FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2018/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/04

川俣宿の歴史。[邑楽郡明和町]

邑楽用水路沿いにある川俣事件の碑。
ここから真っすぐ、利根川に向かう1本道が
かつての「川俣宿」になります。


川俣宿の歴史。[邑楽郡明和町]

案内板がありました★


=== 案内板より ===
富士見の渡しと日光脇往還
川俣宿の歴史

川俣集落は、旧日光脇往還(現在の旧122号線)を挟んで、
両側に家並みが密集して形成されているが、これは江戸時代に宿場
(旅人の宿泊設備、荷物の運搬に要する人馬などを継ぎ立てる設備のある所)
であった名残である。
江戸時代には、利根川沿いに渡船場も船着場も存在し、日光脇往還の重要な
宿駅としてのみならず、利根川の渡津、利根川水運の河岸としても栄えた。


[川俣宿の歴史。[邑楽郡明和町]]の続きを読む