FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
名護屋城跡。その2 [佐賀県]

前回からの続きであります。
唐津市にある「名護屋城跡」。国の特別史跡です。

こちらは、二ノ丸から三ノ丸へ続くエリアです。


=== 案内より ===
馬場
馬場の概要
本丸の南側にあたり、本丸との比高差は12mあり、築城時の高石垣が
良く残っています。長さ100m、幅15mと細長く、また、ここで乗馬の訓練をしたとも
伝えられ、二ノ丸から三ノ丸に至る重要な通路と考えられます。
南側の石垣は櫓に通じる石段も残り、築城時の様子と崩壊した状況を
同時に観察することができます。しかし、樹木の繁茂や築城400年経過し、
一部石垣が崩壊する危険性が高まったので、平成3年度(1991)に緊急修理を
実施しました。石垣の上部は解体修理、下部については石垣の基礎部分を
補強しました。
云々。。。


名護屋城跡。その2 [佐賀県]

名護屋城跡。その2 [佐賀県]

===
馬場櫓台
この櫓台は本城の櫓配置の中でも特異な例であり、なぜか馬場の通路途中に
設けられています。平成7年度に解体修理を実施しましたが、石材として、
鏡石状の大石だけに野面石、その他には割石を用いてる点や、
割石の裏側に石割りの失敗や作業を中止した痕跡を残す点に他と異なる特徴が
あります。また、櫓台内部をすべて栗石で造り上げていることも判明していますが、
その中には大型石材の混入も複数ありました。
云々。。。


名護屋城跡。その2 [佐賀県]

馬場櫓台から眺めた、周り(城内)の風景。


[名護屋城跡。その2 [佐賀県]]の続きを読む