ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
蕎麦茶寮 七草 nanakusa。[吾妻郡長野原町]

♪ 緑りぃの中をぉ、走り抜けてく真っ赤なポルシェぇ~♪
ポルシェには乗ってないですけど、あのテラス席に決めたっ!


蕎麦茶寮 七草 nanakusa。[吾妻郡長野原町]

あのお蕎麦の味が忘れられなくて
今日もやって参りました「蕎麦茶寮 七草」さんです。


蕎麦茶寮 七草 nanakusa。[吾妻郡長野原町]

前回いただいた「すずしろ味噌」。
やっぱり美味しかった~。
ヘルシーなつけ汁のお蕎麦で、ランチには持って来いデス。

その前に、「前菜3点」をオツマミに蕎麦焼酎をひとつ。
ランチでもROCKです。


[蕎麦茶寮 七草 nanakusa。July.2017 [吾妻郡長野原町]]の続きを読む
第103回 足利花火大会。[足利市]

第103回足利花火大会」。

明治36年(1903)に始まってから今年でなんと114年!
第103回目を迎える足利の花火大会です!
すごいですっ、103回目ですょー!

8月5日(土)の夜7時打上開始。
さぁ、みんなで行ってみよーっ。
103回目!

詳しくはこちらから。
◇ 足利商工会議所ホームページ http://www.ashikaga.info/



以前の足利花火大会はこちらから。
足利花火大会。2016 [足利市]

【第102回 足利花火大会】
@栃木県足利市伊勢南町

風月&和風レストラン海幸。[福岡空港]

早いなぁ~、あっという間の九州でした。
帰路に着くべく「福岡空港」で最後の晩酌。

先ずは「ほろ酔いセット」。
おつまみ2品と生ビールが一緒になった優れモノ★
他に〝冷酒セット〟もありましたョ。


風月&和風レストラン海幸。[福岡空港]

「鶏皮の酢物」。


風月&和風レストラン海幸。[福岡空港]

「博多つけ揚げ」。
玄界灘のエソのすり身100%です。
イカみたいな味がするぞ (=゚ω゚)ノ


風月&和風レストラン海幸。[福岡空港]

空港内フードコートにある「風月」さんにて、
出発前の軽めの1杯であります、はい♪


風月&和風レストラン海幸。[福岡空港]

フライトまでもう少し時間があるなー。。。


[風月 fuugetsu、~の海幸 kaikou。[福岡空港内]]の続きを読む
第54回 桐生八木節まつり。[桐生市]

今年もこの季節がやって参りました!
桐生八木節まつり」♪

「みこし宵の出御(祇園)」は前日の3日(木)20:00~。
今年は美和神社~本町2丁目へ。
桐生人のお祭りにかける情熱はハンパないぞっ!

第54回八木節まつりは、
8月4日(金)、5日(土)、6日(日)の開催!
他にも市内各所でいろいろなイベントが催されますョ。
さぁ、皆で行ってみよーっ!\(^o^)/

詳しくはこちらから。
◇ 桐生八木節まつり2017 http://kiryu-maturi.net/



以前の記事はこちらから。
「桐生八木節まつり」に行って来ました!2016 [桐生市]

【桐生八木節まつり】
@群馬県桐生市本町5丁目(粋翔大やぐら)

特別史跡 大宰府跡。[福岡県太宰府市]

高良大社に続いてやって参りました!
特別史跡 大宰府跡」。

2011年4月以来、2回目の訪問です。


=== 案内板より ===
特別史跡 大宰府跡
古代、西海道と呼ばれた九州一円を統轄していた大宰府は
外交・貿易などの対外交渉の窓口として重要な任務を課せられていた。
その機構は中央政府に準じ、
地方機関としては最大規模の行政組織を有していた。


特別史跡 大宰府跡。[福岡県太宰府市]

発掘調査によると、7世紀後半に掘立柱建物が建てられ、
8世紀初頭に礎石を用いた朝堂院形式の建物に整備される。
この建物は藤原純友の乱によって焼き打ちされたが、
10世紀後半には立派に再建された。


特別史跡 大宰府跡。[福岡県太宰府市]

現在見ることのできる礎石は、この再建期のもので、
左上図は発掘調査の成果をもとにして復元したものである。
これらの建物は藤原道真が「都府の楼はわずかに瓦の色を看る」と
うたっているように壮大なもので、
当時としては中央の都の建物にも劣らぬものであった。


特別史跡 大宰府跡。[福岡県太宰府市]

正殿は重層風につくられ、
屋根は入母屋ないしは寄棟造りであったと思われる。
このような政庁を中心にして周囲は、数多くの役所が配置され、
その規模は平城・平安の都に次ぐ「天下の一都会」であった。
云々。。。


[特別史跡 大宰府跡。[福岡県太宰府市]]の続きを読む
日本酒バル むくの木。[足利市] 日本酒バル むくの木。[足利市]

「白海老せんべい かき揚げ仕立」。

白海老の香りが、ふわわわわぁ~んとただよって来ます。
サクサクで美味しい♪
これぞ北陸、富山の味!


日本酒バル むくの木。[足利市]

というわけで、お煎餅パリパリの今夜、
足利の「日本酒バル むくの木」さんにお邪魔しています。
先日に続いて、今月2回目ー。

お通しは、金沢のお麩が入っている「お吸い物」。
最近の1杯目はハイボールであります。


日本酒バル むくの木。[足利市]

限定メニューなんですけど、とオススメされた「白山堅豆腐」。
おー、これが大陸から伝わった豆腐の原型が残っていると云われる
堅豆腐ですか!?

お豆腐をギュっ、と絞った感じで味も濃いです★
ワサビ醤油でいただきました。


[日本酒バル むくの木。July.2017-Vol.2 [足利市]]の続きを読む
高良山茶屋 望郷亭。[福岡県久留米市]

高良大社、三の鳥居の正面にあるお茶屋さん、
「高良山茶屋 望郷亭」さんにお邪魔しています。

お参り後のちょっと一服。


高良山茶屋 望郷亭。[福岡県久留米市]

店頭に干してあった〝テングサ〟。


高良山茶屋 望郷亭。[福岡県久留米市]

このテングサで作ったのかな?
高良山名物、自家製「ところてん」をお願いしました★

おろし生姜と紅生姜が乗ってます。
太目でポッチャリしたこちらのところてん、
ボリューム有りですっ。
たくさんの量が入っている、ぢゃなくて、すごくグラマーな♪
歯応えもしっかりしている存在感抜群のところてんですっ。

こんなスゴイの初めてだぁー。


[高良山茶屋 望郷亭。[福岡県久留米市]]の続きを読む
セミの脱け殻 2017。

昨年は丁度といったタイミングで、
セミの羽化シーンに遭遇できました★

今年もだいたい同じ時期の今朝、セミの抜け殻を発見しました♪


セミの脱け殻 2017。

面白いんですよねー、セミの抜け殻。

クシャクシャってやっつけたくなるのですが、
どこか勿体ない(笑

そぉ~、と捕って写真に収めました。


[セミの脱け殻 2017。]の続きを読む
グランディール。[太田市]

キンキンに冷えたスパークリングワインが美味しいっ。
爽やかな印象のドライです。
ひと口目でホント生き返りました~★

太田市の「grandir グランディール」さんにお邪魔しています。


グランディール。[太田市]

「アサリの白ワイン蒸し」。
プリプリのアサリ、
美味しいスープも見逃してはいけませんっ。


グランディール。[太田市]

「キャベツとアンチョビのサラダ」。
こだわり農家さんの無農薬野菜を使っているグランディールさん。
キャベツもジューシーで甘みがあります。
アンチョビのアクセントが効いたあったかいサラダです。


グランディール。[太田市]

「イワシの香草パン粉焼」。
鰯フリークの方にはたまらない一品ではないかな?
サクサクでホクホク♪
レモンをたっぷり絞ってやっつけましょう♪♪

スパークリングの後は、辛口の白ワインを。
ほのかに白桃の香りのするシャープな辛口です♪


[グランディール。July.2017 [太田市]]の続きを読む
高良大社。[福岡県久留米市]

社号が記された大きな灯篭。
いよいよやって参りました、筑後国一の宮。
高良大社」でありますっ!


福岡県久留米市御井町1

信号右折するとここからが参道でしょうか。
「一の鳥居」である石造の大鳥居が出迎えてくれます。


=== 案内板より ===
大鳥居
鳥居の語源には諸説があり、はっきりしませんが、
一般には神社の門であると言われています。
この大鳥居は、高良大社の一の鳥居で、高さ6.81m、柱間4.5mで、
花崗岩製の典型的な大型の明神鳥居です。

現在の鳥居は、承応4年(1655)に久留米藩二代藩主有馬忠頼の寄進によって、
建立されたものです。
石材は竹野郡石垣村(現浮羽郡田主丸町)の花崗岩を切りだし、
藩内の15才から60才までの男子延べ10万人によって、耳納山地の山裾を
運ばれました。
額字は、徳川将軍家の菩提所である東京上野寛永寺の
門主の筆によるもので、安永2年(1773)七代藩主有馬頼徸の
寄進によるものです。
云々。。。


福岡県久留米市御井町1

少し進んで「二の鳥居」。
ここからの石段を進めば、徒歩で境内まで行くことが出来ます。
じっくりと攻めたい方はぜひ。
案内板もありました。


===
高良大社
筑後一の宮。延喜式内名神大社。旧国幣大社。
社地は高良山の西の山腹にあたり、「神籠石」の列石が周囲を囲んでいる。
祭神は高良玉垂命、八幡大神、住吉大神。履中天皇元年(400)の創建と伝わる。
延歴14年(795)に従五位下に叙されてから、事あるごとに神階を進め、
弘仁9年(818)名神に列し、寛平9年(897)には正一位を授けられた。

山下の石造り大鳥居は、承応4年(1655)二代藩主有馬忠頼公の寄進。
本殿・幣殿・拝殿は万治3年(1660)三代藩主有馬頼利公の寄進で、
社殿の絵本墨書平家物語(覚一本)と共に国の重要文化財。
高良大社文書十巻一冊、絹本著色高良大社縁起(画縁起)二幅は県指定文化財。
社有地のほとんどは「史跡高良山神籠石」として国の史跡指定を受けている。
云々。。。


おおーっ。〝神籠石〟ですかっ (=゚ω゚)ノ

以前の神籠石はこちらから↓
帯隈山神籠石。[佐賀県佐賀市]


[高良大社。[福岡県久留米市]]の続きを読む
★里しょう庵。[足利市]

激しく暑い夏の日。
降り注ぐ炎が、後頭部を直撃してくるようですっ(汗、、、

そんな日のランチは、
石挽手打ちそばのお店「里しょう庵」さんにて。


[里しょう庵。July.2017 [足利市]]の続きを読む
♪おふくろさんよぉ、おふーくろさんー、空を見上げりゃあぁ~♪
そんな歌が聞こえてきそうな昼下がり。
やっぱりうどんだよねー。


久留米荘。[福岡県久留米市]

というわけでやって参りました。
久留米市にある「久留米荘」さん。友人のYクンイチオシのお店。
奥に空いた小上がりの席へGO→

いりこ出汁のスープも最高だけれど、あれを頼まなくちゃダメだよ、あれ。
そう聞いていたので早速お願いしました。
「いなり」です!

九州だから、何か特別変わってるのかな?
と思っていましたが、いたってノーマルな感じです。
懐かしい味だなぁ~、と感動。


久留米荘。[福岡県久留米市]

そしてこちらが「うどん」です。


[久留米荘。[福岡県久留米市]]の続きを読む
日本酒バル むくの木。[足利市]

久々にお邪魔しています、
日本酒バル むくの木」さんです。

金沢料理と日本酒が楽しめるお店~。
in 足利市ダヨ。


日本酒バル むくの木。[足利市]

カウンターの一番左の席。さぁさぁ、始めよう。
お通しは「ハマグリのお吸い物」です。

汁モノのお通しって好きだなー。
冷たい夏のお酒に温かいスープがとても合うし、楽ちん(笑


日本酒バル むくの木。[足利市]

初っパナのハイボールをやっつけた後は、
麦焼酎のロックに、ちょい水足しです。

ゆっくりゆっくりと氷が溶けていくのですが、
この溶け始めが美味しい~。


日本酒バル むくの木。[足利市] 日本酒バル むくの木。[足利市]
(写真はクリックで大きくなります。)

カウンター正面にある大きなテレビ。
そこに流れているのは〝シロクマ vs セイウチ〟の映像。

セイウチは危険を感じ。。。
ガオーッ!!、みたいな。
最後はシロクマの方が逃げちゃうんですけど、
ついつい見入ってしまった。。。
マスターはセイウチ好き?(笑


[日本酒バル むくの木。July.2017 [足利市]]の続きを読む
北野天満宮。[福岡県久留米市]

福岡県久留米市です。
大きな「一ノ鳥居」が建ちます。
菅原道真公をお祀りした「北野天満宮」の参道であります。


北野天満宮。[福岡県久留米市]

北野天満宮。[福岡県久留米市] 北野天満宮。[福岡県久留米市]
(写真はクリックで大きくなります。)

境内の入り口の「二ノ鳥居」と、「道標」。
古そうな道標ですが、江戸時代のものでしょうか?


北野天満宮。[福岡県久留米市] 北野天満宮。[福岡県久留米市]

池にかかる朱色の「神橋」。


北野天満宮。[福岡県久留米市]

「三ノ鳥居」です。

=== 案内板より ===
石造鳥居
この鳥居は、「肥前鳥居」と呼ばれ、慶長年間(1596~1614年)
につくられたものが多いため、「慶長鳥居」とも呼ばれます。
笠木の長さは5.35m、高さは4.01m、地面での両柱の間隔は2.5mを測り、
凝灰岩を削ってつくられています。
銘文から慶長12(1607)年の年号を読み取ることができたので、
江戸時代のはじめにつくられたことがわかります。
最初は下宮へ下る参道の途中に建っていましたが、
昭和のはじめ頃に現在の場所へ移されました。
云々。。。


[北野天満宮。[福岡県久留米市]]の続きを読む
noke。[足利市]

友人との待ち合わせは、小1時間ほど前入りです。
足利の洋食屋さん「noke」さんにお邪魔しました。

窓際一番奥のテーブル席。
木製のベンチシートに寄り掛かるとなんとも気持ち良いんです。

というわけでお通しは「クリームチーズ」。
クラッカーにたっぷりぬってパクッ。


noke。[足利市]

ハイボールとスパークリングワインもお願いしました。
蒸し暑い夜には冷たい泡モノがピッタリです。

「ツブ貝とキノコの香草バター」。
つぶ貝とエリンギのコリコリ感が好きです。


noke。[足利市]

「エビのアヒージョ」。
エビがプリップリですっ。
バケットはアツアツのガーリックオイルをつけてやっつけます。
美味し。


[noke。July.2017 [足利市]]の続きを読む
鮨処 わかな。[桐生市]

きょーは 渋谷で ごっじぃ~♪
先週どこかで、誰かが歌ってたような気がする。。。
そんな今夜はお寿司屋さんへ行こうっ。

桐生市の「鮨処 わかな」さんにやって参りました。
ちょうど空いたカウンター席へGO→


鮨処 わかな。[桐生市]

お通しは「ハチビキのヅケ」です。
赤サバとも呼ばれるお魚。初めていただきました。

なんて考えていたら、撮る前に食べてしまったっ(汗、、、
食べ終わってから気づいたっ(汗、(汗、(汗、、、
でも美味しかったから、まぁ、いいかな(笑、(汗、、、


鮨処 わかな。[桐生市]

「焼きハマグリ」。肉厚でプリプリ。
スープも美味しいので大好きです。
ナニゲに貝ズキ。

お酒は、ハイボールからの、麦焼酎。
ロックでチョイ水足しでいただいてます。


[鮨処 わかな。July.2017 [桐生市]]の続きを読む
正縁塚と愛馬別れの松。[沼田市]

群馬県沼田市です。
ベイシアの先を左折するとすぐです。
塩原太助 愛馬別れの松」。

標柱には〝正縁塚・一本松〟と記されています。


正縁塚と愛馬別れの松。[沼田市]

もう一つ「塩原太助愛馬別れの松」の石碑が建ちます。


=== 案内板より ===
塩原太助 愛馬別れの松
昔を偲ぶ利根の花千代も散らまし経済の鏡と謳はれ香りつゝ
今に残りし名の誉れ塩原太助深愛の馬を繋ぎし一つ松
哀れを茲に残しけるせつなに絡む松の情附したる涙打佛ひ
老松高く仰ぎつゝ男児の固きこころざし初めて樹ちし
霊松の風清らかになびくなり老松より人傑出し事ぞある畏れ多くも
道眞は梅花と別れ惜み楠公も近江の藤樹其の他にも秀才出し例しなど
算ふるいとまなしかゝる霊松も齢ぞ来る過る慶応年間に風雨の為に倒れ
枯れ然れどもその後数十本小松生じしが何時となく只一本残りしは
一本松の名稱の盡せぬことこそ芽出度ける嗚呼尊しの山川老樹
嗚呼貴人のこころ
云々。。。


正縁塚と愛馬別れの松。[沼田市]

文章が難しくて良く分かりませんっ(汗、、、

簡単な屋根がついて保護されいましたが、
実際の松は枯れていて、根っこだけになっていました。


[正縁塚と愛馬別れの松。[沼田市]]の続きを読む
レストランゆり 浅間台本店。[足利市]

マンションの一角にある老舗のレストラン、
レストラン ゆり」さん♪
市内に何店舗かある中の浅間台本店さんです。


レストランゆり 浅間台本店。[足利市]

ランチタイム。
ドライバーのYクンと一緒なのでビールを少々(笑
お通しは「枝豆」。

それにしても懐かしいなぁー。
子供の頃連れて来てもらった以来かも知れない。
グラタンが有名で並んで待った記憶があります。


レストランゆり 浅間台本店。[足利市]

お願いしたのはサラダとドリンク(又はデザート)付きの「Bセット」。

こちらがゆりさんちの「サラダ」です。
ヒジョーに美味しいっ(笑
ピクルスのように味の付いた野菜も入っていたり、
シンプルだけど、味わいがとても豊か★


[レストランゆり 浅間台本店。[足利市]]の続きを読む
厳島神社。[足利市百頭町]

百頭町「神明宮」へ向かう途中、
道を間違えて走っていたら「厳島神社」がありました。

建物がひとつだけの小さな神社さん。
弁財天、とあります。
せっかくなのでパチリ。


厳島神社。[足利市百頭町]

手前にあった石碑。
昭和31年、弁天宮に40坪の社地を奉納、と記されていました★



以前の厳島神社はこちらから。
名草厳島神社。[足利市]
厳島神社と戸ノ口堰洞窟  ★会津若松市

【厳島神社】
@栃木県足利市百頭町

割烹 中川。[桐生市]

桐生市にある和食のお店、
「割烹 中川」さんにやって参りました★

友人Aちゃんの御用達で、
前から気になっていたのです。
カウンターに陣取りまして、ハイボールからスタートっ!


割烹 中川。[桐生市]

いろいろあったメニューの中から、
「季節のコース」をお願いしました。
7品もあってこのお値段?!みたいな、とても値ごろ感のある
セットメニュー。

「ハモの切り落とし」。
特製梅肉でいただく季節の一品。
もー、夏なんですね~。。。


割烹 中川。[桐生市]

「季節のお造り」はカツオです。
こちらも鮮度抜群っ。

ハイボールの後は日本酒〝竹林〟の熱燗をひとつ。
美味し。。。


[割烹 中川。[桐生市]]の続きを読む
神明宮。[足利市百頭町]

足利市にある「神明宮」です。


神明宮。[足利市百頭町]

市内にいくつかある中の
百頭町にある神明宮。

しかし百頭(ももがしら)とはユニークな町名です。
何かの本で、隣の県(あがた)町との関連を読んだことがありますが、
歴史が深そうです。

参道正面に「拝殿」。


神明宮。[足利市百頭町]

右手に「ご神木」があります。

=== 案内より ===
百頭神明宮神社御神木
一、学名、 梛(なぎ) マキ科常緑樹
和歌山県熊野三山の速玉大社の御神木で千年余の樹齢を誇る
椥の大樹の種から平成22年5月に発芽した幼木です。
平成28年4月10日神明宮維持管理委員会の承認を経て
百頭の平安を祈願し現在地に移植されました。

椥の葉には葉脈が縦方向にしかありません。横に裂く事が難しく
その事から弁慶のチカラシバと呼ばれ、又、男女の結びつきの強さの象徴として
花嫁が鏡の裏に忍ばせ嫁いだと言われています。

又、源頼朝と政子夫婦もお互に椥の葉を御守りしたそうです。
そして藤原定家も詠んでいます。
「千早ふる熊野の宮の椥の葉を変わらぬ千代の試しにぞ祈る」
鎮守の守り人より
云々。。。


[神明宮。[足利市百頭町]]の続きを読む
PIZZERIA PINOCCHIO ピッツェリア ピノッキオ。[足利市]

久しぶりにお邪魔しております、
足利市にあるピッツァのお店「PIZZERIA PINOCCHIO」さん。
夏の夜(まだ梅雨?)のディナーは、一番奥のテーブル席へGO→

先ずは「ピノッキオ風サラダ」。
いろいろ野菜のミックスサラダ。
野菜はたくさん摂りましょう☆


PIZZERIA PINOCCHIO ピッツェリア ピノッキオ。[足利市]

蒸し暑い今夜にドンピシャなスパークリングワイン☆
イタリアのスプマンテです。
やや辛口でほのかにフルーツの香り。
キメ細かな泡で口当たりも良く、くいくいイケてしまう危ないワイン(笑


PIZZERIA PINOCCHIO ピッツェリア ピノッキオ。[足利市]

PIZZERIA PINOCCHIO ピッツェリア ピノッキオ。[足利市]

こちらは、チーズたっぷり、具だくさんな 「海老とキノコのグラタン」♪
ブラックペッパーを軽めに振っていただきます。
タバスコも忘れちゃいけません(笑


[PIZZERIA PINOCCHIO ピッツェリア ピノッキオ。July.2017 [足利市]]の続きを読む
ふくの家。[佐賀県佐賀市]

飲んだ上がりの〆のラーメンはナニゲに怖い。
油断していると、お腹がポッコリ出てしまったりして(笑

それでも美味しい〆のラーメン。
やっぱり! (=゚ω゚)ノ
「久留米ラーメン ふくの家」さんにお邪魔しましたっ。


ふくの家。[佐賀県佐賀市]

明け方5時まで営業されているという、
飲んベエにとっては力強い味方。

先ずは「瓶ビール」と「餃子」です。
注文は自販機で食券を購入するスタイル。

餃子はもちろん酢ダクでいただきますっ。
キンと冷えたビールが美味しいっ。


[ふくの家 fukunoie。[佐賀県佐賀市]]の続きを読む
珈琲館。[太田市]

朝の一時。
とても良い香りのするお店。
珈琲館」さんでのモーニングです。
in 太田市。


珈琲館。[太田市]

セットメニューからの「トースト&スクランブル」。


[珈琲館。[太田市]]の続きを読む
料理屋きりん。[佐賀県佐賀市]

嬉野市から佐賀市までひとっ走り。
そろそろ日が傾く時間であります。

これから友人と待ち合わせての会食。
ちょっと早いディナーは、「料理屋 きりん」さんにやって参りました。


料理屋きりん。[佐賀県佐賀市]

奥の個室に通されました。
地元でも人気のお店と聞いたので楽しみ~。

先ずはグラス生ビール。
お通しは「ポテサラ」。
コリコリと心地よい食感のする鶏の軟骨入りであります。


料理屋きりん。[佐賀県佐賀市]

そして、こちらのお店のおススメメニュー、
「特選タンしゃぶ鍋」をお願いしました!

最初に、「ポン酢」と「薬味」などのスターター3点が登場。


料理屋きりん。[佐賀県佐賀市]

さらに、「ざる豆腐」と「マロニーちゃん」が到着。
ビールの後は佐賀の地酒「鍋島」を楽しみます。


料理屋きりん。[佐賀県佐賀市]

どんっ。
ずらり並んだこれぞ「牛タン」っ! (=゚ω゚)ノ
なんだか、来て良かった~と、しみじみ(笑


[料理屋 きりん。[佐賀県佐賀市]]の続きを読む