FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

前回に続いての「石田堤」であります。


=== 案内板より ===
県指定史跡 石田堤
この堤は、天正18年(1590年)6月、石田三成によって忍城水攻めのために
築かれたことから、石田堤と呼ばれています。
天正18年3月に始まる、豊臣秀吉の関東平定に伴い、北條氏に味方する、
成田氏の拠城である忍城は、同年6月、石田三成、大谷吉隆、
長東正家らによって、包囲されてしまいます。
石田三成らは、地形を見て、忍城を水攻めすることにし、
全長28キロメートルに及ぶ堤を、わずか1週間で作り上げたと言われています。
実際には、自然堤防や微高地を、巧みにつなぎ合わせたものと思われ、
現在残っているこの堤も、自然堤防上に、1~2メートル程盛土をしたものです。

こうして堤が完成し、利根・荒川の水を引き入れたのですが、地形的に、
城や城下町より、下忍・堤根方面に水が溜まってしまい、
遂には堤が決壊して、水攻めは失敗に終わります。
しかし北条氏の降伏により、忍城は遂に開城するのです。

今日では、ここ堤根に約250メートルの堤を、残すのみですが、江戸時代、
日光裏街道沿いに植えられた、樹齢300年余の松や檜葉が並ぶ様は、
往時をしのばせる、貴重なものと言えましょう。
云々。。。


石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市] 石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

===
土木遺産「堀切橋」
埼玉県内で8ヵ所目の土木学会選奨土木遺産となる「堀切橋」は、
親柱頂部に尖頭半球が施され高欄は三角形等の空間がある。
これらの表面に幾何学模様が刻まれており、野外アート風の橋である
貴重な土木遺産であることが評価され、認定されたものです。

なお、堀切橋の名前は、戦国時代に石田三成が忍城を水攻めにした際、
この付近で石田堤が破堤したことが由来とされている。
云々。。。


石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

こちらは鴻巣市、
石田堤史跡公園にある「シンボルモニュメント」です。
高架下にあるこのモニュメントの下に入ると、
自動で石田堤の様子を説明してくれるガイダンスが流れます。
石田堤の初心者にもバッチリな優れモノ☆


[石田堤史跡公園。[埼玉県鴻巣市]]の続きを読む