FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2016/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312016/08

総持寺。[太田市]

新田荘遺跡に指定されている「総持寺」にやって参りました。
新田義貞さんのものと伝えられる木像を安置しているお寺さんです。


=== 案内板より ===
新田館跡(館の坊・総持寺)
当寺域は早川の東、高台の地を占める現在は1㏊余に過ぎないが、
往時はこれに数倍する地積を擁していた。
南と北に東西に走る濠の痕跡を残し、
昭和初頭までは土塁の残存を見ることができた。
西に早川をひかえ、周りに堀を巡らした豪族の館跡であることは明瞭である。

鎌倉時代の世良田は,新田の庄の経済的、文化的中心であったところからみて
新田宗家の館はここにあったと考えられる。
元弘3年(1333)北条高時は世良田に有徳の者多しとして莫大な軍資金を課し、
使者を派遣して無法な「譴責・けんせき」を加えた。
義貞は「わが館の辺を雑人の馬蹄にかけさせつることこそ無念なれ」と怒り、
これを捕らえて一人は世良田の里に梟首した(太平記)。
この「わが館」がここであろう。


総持寺。[太田市]

建久4年(1193)源頼朝が那須野・三原の狩の帰途遊覧した(吾妻鏡)新田館も
ここであると思われる。
威徳山陀羅尼院総持寺。真義真言宗豊山派。新田館の坊ともいう。
寺伝に新田義重、岩松に岩清水八幡を勧請、別当寺として真光寺を建て、
別に当地に護摩道場を建立した。
正平の頃、小俣鶏足寺尊慶の法弟慶範、世良田氏を開基とし右ニヶ寺と
当郷清泉寺とを合わせて一寺とし、慈猛の法流を伝えて開山第一世となた。
二世慶賢が今の名に改めたという。
明治以前は末寺三十六ヶ寺寺中寺院四ヶ寺あって
新田三檀林(学問所)の一つであった。
云々。。。


[総持寺。[太田市]]の続きを読む