ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
浅沼八幡宮。[佐野市]

阿曽沼城跡」。
in 佐野市。

拝殿の脇に、その痕跡を語る「石碑」が建てられています。


=== 石碑より ===
阿曽沼城址略史
今ひらけゆく浅沼のあたり むかし佐野庄阿曽沼郷の地
火山灰洪積地のはて 黒々とした沈黙をたたえる水面を
おしどりの遊ぶ 安蘇の沼のほとりであった

鎌倉に源氏の幕府はじめられようとする12世紀末 阿曽沼城は
阿曽沼民部四朗広綱によってこの地に築かれ 以来400年
戦国のおたけび山野を駆けるさなかまて 城の盛衰は
阿曽沼氏歴代とともにあり
その衰歓は 浅沼の地と人とともにあった


浅沼八幡宮。[佐野市]

始祖広綱は秀郷流藤原氏にして唐沢山城佐野氏の同族
およそ寿永のころ城館をこの地に構え 八幡宮を創建
地名をもって氏とし 阿曽沼 浅沼系諸氏の一祖となる
公の名の初めて史書に現れること 寿永2年2月 小山朝政の誚によって
同族とともに志田三郎義広と合戦 下総古河のわたり
小手差ヶ原の大利根堤にこれを破る
これよりのち長子朝綱 次子親綱にいたる3代の間 寿永の源平争乱には
平氏を追って遠く九州豊後に赴き 
文治5年 平泉藤原氏を討っては東北の野を駆け あるいは承久の乱に
尾張摩△戸の渡りを先陣 また幕府営中にあっては 常に将軍の近くに座し
譜第の名門 一芸の達者 容儀神妙のほまれを受く

地頭職としてのその治める地は阿曽沼郷本貫領のほか 陸奥遠野保 
安芸世能庄 備中諸郷村の散在領をあわせ 城館は本城の辺に
大栗 畳岡 鐙塚の諸城を配し さらに遠野横田城
世能鳥籠城の遠隔経営に及ぶ
城建ってよりここにおよそ800年
云々。。。


[阿曽沼城跡。[佐野市]]の続きを読む
草津温泉、たに咲。

草津温泉、たに咲。 草津温泉、たに咲。
(写真はクリックで大きくなります。)

今年は暖冬で、雪も少ないみたいです。
先日、ようやくドカッ、と降りましたが。。。
暖かいと言われても、そりゃ寒いっ。「草津温泉」であります。

たくさんの人で賑わう湯畑周り。


草津温泉、たに咲。

しばらく散策した後、「居酒屋 たに咲」さんへGO→

生ビール(小)と「お通し」。
お通しは、鳥肉と舞茸の煮込み。
中華風のスープです。


草津温泉、たに咲。

「馬刺し」。
赤身バージョン。
ニンニクとワサビのハーフ&ハーフでやっつけよう。


[居酒屋 たに咲。[草津温泉]]の続きを読む
浅沼八幡宮。[佐野市]

佐野市にある「浅沼八幡宮」です。
午前中の早い時間。
清々しい空気があります。

神社正面の「鳥居」。


浅沼八幡宮。[佐野市]

参道の先に「拝殿」。

浅沼八幡宮。[佐野市] 浅沼八幡宮。[佐野市] 浅沼八幡宮。[佐野市]
(写真はクリックで大きくなります。)

拝殿に掲げられた「正八幡大神」と記された扁額と、
両サイドの「狛犬」クン。


浅沼八幡宮。[佐野市]

裏にまわって、
覆屋で守られた「本殿」。


[浅沼八幡宮。[佐野市]]の続きを読む
cheese+cave Atri。太田市のアトリさん♪

太田市にあるチーズとワインのお店、
cheese+cave Atri アトリ」さん。
前回に続いて2回目であります。


cheese+cave Atri。太田市のアトリさん♪

奥のテーブル席に陣取ります。
落ち着いたトーンのお洒落な店内。
ゆったりとしたソファに腰掛け、
先ずはスパークリングワインをお願いしました。


cheese+cave Atri。太田市のアトリさん♪

シャンパーニュ地方のものではなかったのですが、
同じシャンパン製法で造られたコダワリのスパークリング。
キメ細かな泡です。
銘柄は忘れてしまいましたっ(汗、、、

お通しは「鶏のコンフィ」です。


cheese+cave Atri。太田市のアトリさん♪

その日で変わる「前菜盛り合わせ」。
今夜は、ジャガイモのガレット、エゾジカのテリーヌ、レバーペースト、
砂肝のコンフィ、キャロットラペ、の5点盛りです。

初めていただいたエゾジカは、
ほんのりスパイシー、クセとかもなくて食べやすい♪


[cheese+cave Atri。January.2016、その2 [太田市]]の続きを読む
うなぎ・魚政。[足利市]

うなぎ屋さんで熱燗を飲る。
こんな贅沢は久しぶりだなぁー。

というわけでやって参りました鰻と魚料理のお店。
足利にある「魚政 uo-masa」さんです。
て言うか、このお通し、メチャうまっ。


うなぎ・魚政。[足利市]

熱燗に合わせるようにお願いした「鯉あらい」。
先ずは前哨戦といった感じで(笑
肉厚で弾力のある鯉。ちょい甘めの酢味噌につけて。


うなぎ・魚政。[足利市]

「きも焼」。
時折顔をみせるほのかな苦みが、
大人の味やな~、と感動させてくれます。
ここで、も1つ熱燗入りますっ!


うなぎ・魚政。[足利市]

「やきとり串」。
塩もありますが、タレバージョンで。
山椒をふっていただきましょうー。

ここまでで、もう十分に楽しんじゃってる気がします♪
熱燗も美味しい。
しかし、ここからがメインっ。


[魚政。[足利市]]の続きを読む
焼肉 大dai。[足利市]

焼き肉屋さんがオープンしたと聞いてやって参りました。
焼肉 大 DAi」さん。
以前お邪魔したことのある居酒屋さんの系列店だそうです。

先ずは麦焼酎のお湯割り。そしてハイボール。
「キムチ3種もり」は白菜、オイキムチ、カクテキ。


焼肉 大dai。[足利市]

「長ネギ焼」と「エリンギ焼」。


焼肉 大dai。[足利市]

仙台牛にこだわっているという「和牛カルビ」。


焼肉 大dai。[足利市] 焼肉 大dai。[足利市]

「牛タン塩」と「鶏もも焼」。


焼肉 大dai。[足利市]

さぁー、焼くぞぉ~!
って、早速ネギ焦がした(汗、、、


[焼肉 大 DAi。[足利市]]の続きを読む
源氏屋敷跡。[足利市]

雑草の茂る空き地であります。
付近は区画整理が進み、住宅地に変ってきています。

それでも~、、、
ただの空き地ぢゃぁありませんっ。
昔、この辺りは「源氏屋敷」なる館があったと伝わる場所なのですっ。


げっ、源氏屋敷?!。。。


[源氏屋敷跡。[足利市]]の続きを読む
ジャパニーズパル むくの木。January.2016 [足利市]

日中暖かくても、夕方からかなり冷え込みます。
また雪が降りそうな。
そんな今夜も、お鍋に挑戦ですっ。
in 「むくの木」さん♪

お通しは「バイ貝の煮付け」。
肝まで美味しい~。


ジャパニーズパル むくの木。January.2016 [足利市] ジャパニーズパル むくの木。January.2016 [足利市]

お酒は〝一粒の麦〟のお湯割り。
「甘えびの麹漬け」と「へしこピザ」。
ちょこっとつまむのにベストな2品☆


ジャパニーズパル むくの木。January.2016 [足利市]

「鶏もも唐揚げ ネギ辛ソース」。
やわらかな鶏ももが、サックリと揚がってます。
風味の良いネギ辛ソースも美味しくて、
お酒がさらに、はかどってしまうのです。。。


[ジャパニーズパル むくの木。January.2016、その2 [足利市]]の続きを読む
旧跡 大将陣の碑。[足利市]

足利市の堀込町にある山辺公民館。
向こうの3階建ての建物は南小学校です。

なぜこちらの公民館にやって来たのかと申しますと、
あそこに見える。。。


旧跡 大将陣の碑。[足利市]

石碑であります♪
旧跡 大将陣」の碑。


=== 石碑より ===
旧跡 大将陣
山辺地域には、八幡太郎こと源義家にまつわる伝承が多く残っている。
大将陣という地名については、八幡町の下野國一社八幡宮の御由緒と、
切っても切り離すことが出来ないのである。

社伝によると天喜4年(1056)、源義家は東北地方の
安倍頼時・貞任父子が叛いたので、それを討つため下向の途次
当社付近に宿営したが、その宿営したところが此の大将陣である
と伝えられている。

義家はその折、戦いに勝利を期して源氏の氏神である八幡神を、
山城國の石清水八幡宮から勧請し祈願した。
それが現在の八幡町の下野國一社八幡宮の起こりである。

このように、神社あっての地名が説明出来るが、こうした一千年も昔のことが
現在まで伝えられたように、今後も永遠に郷土に継承されることを信じ、
この一碑を建立した次第である。
云々。。。


[旧跡 大将陣の碑。[足利市]]の続きを読む
BAR 猫又屋。[足利市]

こんこんっ、とノックして入りたくなるような佇まい。
西洋居酒屋、「BAR 猫又屋」さんです。


BAR 猫又屋。[足利市]

何年ぶりだろう?
激しく久しぶりです。

禁煙のカウンター席に陣取りまして、
先ずは「ジム・ビーム」のハイボールをお願いしました。
(カウンターとVIPルームが禁煙となっています。)
バーボンウイスキー。
最近飲んでないかも。懐かしい味です。。。


BAR 猫又屋。[足利市]

フードメニューが充実しています。
しかもリーズナブルっ!
こちらは「野菜ステック」。


BAR 猫又屋。[足利市]

少し軽めに「モヒート」を♪
フレッシュなミントの香りが、ふわっと鼻をくすぐります。
モヒートって、世界で一番多く飲まれている人気のカクテルなのだそう。
猫又屋さんのモヒートは、ひと味違うのです。。。


[BAR 猫又屋。[足利市]]の続きを読む
四所神社。[足利市]

うかつにも、かなりのピンボケになってしまいましたっ(汗、、、
四所神社 shisho-jinja」、in 足利市です。
犬のフンを片付けない人が多いのかな?


四所神社。[足利市] 四所神社。[足利市] 四所神社。[足利市]

「鳥居」をくぐってすぐ右手に「手水舎」。
そして上りの参道石段に1対の「狛犬」クンと、


四所神社。[足利市]

「御神木」。


四所神社。[足利市]

「拝殿」と、


[四所神社。[足利市]]の続きを読む
炭火焼肉 六角。December.2015 [足利市]

「炭火焼肉 六角」さんです。
久しぶり~★
この辺りで「飛騨牛」が愉しめる唯一のお店。かな?


炭火焼肉 六角。December.2015 [足利市]

奥のテーブル席に陣取ります。

先ずは麦焼酎〝中々〟のお湯割りと「韓国のり」。
韓国のりはサービスですよーっ、なんて言っていただいたものですから、
何回もお替りしてしまったっ。
止まりませんっ(汗、、、


炭火焼肉 六角。December.2015 [足利市]

無煙ロースターに炭がセッティングされます。
さぁ、焼こう焼こう♪
「上牛タン」。
ちょうど良い厚みと程良い食感。
フレッシュレモンをダイレクトに絞ってやっつけましたっ。


炭火焼肉 六角。December.2015 [足利市]

「黒豚ロース」。
リーズナブルながらもメチャメチャ美味しいっ。
ちょっと驚愕の旨さぢゃないのかな、コレ(汗、、、
思わずお替りしてしまった一皿であります。


[炭火焼肉 六角。January.2016 [足利市]]の続きを読む
cheese+cave Atri。[太田市]

DiningBar「Razzle Dazzle ラザルダザル」さんの姉妹店だと聞きました。
cheese+cave Atri アトリ」さん。
チーズ+カーヴですよ~?!
これは要チェックです!、というわけでやって参りました★
in 太田市。

カウンター席に案内していただきます。
先ずはスパークリングワイン。
お通しは「アランチーニ」。
ライスコロッケです。


cheese+cave Atri。[太田市]

とても大人な雰囲気の店内。
ゆっくりと食事が楽しめそう♪

「前菜盛り合わせ」。
カブのマリネ、和牛ロースト、サラミ、生ハム、
カプレーゼ、きのこのマリネ、キャロットラペ、の7点盛り。
ちょこちょこつまめる前菜にワインもはかどります。


cheese+cave Atri。[太田市]

スパークリングをやっつけた後は「赤ワイン」を。
USA!


cheese+cave Atri。[太田市]

チーズメニューの中からチョイスした「ブリヤサヴァラン」。
フレッシュタイプのチーズですが、濃厚♪
チーズケーキのような濃さがあります。
黒い粒はトリュフ。

スパークリングとベストマッチ!と紹介されていたので、
も1つスパークリングをお願いしました。
合いますっ!


[cheese+cave Atri。[太田市]]の続きを読む
一峯神社。[邑楽郡板倉町]

貝塚を拝見した後は、神社さんです。
て言うか、貝塚自体がこの神社さんの境内にあったのですが。
一峯神社」。
in 板倉町。

朱色の「鳥居」と、


一峯神社。[邑楽郡板倉町]

一峯神社。[邑楽郡板倉町]

「拝殿」に、「扁額」。


一峯神社。[邑楽郡板倉町]

一峯神社。[邑楽郡板倉町]

拝殿前にいらっしゃった、
ころころした体格の「狛犬」クン♪


[一峯神社。[邑楽郡板倉町]]の続きを読む
ジャパニーズパル むくの木。[足利市]

最近、出没する頻度が高くなっております、
watashi。。。
「ジャパニーズバル むくの木」さんにお邪魔しています。
例によって、in カウンター席。

お通しは「はす蒸し」。
トップに乗った、シャキシャキのワサビがきいてます。


ジャパニーズパル むくの木。[足利市] ジャパニーズパル むくの木。[足利市] ジャパニーズパル むくの木。[足利市]

「前菜3点盛り」は、
甘エビの麹漬け、のどぐろの甘酢漬け、五郎島金時のレモン煮。


ジャパニーズパル むくの木。[足利市]

〝正雪・大吟醸〟で追いかけます★
静岡のお酒ですが、バナナみたいなメロンみたいな
綺麗な香りがありますねー。
止まらなくなりそう(笑


ジャパニーズパル むくの木。[足利市]

本日オススメのボードメニューから。
「たいポン酢サラダ」。

ポン酢ソースですが、ポン酢がかかっているのではなくて、
ジュレにしたものが乗ってるんです。これが美味しい~♪
モミジおろしのきいた、チョイ辛の一品。


[ジャパニーズパル むくの木。January.2016 [足利市]]の続きを読む
「お前は何者だ?」「何者でもないわ。」

「俺はこのために生きてきた。」「だけど戦う目的がない。」

「誰にも止められない。」「私があなたを受け継ぐ。」

受け入れるのだ!
ぱぱぱぱっぱらー、じゃじゃじゃじゃーんっ!


スター・ウォーズ/フォースの覚醒。

待ちに待った映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。
もー、大好きなんです、このシリーズ。

レイ、カイロ・レン、BB-8などのニューキャラ。
そしてハン・ソロ、R2-D2、C-3POのおなじみのキャラクターたち。
新しいストーリーの展開。
オモシロかった~☆ もう1度観たい感じデス♪


そして!
その興奮を、更に盛り上げてくれたのが4DX 3D
踊る座席、雨、風、フラッシュ、煙、etc。。。
これぞ超体感、ライドシアター!
109シネマズ佐野に導入された、必殺のアトラクションなのだっ。

めちゃくちゃ楽しめました。
オススメです♪



【109シネマズ佐野】
@栃木県佐野市高萩町
http://109cinemas.net/sano/

一峯貝塚。[邑楽郡板倉町]

沼をはさんで、「離山貝塚」の反対側に「一峯神社」があります。
その、参道右側。


一峯貝塚。[邑楽郡板倉町]

一峯貝塚」であります。


=== 案内板より ===
一峯貝塚
この貝塚は、海老瀬(藤岡)台地の先端部分(標高22m)にあります。

貝塚は、古代の人々が、貝殻、土器、石器などを捨てた場所ですが、
当時の生活をしのぶことができます。
主となる貝はヤマトシジミで、他にハイガイなどがあります。
また縄文時代早期(茅山式)の土器が見つかっています。

貝塚は径が1~2mの地点貝塚です。
今からおよそ7千年前のものです。
当時、海が近くまできていたことが考えられます。
云々。。。


[一峯貝塚。[邑楽郡板倉町]]の続きを読む
離山貝塚。[邑楽郡板倉町]

邑楽郡板倉町の海老瀬という所にある「離山公園」です。
公園らしからぬこちらの公園(汗、、、

では、なぜこの場所に来たのかというと。。。


[離山貝塚。[邑楽郡板倉町]]の続きを読む
ステーキ 大作。[足利市]

足利市にあるステーキの専門店「大作」さん。
路地を少し入ったところにあります。
ここ、カッコイイ路地って言うと変かもしれませんが
なんだかイイ雰囲気なんですょ~。


ステーキ 大作。[足利市] ステーキ 大作。[足利市]
(写真はクリックで大きくなります。)

予約しておいたカウンターの席です。
鉄板の向こうにはお酒が並んでいます。
フルラインナップの八海山、そしてオリジナル?の焼酎。
手前は私がいただいている赤ワインです。。。


ステーキ 大作。[足利市] ステーキ 大作。[足利市]

「前菜」。
イカとネギのヌタ、長ネギのキッシュ、春菊と食用菊のお浸し、
自家製のスモークチキンとスモークチーズ。
ワインでもけっして悪くないんだけれど、日本酒欲しくなるなぁ~。
美味しいオツマミですっ。


ステーキ 大作。[足利市]

セットメニューの「サラダ」です。
好きなんです、コレ!
お替りしたいくらい。野菜はたくさん摂りましょう♪


[ステーキ 大作。[足利市]]の続きを読む
JeepMan。

どうだい?

車、買い替えたんだ。
Jeep」。

かっこいいだろ?


JeepMan。

かっこいい。。。

素直にyesと言えない天邪鬼な私も、
今回ばかりは流石に認めざるを得ない(゚△゚;ノ)ノ

そして。。。


[JeepMan。]の続きを読む
=== 記念碑より ===
源姓足利氏発祥之地
八幡太郎源義家は11世紀後半の武将として夙に名高い。
義家は下野守、陸奥守を歴任しながら、東国を足場にして、
前九年・後三年の役という奥羽の2つの内乱を朝廷の命によるとはいえ、
ほとんど独力で鎮定させている。まさに偉業というべきであろう。

この義家を父に中宮亮藤原有綱の女を母として生まれた のが源義國である。

京都で生れ育った義國は久安6年(1150)のある日、 宮中に参内の途中、
偶然にも当時右大将(のちに右大臣)藤原実能の行列に出会い争いをおこし、
狼藉をしたという ことで、実能の従者らによって馬からうち落されてしまった。
これに怒った義國の郎徒が実能邸に押しかけ、邸を焼き払ってしまった。
この事件で義國は勅勘をこうむり、下野国足利の別業(私領)にひきこもってしまった。
この別業は父の義家から伝領された土地だったのであろう。

この別業ですごすこと数年、仁平4年(1154)、年老いて
死期の近いのを悟った義國は出家し荒加賀入道と号し、翌年に没した。
義國の足利在留はわずかな年月であ ったが、
これが足利氏・新田氏の成立の発端となったのである。
(以上、「近代足利市史」より抄出、一部加除)


[源姓足利氏発祥之地の記念碑。[足利市*下野國一社八幡宮]]の続きを読む
平成28年〝初詣〟[足利市*下野國一社八幡宮]

昨年に引き続きやって参りました。
下野國一社八幡宮」。
初、詣でよう、in 足利市。

出迎えてくれたのは「銅造鳥居」。


=== 案内板より ===
銅造鳥居 一基
江戸時代後期、寛政4年(1793)銘の佐野天明鋳物師の合作で、
近郷有志が献納したものである。
諸所に江戸時代後期の特徴をよく残しており、左右両柱には
鋳物師導師慶歓の名のほか、寄付者329名が陰刻されている。
云々。。。


平成28年〝初詣〟[足利市*下野國一社八幡宮]

鳥居を過ぎ、すぐ右手に大きな黒松があります。


===
八幡宮のクロマツ 一本
足利市内で最大のクロマツ。樹齢は明らかではないが、神社の古地図から
約650年と推定される。
江戸時代中期、寛延年間(1748~1751)の古地図には、鳥居内側の西に
この雄松(クロマツ)の夫婦松として雌松(アカマツ)が植えられていた。
云々。。。


平成28年〝初詣〟[足利市*下野國一社八幡宮]

「ちのわくぐり」もありました★
それにしても今日はすごい人出だっ。。。


===
大祓(おおはらえ・ちのわくぐり)
私たちは、自分で知らないあいだに、わるいことをしたりうそをついたり
しているかもしれません。これがいつの間にか、ツミやケガレになります。
これをおい出し、きれいなすがすがしい心と元気のよいからだになるために、
お祓をしていただくのです。
そして1年つまり12か月を半分にして、ちょうどくぎりのよい6月と12月に、
私たちのすんでいる日本國中のあらゆるツミやケガレをおい出し、
私たちの気持をあらたにするために神社でお祓をします。これを大祓式といいます。

◎お祓をうけられなかった人は、神社の入口につくられている「ちのわくぐり」をして、
大祓式でお祓をいただいたのと同じように、すっきりした気持で6月のときには夏を、
12月のときには新しい年をむかえましょう。
云々。。。


[平成28年〝初詣〟[足利市*下野國一社八幡宮]]の続きを読む