FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
旧文武学校と白井家表門。[長野市]

宝物館、真田邸に続いてはこちら、
文武学校」です。


=== 案内板より ===
史跡 旧文武学校
この学校は、松代藩の藩校として、第8代藩主真田幸貫が
水戸の弘道館に範をとって建設を計画し、第9代幸教がこれを引きついで
嘉永6年に完成、安政2年(1855)に開校したもので、
明治に入り兵制士官学校を併設しましたが、明治4年(1871)廃藩にともない
閉校になりました。


旧文武学校と白井家表門。[長野市]

この学校での教育は、藩士に対し文学(学問)と武道の両道をめざし、
漢学、国史、剣術、槍術、柔術、弓術をはじめ、特に西洋医学、
西洋砲術を教育したところに時代を先取する気風がうかがえ、
後に幾多の人材を輩出しています。

旧文武学校と白井家表門。[長野市] 旧文武学校と白井家表門。[長野市]

明治6年から松代学校々舎などに使用され、正庁(文学所、御役所)、東序、西序、
剣術所、柔術所、弓術所、文庫蔵、番所、門及び柚塀等の建物が残っており、
昭和48年より5か年をかけて保存修理と、腰掛(供侍)土塀などを復元施工したもので、
全国的にも藩校当時の姿を残す一つであります。
云々。。。


旧文武学校と白井家表門。[長野市]

===
弓術所
射芸を指南する道場で、開校時の日割表によると、
射芸は8人の師範が教授にあたっている。2流4派7師範家が
担当していたといわれる。
文久3年(1863)に藩から命令がでて、弓術の授業も柔術とともに行われなくなった。

松代学校時代は、はじめ教室にあてられていたが、その後理科室、
第1音楽室などに使用された。
矢場は、平成8年に絵図面をもとに復元されたものである。
云々。。。


旧文武学校と白井家表門。[長野市]

===
剣術所
剣術を指南する道場で、日割により剣術各流派を学ぶことができた。
剣術は、槍術とともに選択科目とされ、どちらかを習得できるよう
義務づけられていた。

松代学校時代は、初め教室にあてられ、その後は東体操場、手工室兼図画室、
工作室などに使用されてきた。
この建物の天井組みは、大きな寺・城などのように、和小屋組みの四重梁となっており、
屋根の荷重を支えるために太い梁を組み合わせてある。
云々。。。


[旧文武学校と白井家表門。[長野市]]の続きを読む