ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
星宮神社。[足利市]

「足利の文化財一斉公開 2016」。
足利市梁田町にある「星宮神社」です。

こちらの「本殿」の彫刻がまたスゴイ!


星宮神社。[足利市]

絢爛豪華であります!


=== いただいたリーフレットより ===
星宮神社本殿の文化財
星宮神社本殿は日光東照宮を手がけた彫物大工の系譜の人たちが
彫刻・彩色をした貴重な建築物です。
江戸彫りとも呼ばれ、天保年間以降の奢侈禁止令が出る以前の
豪華な社寺建築です。
云々。。。


星宮神社。[足利市]

===
梁田では古くから鰻を食べない風習があります。
鰻は虚空蔵様のお使いだとされています。
本殿には浜床と脇障子の後ろに彫られており、
社寺彫刻に鰻が使われるのは非常に珍しいものです。
云々。。。


星宮神社。[足利市]
星宮神社。[足利市]
北面大壁胴羽目

「張果老」と「菊慈童」。


[星宮神社。November.2016 [足利市]]の続きを読む
居酒屋スルメ。[足利市]

あのマンションの1F、角です。
最近オープンしたお店「居酒屋スルメ」さん★

渋いですよね、スルメさんて店名、
覚えやすいし。
ナニゲにセンスを感じてしまうのは
ワタシだけでしょうか?


居酒屋スルメ。[足利市]

奥のテーブル席です。
先ずはハイボールを。お通しは「メンマ」。


居酒屋スルメ。[足利市]

お店は、ほっこりとした温かい雰囲気。
こちらは「マグロブツ」です。

ん~、熱燗ほしくなりますねー。


[居酒屋スルメ。[足利市]]の続きを読む
ラーメン竜。[熊本県人吉市]

熊本県人吉市です。
遅くまでやっているラーメン屋さん、
ラーメン竜」さんにお邪魔してます。


ラーメン竜。[熊本県人吉市]

飲んだ後の上がりのラーメン。
ここのお店もずいぶん前にお邪魔したことがあります。
同じく出張の時だったですねー。

先ずはビール、それから「餃子」をお願いしました。


ラーメン竜。[熊本県人吉市]

「チャーシュー」と「もやし」をオツマミに。


[ラーメン竜。[熊本県人吉市]]の続きを読む
赤城神社。[足利市上渋垂町] 赤城神社。[足利市上渋垂町]

足利の上渋垂町にある「赤城神社」です。
2008年に、ずいぶんと前に来たことがあります。
今回は「足利の文化財一斉公開 2016」にて。


赤城神社。[足利市上渋垂町]

こちら!正面の「本殿」!
普段、直接拝見出来ないものですから、もうワクワクです♪

扉の手前にいらっしゃるのは1対の「夫婦竜」。
雨乞いの儀式に使われたものなのだそうです。

そして扉の両サイドには、赤城神社の神の化身「百足・ムカデ」が1対。
おお~っ。。。


赤城神社。[足利市上渋垂町]

本殿は全面に素木の彫刻が施されています★


=== 案内より ===
予譲刺衣(よじょうさしころも)
予譲は、敗死した主君・智泊(ちはく)の頭骨を飲器にするという
屈辱的な扱いをした、趙襄子(ちょうじょうし)の殺害を誓ったが、
果たせずに捕らわれてしまう。死を覚悟した予譲は襄子の衣服を請い受け、
その衣服を切り刺し、これで主君の智泊に顔向けができると言って
自決をしました。
命を狙われた襄子もこの忠義心を大いに賞賛をしました。
云々。。。


[赤城神社。[足利市上渋垂町]]の続きを読む
金山城跡、本城大手口。[太田市]

太田市、金山を走ってみる。


金山城跡、本城大手口。[太田市]

金山城もずいぶん前に来たきりだったので、
もう1度散策してみたいなー、的な今日であります。

紅葉はもう終わりだね。


[金山城跡、本城大手口。[太田市]]の続きを読む
球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

人吉市の夜です。
城跡の近くにある郷土料理のお店にお邪魔しています★
球磨焼酎と球磨の食 開 kai」さん。


球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

地元、熊本の本格焼酎をすべて揃えているという、
飲んベエの方々にはたまらないお店であります。

人吉は米焼酎の本場。
〝球磨(くま)焼酎〟と呼ばれる産地呼称の認められたお酒の発祥の地です。
(ウイスキーで言えばスコッチ、ブランデーのコニャック、
ワインのボルドーと同じく、世界基準で決められる地域の呼称認定。)


もちろん、球磨焼酎のお湯割りからスタート!


球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市 球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

めちゃめちゃ美味しい「だし巻き」。
使っている卵は、地元の養鶏業者さんのものだそうです。


球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

お通しならぬ「お酒のアテ 3点セット」。


球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

とろけるような口当たりの「馬刺し」と、


球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

揚げたての「辛子れんこん」。
辛子れんこんて、こんなに美味しかったのー?と、
ちょっと感動♪


[球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市]]の続きを読む
プラザカフェ。[足利市]

休日のランチタイムです。
寒いけど日差しの強い今日、冷たいビールがとても美味しい。
足利市民プラザの西館にある「プラザカフェ」さんです。


プラザカフェ。[足利市]

お願いしたのはお昼のセットメニュー。

メインの「ペスカトーレ 魚介トマト味」に、


[プラザカフェ。[足利市]]の続きを読む
人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

熊本県「人吉城跡」です。
なかなかな広さを誇るお城の跡。
所々に残る石垣からも巨大な砦であったことが伺えます★


=== 案内板より ===
二の丸跡
戦国時代までの人吉城は、東南の上原城を本城とする山城であり、
この場所は「内城」と呼ばれる婦女子の生活する地区であった。
天正17年(1589)、第20代長毎(ながつね)によって近世城としての築城が始まると、
本丸や二の丸の場所となり、慶長6年(1601)には石垣が完成している。

二の丸は、江戸時代の初め「本城(本丸)」と呼ばれているように、
城主の住む御殿が建てられた人吉城の中心となる場所である。
周囲の石垣上には瓦を張りつけた土塀が立ち、北東部の枡形には
櫓門式の「中の御門」(2.5間×9.5間)があり、見張りのための番所が置かれた。
また北辺には御殿から三の丸へ下る「埋御門」が土塀の下に作られ、
この他に「十三間蔵」(2間×13間)や井戸があった。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

三の丸は二の丸の北・西部に広がる曲輪で、西方に於津賀社と2棟の「塩蔵」
(2.5間×6~7間)を、東の「中の御門」近くに井戸と長屋を配置するだけで、
大きな広場が確保されている。
その周囲には当初から石垣は作られずに、自然の崖を城壁としており、
「竹茂かり垣」と呼ばれる竹を植えた垣(かき)で防御している。
これは、人吉城がシラス台地に築かれているため、
崖の崩壊を防ぐ目的もあった。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

二の丸御殿
享保4年(1719)の「高城二ノ丸御指図」によれば、
御殿は北側を正面とするように配置され、「御広間」(4間×9間)・
「御金ノ間」(6間四方)・「御次ノ間」(4間×6間)の接客・儀式用の表向建物と
「奥方御居間」(3間×8間)・「御上台所」(3間×9間)・「下台所」(5間×8間)の
奥向の建物の合計6棟からなる。
これらの建物は、すべて板葺きの建物で、交互に廊下や小部屋でつながり、
建物の間には中庭が作られている。
この内、「御金ノ間」は襖などに金箔が張られていた書院造の建物で、
城主が生活・接客する御殿の中心となる建物である。
云々。。。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

二の丸エリアより、この石段を上がっていった所に
本丸があります。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

===
本丸跡
本丸は、はじめ「高御城」と呼ばれていた。
地形的には天守台に相当するが、天守閣は建てられず、寛永3年(1626)に
護摩堂が建てられ、その他に御先祖堂や時を知らせる太鼓屋、山伏番所があった。
礎石群は、板葺きで4間四方の二階建ての護摩堂跡である。

中世には「繊月石」を祀る場所であったように、主として
宗教的空間として利用されていることに特色がある。
云々。。。



[人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]]の続きを読む
人吉城跡。[熊本県人吉市]

前回に続いて「人吉城跡」です。
石垣(東)を背にして、相良護国神社のある御館方面(西)を見る。

広~いです。


人吉城跡。[熊本県人吉市]

人吉城跡。[熊本県人吉市]

所々残っている石垣からは、
巨大な要塞があったのだろうと想像できます。


人吉城跡。[熊本県人吉市]

こちらは「於津賀(おつが)社跡」。


=== 案内板より ===
於津賀社跡
初代相良長頼の入国前の人吉城主であった平氏の代官の
矢瀬主馬祐(やぜしゅめのすけ)を祀る霊社跡である。
第2代頼親が建立し、初めの頃御墓(塚)大明神という。
文明16年(1484)に再興され、元和年中(1620年頃)に於津賀と改め、
寛永7年(1630)に造替された。
社殿は南向きで、板葺きの御殿(神殿)と添殿(拝殿)の2棟があり、
現在その礎石が残っている。
云々。。。


[人吉城跡。[熊本県人吉市]]の続きを読む
中里城跡。[足利市]

毎年11月に開催されている「足利の文化財一斉公開」。
歴史好きな方にはたまらないであろうイベントです(笑

市内福居町にある「中里城跡」にやって参りました。


中里城跡。[足利市]

竹林と小さなお社がありますが、
なんの変哲もない、ただの空き地のよう。。。

がっ!


中里城跡。[足利市]

この空き地の周りを、
大きく土塁が巡っているのですっ。
これぞ城跡の証!(笑


[中里城跡。[足利市]]の続きを読む
鑁阿寺。November.2016 [足利市]

小雨のフル朝。
足利の「鑁阿寺ばんなじ」であります。


鑁阿寺。November.2016 [足利市]

もう見頃なんだろうなー、「大銀杏」の紅葉。
というわけでやって来ましたら、真っ盛りでした★

いいね (=゚ω゚)ノ


鑁阿寺。November.2016 [足利市]

多宝塔。。。


[鑁阿寺。November.2016 [足利市]]の続きを読む
大井戸遺構と相良神社。[人吉市]

人吉城跡「ふるさと歴史の広場」です。
人吉城があった時代には、武家屋敷だった場所です。
ここにある地下室の遺構が「大井戸遺構」であります。


=== 案内板より ===
大井戸遺構(相良内蔵助・さがらくらのすけ屋敷の地下室)
1 発掘調査年度  平成13年度
2 調査主体者   人吉市教育委員会
3 遺構の名称   「大井戸遺構」(相良内蔵助屋敷の地下室)
4 構築の年代   江戸時代初期(慶長年間~寛永年間)
5 大きさ       東西5.4m、南北2.7m、深さ4mの石組。井戸の水深 約1.25m。
6 遺構の特長   人吉城跡では、井戸のある地下室が2つ発見されています。
6 遺構の特長   1つは「人吉城歴史館」の中庭にある地下室遺構で、2つ目は
6 遺構の特長   この大井戸遺構です。地下室遺構は、
6 遺構の特長   寛永17年の「お下の乱」を描いた人吉城絵図によれば、
6 遺構の特長   家老を務めた相良清兵衛の屋敷内にあった
6 遺構の特長   2階建ての「持仏堂」に、大井戸遺構は、その息子の
6 遺構の特長   内蔵助の屋敷内にある「蔵」と書かれた建物の位置に
6 遺構の特長   相当するようです。


大井戸遺構と相良神社。[人吉市]
「大井戸遺構の底に敷かれていたスギ板の様子」。

2つの地下室は、石段の降り口、踊り場、方形の大型の井戸、
黒色の小石敷、その下のスギ板敷きなど、構造が良く似ています。
江戸時代の初期に建造され、寛永17年(1640年)7月の「お下の乱」の直後に
破壊されて埋められていました。
特殊な目的のために造られた井戸と推定されますが、
全国では同様な遺構の発見例がなく、謎の多い遺構です。

今回、実物展示のため、石積みの復元修理を行い、上部に推定される
建物と同じ規模(6m×7m)の覆屋を建設し、休憩施設としました。
云々。。。


[大井戸遺構と相良護国神社。[人吉市*人吉城跡]]の続きを読む
青井阿蘇神社。[熊本県人吉市]

好来ラーメンさんから程なく。
青井阿蘇神社」にやって参りました。
熊本の人吉市です。


青井阿蘇神社。[熊本県人吉市]

こちらの神社さんへは何度か訪れたことがあります。


青井阿蘇神社。[熊本県人吉市]
太鼓橋(みそぎ橋)から見る「楼門」


青井阿蘇神社。[熊本県人吉市]

とてもカッコイイ。


[青井阿蘇神社。[熊本県人吉市]]の続きを読む
熊本県人吉市・好来ラーメン。

ナニゲに待つらしいから早めに行ってみようょ。
的な努力?もむなしく、すでに満席、外には順番待ちのお客さん。

おぉー。
ウワサ通りの人気な店ですっ。
人吉市にある「好来ラーメン」さんにやって参りました!
渋滞するラーメン屋さんはあまり得意ではないのですが、今回は特別♪


熊本県人吉市・好来ラーメン。

お店入り、テーブルの席に陣取ります。

が。メニューがないっ!
壁にも貼ってないっ!
先に入ったお客さんたちは、みんな同じラーメンを食べているっ!
大盛りもないのかな?もちろん餃子もビールも?
メニューはラーメンのみ。。。最強だっ(汗、、、

テーブルに置かれた調味料は、鷹の爪、コショウ、そしてお醤油。
ラー油かと思ったらお醤油でした。

店内をキョロキョロしていると、厨房からご主人の声が。
「ラーメンつくりますから、今、ラーメンつくりますから。」と、
ニコニコしてて優しいおじいちゃんのよう。

そして待つこと少々。


[好来ラーメン。[熊本県人吉市]]の続きを読む
日本酒バル むくの木。[足利市]

お通しは「キノコと鶏肉の茶わん蒸し」♪
今夜は晩酌は「日本酒バル むくの木」さんにて。


日本酒バル むくの木。[足利市]

こちらは「さんまロール 肝醤油仕立て」。
茄子を、くるりとサンマが巻いています。
骨がなくて食べやすい~。
ほんのりと甘い風味があって、大好きな一品。
付け合わせは、キノコとカボチャのソテーです。

で。


日本酒バル むくの木。[足利市]

そうなんですっ、お鍋の季節到来!
一人前でも注文できる優れモノ。

今夜お願いしたのは「牡蠣の水炊き鍋」、
それの「味噌仕立て」バージョンであります★


[日本酒バル むくの木。November.2016 [足利市]]の続きを読む
岩屋熊野座神社。[熊本県人吉市]

熊本県人吉市です。
鹿児島空港を使ったのは、熊本空港を使うよりも近かったから。

というわけでやって参りました「岩屋熊野座神社」です!
相良氏の初代・相良長頼さんが勧請した歴史ある神社さん。
石製の「鳥居」が出迎えてくれます。


=== 案内板より ===
岩屋熊野座神社の鳥居
岩屋熊野座神社は寛喜年中(1229~1231)の創建と伝わる
熊野神を祀る神社である。
神社参道の入口に立つこの凝灰岩製の鳥居は、
元禄14年(1701)に寄進されたもので、南柱に「奉寄進岩屋講衆中」、
北柱に「元禄十四辛巳年三月吉日」と刻銘がある。
稚児柱が付いた両部鳥居形式(権現鳥居・四脚鳥居)では
球磨地方唯一のもので、在銘の鳥居としても最古のものである。
笠木高3520mm、柱間2590mm。
云々。。。


岩屋熊野座神社。[熊本県人吉市]

鳥居からさらに進むと石段、
その先に社殿が見えてきます。


岩屋熊野座神社。[熊本県人吉市]

おぉ~、来た~。
神社というより、昔の史跡○×家住宅、みたいな雰囲気です。


岩屋熊野座神社。[熊本県人吉市]

とてもシンプルな「手水舎」。


[岩屋熊野座神社。[熊本県人吉市]]の続きを読む
銘仙。足利市。

日本だけでなく海外からも、その自由で大胆なデザインが
注目されている「銘仙」に今、関心が寄せられています。

キレイ!かわいい!だけではない銘仙の魅力。。。
織り方や産地の正確による違いから迫ってみると、その向こうには
深く豊かな世界が待っています。
~リーフレットより~

本物の銘仙が観れるチャンスかも~♪
さぁ、みんなで行ってみよー☆


「銘仙のむこう側を知ってみたい」
日 時/2016年11月26日(土)
日 時/14:00~16:00
定 員/20名(高校生以上)
参加費/無料(要観覧券)
会場・お問合せ/足利市立美術館 TEL・0284-43-3131
企画/うさぎや&アトリエmado
協力/あしかが対話型鑑賞の会



【足利市立美術館】
@栃木県足利市通2-14-7

足利の文化財一斉公開 2016。[足利市]

普段、なかなかお目にかかれない仏像、絵画、彫刻、建造物。
一斉公開です!
個人的に大好きなイベントの1つ。

11月19日(土)、20日(日)の2日間。
まさにお宝です!
2日間だけじゃ足りないかも。。。
さぁ、みんなで行ってみよーっ!


「足利の文化財一斉公開 2016」
日 時/2016年11月19日(土)、20日(日)
日 時/9:30~16:00
会 場/足利市内各所(市内63ヶ所の社寺、施設等)
詳しくは、
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/issei-koukai2016.html


以前の記事はこちらから。
樺崎八幡宮と法界寺跡  ★足利市
文化財一斉公開 その4  足利市★星宮神社本殿


羽田空港~。November.2016

おはよーございます。
朝の「羽田空港」です。

これから飛行機に乗り込むところです。


羽田空港~。November.2016

これかな?


羽田空港~。November.2016

と思っていたら、こちらの飛行機でした。

そして。。。


羽田空港~。November.2016

飛んだっ(汗、、、


[羽田空港~。November.2016]の続きを読む
たわら寿。[大田原市]

大田原市にある和食のお店「たわら寿 tawara-kotobuki」さん。

以前、ランチでお邪魔したことがあります。
今回は念願のディナータイムであります★


たわら寿。[大田原市]

お店の入り口、エントランスにディスプレイされた酒樽。
栃木県内の日本酒の数々。
その品揃えは圧巻です。
地元〝愛〟!、なんですね。


たわら寿。[大田原市]

友人と一緒に、プチ宴会であります♪
個室のテーブル席へ。

先ずは生ビールで乾杯っ。
そして地元のお酒「大那」を★
限定品の純米吟醸だそうです。スッキリめでフルーティ。

お料理もスタートしました。
先付け4点と小鉢が2つ。すごいです!
ひとつひとつにとても手間がかかっていて。
柿ロール、わらびもち、もずく酢、鱧、鯛のぽん酢ジュレ、
野菜の酢の物などなど。。。

マダムが詳しく説明してくれたのですが、
メモれなかったのが残念っ (T_T)


たわら寿。[大田原市]

「甘鯛の鱗焼き」。
カリカリに焼かれた鱗と、しっとりとした身の、
食感のギャップまで美味しいっ★
おろしポン酢でいただきます。


たわら寿。[大田原市]

大田原の大地が育てた野菜たち。
マダムお手製の「お漬物」で登場。

日本酒も加速度的に進みます。
同じく大那の「きもと造り純米」、「池錦・純米酒」と続きます。


[たわら寿。November.2016 [大田原市]]の続きを読む
西宮神社は、七福神の一人・お恵比寿様をお祀りしている神社で、
毎年11月には「恵比寿講」祭りが行われます。
お恵比寿様は「福の神」のことで、
恵比寿講祭りは開運や商売繁盛を願うお祭りです。
さぁ、みんなで行ってみよーっ!

というわけで恵比寿講デス、2016年っ!


桐生市「えびす講」 
日 時/2016年11月19日(土)~20日(日)
場 所/桐生西宮神社・群馬県桐生市宮本町2丁目

えびす講祭りに行ってきました♪[2011] 桐生市★西宮神社 その9 えびす講祭りに行ってきました♪[2011] 桐生市★西宮神社 その11





足利市「恵比寿講」 
日 時/2016年11月19日(土)~20日(日)
場 所/西宮神社・栃木県足利市西宮町3129

えびす講祭りに行ってきました♪[2010] 足利市★西宮神社 その1 えびす講祭りに行ってきました♪[2010] 足利市★西宮神社 その6




以前のえびす講はこちらから。
えびす講祭り 2012。 [足利市*二柱神社]
えびす講祭りに行ってきました♪2011。 [桐生市*西宮神社]


YUZU 2016。

いただきました「柚子」です。

さてさてコイツをどうしてくれようか!?
ジャムにしてくれようか?焼酎に入れようか?
それともお風呂に入れて、熱湯甲子園か!?

やっぱ、香りがいぃなー♪
Mさん、どうもありがとう!
美味しくいただきます★


麺屋 鶴と亀。[栃木市]

所用で来ました、栃木市です。
栃木に明るいHクンから教えてもらったお店。
麺屋 鶴と亀」さん。

縁起の良い店名ですネ★


麺屋 鶴と亀。[栃木市]

ランチタイムにお邪魔しました。
お座敷のテーブル席です。

先ずは餃子をお願いしよう。
餃子は、ト三田餃子、夜限定餃子と焼き餃子の3種類があります。
メニューの写真を見ると、
ト三田餃子はマヨネーズと鰹節がかかっているようで、
夜限定はホワイト餃子のよう。。。
私はスタンダードな「焼餃子」をチョイス★

もちろん酢ダク。そして今日はコショウを少々です。
アツアツの焼き餃子。美味しっ♪

そしてメインのラーメンは、
お店の看板メニューでもある「煮干し中華そば」をお願いしました!


[麺屋 鶴と亀。[栃木市]]の続きを読む
尾曳稲荷神社。[館林市]

=== 案内より ===
尾曳稲荷神社と館林城(尾曳城)の由来


尾曳稲荷神社。[館林市]

今は、昔。
(今となっては昔のことですが)
大袋城(おおぶくろじょう・城沼南岸)の城主、
赤井照光という殿様がいました。


尾曳稲荷神社。[館林市]

お正月のお祝いに出かけようと、
少しばかりのお供をつれて、近藤林にさしかかったときです。


尾曳稲荷神社。[館林市]

8、9歳の子どもたちが、
狐の子を捕らえていじめていました。


尾曳稲荷神社。[館林市]

あわれに思った照光は、
子どもたちを諭し、銭(=お金)を与えました。


尾曳稲荷神社。[館林市]

「二度と捕まるでないぞ」と、
狐の子を放してやりました。


[尾曳稲荷神社と館林城の由来。[館林市]]の続きを読む
尾曳稲荷神社。[館林市]

尾曳稲荷神社。[館林市] 尾曳稲荷神社。[館林市]

社殿までの参道には、ずらりずらり、
たくさんの「鳥居」が並びます。
館林市にある「尾曳稲荷神社」。
館林城築城にまつわる伝説を持つ神社さんですー。


尾曳稲荷神社。[館林市] 尾曳稲荷神社。[館林市] 尾曳稲荷神社。[館林市]

=== 案内板より ===
尾曳稲荷神社創建と由来
祭神 倉稲魂命
合祀祭神 誉田別命・素盞鳴命・倭建命
第百五代後奈良天皇の御世第十二代足利義晴将軍の時
天文元年(昭和51年から445年前)城主赤井照光の創祀にかゝる。


尾曳稲荷神社。[館林市] 尾曳稲荷神社。[館林市] 尾曳稲荷神社。[館林市]

大袋城主の赤井山城守照光は享禄元年正月舞木城主の許へ年賀の途中
子供が孤児を捕え殺そうとしているのを救ってやった処
その夜更一老翁が顕れて、子供の助かった礼をのべ
照光の居城大袋よりも館林が要害堅固の土地であると説き
明晩御案内申し上げようといいおわって姿を消した。
翌晩果して老狐が顕れ尾を曳て先導し字侍辺に始まり
字加法師に来て夜が明けた別れに臨み、もし築城完成の暁は
永く当城の守護神に使えよう私は稲荷の神使新左衛門である
と言い終り形を没した。
照光はこれに依って築城しその名も尾曳城と号し
城中に稲荷郭の一郭を設け社殿を造営し尾曳稲荷神社を奉祀した。
云々。。。


尾曳稲荷神社。[館林市]

「拝殿」です。


[尾曳稲荷神社。[館林市]]の続きを読む
龍飛 tappi。[太田市]

太田市の「龍飛」さんです。
新鮮な魚介をメインに、メニューもいろいろ。
ファミリー、デート、宴会、etc、、、
使い勝手万能な美味しい居酒屋さんです。


龍飛 tappi。[太田市]

先ずは「お通し」。8点盛りかな?
チョコチョコつまめる、飲んベエにはウレシイ盛り合わせ。
ハイボールでスタートです。


龍飛 tappi。[太田市] 龍飛 tappi。[太田市] 龍飛 tappi。[太田市]
(写真はクリックで大きくなります。)

「お刺身」は、
真ダコ、とり貝、赤貝、中トロ、北海甘海老の5点。
どれも美味しくて、うんうん♪って感じデス。
コメントはいらないかも。

スープも美味しい、ぷりっぷりの「焼きハマグリ」。
運ばれてきた時の、香りにもうやられちゃうんです。

と、「カツオの酒盗」。
う~ん、止まりません。。。


[龍飛 tappi。November.2016 [太田市]]の続きを読む
BAR 654。[佐野市]

駅までの移動中、タクシーの運転手さんに
紹介してもらったお店です。
BAR 654」さん、in 佐野市。


BAR 654。[佐野市]

柔らかな雰囲気をかもし出すウッディーな店内。
常連さんが多いのかな?盛り上がってます★
私はカウンターの一番奥の席へGO。

バーボンハイボール、大好きなジャックのロック。
とても居心地の良いカウンター席。


[BAR 654。[佐野市]]の続きを読む
八雲神社。[足利市大門通]

足利の鑁阿寺、門前の石畳通りから
ちょこっとだけ脇に入ったところにあります。

八雲神社」です。


八雲神社。[足利市大門通]

「手水舎」。


八雲神社。[足利市大門通]

「拝殿」。


[八雲神社。[足利市大門通]]の続きを読む
CON展にて。[足利市]

足利市で開催中のアートイベント「CON展」。
メイン会場の松村記念館をのぞいてみました。

古民家とアートって趣があって好きだなぁ。。。
今週いっぱい、5日(土)までやってまーす★


「CON展 コンテン」
よみがえる街、時間 ~足利のアート・もうひとつの街~
日 時/2016年10月30日(日)~11月5日(土)
日 時/11:00~17:00(初日・最終日 16:00)
会 場/松村記念館(メイン会場)、和泉屋、旧今井病院、他各所
会期中無休、入場無料
詳しくはCON展さんfacebookページまで。
https://www.facebook.com/GroupConTen/


CON展にて。[足利市]

メイン会場の「松村記念館」。
大正14年に建てられた木造建築の古民家です。
当時の調度品や生活用具、
足利出身の文化人、学者などの資料も展示、紹介されています。



【松村記念館(メイン会場)】
@栃木県足利市大門通

花蝶。[佐野市]

佐野市、高萩町の交差点から間もなくです。
和食のお店「花蝶」さんにお邪魔しました。
正面には、味處~、の看板が。。。
入る前から美味しそうです(笑


花蝶。[佐野市]

奥のテーブル席に陣取りましょう。
先ずはハイボール、そしてお通し。
お通しは「かつを」です。

最初にお願いしようと思っていた一品なので
なんだかウレシイ。
薬味とポン酢でいただきます。


花蝶。[佐野市]

「自家製塩辛」です。

すかさず麦焼酎にチェンジ。
あまり塩辛くなくて、やわらかな味わいの塩辛。
美味しいです。


[花蝶。[佐野市]]の続きを読む