FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

豊臣秀吉さんの小田原征伐に関連する史跡。
埼玉県行田市にある「石田堤」です。
お城を囲む土塁のような、盛り上がった土盛りがそれであります。


=== 案内板より ===
石田堤
石田堤は、天正18年(1590)6月に石田三成率いる豊臣秀吉軍が
忍城水攻めの際に築いた堤で、後世になって“石田堤”と呼ばれるようになりました。
残念ながら現在堤は断片的に残るだけで、ここ行田市堤根の旧館林道沿いに残る
282mが、埼玉県指定史跡に指定されています。
まだ、忍川対岸の鴻巣市袋に残る300m程が鴻巣市指定史跡に指定されて、
石田堤史跡公園として整備されています。
それ以外にも行田市堤根地区ほかに点々と堤が残っています。


石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

石田堤の全体像については、大正2年(1913)に地元の郷土史家清水雪翁が、
実地踏査を行ない、地形や言い伝えから約14kmの堤を推定復元しています。
清水の説以外に、全長を28kmとする説や、堤は長大だったが、元荒川などの
河川の自然堤防を利用して築堤工事が行われ、実際に秀吉軍が築いたのは
4km程度だったとする説もあります。

石田堤については、行田市堤根と鴻巣市袋の計3地点で発掘調査が
行われていますが、3地点それぞれで堤の構築状況が異なっており、
地点ごとに地形に合わせた構築方法が採られていたものと推測されます。
また、発掘調査では2地点で堤の中から埴輪や土器などの破片が出土しており、
三成はこの地域に点在していた古墳を取り崩し、その土などを利用して
自然堤防を補強して繋ぎ、短期間で堤を築いていったと推測されます。
一説には三成は堤をわずか5日間で築いたとも言われていますが、
当時の記録から、忍城攻めが始まって約1ヶ月後の7月前半にも、
堤の補強等が行われていたことが伺えます。
突貫工事で築いた堤を、水攻めにしながら補強していたようです。


石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

このようにして築かれた堤に、荒川等から水を引き入れて
忍城水攻めが行われたようですが、水攻めの最中にも忍城周辺で
戦闘が行われた記録があることから、水攻めはさほど忍城に直接的なダメージを
与えられなかったようです。
それは地形的な要因から、引き入れた水が忍城付近ではなく、南側の堤根方面に
溜まってしまったからではないかと考えられています。


石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

水攻めに耐えていた忍城も、小田原城開城後の7月14日に開城し、
堤としての役割を終えた石田堤は、その後次第に取り崩されて
姿を消して行きました。
それを憂いた幕末の堤根村の名主増田五左衛門は、慶応2年(1866)に
石田堤の由緒を記した石田堤碑を建立し、堤を後世に残そうとしました。
その後地域で石田堤保存の活動が始まり、
地元堤根自治会で「石田堤を守る会」が結成されて、現在堤の除草・
清掃等の保存活動を行っています。
云々。。。


[石田堤歴史の広場。[埼玉県行田市]]の続きを読む