FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
伊香保八景「関谷の雲」。

=== 案内板より ===
ここは、江戸時代に選定された伊香保八景の1つ「関屋の雲」の場所です。

『関屋の雲』・・・
石段街の最下部で徳川時代に関所が置かれていたところであり、
杉の大木なども茂っていました。
このあたり彩雲が常になびいて、天候や時間によって
種々な色や形に変化したところから名所となったようです。

当時詠まれた詩には・・・
そのかみに 越えし関所の跡見れば 荒れたるままに 雲たち渡る
久我建道


伊香保八景はほかにも「上の山の月」(伊香保ロープウェイ見晴駅(山頂駅)先)や
「二ッ岳の雪」(榛名山中の二ッ岳)など全部で8箇所あります。
伊香保八景はいつ頃どのような方法で選定されたか不明ですが、
「物聞山のほととぎす」や「伊香保沼(現在の榛名湖)のあやめぐさ(かきつばた)」は
古い詩や歌に詠まれていることからも、相当昔から名所として伝えられたもの
と思われ、江戸時代後期には、細画や綿絵として販売されていました。
当伊香保温泉が温泉だけでなく、風光明媚であることをうかがい知ることができます。

伊香保八景
上の山の月 物聞山のほととぎす 丸山のつつぢ 関屋の雲(関屋の蛍)
猿沢の猿 高嶺の鹿 二ッ岳の雪 伊香保沼のあやめぐさ

云々。。。


[伊香保八景「関屋の雲」。[伊香保温泉]]の続きを読む