ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2016/0112345678910111213141516171819202122232425262728292016/03

野上村道路元標。[佐野市]

佐野市内から県道201号、作原田沼線を北上します。
30分ほど走ったでしょうか?
白岩町というところにある、「まちの駅」に到着しました。

何かの施設かな?
〝まちの情報コーナー〟と〝オカリナの里〟の看板が出てます。
みんなでオカリナふくのかな?


野上村道路元標。[佐野市]

こちらの、まちの駅の一画に、
小さな石塔があります。

あれ。分かります?


[野上村 道路元標。[佐野市]]の続きを読む
桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄。

日差しの照り返しが眩しいくらいです。
天気に恵まれた今日、やって参りました「湯西川温泉」♪
昨年もお邪魔しました「桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄」さんです。


桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄。

古民具や骨董が飾られるフロントロビー。

メッチャお得なプランを発見し、
急遽決定★


桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄。

だから?
囲炉裏のないお部屋です(笑
それでも広々とした部屋は、私にとって全く問題なしっ。

さぁー、温泉に浸かるぞーっ!

泉質はアルカリ性単純温泉。
男女それぞれの内湯と露天。
外には6つの貸切風呂があります♪

おっと、今回はお風呂の写真は無しです(汗
上手に撮れなかったのでごめんなさいっ(汗、、、


[桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄。February.2016 [日光市*湯西川温泉]]の続きを読む
和処 司。February.2016 [足利市]

足利市の和食屋さん、
和処 司」さんで1杯やろうと企んでいる今夜。

カウンター席の一番右に陣取りました。
1人飲みは、この辺の席がちょうど良いのです。
グラス生ビールで1度クールダウンしてから、
八丈島の麦焼酎のお湯割りでHOTに。


和処 司。February.2016 [足利市]

お願いしたのは、お任せのオツマミコース。

「〆鯖の炙りとフルーツトマトのサラダ」。
サラダのドレッシングが鯖にもドンピシャ合います★
焼き魚が食べたかったから余計に美味しいっ。


和処 司。February.2016 [足利市]

「黒ムツのお刺身」は、わり醤油で。
ほんのりねっとりとした食感。
山葵がツンと効いて、また食欲が刺激されます♪
ペロリです(笑


[和処 司。February.2016 [足利市]]の続きを読む
湯西川橋梁辺りの風景。[日光市]

「湯西川駅」の前です。
積もってますねー、雪。
すべらないように気をつけて。


湯西川橋梁辺りの風景。[日光市]

おぉーっ、
凍ってますっ!水面が真っ白。


[湯西川橋梁辺りの風景。[日光市]]の続きを読む
天満宮の養蚕額。[佐野市]

佐野市です。
小見町にある「天満宮」にやって参りました。
午前中のこの時間、少し逆光です。


天満宮の養蚕額。[佐野市]

「鳥居」をくぐり、右手に進むと「拝殿」。
手前右に「手水舎」があります。


天満宮の養蚕額。[佐野市] 天満宮の養蚕額。[佐野市] 天満宮の養蚕額。[佐野市]
(写真はクリックで大きくなります。)

「狛犬」クンと、「境内社」。


天満宮の養蚕額。[佐野市]

裏にまわって「本殿」です。
トタンの覆屋で守られています。


[天満宮の養蚕額。[佐野市]]の続きを読む
松前屋。[日光市*日光江戸村]

腹が減っては戦は出来ぬ~、
というわけで、ランチタイムです。
in「日光江戸村」。

松前屋」さんにお邪魔しました。


松前屋。[日光市*日光江戸村]

店内はこんな感じ。
お蕎麦屋さんのような、民芸調っていうんでしょうか?
小上がりとテーブル席があります。


松前屋。[日光市*日光江戸村] 松前屋。[日光市*日光江戸村]

粉雪が舞ってるくらいですから、
メッチャ寒いんです。

で、
「甘酒」と「三色だんご」。
ふぅふぅ言いながら甘酒をすすり、
あまいお団子をいただきます★
お茶屋さん的な定番メニューです♪


松前屋。[日光市*日光江戸村]

「もつ煮」っ。
これをやっつけて、さらにあったまります~♪


[松前屋。[日光市*日光江戸村]]の続きを読む
足利市・マーケット112。

有名なお店なので、
今更ご紹介なんて、、、とも思ったのですが。
マーケット112」さんですっ。

友人たちと連れ立って、テーブル席に陣取りました★
生ビール、そして焼酎、ワインもいただきましょう。
お通しは「ホタテとワカメのスープ仕立て」。


足利市・マーケット112。

「イタリア産サラミの盛り合わせ」。
オレンジがかったのが辛口タイプ。
お酒が加速します~★


足利市・マーケット112。

「小えびのスペイン風」。
ぷりっぷりの小えびデス。
アツアツのオイルで火傷しないよーに。


[マーケット112。February.2016 [足利市]]の続きを読む
江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市]

つづいて。。。

「大忍者劇場」。
in 「江戸ワンダーランド日光江戸村」でありますっ。

こちらで行われるアトラクションは必見です。
闇に踊る忍者アクション!舞台から目が離せず、
あれよ、あれよ、という間に見入ってしまいましたっ。
オモシロイ。所要時間約30分。


江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市] 江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市] 江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市]
(写真はクリックで大きくなります。)

「地獄寺」。
閻魔大王の裁きを受ける地獄寺。
お化け屋敷みたくてけっこうイケてますっ。
最後に出てくるのは~。。。


江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市]

=== 案内板より ===
日本橋
日本橋は大江戸の中心地、お江戸繁昌の象徴であり、江戸っ子の精神的原点を
刺激された橋でした。橋上から江戸城と富士山が望め、江戸が日本の中心地である
ことを実感できるところでした。この橋の付近は、江戸問屋商業の中心地で、
中央通りをはさんで両側に大店や老舗が軒を連ねていました。
云々。。。


江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市]

「北町奉行所」。
と言えば、遠山の金さんっ。
ちょうどお芝居が始まるところ。


[江戸ワンダーランド 日光江戸村。その2 [日光市]]の続きを読む
江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市]

江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市]

正直、こんなに楽しいとは思いませんでしたっ。
初めての、「江戸ワンダーランド日光江戸村」。
歴史が好きな方は行った方が良いんじゃないかな~、
きっと(笑

いろいろな施設を紹介している案内板。あちこち建っていて
それだけでも勉強になったなー。
ちょっとしたミュージアムのよう。
そんな江戸村の楽しみ方であります。。。


=== 案内板より ===
関所
江戸ワンダーランド日光江戸村の関所の門は冠木門という
様式で造られています。「冠木門」という名前は、2本の柱の上部に、
冠木を通してあることに由来しています。
江戸時代の関所は、江戸の街を守ることを目的として全国に
53箇所に設置されました。関所では、直参の旗本以外は、武士も町民も
身分証明書や通行証明書がなければ通ることが許されませんでした。
云々。。。


江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市] 江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市]
(写真はクリックで大きくなります。)

===
母根と小岩
こちらの岩は、昔、下野の国、現在の関東地方の北部で、
生き別れになっていた母と子が、山の中で偶然に出会い、この先、
一生離れ離れになるまいとの一念から、その場で根と岩に変わってしまった
と伝えられています。その一部に触れると、母子とも末永く幸せになると
いわれています。
云々。。。


江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市] 江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市]

===
水車小屋
日本に水車が伝来したのは、西暦600年の頃といわれています。
当初は、田畑に植えられた米や野菜に水を汲み上げるために使われて
いましたが、江戸時代には米をつく動力源としても、利用されました。
また、日光地方の水車小屋では、線香の原料づくりが行われていました。
線香の原料は、一般的にはタブの木の樹脂ですが、日光では豊富に取れる
杉の葉が利用されたといいます。杉の葉は水車で粉末にされ、それに
白だん、沈香、ジャコウなどの香料が加えられ、線香が作られました。
云々。。。


江戸ワンダーランド日光江戸村。[日光市]

===
番屋
番屋は、江戸時代に、消防、自警団の役割をしていた詰所のことで、
現在の交番の元祖とも言える施設でした。拍子木を打ちながら
火の用心の見回りも行っていました。
云々。。。


[江戸ワンダーランド 日光江戸村。[日光市]]の続きを読む
初春神楽/ウタマヒノツカサ。[埼玉県]

北本市の「野外活動センター」で開催される「初春神楽」。
〝ウタマヒノツカサ〟とあるけれど、なんなんだろ?

=== ウィキペディアより ===
雅楽寮
雅楽寮(うたりょう)は、律令制において治部省に属する機関である。
『和名抄』ではうたまいのつかさとされている。
云々。。。


朝廷で 歌舞音楽をつかさどった役所。また、それに属する人、
と言うことらしいです、ハイ。

日本古来の伝統芸能にたずさわるウタマヒノツカサの三人による
新春を寿ぐ即興の特別公演!
これはもう観るしかないっ。
さぁ、みんなで行ってみよーっ★


「初春神楽 ウタマヒノツカサ」
日 時/2016年2月20日(土) 開演14:00
会 場/野外活動センター
出 演/宇佐見仁(うたまい・和琴)、石坂亥士(神楽太鼓)、中村香奈子(横笛)
参加会費/2500円(小・中・高校生は1000円)
お申込み&お問い合わせ・香風舎
TEL/070-5567-9561
TEL/048-501-5723
TEL/ko.fu.sha@gmail.com



【北本市野外活動センター】
@埼玉県北本市高尾

ジャパニーズパル むくの木。[足利市]

お通しの「茶碗蒸し」です。
鶏肉、しめじ、しいたけ、銀杏と具だくさん。


ジャパニーズパル むくの木。[足利市]

「まぐろの竜田揚げ」。


ジャパニーズパル むくの木。[足利市]

「鶏もも唐揚げ ネギ辛ソース」。


[ジャパニーズパル むくの木。February.2016 [足利市]]の続きを読む
益成屋旅館さん。

「草津温泉」です。
立ち寄り湯でお邪魔したのは「益成屋旅館」さん。


益成屋旅館さん。 益成屋旅館さん。

入口左手の一画に押花が展示してあり、
小さなギャラリーになっています。
なんでも女将さんの手作りなのだとか。
囲炉裏もあって、ちょっとした癒しのスペースです。


益成屋旅館さん。

さっそくお風呂をいただきましょー。

こちらは日帰り入浴で利用できる「大浴場」。
湯船は2つ。大きいのと小さいの。
贅沢な檜のお風呂です★


[益成屋旅館。[草津温泉]]の続きを読む
東明庵の供養塔。[佐野市]

佐野市にある「東明庵 toumyo-an」です。


東明庵の供養塔。[佐野市]

門には「佐野板東第十八番 馬頭観世音」と
書かれた札が掛けられています。

そして、こちらのお寺さんには、
市の文化財に指定された供養塔があります。

これ。


[東明庵の供養塔。[佐野市]]の続きを読む
太田市にある和食屋さん、旬彩 みのやさん。

今夜は飲むぞぉー!っ、というわけで、
お酒のアテを用意していただきました★
旬彩 みのや」さんであります。

関西風のテイストが自慢のみのやさん。
その前にグラス生ビールを1ついただいて。

先ずは「湯葉うに 花わさび和え」と、


太田市にある和食屋さん、旬彩 みのやさん。

「フキと菜の花の酢味噌かけ」。

今夜のお酒は白ワイン。それも国産です。
最近、国産ワインのレベルが上がってきていると聞きますが、
ナニゲに美味しいです♪
観光地のお土産屋さんで売っているような、
あま~い赤だったり、ベタっとした白だったりとは違うんですねー。


太田市にある和食屋さん、旬彩 みのやさん。

「お刺身」は、
中トロ、キハタ、ヒラスズキ、白ミル貝、トラフグのタタキ、の5点。
写真だと見えませんが、大葉の向こうに中トロが隠れてます。
ワサビとポン酢でいただきましたが、どれも相性良しです。


[旬彩 みのや。February.2016 [太田市]]の続きを読む
Gaishi Ishizaka Live 立春大吉 2016。

2月初旬、まだまだ遠いと思っていた春の気配を、
ようやく感じることが出来るころ。
この頃を境にして、冴えない青空に、
そぉっとだけ艶が加わえられるような気がします。
梅のつぼみは、成長の速度を少しだけ増したような、
そして夕方の街の喧騒は、昨日よりボリュームを上げる。

夜、すっかり冷え込んだ桐生の街。
思い思いに暖をとりながら、煌々とした「有鄰館・煉瓦蔵」に
老若男女・子供たちが集いました。

この晩は少し特別な日、『Gaishi Ishizaka Live 立春大吉』。


[Gaishi Ishizaka Live 立春大吉 2016。[桐生市]]の続きを読む
和食、衣さん。足利市。

静かな夜です。
こんな日はゆっくりと飲みたいなー。
というわけでやって参りました「 kinu」さん。
足利市にある和食のお店です。


和食、衣さん。足利市。

お通しは「カンパチのかまの煮付け」。
これが美味しくて、思わずご飯が欲しくなります。
お酒は、最近お気に入りの焼酎ハイボール。
吉四六です。


和食、衣さん。足利市。

「ホンビノス酒蒸し」。
最近良く見かけるホンビノス貝。
少し歯応えのあるハマグリみたいな雰囲気です。


和食、衣さん。足利市。

「かきフライ」。
生食用の大粒の牡蠣が、ごろりんと揚げられています。
ぐわっ、て感じでしょうか(笑
ボリュームのある美味しさですっ。
アツアツですから火傷しないように。。。


[日本料理・酒処 衣。February.2016 [足利市]]の続きを読む
Gaishi Ishizaka Live 立春大吉 2016。[桐生市*有鄰館煉瓦蔵]

〝春が立つ〟と書いて「立春」。
禅寺では厄除けのため〝立春大吉〟と書いた紙を
門に貼る習慣があるそうです。

また、立春が正月を意味するのに対して〝節分〟はその前日、
大晦日で、一年間の厄除けのため豆まきをします。

というわけで、石坂亥士さんの立春大吉ライブ!
現役の神職でもある、宇佐見仁さんの祭典も有り。
場所は〝有鄰館 煉瓦蔵〟です。
さぁ、皆で行ってみよーっ!


「Gaishi Ishizaka LIVE 立春大吉」
日 時/2016年2月4日(木) 開場18:30、開演19:00
会 場/桐生市有鄰館 煉瓦蔵
料 金/4000円(当日券のみ・小学生以下無料)
ご予約・お問い合わせ
mail/dragontone@gmail.com



去年の立春大吉はこちらから。
Gaishi Ishizaka Solo Live 立春大吉 2015。[桐生市*有鄰館煉瓦蔵]

【桐生市 有鄰館 煉瓦蔵】
@群馬県桐生市本町2-6-32
TEL/0277-46-4144

佐野陣屋跡。[佐野市]

国道50号線、佐野市植下町交差点の北東にあります。
佐野陣屋(佐野城)跡」です。


佐野陣屋跡。[佐野市] 佐野陣屋跡。[佐野市]
(写真はクリックで大きくなります。)

住宅地の一画にあります。
お城の遺構はここからすぐ近く、
堀田稲荷神社の建つ土塁のみのようです。


=== 案内板より ===
佐野城墟碑及び城郭図
掘田佐野城跡は植木町大原地内の植野馬門街道両側一帯にあり、
東西540メートル、南北360メートル、周囲約1.8キロメートルである。

文政11年(1828)に築城され、41年後の明治2年
掘田摂津守正頌(まさつぐ)が版籍奉還して廃城となった。
城跡中央部に建てられた佐野城墟碑の碑文は、
旧家老西村茂樹が書いたもので、旧藩士の心情を格調高い文で刻んでいる。 
云々。。。


[佐野陣屋跡。[佐野市]]の続きを読む
旬房まんぷく。[足利市]

ランチタイムです。
最近お気に入り、足利にある和食屋さん、
旬房まんぷく」さんにお邪魔しています。


旬房まんぷく。[足利市]

今日は畳のテーブル席。
ノスタルジックな雰囲気の個室であります★

また雪でも降るのかな?というらい冷え込んでる今日、
先ずは熱燗で温まります。ほっ、て感じ。


旬房まんぷく。[足利市]

「生湯葉とラ・フランスのサラダ」。
湯葉とラ・フランスの他に、カボチャ、トマト、アボカド、etc。。。
いろいろな野菜が楽しめる、美味しいサラダです。


旬房まんぷく。[足利市]

「お刺身」はマグロと鯛。
お魚もすごく美味しい♪なんでだろ?(笑
付け合せの野菜にかかっているドレッシング。
こちらもすごく良く合ってるんです★


[旬房まんぷく。February.2016 [足利市]]の続きを読む