ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
ピッツァとワインのお店 MONA。[足利市]

石窯から出てきた、焼きたての「クワトロフォルマッジョ」。
アツアツでもっちもちデス★

タバスコふって、一気にやっつけよう!
チーズの風味が口の中いっぱいに広がります。
そしてスパークリングワインで追いかけるっ。

トップのオレンジはチェダーチーズ。


ピッツァとワインのお店 MONA。[足利市]

足利市にオープンしたピッツァとワインのお店「MONA」さんにお邪魔しています。

カウンター席でわいわいとやっている今夜。
手書きメニュー、ピッツァのイラストが可愛らしい♪


ピッツァとワインのお店 MONA。[足利市]

「モルダレッタハムとスペイン産サラミ」。
こちらもスパークリングが加速してしまう一皿です (=゚ω゚)ノ

スパイシーなサラミも好きだけれど、
やわらかなモルダレッタも好きだなー。


[ピッツァとワインのお店 MONA。[足利市]]の続きを読む
桑風庵 なかや本店。[前橋市]

赤城の大沼へ向かう道、パノラマ街道。
途中、左側に立派な門構えのお蕎麦屋さんがあります。
桑風庵 なかや本店」さん。

お店までのアプローチも長く、風情たっぷり。
久しぶりにお邪魔しました★


桑風庵 なかや本店。[前橋市]

連れのSちゃんは「にしん」をオツマミに
さっそく冷酒を楽しんでいます。


桑風庵 なかや本店。[前橋市]

しばらくして
大根おろし、ネギ、ワサビ、の
薬味3点セットが登場。


桑風庵 なかや本店。[前橋市]

続いて「天ぷら」。
海老&野菜天。
ボリュームありますっ (=゚ω゚)ノ


[桑風庵 なかや本店。May.2017 [前橋市]]の続きを読む
泉邦宏ライブ at COCO FARM & WINERY 2017 にて。[足利市]

足利市にある「COCO FARM & WINERY」さん。

夕闇迫る、そんな時間。

一昨日、
行ってきましたー。
泉邦宏さんのライブ、「泉邦宏ライブ at COCO FARM & WINERY」。


泉邦宏ライブ at COCO FARM & WINERY 2017 にて。[足利市]

本日のセッティング。

演奏始まる前からデス。
ワインにチーズ、ソーセージ、生ハム。。。
酔ってしまいます。

ワイナリーでやるライブですから(笑


[泉邦宏ライブ at COCO FARM & WINERY 2017、にて。[足利市]]の続きを読む
泉邦宏ライブ at COCO FARM & WINERY。[足利市]

突然ですが。。。


[泉邦宏ライブ at COCO FARM & WINERY 2017。[足利市]]の続きを読む
魚政。[足利市]

燦然と輝く赤い暖簾。
お店の周りには、オイシイ香りがバンバン来てます★

今日のランチは「魚政」さんにて。
足利にある鰻屋さんです。


魚政。[足利市]

久しぶりに会うYちゃんとの会食。
彼は鰻が大好物。

というわけで、私が頼んだ「うな重・上」です。
「小鉢(おから)」に「お漬物」、


[魚政。May.2017 [足利市]]の続きを読む
赤城温泉 滝沢館。[前橋市]

赤城温泉なのかと思っていたら「滝沢温泉」なんですね。
赤城温泉、滝沢温泉、忠治温泉、の
3つの温泉の総称で〝赤城温泉郷〟と呼ぶようです。

日帰り入浴で立ち寄ったのは「滝沢館」さん。


赤城温泉 滝沢館。[前橋市]

滝沢温泉の一軒宿です。

川沿いにある露天のお風呂。
ぬるめのお湯なので長く浸かっていられます♪

あ゛~、気持ちいぃ~ ♪(o・ω・)ノ))


[滝沢温泉 滝沢館。[前橋市]]の続きを読む
トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ。[太田市]

太田市にあるイタリア料理のお店、
「トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ」さん。

入ってすぐ左のテーブル席へどんっ。
さぁ、Let's go☆


トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ。[太田市]

先ずは白ワインで乾杯♪
ワインはNクンのチョイスです。

前菜メニューから「イワシのサオール」を。
ビネガーの上品な酸味に、ワインの果実味が良く合います。


トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ。[太田市]

続いて「筍のコンフィ 生ハム添え」。
筍と生ハム、初めていただいた取り合わせですが、
めっちゃめちゃオイシイ~♪
こんな上手に合うんだ~、と感動!


[トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ。May.2017 [太田市]]の続きを読む
レストラン水芭蕉。[沼田市]

沼田市です。
「たまおKITCHEN」さん、「みどりや」さんと続いて、
せっかくだからもうひとつ。
よく食べるネ (=゚ω゚)ノ

レストラン水芭蕉」さん。
日帰り温泉も楽しめる複合レストランです。


レストラン水芭蕉。[沼田市]

連れのSクンは先に飲ってますから、
これ「お通し」です。大根のお漬物。


レストラン水芭蕉。[沼田市]

私を横目に、さらにオツマミをオーダーするSクン。

沼田では今が旬、「山菜の3点盛り」。
ウドの煮物、行者にんにくのしょうゆ漬け、葉わさびのおひたし。
行者にんにくは、尾瀬豆腐と一緒にいただきます♪
しっかりした風味があって美味しいっ。


[レストラン水芭蕉。[沼田市]]の続きを読む
京かのこ。[足利市]

先月お邪魔したばかりでしたが、今月もお邪魔しました。
足利市にある和食のお店「京かのこ」さんです♪
ランチタイム。


京かのこ。[足利市] 京かのこ。[足利市]

今日は一番奥の個室であります。
先ずは「ハイボール」から。

「春野菜とホタルイカ」。
ホタルイカの下に筍とアスパラが隠れています。
香りの良い桜酢です。


京かのこ。[足利市]

「焼き胡麻豆腐」。
とろりとした風味で、何回いただいても美味しい。。。


京かのこ。[足利市]

「お造り」は赤貝、金目鯛、サヨリの3点盛り。


[京かのこ。May.2017 [足利市]]の続きを読む
笠科神社。[利根郡片品村]

日が傾き始めるころの片品村です。
笠科神社」にやって参りました★


笠科神社。[利根郡片品村]

平安時代に編纂された「和名類聚抄」という辞書の中に、
〝利根郡笠科郷〟の記載があり、
この「笠科」が変化して今の「片品」になったと云われているそうです。
笠科郷は、鎌田を中心としたエリアだったと推定されています。


笠科神社。[利根郡片品村] 笠科神社。[利根郡片品村] 笠科神社。[利根郡片品村]
「手水舎」、「扁額」、「拝殿」。

こちらの笠科神社も、そういった歴史の中から
付けられた名前なんですネ。


=== 案内板より ===
由緒
社名 笠科神社

祭神
建御名之命、大日霊命、倉稲魂命、火彦霊命、天兒屋根命
事代主之命、大山祇命、誉田別命、大物主命、日本武尊他33社
不詳3座


[笠科神社。[利根郡片品村]]の続きを読む
開演時間に遅れないよう急いでいたら、
会場入口付近の石畳上で、差し入れ用の一升瓶を落してしまいました。
溝に流れていく日本酒、割れたガラス瓶。。。 


恐怖の恋。[桐生市*有鄰館酒蔵]

開演。

暗闇の中でいきなり連打される石坂さんの神楽太鼓。
ノリノリのビートは、さあさあさあ「恐怖の恋」の始まり始まり!
と云わんばかりに観客の不安を煽り立てます。
強烈なリズムが延々と続く中、薄明りの舞台うえで二体がうごめきます。

有機的な息遣いと無機的な気配。
一体は工藤さん、もう一つは天井から吊るされたヒトガタの操り人形、
というより廃材で作られたデク。
この吊るされたヒトガタが工藤さんと動きをシンクロさせます。


[恐怖の恋。[桐生市*有鄰館酒蔵]]の続きを読む
みどりや。[利根郡片品村]

手打ち!
十割そば!
看板に引き寄せられるように入りました、
そば処「みどりや」さんです。
なんと、「たまお」さんに続いてのダブルランチっ!(=゚ω゚)ノ


みどりや。[利根郡片品村]

メニューは各種お蕎麦と天ぷら。
蕎麦粉や野菜は地元のものを使っているようです★
うどんや丼物は置いていないお蕎麦の専門店。

その中で、ひと際目立っていたのが、
この「コラボレーションそば」!(=゚ω゚)ノ


[みどりやさん、~の白根温泉。[利根郡片品村]]の続きを読む
たまおKITCHEN。[利根郡片品村]

沼田からどんどん行きますっ。
吹割の滝を過ぎて、さらに進むと片品村~。
以前来たことのある梅田屋旅館さんや白根温泉なんかが
あるエリアです。


たまおKITCHEN。[利根郡片品村]

ランチタイムでお邪魔したのは、
たまおKITCHEN」さん♪
地元でも美味しいと評判のお食事処です。

OPEN直後のまだ空いている風景。
この後12時を過ぎると、あっという間に満席に!


たまおKITCHEN。[利根郡片品村]

連れのYちゃんがたのんだのは「チーズとろけるトマトカレー」。
チーズとトマトがすごく香って、もうそれだけで美味しそう~。
ひと口ちょーだい (=゚ω゚)ノ



[たまおKITCHEN。[利根郡片品村]]の続きを読む
草津山 光泉寺さんの花まつり。[草津温泉]

草津温泉です。
湯畑周りのひとつのシンボルともなっている「光泉寺」さん。
山門前から下を見る、の図。


草津山 光泉寺さんの花まつり。[草津温泉]

午前中より、なにやら騒がしいこの日。
花まつり」であります★


草津山 光泉寺さんの花まつり。[草津温泉]

白い象。


草津山 光泉寺さんの花まつり。[草津温泉]

象の背中には、
「天上天下唯我独尊」のポーズをとるお釈迦様。


[光泉寺の花まつり。[草津温泉]]の続きを読む
トラットリア パラヴィーノ。[太田市] トラットリア パラヴィーノ。[太田市] トラットリア パラヴィーノ。[太田市]

駅の近くにイタリアンがOPENしたらしいぞ。
なんてウワサを聞いてやって参りました、
トラットリア パラヴィーノ・trattoria PARAVINO」さん。
太田市です。


トラットリア パラヴィーノ。[太田市]

スパークリングワインをお願いしてからの、「前菜の盛り合わせ」。
キャロットラペ、かき菜のビリ辛ソテー、ペペロナータ、
ポテトサラダ、etc、


トラットリア パラヴィーノ。[太田市] トラットリア パラヴィーノ。[太田市]

ホントはお皿の真ん中に置かれてたグラスカプレーゼ。
別撮りしてしまった (=∀=)
前菜は6点盛りです。

「ホタテのニンニクバター焼き」。
トマトソース、バジルもたっぷり★
ガーリックの風味も美味しくて、ワインがどんどんはかどりますっ。


トラットリア パラヴィーノ。[太田市]

大粒の牡蠣がコロンコロンしていた
「カキとほうれん草のグラタン」。
タバスコをちょこっとふっていただきましょう♪


[トラットリア パラヴィーノ。[太田市]]の続きを読む
末廣ラーメン本舗 秋田駅前分店。[秋田市]

いやいやいや~、
おもろさん、盛り上がったな~。
間に1軒はさんで、やっぱり〆はラーメンでしょうか?

秋田駅から程なくのところにある、
末廣ラーメン本舗」にお邪魔してます★


末廣ラーメン本舗 秋田駅前分店。[秋田市]

年中無休、24時間営業という、最強の営業スタイル。
栄養満点、滋養強壮というレトロなキャッチコピーにも惹かれます。

夜遅く、時間も時間ですが、
けっこう混んでます。


末廣ラーメン本舗 秋田駅前分店。[秋田市]

生ビールをひとついただいた後、
私が頼んだのは定番の「中華そば」。
酔った勢いで大盛りに。。。


[末廣ラーメン本舗 秋田駅前分店。[秋田市]]の続きを読む
ばんな寺 MUSIC FESTIVAL 足利。[足利市*鑁阿寺]

なんだか凄いアーティストの方々がやって来るじゃありませんか?!
もう説明の必要もありませんっ。
チケット無くなる前に買うしかないっ!
買ったらばんな寺へ行くしかないっ!
楽しみ~♪
さぁ、みんなで行ってみよーっ!


「ばんな寺 MUSIC FESTIVAL 足利」
日 時/2017年5月13日(土) OPEN12:00、LAST18:00
会 場/鑁阿寺
チケット/6500円(1500枚限定)
詳しくは、
公式サイト http://vanamusic.jp/



【鑁阿寺(ばんな寺)】
@栃木県足利市家富町

真名子そば。[栃木市]

栃木市の真名子エリアです。
田舎道のローサイドにあるお蕎麦屋さん。


真名子そば。[栃木市]

真名子そば」さんにやって参りました。

お店に入ると、とてもアットホームな雰囲気。
3人のおばちゃんが忙しそうに走り回っています。


真名子そば。[栃木市]

テーブル席に通され、
先ずは「やさい天ぷら」を。

写真だと小さく見えるけど、小さくないですっ。
野菜の種類も豊富、具だくさんな盛り合わせ♪

こしあぶら、行者にんにく、ふきのとう、うるい、茄子、
パプリカ、筍、サツマイモ、ウド、etc。。。
こんなにあって1人前なんです!


真名子そば。[栃木市]

と。
天ぷらと格闘しているうちに
お蕎麦が運ばれてきましたっ♪
にらとだいこんそば」。

にらそばと、だいこんそばの合体バージョンっ!


[真名子そば。[栃木市]]の続きを読む
おもろ。[秋田市]

秋田城、久保田城と巡り、ごちそう三昧の今日ですが、
夜は夜で、またごちそうに出会いました♪

友人Kクン達と連れ立ってやって来たのは「おもろ」さん。
地モノと地酒が楽しめる人気のお店です。

真ん中のテーブル席に陣取りました。
先ずは、と言いますか、初っ端から日本酒です、もちろんっ。
「ゆきの美人・雄町」。お通しは「男鹿のめかぶ」。
どんどん行きます!


おもろ。[秋田市]

「ひろっこの酢味噌和え」。


おもろ。[秋田市] おもろ。[秋田市] おもろ。[秋田市]

「クレソンのナムル」、「生たらこの炒り煮」、「お刺身盛り合わせ」。


[おもろ。[秋田市]]の続きを読む
八百比丘尼堂。[栃木市]

以前よりチェックしていたところです。
浦島太郎にも似た伝説の残る場所。
栃木市西方町の真名子エリア。


八百比丘尼堂。[栃木市]

八百比丘尼堂」であります。

イノシシ対策なのかな?
電気柵がめぐっていて中に入れません Σ(゚Θ゚)

あそこのお堂に「木造八百比丘尼(おびくに)座像」が
安置されているようです★


=== 案内板より ===
木造八百比丘尼(おびくに)座像
むかしむかし、朝日輝命(あさひてるのみこと)と
夫人の夕日照命(ゆうひてるのみこと)が都よりくだり、
この地(愛郷・まなご)に暮らすことになりました。

庚申さまの恵みにより女の子をさずかり、八重姫と名付けました。
15・6才ともなると八重姫の美しさは都にまで聞こえるようになりました。
天子さまが姫を都に召し出そうとしましたが、
姫はこれを嫌い真名子の里を離れることになりました。

その途中、老翁(青面金剛の化身)に出会い、
目もくらむような立派な家に案内され幸せに暮らしておりましたが、
4・5年もすると両親のことがしきりと恋しくなり
再び真名子の里に戻ってまいりました。


[八百比丘尼堂。[栃木市]]の続きを読む
久保田城跡。[秋田市]

「秋田城」に続いてやって参りました、
久保田城」です!
歴代佐竹氏の居城跡。
今は「千秋公園」として整備されています。

ここはお堀のとこの「大手門跡」。


久保田城跡。[秋田市]

=== 案内板より ===
千秋公園の由来
この公園は、秋田20万石佐竹氏の居城、久保田城の城跡である。
久保田城は、慶長7年(1602)常陸から国替となった
初代秋田藩主佐竹義宣(よしのぶ)が翌8年に築城したもので、
天守閣と石垣のない城であった。

明治23年(1890)城跡を秋田市が佐竹氏から借り受けて公園としたが、
明治29年(1896)秋田県に移管され、造園家・長岡安平の設計により整備された。
昭和28年(1953)再び秋田氏に移管、継続的に整備、管理されてきたが、
昭和59年(1984)に、15代佐竹義栄氏の意志により秋田市に寄贈されて、
名実ともに市民の公園となった。

千秋公園の命名者は、秋田県出身の漢学者・狩野良知で、
「千秋」の由来は、秋田の秋に長久の意の千を冠し、
長い繁栄を祈ったものと言われている。
云々。。。


久保田城跡。[秋田市]

「松下門跡」。


久保田城跡。[秋田市]

「長坂門跡」。


久保田城跡。[秋田市]

===
御物頭御番所(おものがしらごばんしょ)
御物頭は秋田藩の行政機構の中では番方に属す役職であり、
配下の足軽を指揮して二の門(長坂門)の開閉及び城下一帯の警備を担当した。
御番所の南側十四畳の部屋に物頭が詰めて登城者を監視した。
北側には七畳半の休憩所や台所・便所があり、
中二階には八畳の部屋が配置されている。

『国典類抄』などの資料によれば、御物頭御番所は
宝暦8年(1758)に焼失したのち再建され、安永7年(1778)以降の火災では
類焼を免れたと考えられることから、建築年代は18世紀後半と推定される。
久保田城内では旧位置のまま今日まで残っている唯一の建造物である。
昭和63年3月、保存修復工事を行い、平成2年に秋田市文化財に指定された。
云々。。。


久保田城跡。[秋田市]

===
久保田城表門
表門は久保田城本丸の正門で、一ノ門とも呼ばれていた。
本丸の玄関口として警備上からも重要な地点とされており、
左手には門の警備と管理をする「御番頭局(ごばんがしらべや)」、
門の下手には侵入者を警戒する「御物頭御番所(おものがしらごばんしょ)」
を置いて厳重な守りを固めていた。

久保田城は慶長8年(1603)に築城して翌年に完成し、
表門は元和8年(1622)に最初の建て替えが行われている。
その後、寛永10年(1633)、安永7年(1778)など何度か火災に見舞われている。
この門は、絵図などの文献資料や発掘調査の成果をもとに再建したもので、
構造は木造二階建て瓦葺き櫓門であり、
佐竹20万石の正門にふさわしい壮大なものとなっている。
云々。。。


[久保田城跡。[秋田市]]の続きを読む
かいこ。2017

葉っぱの向こうになにかいるぞっ!


かいこ。2017

うおっ! (=゚ω゚)
こっちを見た。

これは。。。


かいこ。2017

kaiko」だっ!

甘くて、おいしそぉ~♪ヽ(≧∀≦)ノ


[かいこ。May.2017]の続きを読む
秋田城跡。[秋田市]

秋田城跡歴史資料館に続いてやって参りました、
秋田城跡」ですっ。

資料館の前、道路をはさんで反対側にあります。


秋田城跡。[秋田市]

城跡といっても、戦国時代にあったような
天守閣のあるお城ではなくて、古代大和朝廷が造った
城柵(じょうさく)です。


秋田城跡。[秋田市]

建物とかは無くて、
門や塀が復元されたシンプルな史跡だけれど
楽しみ~♪


秋田城跡。[秋田市]

=== 案内板より ===
北東建物跡
ここでは5回建替えられた建物跡が見つかっています。
Ⅰ期~Ⅲ期の建物はいづれも東西の方向に長く、
Ⅱ期では、東西両側に壁で仕切られた部屋があり、
建物の南には、目隠し塀が付いていました。
壁で仕切られた部屋のある役所の建物は、後殿や脇殿に見られますが、
分室化されているのは、建物の機能や使われ方に関係があるものと考えられます。
云々。。。


秋田城跡。[秋田市]

===
正殿跡
正殿は、秋田城で最も重要な建物です。
庁内の建物で正殿やその前面の広場では出羽国の政務を執り行ったり、
定期的に貢ぎ物を持って訪れる蝦夷に対しての贈り物、
宴も行われていたと考えられます。
また、時には外国からの使節を迎えての儀式も行われていました。
この建物は、同じ場所で6回建て替えられています。
最後の建物は石の上に柱を立てる礎石式の建物ですが、
それ以前の建物は直接地面に柱を埋め立てる掘立式の建物でした。
云々。。。


秋田城跡。[秋田市]
政庁第1期 (733年~770年頃)

===
政庁とは
政庁の機能
政庁は、秋田城跡で最も重要な区域です。
政庁内の建物である正殿やその前面の広場では出羽国の政務を執り行ったり、
定期的に貢ぎ物を持って訪れる蝦夷の人々を迎え、味方に引き入れる目的で、
位階や布などを与えたり、宴を催したりしていました。
また、文献資料や水洗厠舎跡から検出した有鉤条虫卵の存在から
渤海(ぼっかい)など外国からの使節を迎えての儀式も行われていたと考えられます。
云々。。。


[秋田城跡。[秋田市]]の続きを読む
雲谷寺の桜。[沼田市]

雲谷寺」であります。
前回に続いてのin 沼田市です。


雲谷寺の五輪塔。[沼田市]

本堂左手、墓地の手前にあるのがこちらです。
新田義宗公 慰霊詩碑」。
碑の裏側に云われが記してありました。


=== 石碑より ===
この漢詩の由来
父新田義貞と2人の兄の亡き後 新田氏族の総師となった左近衛少将義宗は
応安元年1368年3月 鎌倉の関東管領を討ち 関東の地を奪還すべく
越後で挙兵した
新田勢7千 押し寄せた足利勢6万 沼田台地滝棚の原で
3ヶ月に及ぶ激戦となった 新田勢の敗色が濃厚となった7月
高平の森で手勢を指揮していた義宗は 突然現れた敵勢の放った矢に
右目と身を射ぬかれ うつ伏せに落馬し絶命した 時に37歳であった

戦いが終わり 足利勢が撤兵した後 義宗の遺臣は池に隠した 
義宗の遺体を火葬にし 義宗陣没の森にその御霊を祀った
御霊を「うつぶし明神」 森を「うつぶしの森」と称し今に伝えている

義宗の死後3年目の応安3年=1370年 義宗の執事船田長門守経政は
ここ雲谷寺に義宗の墓として 無銘の五輪塔を建てた
云々。。。


雲谷寺の五輪塔。[沼田市]

こちらは新田氏と足利氏の「殉難者諸精霊供養塔」。


[雲谷寺の五輪塔。[沼田市]]の続きを読む