ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
BECCAN no 忘年会 2014。
BECCAN no 忘年会 2014。

各地に散らばるBECCANの仲間たち。
もう何回目になるのでしょうか、恒例の忘年会です。

今年は足利市通り3丁目にあります「和処 司つかさ」さんにお邪魔しました。
今年もお疲れ様でした。


BECCAN no 忘年会 2014。
BECCAN no 忘年会 2014。

まずはキンキンに冷えた生ビールのジョッキを片手に、
みんなで乾杯でございます!

ジャーンと登場しましたのは「お刺身盛り合わせ」。
ヒラメ、イワシ、カツオ、マグロの赤身と中トロ、ホッキ貝、
甘エビ、アイナメの炙り、タコの黒煮などなど。。。
新鮮な魚介をパクパクいただきながら、
さあ、BECCAN番長と一緒にテンション上げていくぜ!

口の中でとろけるようなアン肝だぜ!
ね、番長!


BECCAN no 忘年会 2014。
BECCAN no 忘年会 2014。

この方。通称、番長。

みずみずしい絶品の生ガキだぜ!何もつけずにそのままいただきましょう。
ね、番長!


[BECCAN ノ 忘年会 2014。]の続きを読む
越後湯沢町、TOTOYAさん。

粉雪の舞う越後湯沢です。
海鮮道楽 ととや」さん。


越後湯沢町、TOTOYAさん。

「お通し3点」。


越後湯沢町、TOTOYAさん。

お刺身の盛り合わせ。
「選べる3点盛り」から、まぐろ、生たこ、真アジをお願いしました。
それに、+寒ブリです。


越後湯沢町、TOTOYAさん。 越後湯沢町、TOTOYAさん。

「真ダラ白子ポン酢」と、
「のりチーズ巻揚げ」。

お酒は芋焼酎。
〝黒霧島〟のお湯割りをいただいてます。


[海鮮道楽 ととや Vol.3。[新潟県湯沢町]]の続きを読む
イル・ガット il gatto。[足利市]

イル・ガット il gatto。[足利市]

今夜は「イル・ガット」さんのカウンターにて。
軽めに飲もうかな。in 足利市。

自然派の白ワインと、
「スルメイカのガーリックオイルソテー」。


イル・ガット il gatto。[足利市]

イル・ガット il gatto。[足利市]

あまりにもフワッフワでびっくりしました、
「イルガット風 オムレツ」。


[il gatto イル・ガット。[足利市]]の続きを読む
古海原前1号墳。

=== 案内板より ===
古海原前1号墳
この古墳は、利根川左岸の洪積台地上に位置します。
長い年月の間に大きく姿を変えてしまいましたが、もとは右の図のように
帆立貝の形をした全長約53mの帆立貝式古墳であったと考えられています。
昭和59年度に行われた発掘調査により、遺骸を納める場所である
主体部が縦に4基重なった状態で発見され、全国的にも非常に珍しい
古墳であることが明らかになりました。

また、古墳の墳丘直上からは、西暦550年頃に爆発した榛名山二ッ岳の
火山灰が確認され、出土した須恵器という土器の年代をも参考にして
5世紀末に造られたことがわかりました。


古海原前1号墳。

歴史的環境
群馬県は、日本で最も古墳の多い県の一つとして知られ、昭和初期の調査では、
8432基が数えられました。
これらの古墳は、高崎市周辺、前橋・伊勢崎市周辺、
太田市を中心とする地域に集中する傾向が見られます。

中でも太田地域には、東日本最大の天神山古墳などの大型前方後円墳が
所在する地域として有名です。また、県内最古式に属する円筒埴輪や
国宝武人埴輪などの優れた形象埴輪も発見されています。

大泉町のこの付近からも「椅子に座る巫女」埴輪や馬型埴輪などが見つかり、
国の重要文化財に指定されています。

一方、利根川の斜め対岸には、辛亥銘鉄剣が出土した稲荷山古墳を含む
埼玉古墳群が位置します。


[古海原前1号墳。[邑楽郡大泉町]]の続きを読む
焼肉 吾妻・草津温泉。

草津温泉です♪
少し前にテレビでやっていた旅番組の中で紹介されてました、
焼肉 吾妻」さんです。

思い出したように食べたくなって、やって参りました★
一番奥のテーブル席へGO。


焼肉 吾妻・草津温泉。 焼肉 吾妻・草津温泉。 焼肉 吾妻・草津温泉。

真っ赤に焼けた「炭」がセットされ、
何にしようかな~、とメニューを見ながら、
「白菜キムチ」を生ビールで流し込みます。


焼肉 吾妻・草津温泉。

「タン塩」~っ。
レモン汁でいただきましょう。
とても肉厚。

そして赤ワインも♪


[焼肉 吾妻。[草津温泉]]の続きを読む
赤城塚古墳と西丘神社。その1

板倉町にある「赤城塚古墳」です。
こんもりとした林の中に古墳がある感じです。
少し分かりずらいですが、左が古墳、右に「西丘神社」があります。


赤城塚古墳と西丘神社。その10

古墳と神社の組み合わせって、けっこう多いんですよねー。

=== 案内板より ===
赤城塚古墳
この古墳は、古墳時代初期の4世紀から5世紀にかけて築かれたものです。
直径32メートルほどの円墳ですが、
内部施設の詳細については明らかになっていません。

当時、渡良瀬川は古墳の南方を流れていたことから、
栃木県の三毳山方面にまで勢力を持っていた豪族の墓と考えられます。

延宝4(1676)年に県指定重要文化財の三角縁神獣鏡が発見されています。
云々。。。


赤城塚古墳と西丘神社。その11

そーなんですっ。
なんの変哲もない?こちらの小さな古墳から、
三角縁神獣鏡(三角縁仏獣鏡)が発見されたんです~★

===
三角縁仏獣鏡
西丘神社に保存されているこの鏡は延宝年間(1673~1680年)に
境内赤城塚古墳から農夫の手により発掘された。
出土品として他に剣、直刀の破片がある。

三角縁仏獣鏡は直径22.08センチメートル。縁の断面は三角形で、
内側に2重の波紋帯を挟む鋸歯紋帯がある。さらにその内側には鳥獣紋帯があり、
鈕をめぐり主な紋様帯がある。
図にあるように主紋帯には3体の仏像が表現されている。
仏像が描かれている鏡は現在全国で5種八面しかなくこの鏡と同じものは他にない。


赤城塚古墳と西丘神社。その2

仏像の1体は蓮華座に結跏趺座し、瓔珞を首にかけ、頭光と髭がある。
両肩には火炎とみられる突起があり、禅定印を結んでいる。
また左手に蓮華を持ち、髭のある菩薩風の立像も表現されている。

三角縁仏獣鏡は3世紀に中国の魏で製作されその後、
日本に伝わったものと考えられている。
魏で製作されたものとするなら中国に伝来した仏教思想の影響、あるいは
中国における民間宗教道教等との関係、さらに日中の関係を考察するうえで
貴重な資料である。
云々。。。


赤城塚古墳と西丘神社。その9

===
鏡陵皇太神碑
県指定文化財「三角縁仏獣鏡」の発見経過が紹介されたものとして
最初のものはこの「鏡陵皇太神碑」である。
「鏡陵皇太神碑」は、安政4年(1857年)に南光院住職光範と地元の人々
(特に世話人として・北山喜左エ門・茂木七左エ門・大山源左エ門・武井七郎右エ門・
島田重左エ門・島田角左エ門・菅井六左エ門)が建立したものである。

銘文によると「三角縁仏獣鏡」は延宝4年(1676年)に赤城神社の再建修理時に
地元の農夫により発見され、以来「霊鏡」として「鏡陵皇太神」と命名され、
西岡と西岡新田の鎮護神として人々の崇拝をうけ、現在に至っている。
云々。。。


スゲー。。。


[赤城塚古墳と西丘神社。[邑楽郡板倉町]]の続きを読む
足利市、中華料理のお店・鼓々里さん。

足利市にある中華料理のお店です。
鼓々里 cocori」さん。ランチでお邪魔しました。

お昼を過ぎると、あっという間にウェイティングとなる人気のお店です。
早い時間に着いたので、奥のテーブル席に通されました♪

すかさず生ビールをGET。


足利市、中華料理のお店・鼓々里さん。

お願いしたのは、ランチメニューのセット。
「ニラ入り麻婆豆腐麺」のセットです。


[鼓々里 cocori。[足利市]]の続きを読む
北沢川の大石棒。

あった!
あれだっ!


北沢川の大石棒。

以前、訪れたことのある浅間縄文ミュージアムにおいて、
〝起立する大石棒〟の題名で展示されていたレプリカ。
大石棒。繁栄のシンボルともされる男性器をかたどった石棒。

以前の記事です↓
http://beccan.blog56.fc2.com/blog-entry-3273.html


北沢川の大石棒。

前からチェックしていた、
貴方を見つけました~っ。

デカ。


[北沢川の大石棒。[長野県佐久穂町]]の続きを読む
かきた食堂。[足利市]

細い路地を入った先にあるお店。
このアプローチが、他では味わえない期待感を盛り上げてくれるのだろう(笑
足利市の「かきた食堂」さんです。
来た~っ♪

奥の座敷の、テーブル席(テレビの横ダョ)へGO!
先ずは「日本酒」。熱燗で。
おそらく菊正宗かと思われます、辛口です。


かきた食堂。[足利市]

そして「餃子」。
やや大きめで、やわらかタイプ。

酢ダクでいただきます。
チョイ醤油で、ラー油は普通。
そして、熱燗をもうひとつ。


[かきた食堂。[足利市]]の続きを読む
あしかがフラワーパークイルミネーション2014。

あしかがフラワーパーク」です。
平日の夜なのに、たくさんの人が出ています。


あしかがフラワーパークイルミネーション2014。

みなさんのお目当ては、この夜景かなー。
以前にも増して、さらにパワーアップしたイルミネーションっ。


あしかがフラワーパークイルミネーション2014。

〝第2回イルミネーションアワード〟のイルミネーション部門で
全国第一位を受賞した絶景であります!

別の世界にいるみたい。
綺麗だなー。


[あしかがフラワーパーク イルミネーション 2014。[足利市]]の続きを読む
上林ホテル 仙壽閣。[長野県山ノ内町]その1

上林ホテル 仙壽閣。[長野県山ノ内町]その2

長野県山ノ内町。
湯田中、渋温泉の先にある上林温泉。
上林ホテル 仙壽閣 senjukaku」さん。
やって参りました★

とても重厚感のある玄関。


上林ホテル 仙壽閣。[長野県山ノ内町]その3

中に入って、エントランスからロビー。

ここのスペースは、壁面がギャラリーになっていて、
絵や書が飾られています。
有名な作家さんのものなのかな?


上林ホテル 仙壽閣。[長野県山ノ内町]その4

ロビーにて。
和菓子とお茶で出迎えていただきました★
スマートな接客に、初めての上林温泉、期待が高まりますっ♪


=== 玄関前の案内板より ===
上林温泉の由来
上林温泉の源泉は、横湯川に沿い、ここより約2キロメートルほど
上流にあります。
その開湯は、今から1250年~1300年ほど昔の奈良時代、名僧行基上人が
諸国行脚の折、この地に立寄り観音菩薩のお告げを受けて、
発見したことによると言われています。


上林ホテル 仙壽閣。[長野県山ノ内町]その5

以来、戦国時代には、武田信玄が隠し湯として利用するなど
天下に名だたる名湯として永く親しまれて参りました。
上林ホテル仙壽閣が開業した後には、竹田宮殿下、秩父宮殿下をはじめとして
戦後、多くの皇族方が来館され、最近では、皇太子殿下、同妃殿下が来館され、
この温泉に深く親しまれております。
云々。。。


もちろんっ。
チェックインを済ませたら、真っ先に向うのはお風呂です。
湯量が豊富とは聞いていましたが、これがすごい量(汗、、、
壁をつたって注ぎこまれる源泉は、
まるで、ドバドバ~っ、と流れ落ちる滝のようです。。。


上林ホテル 仙壽閣。[長野県山ノ内町]その6

露天もすごいっ。
打たせ湯、やり放題(笑

時間ちょうどのチェックインでしたから、
まだ他のお客さんはいらしゃらないようで、
こんな素晴らしい温泉を独り占め♪

それではゆっくり浸かりましょう。
う~ん、GOKURAKU、GOKURAKU~。。。


[上林ホテル 仙壽閣。[長野県山ノ内町]]の続きを読む
レストラン クリスタルテラス。山ノ内町。

ひと際、目を引く建物は「志賀高原ロマン美術館」です。
in 上林温泉。

ランチをいただいた「羅臼庵」さんのすぐ近く。


レストラン クリスタルテラス。山ノ内町。

こちらの美術館に併設された、トンガリ帽子のような建物は、
なんと洋食喫茶。カフェレストランです。
クリスタル テラス」さん♪

もうひとつくらいなら入りそうかな。。。
というわけで、せっかくですからお邪魔しましたーっ。
よく食べるネ(汗、、、


[CRYSTAL TERRACE。[長野県山ノ内町]]の続きを読む
石挽手打ちそばのお店、里しょう庵。[足利市]

本日の一食。
石挽手打ちそばのお店「里しょう庵」さんにて。


石挽手打ちそばのお店、里しょう庵。[足利市]

「熱燗」と「出汁巻きたまご」。


石挽手打ちそばのお店、里しょう庵。[足利市]

「鴨南カレーうどん」です。


[石挽手打ちそば 里しょう庵。[足利市]]の続きを読む
上林温泉、羅臼庵。その13

湯田中、渋温泉の先にある〝上林温泉〟。
初めて来た温泉なので、とても楽しみ★

で、その前に、少しだけお腹に入れておこう。
宿の方に紹介していただいたお蕎麦屋さん、
羅臼庵 rausu-an」さんにお邪魔しました。


上林温泉、羅臼庵。その1

お蕎麦をいただく前に。
「そば豆腐」とあつ燗です♪

香りが良くて美味しいそば豆腐。
あつ燗は、いろいろ揃っている銘酒の中から
〝黒龍・逸品〟をお願いしました。


上林温泉、羅臼庵。その4

「豆腐となすの揚げ出汁」。
お店のおススメだけあって、これも美味しかった~っ。
あつあつのところをぱくっ、ぱくっ、といただきます♪
そして、お酒をもうひとつ。。。


上林温泉、羅臼庵。その2 上林温泉、羅臼庵。その3

上林温泉、羅臼庵。その11 上林温泉、羅臼庵。その6
(写真はクリックで大きくなります。)

お酒とお蕎麦には、それぞれ山菜や野菜を使った前菜が付きます。
何杯飲んだかなぁ~。。。


[手打ちそば処 羅臼庵 rausu-an。[長野県山ノ内町]]の続きを読む
長野県山ノ内町 佐野神社。その12

長野県山ノ内町です。
こちらにある神社さん、
佐野神社」にやって参りました。

長野県山ノ内町 佐野神社。その1 長野県山ノ内町 佐野神社。その2
(写真はクリックで大きくなります。)

ひとつ目の「鳥居」から、ふたつ目の「鳥居」までの参道は、
車がようやくすれ違えるくらいの細い道。
駐車場はありませんから、境内に駐車です。


長野県山ノ内町 佐野神社。その3

「拝殿」。

長野県山ノ内町 佐野神社。その4 長野県山ノ内町 佐野神社。その5

「狛犬」クン。


長野県山ノ内町 佐野神社。その10

がっちりとした「覆屋」。
この覆屋に守られている「本殿」は。。。


[佐野神社。[長野県山ノ内町]]の続きを読む
長野県山ノ内町 佐野遺跡。

以前からチェックしていたところなのですが、
時間がなくて寄れなかったのです。
長野県山ノ内町にある「佐野遺跡」。

渋、湯田中温泉の近くです♪


=== 案内板より ===
史跡 佐野遺跡
佐野遺跡は、山ノ内盆地の南西部の扇状地にある
縄文時代晩期(今から約2500年前)の集落の跡です。


長野県山ノ内町 佐野遺跡。

遺跡は扇状地の緩斜面上で東西約150メートル位のひろがりをもち、
遺跡地の各所には、雑然と石を積み重ねたような集石遺構が存在し、
その周辺からは多量の土器や石器などの遺物が出土しています。


[史跡 佐野遺跡。[長野県山ノ内町]]の続きを読む
飯山市、正受庵。その1

飯山城のある城下町、飯山市は、
〝雪国の小京都〟〝寺の町〟としても知られています。
長野の県史跡にも指定されている、名刹「正受庵」にやって参りました。


飯山市、正受庵。その2

=== 案内板より ===
恵端禅師旧跡 正受庵
説明
恵端禅師正受老人は、寛永19年(1642) 飯山に生まれ19歳江戸に出て
至道庵無難禅師につき、道を修むること前後17年
其の法燈をつぎ名利を捨てて生地に帰り飯山城主
松平忠倶の篤い帰依によって営まれた
この簡素な禅庵に生母を迎えて住むこと45年、
享保6年(1721)80歳にて遷化するまで、ひたすらに仏道に精進し
白隠はじめ、すぐれた子弟を育ててわが国臨済禅中興の基を開いた。


飯山市、正受庵。その5

飯山市、正受庵。その3

現存の本堂旧庵跡は 弘化4年(1847)の大地震に破損して改築されたが、
その規模にあってはよく旧庵の遺構を留め
城主より拝領の水石・老栂等、閑寂な境内の景致と相まって
故人の遺徳をしのぶことができる。

なお庵の後ろの丘には栽松塔を安置した老人の墓が
母尼李雪の墓と相ならんで存する。
云々。。。


[正受庵 shoju-an。[飯山市]]の続きを読む
がんぎ通り。[飯山市]

長野県飯山市です。


がんぎ通り。[飯山市]

南北に走るこの商店街。
雁木(がんぎ)通り」と呼ばれています。

〝がんぎ〟というのは、雪よけの屋根のこと。
アーケードのように軒先に設置されているのがそれです。


[がんぎ通り。[飯山市]]の続きを読む
飯山城跡。その1

神社に行ったり、近くで遊んだりした時に、
チェックしていた史跡であります。
長野県飯山市にある「飯山城跡」です。


飯山城跡。その2

=== 案内板より ===
飯山城 城門
○飯山城の門
江戸時代の飯山城内には、櫓、御殿、番所などとともに15の門があった。
明治5年(1872年)から飯山城の取り壊しが始まり、いろいろな建物の中で
城門については各地へ売却されたと伝えられている。
多くの門が各地へ移設されたものと思われるが、確実に飯山城の門と言えるものは
長野市へ移設された南大手門、神明町の妙専寺へ移設された本丸裏門(不明門)、
長野市田子へ移設された門(どこの門か不明)である。

○南条丸山家の門
ここに移築した城門は、飯山市柳原南条の丸山家に残されていた長屋門である。
この門は、飯山城内のものか、上級武士の住宅の門か不明であるが、
建物の部材の様式から妙専寺山門、田子の城門と同じ作事場で制作された門と
考えられ、飯山城に関係した門のひとつとする根拠は充分にある。だが、
明治時代に移築された際、住居の一部に転用する大幅な改造が加えられたため、
城門とすると飯山城内のどこの門に該当するのかは判明しない。


飯山城跡。その3

○移築復元について
この門は平成5年度に丸山家の旧住宅の解体にともなって、飯山市が移築復元した。
解体に当たっては家屋の柱や部材をすべて調査し、当時の門の材料のみを
多くの部材の中から取り出した。
全体規模については不明のため、当時のままの復元は不可能であった。

平成4年弓道場の建設にともない、飯山城南中門付近の発掘調査が行なわれ、
南中門などの遺構が発見された。
弓道場の前にその遺構が展示されている。
今回の復元にあたっては、旧門の材料を生かしながら全体規模・構造は南中門
(間口五間、奥行き二間半)に合わせて復元することとなった。
飯山城取り壊しからすでに120年余の歳月が流れている。
ここにはじめて飯山城にまつわる遺構が復元展示されることの意義は大きい。
云々。。。


[飯山城跡。[長野県飯山市]]の続きを読む
インド料理 スーリヤ

今日のランチです。
足利にあるインド料理のお店「スーリヤ」さん。

何度かお邪魔しているお店なので、
今回の記事はシンプルに。


インド料理 スーリヤ

TANDORI CHICKEN
お願いしたのは「タンドリーチキンセット」です。

SALAD
「サラダ」と、


インド料理 スーリヤ

TANDOORI CHICKEN
「タンドリーチキン」。


インド料理 スーリヤ

ANY ONE SOFT DRINK
「お好きなソフトドリンク」をひとつ。

マンゴーラッシー。
別オーダーでビールもいただきました。


[インド料理 スーリヤ surya。Vol.3 [足利市]]の続きを読む
海鮮道楽 ととや Vol.2。[新潟県湯沢町]

ウインタースポーツは苦手なのですが、時々遊びに来てます。
雪国、新潟県湯沢町です。

今日の晩酌は、前回に引き続き、駅の西口にある
海鮮道楽 ととや」さんにて。

いつものようにカウンターに陣取りまして、
先ずはグラス生ビールと「お通し3点」。


海鮮道楽 ととや Vol.2。[新潟県湯沢町]

コリコリとした食感がたまらない「佐渡産もずく酢」。
間髪いれずに芋焼酎もお願いしました。
お湯割り~♪


海鮮道楽 ととや Vol.2。[新潟県湯沢町]

ブリ、〆サバ、マグロ、
「お刺身3点盛り」ですっ。
どれも美味しかったのですが、今回はブリですね~♪
ほど良く脂がのってて、もうサイコウ。


海鮮道楽 ととや Vol.2。[新潟県湯沢町]

濃くて、深い味わいの「あん肝ポン酢」。
焼酎のお湯割りが、更に加速します~★


[海鮮道楽 ととや Vol.2。[新潟県湯沢町]]の続きを読む
和作 WASAKU。[足利市]

びゅ~、びゅ~、と強い冬の風が吹き荒れる晩。。。
温かいものが食べたいなぁ~、と。

もう、おでんが始まってるかな?
と、いうわけでお邪魔しています、
唐揚げとおでんのお店「和作」さん★


和作 WASAKU。[足利市]

冬場は、唐揚げとおでん、
夏場は、唐揚げと串揚げに。季節でメニューが変わるんです♪

すでにカウンターは満席。奥の小上がりに陣取ります。
あったかいオシボリが、ほっとするように気持ちいぃ。
先ずは「熱燗」デス。


和作 WASAKU。[足利市]

お通しの「しらすオロシ」。
酢醤油をかけていただきましょう。


[和作 WASAKU。[足利市]]の続きを読む