FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
平成28年〝初詣〟[足利市*下野國一社八幡宮]

昨年に引き続きやって参りました。
下野國一社八幡宮」。
初、詣でよう、in 足利市。

出迎えてくれたのは「銅造鳥居」。


=== 案内板より ===
銅造鳥居 一基
江戸時代後期、寛政4年(1793)銘の佐野天明鋳物師の合作で、
近郷有志が献納したものである。
諸所に江戸時代後期の特徴をよく残しており、左右両柱には
鋳物師導師慶歓の名のほか、寄付者329名が陰刻されている。
云々。。。


平成28年〝初詣〟[足利市*下野國一社八幡宮]

鳥居を過ぎ、すぐ右手に大きな黒松があります。


===
八幡宮のクロマツ 一本
足利市内で最大のクロマツ。樹齢は明らかではないが、神社の古地図から
約650年と推定される。
江戸時代中期、寛延年間(1748~1751)の古地図には、鳥居内側の西に
この雄松(クロマツ)の夫婦松として雌松(アカマツ)が植えられていた。
云々。。。


平成28年〝初詣〟[足利市*下野國一社八幡宮]

「ちのわくぐり」もありました★
それにしても今日はすごい人出だっ。。。


===
大祓(おおはらえ・ちのわくぐり)
私たちは、自分で知らないあいだに、わるいことをしたりうそをついたり
しているかもしれません。これがいつの間にか、ツミやケガレになります。
これをおい出し、きれいなすがすがしい心と元気のよいからだになるために、
お祓をしていただくのです。
そして1年つまり12か月を半分にして、ちょうどくぎりのよい6月と12月に、
私たちのすんでいる日本國中のあらゆるツミやケガレをおい出し、
私たちの気持をあらたにするために神社でお祓をします。これを大祓式といいます。

◎お祓をうけられなかった人は、神社の入口につくられている「ちのわくぐり」をして、
大祓式でお祓をいただいたのと同じように、すっきりした気持で6月のときには夏を、
12月のときには新しい年をむかえましょう。
云々。。。


[平成28年〝初詣〟[足利市*下野國一社八幡宮]]の続きを読む