ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2015/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312015/04

京かのこ March.2015。[足利市]その1

足利市にある和食屋さん、
京かのこ」さんです。

中華屋さんの上にあるんですねー。
正面の階段を上って行くと、そこには美味しい世界が待っているのですっ。


京かのこ March.2015。[足利市]その2

ランチタイム。
でもいただきます(笑。 先ずは「菊姫」から。
山吹色をしたコクのある味わいの山廃純米。


京かのこ March.2015。[足利市]その3

蛤、湯葉、胡麻豆腐、独活、筍、木の芽酢。。。


京かのこ March.2015。[足利市]その5

メジ鮪、鰹、〆鯖、北寄貝、鮃。。。

そしてお酒をもうひとつ。


[京かのこ、March.2015。[足利市]]の続きを読む
赤城南面千本桜まつり 2015。[前橋市]

日本のさくら名所100選「赤城南面千本桜」。
今年も「赤城南面千本桜まつり」の季節がやって参りました!

お祭りの期間は4月4日(土)~19(日)まで。
いろいろなイベントが繰り広げられます♪
さぁ、みんなで行ってみよーっ!

=== 主なイベント ===
桜並木ライトアップ(日没~21:30)
お花見ステージ・ふれあい物産市(4月4日~19日)
赤城南面千本桜フェスタ2015(4月18日)



去年の桜はこちらから。
桜も散り始め。。。

【赤城南面千本桜】
@群馬県前橋市苗ケ島町

文政7年岳山変事供養観音。

岳温泉です。
温泉街から少し離れた場所に供養観音があります。
文政7年岳山変事供養観音」です。


=== 案内板より ===
文政7年岳山変事供養観音
岳温泉の湯元は、安達太良連峰の鉄山の直下にあります。
この湧出地は貞観5年(863年)には小結温泉神として記述され
明応5年(1496年)頃より繁盛し始め、一般湯治も行われて来ました。


文政7年岳山変事供養観音。

ところが文政7年(1824年)8月15日(太陽暦の9月7日)に
豪雨の為に鉄山の一角が崩壊し湯小屋11軒は土砂に押しつぶされ
二百数十人の死傷者を出す大惨事となってしまいました。
雲堂和尚が寛文10年(1670年)に山止めの祈願に梵字石を刻み、
山神を縛し150年間の山中での歌舞音曲を許し賜って154年目のことです。


文政7年岳山変事供養観音。

この惨事に際し二本松藩では4日間に渡り述べ人員2200人の救援隊を出し
救助にあたりました。藩の正式の記録には死者63人、怪我46人、無事87人の
196人が記されていますがこの被害報告には記録されていない
人別帳(戸籍簿)から抹消された湯女が約100人もいました。
これらの人々で亡くなった方の遺体を深堀村に運び手厚く埋葬し、
安らかなる永眠を願い観音像が立てられています。
云々。。。


文政7年岳山変事供養観音。

観光協会のホームページを拝見しますと、
「湯日」、「十文字」、「深堀」、そして「岳」と、その名称を変えながら、
災害や時代の流れによって移転を繰り返して来た岳温泉。

温泉の歴史の悲しい一コマを垣間見たような気がします。


[文政7年岳山変事供養観音と深掘温泉場跡。[福島県*岳温泉]]の続きを読む
岳温泉神社。[福島県岳温泉]

岳温泉の朝です。
真ん中に用水の流れる、
通称ヒマラヤ通りと呼ばれる温泉の中心街。

ゆっくりとした坂になっているこの道を
上ったきった正面にあるのが。。。


岳温泉神社。[福島県岳温泉]

岳温泉神社」です。


岳温泉神社。[福島県岳温泉]

=== 案内板より ===
岳温泉神社の由来
この社は、貞観5年(863)に小結(こゆい)温泉神、寛平9年(897)に
小陽日(こゆい)温泉神として朝廷より贈位された県内最古の
官社の一つであります。

祭神は湯日(ゆい)温泉神安達太良明神熊野神の三神と
安達太良山開山の祖徳一大師の伝承にもとづく薬師如来が
祀られております。


岳温泉神社。[福島県岳温泉]

湯日温泉が山崩れ壊滅のあとに十文字岳温泉、深堀温泉と
三度変還しましたがいずれの地にも湯神祠を祀り温泉の守護神として
厚く崇敬された神社であります。

この社殿は明治40年に深堀より遷座し昭和17年に再建されたものです。
云々。。。


[岳温泉神社。[福島県*岳温泉]]の続きを読む
雪の越後湯沢。

そろそろスタッドレスも必要ないかなー、
なんて思っていたら大間違いっ。


雪の越後湯沢。

ガッツリ降ってますょ、「越後湯沢」。

関越道を走ったのですが、
沼田を過ぎたあたりからチラホラと。
水上あたりじゃ、もうバンバンですっ。
良く前が見えないくらい(汗、、、

あ~、ビックリした。。。


そして私は、例によって例の如し、
今日も温泉に浸かって、
一杯飲みに出かけるわけです。


[雪の越後湯沢にて。]の続きを読む
福島県・岳温泉 あだたらの宿 扇や。その1

そうだ、温泉に行こう!
思い立ったら吉日です。夜の東北道を北上し、
目指したのは「岳温泉」!

二本松ICで降り、15分くらい走ったかな。
写真は、お部屋にあった黒糖まんじゅうと牛蒡せんべい。


福島県・岳温泉 あだたらの宿 扇や。その4

今夜のお宿は「あだたらの宿 扇や」さん。
チェックインを済ませ、早速お風呂へGO→


福島県・岳温泉 あだたらの宿 扇や。その7

福島県・岳温泉 あだたらの宿 扇や。その5 福島県・岳温泉 あだたらの宿 扇や。その6
(写真はクリックで大きくなります。)

岳温泉、扇やさんのお湯は〝酸性泉〟。
酸っぱいレモンの味のする温泉です。
無色透明ですが、チョークのような白い湯花が舞って、
少しにごったように見えます。


[あだたらの宿 扇や。[福島県*岳温泉]]の続きを読む
佐野市 梅林公園

ここのところ、暖かい日が続いていたものなー。

もう終わりだろーなー、
もう終わりだろーなー。
と、思って行ってみたら、やっぱり終わりでした(汗、、、


佐野市 梅林公園

佐野市にある「梅林公園」です。


佐野市 梅林公園

それでもいくつかは、


[梅林公園。[佐野市]]の続きを読む
杏 March.2015。[太田市]

ランチタイムです。
今日のお昼は、太田市にある「くずし割烹とせいろ飯の店 」さんにて。

で、全体の写真を撮ったまでは良いのですが、
ご飯をよそるのを忘れたっ(汗、、、
イタタタタタ。。。


杏 March.2015。[太田市]

杏さんちの「せいろランチ」。
蟹、鶏、湯葉、季節のせいろ飯から選べる中で、
今回は鯛飯バージョンをお願いしました♪


杏 March.2015。[太田市]

お椀に取り分けて、アツアツのとこをいただきましょう。
もち米ブレントですから、もっちもち~♪


[くずし割烹とせいろ飯の店 杏、March.2015。[太田市]]の続きを読む
鑁阿寺 . March, 2015。[足利市]

=== 案内板より ===
寺家の由来
源姓足利氏の氏寺であり、足利義兼の居館であった鑁阿寺(足利氏宅跡)は、
その周辺地(現在の家富町)の界隈に十二の支院を有していました。
室町時代には千手院を幹事寺として、十二の院が毎年輪番で
鑁阿寺の年中行事を担当するようになりました。


鑁阿寺 . March, 2015。[足利市]

江戸時代には鑁阿寺を中心として町並みが形成され、この周辺地は
『寺家』と呼ばれるようになり、この『寺家』が十二の寺を支えてきました。
『寺家』では、毎月決まった日に市が開かれ、大変な賑わいをみせたといいます。
云々。。。


鑁阿寺 . March, 2015。[足利市]

===
奥の院通りの由来
源頼朝は、文治5年(1189)藤原泰衡(やすひら)を討つために奥州平泉に出かけ、
従兄弟であり義兄弟でもあった足利義兼もこれに同行しました。
この際2人は典雅で壮大な浄土庭園を持つ毛越寺に感激し、これを真似て
頼朝は鎌倉に「永福寺・ようふくじ」を、義兼は足利に「樺崎寺・かばさきでら」を
建立したといわれています。

この樺崎寺跡は平成13年1月「国史跡」の指定を受けました。


[鑁阿寺 . March, 2015。[足利市]]の続きを読む
じゅん亭。Vol.4 [太田市]その1

太田市にある和食のお店、
じゅん亭」さん。


じゅん亭。Vol.4 [太田市]その2

いきなり驚かされた「白魚のおどり」。
初めていただきましたが、ナニゲに美味です。
いや~、ビックリした。。。


じゅん亭。Vol.4 [太田市]その3

つぶ貝、芽キャベツ、小茄子、卵焼き、カニ、
などなどが盛り付けられた先付。


じゅん亭。Vol.4 [太田市]その4

センス良く飾られて来ます。


じゅん亭。Vol.4 [太田市]その5

お造りは、キンキ、ホッキ、マグロの3点。
とろける白身。


[じゅん亭。Vol.4 [太田市]]の続きを読む
越後湯沢町、居酒屋・かぶら木。その8

今だ、雪の残る越後湯沢町。
お宿のご主人に紹介してもらったお店、
四季彩 かぶら木」さんです。


越後湯沢町、居酒屋・かぶら木。その1

コンパクトな入口とは裏腹に、店内は意外に広いです。
POPな雰囲気のカフェ&バーのような。

テーブル席に陣取りまして、
先ずは生ビール、そして同時に八海山の焼酎ボトルセット、
&これも地元のお酒、鶴齢の冷酒を1つ。


越後湯沢町、居酒屋・かぶら木。その2

どうせ飲んじゃうので、まとめて頼みました★

「お通し」です。鶏肉と野菜を合わせたものに、
甘めの餡がかかってます。


越後湯沢町、居酒屋・かぶら木。その3

「お刺身盛り合わせ」。
本日オススメの海の幸から、
〝マグロ中トロ〟〝寒ぶり〟〝ヤリイカ〟の3点。
やっぱりお魚は美味しいですねー。


[四季彩 かぶら木。[新潟県湯沢町]]の続きを読む
足利市、旧酒蔵・中村酒造店。

その昔、日本酒を製造、販売していた所。


足利市、旧酒蔵・中村酒造店。

旧酒蔵「中村酒造店」さん。
縁あって、ちょっとだけ見学させていただくことが出来ました♪


足利市、旧酒蔵・中村酒造店。

足利市、旧酒蔵・中村酒造店。

足利市、旧酒蔵・中村酒造店。

重厚な佇まいであります。


[旧酒蔵、中村酒造店。[足利市]]の続きを読む
Sake処 彩里 iroriさん。

「カクテキ」と「チョレギサラダ」。


Sake処 彩里 iroriさん。

「コリコリなんこつ」。


Sake処 彩里 iroriさん。

「豚キムチ鍋」。
そろそろお鍋も最後かなー。

今夜のディナーは足利市にある居酒屋さん、
Sake処 彩里」さんにて。


[Sake処 彩里 irori March.2015。[足利市]]の続きを読む
福島県、野地温泉ホテル。その1

仕事の疲れは温泉で癒そう


福島県、野地温泉ホテル。その2

魅力的なにごり湯に誘われて、
やって来ました「野地温泉ホテル」ですっ。
in 福島県。

福島県、野地温泉ホテル。その4 福島県、野地温泉ホテル。その3 福島県、野地温泉ホテル。その8

部屋で迎えてくれたのは〝郷土の銘菓〟と〝鬼面漬け〟。

さぁさぁ、早速お風呂へ行こうっ。


福島県、野地温泉ホテル。その5

大浴場「剣の湯」。
泉質は〝単純硫黄泉〟とありました★


福島県、野地温泉ホテル。その7

福島県、野地温泉ホテル。その6

硫黄泉独特のにおいと、オイルのようなにおい。
それでいて、なめらかな肌触りの温泉に、大満足~♪

ゆ~っくり浸かって、少し休んで。
また肩まで浸かって、少しあがって。。。
そんなの何回繰り返したかな(笑
いいデス!


[野地温泉ホテル。[福島県福島市]]の続きを読む
ぎゅう太郎。[岩手県*前沢SA]

その土地の特産品が並ぶサービスエリア。
以前行った、三重県の〝嬉野PA〟では松坂牛を使った牛丼を食べた。

だから。。。

きっとある~♪、きっとある~♪


ぎゅう太郎。[岩手県*前沢SA]

あったっ!


ぎゅう太郎。[岩手県*前沢SA]

前沢牛入り すき焼きメンチカツ」!

前沢牛串焼き入りからはじまり、
(2060円の特上バージョンもありましたっ)
前沢牛入りコロッケ、前沢牛入りカレーパン、前沢牛と四元豚のメンチカツ、
前沢牛揚げしゅうまい、前沢牛入りつくね、前沢牛入りフランク、etc。。。

まさしく、前沢牛のオンパレード!


[ぎゅう太郎。[岩手県*前沢SA]]の続きを読む
一関市、らんたん。その1

「さっさと行ってこぉーいっ!」
人使いの荒い上司にせかされ、やって参りました〝一関市〟(汗、、、
それでも久しぶりだなー、岩手。
4年ぶり?


一関市、らんたん。その2

街に着いたのは夜10時過ぎ。
本日の遅い夕飯は、駅前にある居酒屋さん、
らんたん」さんです。


一関市、らんたん。その3

「お通し」と日本酒でスタート。
なかなか珍しいという「一ノ蔵・たる酒」をお願いしました♪
杉の香りが口の中にふわわわわぁ~ん、と広がります。


[居酒屋 らんたん。[岩手県一関市]]の続きを読む
早起き先生、第15話。「2月の朝」

相変わらず、早起きが続きます、
「早起き先生」っ。

早朝の月がとても綺麗でした★


[早起き先生、第15話。「3月の朝」]の続きを読む
里しょう庵。その1

空いてて良かった~っ。
夜の営業が土日のみになってしまったのをすっかり忘れてて(汗、、、
お邪魔した今夜はちょうど日曜日でした★
足利市にあるお蕎麦屋さん「里しょう庵」さんです。


里しょう庵。その2 里しょう庵。その3

小上がりに陣取ります。
おしぼりと一緒に出されるこおばしい香りの「蕎麦茶」。
ワタシは「熱燗」をお願いしました♪
お通しは「板わさ」。


里しょう庵。その4

お銚子2つで体を温め、先ずは冷たぁ~いお蕎麦を♪
「とろろそば」。

シャキっとしていてとても美味しい。
〝挽きたて、打ちたて、ゆでたて〟にこだわったお蕎麦です★

とろろもオツマミになりますから、お酒もはかどります(笑


[石挽手打ちそば 里しょう庵 March.2015。[足利市]]の続きを読む


船上からの風景です。
ビルの灯りが綺麗ですねー。


2015-2-22-3.jpg

もう少し寒いと思ったのですが、
意外にダイジョウブ。


2015-2-22-2.jpg

街の音から離れ、


[船上からの風景。[東京都]]の続きを読む