古代の道路遺構は極めて直線的で、
約240mの長さにわたって確認されています。


砂町遺跡 東山道駅路。[佐波郡玉村町]
■浅間山を望む東山道駅路全景

道路の両側には側溝が掘られ、道路幅は6.5~7.5m(側溝間心々距離9~10m)
あります。側溝から7世紀後半の土器が出土していることなどから
道路の時期は7世紀後半~8世紀後半と考えられます。
高崎情報団地遺跡(高崎市)や伊勢崎市・太田市で確認されている東山道牛掘・
矢ノ原ルートと同一ルートであることから、
砂町遺跡の道路遺構が東山道駅路にあたると推定されます。


[砂町遺跡 東山道駅路。[佐波郡玉村町]]の続きを読む
恵比寿家 九ちゃん。[那須塩原市]

那須塩原市にある居酒屋さん、
恵比寿家 九ちゃん」さんです。


恵比寿家 九ちゃん。[那須塩原市]

お通しの「おでん」。


恵比寿家 九ちゃん。[那須塩原市]

「刺身盛り合せ」。


[恵比寿家 九ちゃん。April. 2019 [那須塩原市]]の続きを読む
~桜~ April. 2019。[足利市*三栗谷用水沿い]

足利市の「三栗谷用水」沿いです。
南小学校の近くになるのでしょうか。


~桜~ April. 2019。[足利市*三栗谷用水沿い]



~桜~ April. 2019。[足利市*三栗谷用水沿い]


[ ~桜~ April. 2019。[足利市*三栗谷用水沿い] ]の続きを読む
うずまの鯉のぼり。[栃木市]

栃木市の街中を流れる「巴波川」。
うずまの鯉のぼり」です。


うずまの鯉のぼり。[栃木市]



うずまの鯉のぼり。[栃木市]

5月10日(金)まで開催。



以前の栃木市はこちらから。
蔵の街、巴波川 その1  ★栃木市
真名子そば。[栃木市]
以前の鯉のぼりはこちらから。
鶴生田川のコイノボリ。[館林市]

【倭町、幸来橋周辺】
@栃木県栃木市倭町

===
会津藩白虎隊精神の基礎 「忠孝両全」碑
会津藩祖保科正之公は徳川三代将軍家光公の弟にて格別の信頼を受け、
信州高遠より山形を経て寛永20年(1643)奥羽の要として
会津23万石に封ぜられたが、四代家綱将軍に亘り生涯を幕政に参画し
徳川300年の太平確に尽瘁した。
依って徳川宗家に対する「絶対忠節」と、学問を重んじ武道を尚ぶ「文武両道」と、
自ら吉田流神道奥義を極めての「尊皇愛国」を藩の伝統精神とした。
第三代正容公より松平姓となり大いに治績を上げたが、降って文化5年(1808)
露国の南侵に対し宗谷、利尻、樺太に2年間1600名を、
続いて欧米諸国の江戸侵航に対し文化7年より黒船来航を含み
安政6年(1859)までの間、三浦半島警備10年及び江戸湾警備12年
夫々約1400名を派兵して海防に当り、軍紀粛清、士気旺盛、功績抜群であった。
時に国内情勢不穏となり幕閣より都の警備と治安維持に全権を有する
京都守護職の内示を受けたが、「公武の政争に巻込まれて傷付く以外に効無し」と
第九代藩主松平容保公始め藩を挙げて反対し辞退した。
併しながら「会津藩に非ればこの危機を解決し得るものなし」と
説得強要せられるに至った。

○松平容保公(当時20才)その苦哀を実父に述べたる問答歌
○○行くは憂し行かぬもつらし如何にせむ 君と親とを思うこころは
○実父美濃高須藩主松平義建公の返歌
○○親の名はよし立たずとも君のため いさお現はせ九重のうち


飯森山にて。[福島県会津若松市]

ここに容保公意を決し、文久2年(1862)精鋭1000余名を率いて遥々京に上り
6年間任務を遂行したが、時の孝明天皇の御信任最も厚く、
賜りたる御親書は竹筒に収め終生肌身より離す事なく御信頼に応えた。
然るに、天皇の御急逝に続き明治天皇(御年16才)を擁して王政復古の挙あり
第十五代慶喜将軍と新政府との意見相違して慶応4年(1868)1月3日
鳥羽伏見の戦いとなりこれに敗れて会津に帰還した。
この間恭順謝罪文を幾度奉呈するも新政府首脳は仇敵会津を圧殺せずば
維新の達成不可能と握り潰し、薩長土肥始め24個藩の大軍を差向け
終には籠城戦となったが藩公の下老幼男女一致団結、
9月22日降伏開城に至るまでその節を貫き徹した。


[飯森山にて。~「忠孝両全」碑~ [福島県会津若松市]]の続きを読む
飯森山にて。[福島県会津若松市]

鶴ヶ城を後に、次に向かったのは「飯森山」です。
車で10分ちょっとでしょうか。


飯森山にて。[福島県会津若松市]

エスカレーター式の「飯盛山動く坂道」。


飯森山にて。[福島県会津若松市]

最初に拝見したのは「松平容保公弔歌の碑」です。


=== 案内板より ===
松平容保公弔歌の碑
戊辰戦争(1868年)で自刃した白虎隊士の殉難忠節に対し、
第9代藩主松平容保公が詠んだ弔歌の碑です。
「幾人の涙は石にそそぐとも その名は世々に朽ちじとぞ思う」
碑は、八田野(現会津若松市河東町)の篤志家八田宗吉によって建てられました。
云々。。。


[飯森山にて。[福島県会津若松市]]の続きを読む
~桜~ April. 2019。[足利市*山前公園]

足利市の「山前公園」です。


~桜~ April. 2019。[足利市*山前公園]


[~桜~ April. 2019。[足利市*山前公園]]の続きを読む
軍配山古墳。[佐波郡玉村町]

佐波郡玉村町にある「軍配山古墳」です。


軍配山古墳。[佐波郡玉村町]



軍配山古墳。[佐波郡玉村町]

===
御幣山(軍配山)古墳
当古墳は、昭和5年2月に発掘された。出土品は墳丘上の碑文に記されているが
中国渡来の白銅製内行花文鏡2面をはじめ、勾玉管玉鉄族その他鉄器類がある。
それらは東京上野の国立博物館に保存されている。


[軍配山古墳。[佐波郡玉村町]]の続きを読む