FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2016/081234567891011121314151617181920212223242526272829302016/10

正法寺。[太田市]

前回に続いて「脇屋山 正法寺」であります。
in 太田市。

正面「本堂」。
左手に脇屋義助さんの像があります。
若々しくも凛々しいお顔立ちです。


正法寺。[太田市]

=== 案内碑より ===
脇屋義助公
清和源氏新田義貞の弟 脇屋に分家して脇屋氏を称す
元弘3年5月 新田一族の評議に鎌倉進撃を提唱
北条氏を亡ぼして鎌倉幕府を倒す
建武政権に武者所頭人 駿河守となる

建武2年足利尊氏反旗をひるかえすや 義貞の副将として箱根竹の下に戦う
京都に尊氏を迎えうち 九州に敗走させる
建武3年東上する尊氏の大軍と兵庫に戦い生田の森に敗れて京都に引く
しばしば尊氏軍と戦って利あらず
大将義貞とともに越前金ヶ崎城に寄る 瓜生氏の杣山城に移り
勢力をもりかえして国府城を攻め 越前守護の斯波高経を敗走させた
延元3年閏7月義貞が戦士すると 代わって北国を経営したが
敗れて美濃・尾張をへて吉野朝に至る
後村上天皇の命により四国・西国の総大将として興国3年四国に上陸
同年5月伊予の国府城で病没す
安養寺板碑には享年42とある

病床に侍した児島高徳が遺髪と法号を故郷の寺に届ける
以来脇屋山正法寺と号す

南朝総大将義貞の副将として活躍 その後義貞に代って総大将となり
忠節を貫く
各地の戦陣に散った新田一族とともに 名声を晩世に挙げた武将であった
兄義貞公とともに 清和源氏新田氏の名声を天下にとどろかした
公の偉業を顕彰して 永く後世に伝えたいと念願す
云々。。。


[正法寺。その2 [太田市]]の続きを読む