FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
松代PAにて。「長野市」

8月下旬に続いて、今回また長野にいます。
上信越自動車道「松代PA」。

この辺りは史跡の宝庫で、来る度になんだかドキドキ(笑
パーキングの中にも案内板がありましたっ。


=== 案内板より ===
真田十万石の城下町「松代」
長野市は、庶民信仰のメッカ善光寺の門前町であり、同寺より南に
武田信玄、上杉謙信が戦った川中島の古戦場、
さらに南に真田十万石の城下町「松代」と歴史にあふれる町である。


松代PAにて。「長野市」

松代は、武田24将の1人真田幸隆の子、昌幸が関が原戦大阪夏の陣に
徳川方に長男信之、豊臣方に次男信繁(幸村)を遣し、
徳川方と縁を持った信之が、上田6万石から松代10万石の城主として、
転封されてから10代250年続いた城下町である。
真田家独特の文化を今日に伝えており、家紋は六文銭として知られている。
松代に残る真田邸は、9代藩主幸教が母お貞の方のために、
隠居所として建てたものである。

真田邸に隣接する松代藩文武学校は、8代藩主幸貫が
佐久間象山等の意見に基づき、藩子弟に文武の道を奨励すべく建設を計画し、
志を引継いだ幸教が完成させた。
明治4年に閉鎖となるまで多くの人材を輩出し、近代日本の発展に大きく寄与した。
云々。。。


[松代PAにて。[長野市]]の続きを読む