FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
渋川市・滝沢石器時代遺跡。

滝沢石器時代遺跡」。
歌舞伎舞台のちょうど北になります。
渋川市にある国指定の史跡です。


1505takiiseki-6.jpg

高台にある、一見原っぱのよう。
しかしこの大地の下には、歴史のロマンをくすぐり、
ゾクゾクさせてくれる古代の遺跡が眠っていたのです!


=== 案内板より ===
国指定史跡 滝沢石器時代遺跡
滝沢石器時代遺跡は、名峰、赤城山の西麓にひろがる
舌状台地上に立地する
旧石器、縄文早期~晩期、弥生、古墳、平安時代にかけての
複合集落遺跡である。


渋川市・滝沢石器時代遺跡。

渋川市・滝沢石器時代遺跡。

旧内務省考査官の柴田常恵や群馬県史跡名勝天然記念物調査委員の
岩澤正作らの指導のもと、大正15(1926)に実施された発掘調査によって、
長さ1m、重さ60kgをこえる大石棒、炉跡を中心とした住居跡、
配石遺構などが発見され、昭和2年(1927)に約3haの用地が
国指定史跡となる(平成16年に追加指定あり)。


渋川市・滝沢石器時代遺跡。

東に赤城山、西に榛名山、
北に子持山と小野小山の山体を望む遺跡の北東隅には
“湧玉・わくたま”と呼ばれる湧水が現在も豊富にわき出し、
縄文時代の景観をしのばせる。


[滝沢石器時代遺跡。[渋川市]]の続きを読む