FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
染羽天石勝神社。[益田市]

益田市にある延喜式内社、
染羽天石勝神社(そめばあめのいわかつ)」にやって参りました。
この地を開いた春日族が、磐神を祀ったのが始まりと云われる古社です。
「手水舎」でお清めし、ささ、参りましょう。


染羽天石勝神社。[益田市]

=== 案内板より ===
染羽天石勝神社(そめばあめのいわかつじんじゃ)本殿
染羽天石勝神社は、社殿の東側、弁天池の背後にある注連岩を石神とした
自然崇拝を起源とし、神亀2年(725)に天石勝命を祭神として創建されました。

『延書式』に美濃郡五座のひとつとしてその名がみえ、
後に滝蔵権現と呼ばれるようになりました。
承平元年(931)に社殿西側の高台に別当寺の勝達寺を建立し、
中世には益田氏の庇を受けて発展しました。
明治の廃仏毀釈に伴い勝達寺は廃寺となり、
神社も名を染羽天石勝神社と改めました。
なお、勝達寺の本尊であった不動明王坐像は鎌倉の極楽寺に現存し、
国の重要文化財に指定されています。


染羽天石勝神社。[益田市]

本殿は、天正9年(1581)に火災で焼失しましたが、
益田藤兼・元祥親子により再建されました。
その後、江戸時代に修理され、昭和12年に解体修理、
昭和39年及び平成10年・11年に屋根の葺き替え工事が行われています。

本殿は三間社流造で、三間×三間の身舎(もや)の前に
奥行一間の吹放し板張りの庇床を設け、両側のみに高欄付きの縁をもちます。
このような構造は、重要文化財指定の建造物の中では唯一のものです。

本殿の特異な平面構成と装飾彫刻の蟇股や
手挟に見られる桃山時代の特色から、昭和4年に国宝となり、戦後、
文化財保護法の制定に伴い、改めて重要文化財に指定されました。
云々。。。


[染羽天石勝神社。[島根県益田市]]の続きを読む