FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2016/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312016/09

長楽寺。[太田市]

前回に続いての「長楽寺」です。
in 太田市世良田町。


=== 案内板より ===
徳川氏発祥の地
本町は、12世紀中頃源義国の長子新田義重がこの地に荘園を開き、
新田の荘と呼ばれました。更に、義重の子義季(よしすえ)は
徳川の地を領して徳川義季と名のりました。その後、承久3年(1221)
この義季は、世良田に長楽寺を創建しました。

徳川義季を先祖として、家康は松平を徳川に復姓し、
更に、三代将軍家光は、日光東照宮の大改築を行い、
奥社に有った拝殿と宝塔を天海大僧都に命じて、徳川氏先祖の地
世良田に移築しました。
こうして世良田・徳川の地は徳川氏先祖発祥の地として、
将軍家の厚い庇護のもとに繁栄を続けました。
云々。。。


長楽寺。[太田市]

===
長楽寺
新田氏の祖義重の子徳川義季を開基とし、日本臨済宗の祖栄西の高弟
栄朝を開山として、承久3年(1221)に創建された東日本最初の禅寺
(東関最初禅窟)である。ただし禅の専門道場ではなく、
顕教密教を兼修したので、三宗兼学の寺として知られた。

創建当時は、広大な境内には塔頭子院が軒を並べ、500を超える学僧が止宿して
研学修行にはげんだ。その中には入宋したものも多く、これらを含めて
当寺出身者は全国に禅風を挙揚し、日本仏教史に重要な地歩を占めた。
聖一国師・神子栄尊・無住一円・一翁院豪・月舟深海その他枚挙にいとまがない。
新田氏を始め関東武士の崇敬も篤く、周辺の庶民にもその教化は及び、
その思想的影響ははかり知ることができない。

室町時代の初期に日本十刹の制が成立すると当寺もその1つに数えられた。
戦国時代末期になると、寺運は著しく衰退した。


長楽寺。[太田市]

天正18年、徳川家康は小田原北条討滅の功により、秀吉より関東の地を与えられた。
家康は長楽寺の現況を嘆いて、天海僧正をその住職に任じて、
祖先開基の寺の復興にあたらせ、寺領100石を与えた。
天海は当寺を臨済宗から天台宗に改め、境内を整備し、伽藍を修復し、
末寺700有余か寺を擁する大寺院に成長させた。
天海は同時に日光輪王寺の住職でもあったので、日光東照宮が改築されるにあたり、
元和造営の社殿の一部を長楽寺の境内に移し、東照宮を勧請した。
幕府は社領として200石を与え、長楽寺をその別当寺として管理と祭祀にあたらせた。

しかし、明治維新によって徳川幕府が崩壊すると、
荒廃の悲運に際会せざるを得なかったが、最近多くの人々によって
その歴史的価値が認識され、各方面の努力を得て復興の曙光を仰ぐに至った。
云々。。。


[長楽寺。chorakuji その2 [太田市]]の続きを読む