FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
前回に続いて「龍舞賀茂神社」の記事です。
ここの神社さんには、京都から来た流浪人が伝えたという
萬燈祭」というお祭りがあります。


=== 案内板より ===
龍舞賀茂神社の萬燈祭(まんどうまつり)
萬燈祭は、龍舞賀茂神社で行われる春の大祭です。
萬燈を祭の中心(核)とすることから、萬燈祭と呼ばれます。
龍舞の各「コウチ」が製作した大小14基の萬燈を神社に奉納し、境内や通りで
萬燈を担いで振り回す(「振込み」と呼ぶ)という勇壮な祭です。


竜舞賀茂神社。

この祭の歴史は古く、江戸時代後期、天保8年(1837)より始まったとされます。
天保の大飢饉の時に、流浪人が京都方面からたどり着きました。
龍舞賀茂神社が京都賀茂神社の御分霊をお祀りしていることを知ると、
京都でも奉納されていた萬燈を、
この地でも奉納するようにすすめたと伝えています。
以来、旧暦4月の酉の日に、五穀豊穣や村内安全・繭の増収などを祈って、
奉納されるようになり、龍舞の各「コウチ」をあげた盛大な祭として
受け継がれています。

祭の最後に、萬燈を神社に奉納し終えると、飾りつけられた花ヒゴ(竹ヒゴ)を
競うようにもらい受けて帰ります。
この花ヒゴを、護符として戸々の家の入口などに刺しておくと、
魔除けや厄病除けとなり、また、これを箸にして繭掻きをすると、
繭の増収があると信じられてきました。

現在は、4月第2日曜日に本祭が行われるようになりましたが、
前日の宵祭(前夜祭)とあわせて、日本の祭の姿を今も色濃く残しており、
地元の保存会によって継承されています。
※この祭は、平成6年3月25日付で、太田市重要無形民俗文化財(「龍舞賀茂神社
萬燈」)に指定されていましたが、県指定となったことに伴い、市の指定は
解除されました。
云々。。。


[無形民俗文化財、龍舞賀茂神社の萬燈祭。[太田市]]の続きを読む