FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
仙巌園。[鹿児島県鹿児島市]

鶴嶺神社に続いてやって参りました。
鹿児島の名称「仙巌園 sengan-en」です。


=== 案内板より ===
大名庭園「仙巌園」と近代化の拠点「集成館」
大名庭園「仙巌園」の魅力
仙巌園は第19代島津光久によって万治元年(1658年)に造られました。
歴代当主の別邸として機能し、雄大な桜島を背景とする庭園や錫門、
御殿、望嶽楼などが大名家の暮らしを今に伝えています。

近代化の拠点「集成館」
幕末の嘉永4年(1851年)に始まった秀英館事業は国を守り
産業を発展させ、日本を強く豊かな国にするためのものでした。
ここには旧集成館機械工場や反射炉跡など、日本近代化の出発点となった
遺産群が残されています。
云々。。。


仙巌園。[鹿児島県鹿児島市]

というわけで、入り口近く、
先ず目を引くのが大きな大砲です。
これぞ「鉄製150ポンド砲」!


=== 案内板より ===
西欧列強が東アジアに進出した19世紀、28代島津斉彬は防衛のために
西洋式の反射炉や熔鉱炉、鑽開台を建設し、鉄製大砲を建設しました。
斉彬の側近、市来四郎は、薩摩藩は安政4(1857)年に鉄製150ポンド砲の
製造に成功したと記しています。
文久3(1863)年、薩英戦争の時、鹿児島城下には2門の150ポンド砲があり、
威力を発揮しました。
云々。。。


仙巌園。[鹿児島県鹿児島市]

===
反射炉の建設と集成館の設置
アヘン戦争で中国がイギリスに敗れたという情報は、
島津斉彬に大きな衝撃を与えました。
嘉永4年(1851)、薩摩藩主となった斉彬は、日本が西欧諸国の
植民地にされるのではないかという危機感を抱き、
海洋に多くの領地を有する薩摩藩こそ、「大砲と船」に象徴される軍備の近代化と
産業育成に力を注ぐべきだと考えました。

反射炉は鉄製の大砲を鋳造するために築かれたもので、嘉永5年に着工し、
安政3年(1856)ようやく鉄製砲の鋳造に成功しました。
また反射炉を中心に溶鉱炉やガラス工場など様々な工場が整備され、
これらの工場群は「集成館」と命名されました。


仙巌園。[鹿児島県鹿児島市]

生麦事件に端を発した文久3年(1863)の薩英戦争では、イギリス艦隊7隻を相手に、
ここで造られた大砲が大活躍しましたが、その後解体され、
現在は基礎部分だけがのこされています。
云々。。。



===
集成館事業と反射炉跡
石垣は、大砲を鋳造するための反射炉の基礎部分です。
ここには耐火煉瓦を使って西洋式の反射炉が築かれていました。
欧米列強の艦船から国を守るには大型のカノン砲を並べた砲台要塞が必要である
と考えた薩摩藩は、オランダ人ヒュゲニンの図面を頼りに自力で反射炉建設に着手。


仙巌園。[鹿児島県鹿児島市]

反射炉はドーム型の炉の天井で炎を反射させた強い熱で鉄を溶かし、
大砲の鋳型に流し込む施設です。
従来の石工技術で切石を組み、薩摩焼の技術で耐火煉瓦を焼き、
炉の材料としました。
1号炉は失敗に終わりますが、完成した2号炉で大砲を製造しました。
云々。。。


[仙巌園。[鹿児島県鹿児島市]]の続きを読む