FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

鹿児島です!
名勝 仙巌園」から見た桜島であります。
本来ならこんな絶景だったに、小雨フル今日。。。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

ちょっと残念 (;д;)
でもでも気を取り直して、さぁ参りましょう!
「仙巌園」!


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

=== 案内板より ===
国指定名勝文化財 仙巌園 通称 磯庭園
島津氏は、12世紀末、源頼朝から島津荘地頭職、
薩摩、大隈、日向3ヶ国の守護職に任命された
惟宗忠久(これむねただひさ)が、島津を名乗ったことにはじまります。

江戸時代になると、島津氏は、琉球の支配も認められ、
72万石の外様大名として南九州を統治し続けました。
磯庭園は、正式名称を仙巌園といい、
万治元年(1658)、19代島津光久が鎌田出雲政近の
大磯下津浜門屋敷を御用地と成し、
御仮屋を建てたのが始まりとされています。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

島津藩ではすでに18代島津家久が城山に鶴丸城を建て、
島津氏の居城としており、仙巌園に建てられた御殿は、
島津家の別邸として代々の藩主に受け継がれました。
江戸時代中期、21代吉貴の代には、中国より江南竹が移植され、
曲水の庭が作庭されたと伝わっています。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

また、27代の斉興の代には、庭地拡張が行われ、
同時に千尋巌、集仙台、筆塚などが造られました。
さらに、廃藩置県後には29代の忠義が移り住み、正門が造られ、
ほぼ現在の形に整えられました。

なお、この仙巌園は、昭和33年(1958)に、
名勝として国の文化財に指定されています。
云々。。。


===
御殿
19代島津光久が屋敷を構えて以来、仙巌園は別邸として
歴代当主に受け継がれました。
しかし明治4(1871)年の廃藩置県で、島津家の人々は鹿児島城(鶴丸城)
からここに移り、明治17(1884)年には御殿の大規模な改築が行われました。
現在は当時の約3分の1の建物が残されており、往時の島津家の暮らしぶりを
物語っています。
云々。。。


[仙巌園 その2。[鹿児島県鹿児島市]]の続きを読む