ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2018/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/06

さきたま史跡の博物館。[埼玉県行田市]

さきたま史跡の博物館。[埼玉県行田市] さきたま史跡の博物館。[埼玉県行田市]
(写真はクリックで大きくなります。)

埼玉県行田市にある「さきたま史跡の博物館」です。
古墳公園には何度か来たことがあったのですが、
博物館は初めて!

念願の、ですっ!
とても楽しみ☆
だから勿体ぶりませんっ (=゚ω゚)ノ


さきたま史跡の博物館。[埼玉県行田市]

お目当てはコレっ!

そう。

金錯銘鉄剣 きんさくめいてっけん」!!


[さきたま史跡の博物館。[埼玉県行田市]]の続きを読む
レストランゆり 浅間台本店。[足利市]

前回お邪魔した時とまったく同じアングルで撮ってます(笑

足利にある老舗の洋食屋さん、
レストラン ゆり」さんにお邪魔しています♪
市内に何店舗かある中の浅間台本店さんです。


レストランゆり 浅間台本店。[足利市]

人気のお店ですねー、ランチも混んでます。
少々ウエィティングの後、テーブル席へ。

ドライバーのYクンにお礼を言い、グラスワインを1つ。
お通しは小エビとキャロット・ラペ。
プリプリなエビ君です。


レストランゆり 浅間台本店。[足利市]

今回はサラダにデザート(orドリンク)、
+スープのセットメニューをお願いしました。

先ずは「コーンポタージュスープ」。
クリーミーで優しいお味★
なぜかほっとするような♪


[レストランゆり 浅間台本店。May. 2018 [足利市]]の続きを読む
埼玉県名発祥之碑。[埼玉県行田市]

埼玉県行田市にある「さきたま史跡の博物館」です。
この博物館の一画に石碑がありましたっ。

そう、
これこそ「埼玉県名発祥之碑」なのであります!
おぉー。。。


=== 案内碑より ===
埼玉県名の由来
明治4年11月14日、現在の県域に「埼玉県」と「入間県」を設置するとの
太政官布告が出された。
これが埼玉県の誕生である。
以後、幾度かの変遷を経て、明治9年8月に現在の埼玉県の区域が定まった。


[埼玉県名発祥之碑。[埼玉県行田市]]の続きを読む
辻九 深谷起会店。[埼玉県深谷市]

国道17号、深谷バイパス沿いにあるお蕎麦屋さんてす。
辻九 つじきゅう 深谷起会店」さん。
ランチタイムにお邪魔しました。

特に予定のない休日。
「葉山葵のお浸し」と「蕎麦焼酎」の水割りを★
ドライバーのSクン、申しわけありませんっ(笑


辻九 深谷起会店。[埼玉県深谷市]

1杯のお酒で喉を潤した後、
お願いしたのは「つけとろろそば」です。


[辻九 深谷起会店。[埼玉県深谷市]]の続きを読む
今、ここにある音。。。風の鼓動にて。[桐生市*有鄰館酒蔵]

先週の土曜日。
強い風の吹く夜で、強風のため電車が止まったりしていた。
会場に到着したのは、開演時間を少しまわった頃でした。


今、ここにある音。。。風の鼓動にて。[桐生市*有鄰館酒蔵]

石坂亥士 Percussion Solo ~風の鼓動~。
2018年5月19日(土)、場所は桐生市有鄰館酒蔵。

出演は石坂亥士さん、それに朗読の大川浩正さん。


今、ここにある音。。。風の鼓動にて。[桐生市*有鄰館酒蔵]

詩・荒地かおる


アジアの広大な大陸を吹き渡る風は、

日本という小さな島にも押し寄せ、

とがった峰々や、切り刻まれたような、

狭隘な谷のすみずみを、小さな風の渦となって吹き廻り、

再び大河のように合体して、アジア大陸へと帰ってゆく。


その渦のように吹き廻る風は、一瞬、石坂亥士の体内にとどまり、

体温を吸って音に結晶する。


[今、ここにある音。。。風の鼓動にて。[桐生市*有鄰館酒蔵]]の続きを読む
小見真観寺古墳。[埼玉県行田市]

埼玉県行田市にある「小見真観寺」さん。
こちらのお寺さんの境内にある「小見真観寺(おみしんかんじ)古墳」です。

周りがお墓なのでビクビクですが、
掃除をしていたおじさん方に挨拶をしながら突き進みます(笑


小見真観寺古墳。[埼玉県行田市]

墳頂への階段は上らず、右に行くと1つ目の石室がありました。


[小見真観寺古墳。[埼玉県行田市]]の続きを読む
地蔵塚古墳。[埼玉県行田市]

八幡山古墳に続いてやって参りました。
地蔵塚古墳」です。

児童公園の一画にあり、
大きさもそれほど無く、特別な特徴を持った古墳には見えませんが。。。


地蔵塚古墳。[埼玉県行田市]

石室の入口は厳重にロック!

そうなんですっ!こちらの古墳こそは、
石室の壁に絵が書かれている、装飾古墳なのでありますっ!
おぉーっ (=゚ω゚)ノ


=== 案内板より ===
地蔵塚古墳
この古墳は、若小玉古墳の一つで、墳頂に地蔵堂が安置されていることから、
地蔵塚古墳と呼ばれています。
墳形は、方墳と思われ、築造時期は、7世紀中葉頃と考えられています。
規模は、一辺約28メートル、高さ約4.5メートル、周堀幅約1メートル、
深さ40~50センチメートルです。


[地蔵塚古墳。[埼玉県行田市]]の続きを読む
八幡山古墳石室。[埼玉県行田市]

埼玉県行田市です。
どこか面白いトコないかな~?と、検索していて偶然見つけた史跡です。
八幡山古墳石室」。


八幡山古墳石室。[埼玉県行田市]

土が盛られていない、石室がむき出しになった古墳。
こちらが入口です。

頑丈にロックされていて入れません (=゚ω゚)ノ


八幡山古墳石室。[埼玉県行田市]

カメラを通して見ると、中はこんなです。


八幡山古墳石室。[埼玉県行田市]

もう少しアップ。。。
良く見えませんネ(汗、、、

しかし、この石室は凄かったっ!
案内板からどうぞっ★


八幡山古墳石室。[埼玉県行田市]

=== 案内板より ===
八幡山古墳石室
八幡山古墳は、この周辺に広がる若小玉古墳群の中心となる古墳のひとつで、
7世紀前半につくられた直径80mの大型の円墳と推定されています。
昭和9年に約2km東にあった小針沼埋め立てのために古墳を崩した際に
石室が現れ、翌年には発掘調査が行われて、前・中・後室の3室からなる
全長16.7mの巨大な石室であることが明らかになりました。
その後、昭和52~54年に発掘調査と復元整備が行われて現在の姿に
なっています。


八幡山古墳石室。[埼玉県行田市]

発掘調査では最高級の棺である漆塗木棺の破片や銅鋺など
豪華な遺物が発見されており、この古墳に葬られていた人物が
かなりの権力者であったと考えられることから、この古墳を「聖徳太子伝暦」に
登場する武蔵国造物部連兄麿の墓と推測する説もあります。

なお、この石室は奈良の石舞台にひってきする巨大な石室であることから、
「関東の石舞台」とも呼ばれています。
云々。。。


なんと!武蔵国造物部連兄麿さんのお墓ですかっ!?
乾漆棺の破片も発見されていると言いますし、
ただ者ではありませんっ。ウムム。。。

乾漆棺・・・ごく一部の終末期古墳にみられ、
当時最高級の棺として貴人の葬送に用いられたと考えられる。云々。。。
と、ウェキペティアでは紹介されています。

こちらの古墳は若小玉古墳群の中の一つ。
若小玉古墳群も併せてどうぞ。。。


[八幡山古墳石室。[埼玉県行田市]]の続きを読む
Taupe トープ。[足利市]

足利市の市場の前。ケンタッキーの近くになります。
Taupe トープ」さん。
カウンターで楽しめるフレンチのお店です。

Taupeってモグラの意味なのだそう。
ショップカードにもモグラのイラストが入ってましたー。


Taupe トープ。[足利市]

というわけで早速カウンター奥の席へ。

お通しは、
「苺と生ハムとクリームチーズ」のシュー。


Taupe トープ。[足利市]

グラスの〝スパークリングワイン〟で追いかけます。
果実味のしっかりとした辛口ワインです。

こんなひと口アミューズがウレシイ今夜。
もー1杯くださいっ。


[Taupe トープ。[足利市]]の続きを読む
今、ここにある音。。。[桐生市*有鄰館酒蔵] 今、ここにある音。。。[桐生市*有鄰館酒蔵]

5・6・7月と3ヶ月連続で行われる石坂亥士さんのパーカッションライブ。
毎回異なるゲストプレイヤーを迎え、それぞれの世界を表現して行く。。。

今月は19日(土)、朗読に大川浩正さん、そして石坂さんのソロライブ。
もうこれは観るしかないっ。
さぁ、みんなで行ってみよーっ!


「石坂亥士 ~風の鼓動~」
日 時/2018年5月19日(土) 開場18:30、開演19:00
会 場/桐生市有鄰館 酒蔵
出 演/石坂亥士(神楽太鼓、パーカッション)
出 演/大川浩正(朗読)
入場料/4,000円(当日券のみ) ※小学生以下無料乳幼児可



以前のライブはこちらから。
石坂亥士 Solo Live 立春大吉 2018、にて。[桐生市*有鄰館酒蔵]

【桐生市 有鄰館 酒蔵】
@群馬県桐生市本町2-6-32
TEL/0277-46-4144

[今、ここにある音。。。[桐生市*有鄰館酒蔵]]の続きを読む
四万温泉たむら。[四万温泉]

前回の続きです。
四万たむら」さん、in 中之条町。
夕食前のひと風呂であります♪

7つものお風呂があるたむらさん。
こちらは一番人気、「森のこだま」という露天風呂。
この角度からだと、良く分かりませんが、
もうちょい引いてみると。。。


四万温泉たむら。[四万温泉]

おぉ~っ (=゚ω゚)ノ

ライトアップされた滝を眺めながらの露天風呂!
マイナスイオンに癒されながら、体もポッカポカ♪ 
綺麗だなー。
一番人気なのもうなづけます★


他のお風呂もいただきました、もちろんっ。
大浴場「甍の湯」、川沿いにある「竜宮」、檜風呂「御夢想の湯」、
庭園露天「甌穴」、美肌の湯「岩根の湯」。。。
それぞれに趣があって、正に温泉三昧ですっ。
ただお客様入っていたので、森のこだま意外の写真は撮らなかったんですけどねー。


[温泉三昧の宿 四万たむら。その2 [四万温泉]]の続きを読む
四万温泉たむら。[四万温泉]

「四万温泉」に向かう途中の「甌穴 おうけつ」です。
この日は足場が悪かったのか遊歩道は侵入禁止(汗、、、
in 中之条町。

以前の甌穴の記事はこちらでーす↓
甌穴 OUKETSU。September.2017 [中之条町]



四万温泉たむら。[四万温泉]

というわけで先に進みます。

向かった先は、そう。
「温泉三昧の宿 四万たむら」さんであります。
キタ―!!★


四万温泉たむら。[四万温泉]

どぉ~んっ、と。
正面建物の重厚な茅葺屋根がトレードマークの
老舗のお宿。

四万温泉の中でも一番古いのかな?
手前にあったグランドホテルさんは姉妹館みたいですねー。


四万温泉たむら。[四万温泉]

いつかは泊まってみたいなー、と
以前よりチェックしていたお宿なのです★

こちらはフロントロビー。
中は意外に近代的。ナニゲに広いっ。


[温泉三昧の宿 四万たむら。[四万温泉]]の続きを読む
CON展 2018。[足利市]

CON展の〝CON〟は、
ラテン語で「一緒に」、草の根や源としての「根」、そして現代を意味する
「contemporary」のconなど、様々な意味をもっていますが、
そこには、特別な存在ではない、生活と渾然一体となったアートのあり方
を提案したいという願いも込められているのだそうです。

いろいろな作家さんの作品が展示されるアートの祭典、
あしかが CON展」のご案内です!
2018~♪


「CON展 コンテン 2018」
日 時/2018年5月13日(日)~19日(土)
日 時/11:00~17:00(初日・最終日 16:00終了)
会 場/松村記念館、通り3丁目N邸、旧足利館、巴町H邸、他各所
会期中無休、入場無料
詳しくはCON展さんfacebookページまで。
https://www.facebook.com/GroupConTen/



以前の記事はこちらから。
CON展にて。[足利市]

【松村記念館】
@栃木県足利市大門通

菜園れすとらん ITARU。[足利市]

久しぶりにお邪魔しました、
菜園れすとらん ITARU」さん。

すでにたくさんのお客様で賑わってます。
週末のディナーは予約必須ですネ。
in 足利市。


菜園れすとらん ITARU。[足利市]

奥のテーブル席に陣取ります。
先ずは「ハイボール」。

こちらは普段のハイボールではなくて、
限定の〝桜ハイボール〟。
シロップに漬け込んだ桜の花が入ってます。
香りが良くて、ちょっぴり甘い雰囲気。はかどります(笑


菜園れすとらん ITARU。[足利市]

今夜はコースでメニューで。
〝グリルコース〟をお願いしました。

「前菜 盛り合わせ」。
ゆめポークの自家製無添加ハム、フルーツピクルス、
ホタルイカの燻製、ゴルゴンゾーラ豆腐の白ワインジュレのせ、の4点。

もう、これだけで嬉しくなってしまいます。
手作り感満載のお料理★


[菜園れすとらん ITARU。May. 2018 [足利市]]の続きを読む
大東神社。[伊勢崎市]

伊勢崎市にある「大東神社」です。

こちらは南側入口。


大東神社。[伊勢崎市]

こちらは植物公園のある西側の入口。


大東神社。[伊勢崎市]

3つある神社への入口の中でも、きっとこちらが正面。
石製の「鳥居」が2つ連なります。


大東神社。[伊勢崎市]

大東神社の「社号標」が建ちます。


大東神社。[伊勢崎市]

左手に「弁天橋」。


[大東神社。[伊勢崎市]]の続きを読む
瑳珂比神社 sakai-jinja。[伊勢崎市]

細い道をくるくる回って、ようやく辿り着きました。
伊勢崎市にある「瑳珂比神社 sakai-jinja」です。


瑳珂比神社 sakai-jinja。[伊勢崎市] 瑳珂比神社 sakai-jinja。[伊勢崎市] 瑳珂比神社 sakai-jinja。[伊勢崎市]
(写真はクリックで大きくなります。)

初めは〝境城〟をチェックしていたのですが、
どうやらお城の遺構は残っていないようで。。。
というわけで、城内に建てられたと伝わる
こちらの神社さんにやって参りました★

「一の鳥居」、「手水舎」、&「二の鳥居」。


瑳珂比神社 sakai-jinja。[伊勢崎市] 瑳珂比神社 sakai-jinja。[伊勢崎市]

社殿の前には、狛犬クンならぬ、「おキツネ」さま。


=== 案内板より ===
瑳珂比神社
一、所在地 佐波郡境町大字境493番地
一、祭神  主祭神 倉稲魂命
一、配祀神 火産霊命 建御名方命 素盞鳴命
一、配祀神 大物主命 菅原道真命 鎮西八郎為朝命
一、配祀神 誉田別命 大日孁命


[瑳珂比神社 sakai-jinja。[伊勢崎市]]の続きを読む