ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
塩俵岩 shiotawara-iwa。[山形県鶴岡市]

休日のドライブ。
あてもないまま、けっこう走って来た。
山形まで。。。

海沿いの国道をひた走り、
途中、案内に引き寄せられるように小休止。


塩俵岩 shiotawara-iwa。[山形県鶴岡市]

塩俵岩」。
しおたわら。。。


塩俵岩 shiotawara-iwa。[山形県鶴岡市]

なんだろう?
変わった形の岩がごろごろしている。。。

帰ってから調べてみると、
~玄武岩脈の岩塊節理と柱状節理とが互いに交錯し、
塩俵を積重ねた形をした岩群。~
と、どのサイトでも紹介されていた。

塩俵を積み重ねたような。。。
ふぅ~ん。


[塩俵岩 shiotawara-iwa。[山形県鶴岡市]]の続きを読む
旧・祇園町。

櫛田神社へのお参りの返り道。
1枚の案内碑を発見!


=== 案内碑より ===
旧 祇園町
上・下祇園町があり、櫛田神社の奉仕町で
同神社の祭神の一つ須賀大神=祇園宮からこの名が付いた。
古、黒田長政と共に福岡入りした鷹匠が住んだところから
鷹匠町といわれていた時期もあった。
云々。。。


[旧・祇園町。[福岡市博多区]]の続きを読む
櫛田神社の飾り山笠。

櫛田神社境内に展示されている「飾り山笠」。
博多を代表するお祭りのひとつ〝博多祇園山笠〟で使われる
高さ10メートルを超える大きな山車です。

こちらは〝表〟の「男毛剃乃心意気」。


=== 案内板より ===
博多祇園山笠
「博多祇園山笠」は福岡を代表する祭りで、13世紀の半ばに
疫病退散を願って始まったと言われています。
祭りの期間は7月1日から7月15日まで。市内10数か所に高さ10メートルを超える
豪華絢爛な飾り山笠が建ち、7月10日からは勇壮な7つの舁き山笠が
男たちに担がれ博多の町を走ります。
そして、7月15日の早朝4時59分、一番山笠の豪快な櫛田入りのあと、
次々と7つの舁き山笠が市内およそ5キロコースを走る「追い山笠」で
クライマックスを迎えます。

山笠の人形や飾りは、博多伝統の人形作家の手によって作られ、
その題材は歴史や神話に基づくものが多く採用されています。
舁き山笠と飾り山笠は祭りが終わると同時に解体されますが、
ここ、櫛田神社の飾り山笠は特別に1年中展示されています。
云々。。。


[櫛田神社の飾り山笠。[博多区*櫛田神社]]の続きを読む
足利市・ジャパニーズパル むくの木。

店頭を飾るたくさんのお花。
オープンしたばかりの和食屋さん。
「ジャパニーズパル むくの木」さんにお邪魔しております★


足利市・ジャパニーズパル むくの木。

先ずは生ビール。
「お通し」は、カボチャと金時草(きんじそう)。
カボチャは塩が良く効いています。
金時草は土佐醤油和えで、ネバネバを少なくしたモロヘイヤみたい。
シャキシャキで美味しい♪


足利市・ジャパニーズパル むくの木。

「温野菜サラダ」。
アンチョビマヨネーズor塩で。
あったかい野菜、大好きなんですっ。
やわらかいコリコリ感がウレシイ一品。


足利市・ジャパニーズパル むくの木。

生ビールをやっつけた後は、赤ワイン♪
一緒に日本酒もお願いしましょう。
飲むぞー。


[ジャパニーズパル むくの木。[足利市]]の続きを読む
博多。櫛田神社 kushida-jinja。その28

博多区「櫛田神社」の境内にある大きな銀杏。
櫛田の銀杏」と呼ばれています。


=== 案内板より ===
櫛田の銀杏
樹齢千年と云われ博多一番の古木であると同時に
不老長寿の御神木として庶民の尊敬が篤い。さても見事な櫛田の銀杏
枝も栄ゆりゃ葉もしげる、と博多祝い歌にも愛唱され古来博多氏子の
弥栄を寿ぐ象徴として目出度い宴席などでは必ず歌われている。
云々。。。


[櫛田の銀杏と蒙古軍の碇石。[博多区*櫛田神社]]の続きを読む
博多。櫛田神社 kushida-jinja。その1

博多の夜を、モツ鍋で堪能した昨夜。
次の朝も早かった!もちろん、それは
お目当ての一つ「櫛田神社」にお参りするため。

博多。櫛田神社 kushida-jinja。その2 博多。櫛田神社 kushida-jinja。その3
(写真はクリックで大きくなります。)

福岡市内には、有名な神社さんがたくさんあって、
どれも行ってみたいところなのですが、
今回、宿からほど近い櫛田神社に決めました。


博多。櫛田神社 kushida-jinja。その4 博多。櫛田神社 kushida-jinja。その5

楼門の「干支恵方盤」と「手水舎」。

=== 案内板より ===
干支恵方盤(えとえほうばん)
頭上、楼門中程には天井から吊り下げられた干支恵方盤がある。
昔の暦は五行、十干、十二支等を組み合わせて恵方を知り
季節を分け時を刻んだ。この干支恵方盤には内側に東西南北に方位を表し、
外側には十二支(えと)を配して恵方(縁起のよい方角)を示している。
毎年大晦日には、矢印を回転させて新しく迎える年の恵方を示す
珍しい干支暦である。
云々。。。


博多。櫛田神社 kushida-jinja。その6 博多。櫛田神社 kushida-jinja。その7

「座牛」と「神馬」。


博多。櫛田神社 kushida-jinja。その8

博多。櫛田神社 kushida-jinja。その9 博多。櫛田神社 kushida-jinja。その10

「中神門」と「狛犬」クン。


博多。櫛田神社 kushida-jinja。その11 博多。櫛田神社 kushida-jinja。その12 博多。櫛田神社 kushida-jinja。その13

「霊泉鶴の井戸」と「博多風神雷神」。

===
霊泉鶴の井戸
お櫛田さまの御本殿地下からは昔も今も変ることなく
滾々と霊泉が湧き出て不老長寿のいのちの水として
霊験誠に灼(あらたか)と信仰され四時参拝者が絶えない。
云々。。。

===
博多風神雷神
頭上、拝殿破風の左右に掲げられている風神雷神の木彫りは
数多い当社彫刻類の中でユーモアあふれるカラッとした
博多っ子の気質を表わしているといわれています。
云々。。。


[櫛田神社 kushida-jinja。[福岡市博多区]]の続きを読む
イル・ガット il gatto。[足利市]

~ Vini Naturali  il gatto ~
自然なワイン。。。

カッコいい暖簾が掛かりました!
イル・ガット il gatto」さんです★
ニャ~ォ。


イル・ガット il gatto。[足利市]

Angiolino Mauleの「Sassaia」。
私の好きな白ワインのひとつです。
ミネラル感抜群で個性があって、もう1杯、もう1杯と
進んでしまうんです。美味しい♪


イル・ガット il gatto。[足利市]

「ホタテの軽いスモーク なしの赤ワイン煮添え」。
魚介とフルーツ。どちらの美味しさも損ねることなく
美味しくいただきました!
ナシのジューシーさにホタテが良く合うのですねー。

赤ワインで煮込まれているナシですが、
白ワインでやっつけました!(笑


[イル・ガット il gatto。[足利市]]の続きを読む
福岡市博多区綱場町「もつ幸」さん。その14 福岡市博多区綱場町「もつ幸」さん。その1 福岡市博多区綱場町「もつ幸」さん。その3
(写真はクリックで大きくなります。)

夜の博多に着いた私は、とりあえずモツ鍋屋さんをさがした。
もつ鍋専門店「もつ幸」さん。
とても有名なお店だったとは、後で知ることになる。
うむむ。。。

入店後は、当然ウエイティング。20分くらいだったから、ラッキーなのかな?

「どうぞ~、お2階へ~。」 おおっ、2階席もあるんだ。
「お客さん!この上ですよ~。」 うぉ!また上があるんだ?


福岡市博多区綱場町「もつ幸」さん。その2

自宅を改造したような雰囲気の3階フロアー。
庶民的な雰囲気が距離感を縮め、食欲をあおります(笑

「お通し」と生ビール、「熊本産 馬刺」と「宮崎産 赤鶏のタタキ」で準備万端!


福岡市博多区綱場町「もつ幸」さん。その4

さぁ!「もつ鍋」を、始めようぢゃありませんか?!


[もつ鍋専門店 もつ幸 motsukou。[福岡市博多区]]の続きを読む
すぎのや本陣。[茨城空港]

自衛隊の百里基地のお隣「茨城空港」。

爆音をたてて飛び立つ戦闘機やヘリコプターに、
みんな釘付けです。


すぎのや本陣。[茨城空港]

というわけで、こちら。
空港内にあるお食事処「すぎのや本陣」さんです。

すぎのや本陣。[茨城空港] すぎのや本陣。[茨城空港] すぎのや本陣。[茨城空港]

フライトまでの時間にオツマミを少々。。。
唐揚げにざるそば、それと明太チーズ揚げ?だったかな。。。


で。。。



すぎのや本陣。[茨城空港]

飛んだっ
ひえ~(汗、(汗、(汗、、、

コンパクトな空港だけあって、
飛行機までひょいひょいと歩いていけば良いし、
凄まじい混雑もないようだし、アクセスも良くて便利だったな~♪

では、おやすみなさいっ。


[茨城から飛んだ。。。[すぎのや本陣&茨城空港]]の続きを読む
F-4EJ改とRF-4EJ。[茨城空港]

初めての「茨城空港」。
北関東道のおかげで、アクセスが良いです!
渋滞に巻き込まれることもなく、スイ~、スイッ、です♪

こちらの空港は、自衛隊の「百里飛行場」と隣り合わせ。
というわけで、こんな戦闘機が展示されていました!


=== 案内板より ===
F-4EJ改 要撃戦闘機
F-4EJ改は、1971年(昭和46年)から航空自衛隊で使用されてきた
F-4EJ戦闘機の改修型でレーダー等の能力を向上させた機体です。
要撃戦闘能力に加え、対地対艦攻撃能力にも優れており、
ベースとなっているF-4型戦闘機は、世界12カ国で採用されました。


F-4EJ改とRF-4EJ。[茨城空港]

ここに展示されている航空機は、1973年(昭和48年)に
ライセンス国産されたものです。

垂直尾翼の標識は、北海道に生息する尾白鷲が描かれており、
現在百里基地に配備されている第302飛行隊が、当初千歳基地に
発足以来の部隊マークとして使われ続けています。
この展示機は、百里基地で実際に使用されていた機体を
航空自衛隊より借受したものです。
云々。。。


そして、もう1機。


[F-4EJ改とRF-4EJ。[茨城空港]]の続きを読む
炭焼 利衛門。[足利市]

けっこう怪しくありません?こちらのお店。
看板が点いていたり、点いていなかったりする。
それでも中に入ってみると、賑わっていたりします(笑

「おー、いらっしゃいっ!」
久しぶりの「炭焼 利衛門」さんであります。
足利市にある焼き鶏屋さん♪


炭焼 利衛門。[足利市]

先ずは生ビール、そして「砂肝刺し」。
コリコリとした歯応えがあって、味も深い。
美味しいです、コレ★

も、ひとつ「アオヤギのお刺身」。
時々の魚は、築地に行かれるそうです。
仕入れて来た夜はお刺身も有るョ、みたいな感じ。
あ、美味しいんです、コレも。


[炭焼 利衛門。[足利市]]の続きを読む
職人館 shokunin-can。Vol.8 [長野県佐久市]

こんな田舎な風景。
晴れたり曇ったり。小雨もパラついてます。
と、言うわけでやって参りました信州、佐久市。


職人館 shokunin-can。Vol.8 [長野県佐久市]

上の写真の田んぼで作られたお米が、
こんな美味しいオリジナル日本酒に大変身!

職人館」さんであります!
今日も窓際のテーブル席。すでに飲っております。


職人館 shokunin-can。Vol.8 [長野県佐久市]

前回お邪魔したばかりなのに、
また来てしまった。。。


職人館 shokunin-can。Vol.8 [長野県佐久市]

キュウリをかじり、お酒を愉しみ、
あぁ~、素晴らしく良い時間☆


[職人館 shokunin-can。Vol.8 [長野県佐久市]]の続きを読む
Super moon。

おととい、

出たかな?まだかな?
時々外に出て夜空を見上げています。
雲っているけど、切れ間があるから、タイミング良ければ
撮れるかな?と。

そして、ようやく顔を出してくれた「スーパームーン」。


=== ウィキペディアより ===
スーパームーン(Supermoon)とは、満月または新月と、
楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、
地球から見た月の円盤が最大に見えることである。
云々。。。


[スーパームーン Super moon。]の続きを読む
焼肉 Renさん。その1

一見、そう見えない?
外観からは、まるで焼肉屋さんだなんて思わない?
でもでも美味しい焼肉屋さん♪
太田市、龍舞にある「焼肉 Ren(れん)」さんです。


焼肉 Renさん。その2

いざいざカウンター席へ。
赤ワインをいただきながら。。。


焼肉 Renさん。その3

青森産桜姫鶏の「とりもも」と、


焼肉 Renさん。その4

「キムチ 3種盛り」。

久しぶりの焼肉。。。
どんどん行きましょう!(笑


[焼肉 Ren。[太田市]]の続きを読む
懐古園(小諸城跡) kaiko-en。[長野県小諸市]

=== 案内板より ===
重要文化財 小諸城 三の門
小諸城は、慶長元和年間(関ヶ原役前後)にわたって時の城主
仙石氏が築城しました。
この三の門も大手門と同様に一連の造営の中で創建されたものです。
しかし寛保2年(1742年)小諸御城下を襲った大洪水により三の門は流出し
約20年後の明和年代に再建されて現在に至っています。

寄棟造り・桟瓦葺の櫓門で、一階は桁行三間(一間は約1.8メートル)
北脇に潜戸を構え、隅金具、八双金具等が施してあります。
二階は両側に袖塀を設け、矢狭間、鉄砲狭間が城郭の面影を残しています。
桁行五間、梁間二間で内部は住居風の一室になっています。
大手門とともに小諸城の貴重な建造物として国の重要文化財指定を受けています。
云々。。。


懐古園(小諸城跡) kaiko-en。[長野県小諸市]

大迫力の「三の門」
小諸市にある「懐古園」にやって参りました☆
かつての「小諸城」の跡であります。


懐古園(小諸城跡) kaiko-en。[長野県小諸市]

「二の門跡」


懐古園(小諸城跡) kaiko-en。[長野県小諸市]

「二の丸跡」


懐古園(小諸城跡) kaiko-en。[長野県小諸市]

「南丸跡」

===
小諸城と小諸城址「懐古園」
小諸城は、千曲川から切り立った崖の上にあり、浅間山の火山灰台地が
浸食してできた田切地形の谷に囲まれた堅固な城です。

また、城下町より低いところに城内が築かれた特徴のある「穴城」で、
戦国時代の遺構を残す城として日本100名城にも選ばれています。


懐古園(小諸城跡) kaiko-en。[長野県小諸市]

「黒門跡」


そして、「小諸なる古城のほとり」は、「懐古園」として明治の文豪
「島崎藤村」をはじめ多くの文学を育んできました。
小諸城址「懐古園」は、日本さくら名所100選の地でもあります。
云々。。。


[懐古園(小諸城跡) kaiko-en。[長野県小諸市]]の続きを読む
懐古神社と懐古園稲荷神社。

長野県小諸市です。
こちらのエリアは、駅の周りにごちそうがいっぱい♪
とても1日ぢゃまわり切れません。
とりあえずは、そう!かの有名な小諸城跡「懐古園」へ。

園内には、2つの神社がありました☆


懐古神社と懐古園稲荷神社。

懐古神社」。


=== 案内板より ===
懐古神社の由緒
(沿革)懐古神社は明治13年4月廃藩後荒れ果てた小諸城跡を整備し
懐古園となすにあたり本丸東北に城の鎮守神として祀られていた、
天満宮、火魂(荒神)社の二社と藩主牧野公歴代の霊とを合祀した
懐古神社を創建しました。

(祭神)天満宮の祭神は菅原道真公で天神様ともいわれ、学問の神様であります。
九州大宰府天満宮、京都北野天満宮は特に有名です。
各神社の天満宮については天正12・3年の頃城主松平康国公が
城内空濠改修中紅葉谷の土中から光を放っていた天神様の木像を発見したので、
紅葉ヶ丘の荒神社と並べて安置したと小諸温古雑記に記されています。
また火魂社(荒神社)の祭神は火之加具土命で竃の神で
小諸城を最初に築きはじめた大井氏が城の鎮守として祀ったもので
両社とも其の後の城主が城鎮守の社として奉祀して参りました。


懐古神社と懐古園稲荷神社。

(其の他)神社境内には次のものがあります
天守台 天守閣は寛永6年落雷により焼失
天然記念物神代櫻 松平因幡守憲長公御手植 樹齢350年
鏡石 当城の縄張りをした武田の臣山本勘助晴幸愛用のもの
懐古園の碑 題額は勝海舟の書
牧野康満公の句碑 牧野藩五代藩主康満公の句
左甚五郎作 喜内様 阿福様像
神社の右にある小祠に将軍家から下賜された喜内様(徳川家光公)阿福様(春日局)の
木像が置いてありましたが徴古館が出来ましたのでその方に保管してあります。
云々。。。


[懐古神社と懐古園稲荷神社。[長野県小諸市]]の続きを読む
ぽつり。[太田市]

魚が美味しいと評判のお店。
太田市にある海鮮居酒屋さん「ぽつり」さん。
なんだかいい風ふいてます~♪


ぽつり。[太田市]

今夜はカウンターでしっぽりと。。。

「お通し」。
スズキや鯛など、白身とタコをポン酢で。
そして生ビール、&麦焼酎の中々をボトルでお願いしました♪


ぽつり。[太田市]

最近は、オンザロックに1cmくらい水を足して、
カットレモンをほおり込んで飲むことが多いかなー。

お刺身は2点☆
コリッコリとした歯ごたえも美味しい「赤貝」と、


ぽつり。[太田市]

大好きな「コハダ」。
思わずレモンにもかぶりついてしまった(笑、、、

美味し。


[ぽつり。[太田市]]の続きを読む
長野のお蕎麦屋さん、職人館さん。

こんな田舎な風景。
ちょっと曇ってますネー。
と、言うわけでやって参りました信州、佐久市。


長野のお蕎麦屋さん、職人館さん。 長野のお蕎麦屋さん、職人館さん。 長野のお蕎麦屋さん、職人館さん。

職人館」さんであります♪
今日は窓際のテーブル席。


長野のお蕎麦屋さん、職人館さん。 長野のお蕎麦屋さん、職人館さん。
(写真はクリックで大きくなります。)

隣のテーブルは、お蕎麦を待つ間、本を読んでいる女性。
普段とは違う時間が流れている店内。
古いモノなのでしょうか?金継ぎのしてあるお皿。

しかし、このサラダ、とても美味しい。


[職人館 shokunin-can。Vol.7 [長野県佐久市]]の続きを読む
浅間縄文ミュージアム。その1

遥か南に八ヶ岳を望む浅間山のふもと
噴火の鎮まった一万年前余
新しい縄文の朝(あした)が静かに明けてゆく。。。


浅間縄文ミュージアム。その6

やって参りました!
浅間縄文ミュージアム」ですっ!
in 長野県御代田町。

図書館に併設された博物館です。


浅間縄文ミュージアム。その2

以前よりチェックしていた場所なので、
楽しみ楽しみ~♪


浅間縄文ミュージアム。その3

=== 案内板より ===
縄文人のすがた
縄文遺跡からは、編衣(あんぎん)と呼ばれる織物が発見されており、
衣服などとみられる。
モデルの編衣の模様は、土器の模様を元に復元した。
大きなピアス式の耳飾りや、骨製のかんざしもあった。
土偶などから推定すると、顔に入れ墨をした人もいたらしい。

男性 平均身長 158cm
女性 平均身長 147cm
平均寿命 約30歳(15歳まで生きた人の寿命)
目鼻立ちがはっきりとした彫りの深い顔
体つきは頑丈
云々。。。


[浅間縄文ミュージアム。[長野県御代田町]]の続きを読む
ノコギリ屋根バーム。青柳 ノコギリ屋根店さん。

=== 口上より ===
ノコギリ屋根について
当店のノコギリ屋根店は、平成19年に経済産業省より
近代化産業遺産に認定された建物です。
これらの建物は繊維工場として建てられたものです。
北関東に今なお多く残るノコギリ屋根のその風情を
バームクーヘンの一層一層に想いを馳せ焼き上げました。
云々。。。


ノコギリ屋根バーム。青柳 ノコギリ屋根店さん。

ん?

ノコギリ屋根の。。。


ノコギリ屋根バーム。青柳 ノコギリ屋根店さん。

バームクーヘン。

ノコギリ屋根を映したバームクーヘン。。。


[ノコギリ屋根バーム。[桐生市*菓匠 青柳 ノコギリ屋根店]]の続きを読む
万治の石仏。

「諏訪大社 下社春宮」の側を流れる砥川。
この川の中州に鎮座しているのが「浮島社」です。


万治の石仏。

下社春宮の末社となります。

諏訪大社の下社春宮から中州にある浮島社。
そして反対側へ渡り、少し歩くと。。。


万治の石仏。

どぉーんっ、と。








万治の石仏。

これだぁ。


[万治の石仏。[長野県下諏訪町]]の続きを読む
諏訪大社下社、春宮。その1

長い参道が続きます。向こうの方に見える「鳥居」。
こちらの太鼓橋は「下馬橋」です。
遷座祭の時にはお神輿が渡るのだそうです。


諏訪大社下社、春宮。その2

鳥居の手前にある「手水舎」。


諏訪大社下社、春宮。その3

諏訪大社 下社春宮」であります。


=== 案内板より ===
諏訪大社下社春宮
諏訪大社は建御名方富命と八坂刀売命を 祀り、上社は建御名方富命(彦神)を
下社 は八坂刀売命(女神)を主祭神としている。

下社の祭神は、2月から7月まで春宮に鎮座 し、
8月1日の御舟祭で秋宮に遷座し、翌2月1日に春宮に帰座される。


諏訪大社下社、春宮。その4

諏訪大社下社、春宮。その5

下社の中心となる建築は、正面中央にあり
拝殿と門を兼ねたような形式の幣拝殿、その左右にある回廊形式の片拝殿、
それらの背後 にある、東西宝殿からなる。

東西の宝殿は茅葺・ 切妻造・平の簡素で古風な形式をもち、
申寅の7年ごとに新築する式年造替制度がとられている。
右のような社殿形式は諏訪大社に特有のものであり、また、
その幣拝殿と左右片拝殿に 似た形式は、長野県内の諏訪神を祀る
いくつ かの神社でも用いられている。


諏訪大社下社、春宮。その6

現在の春宮の幣拝殿は安永8年(1779)に完成したと考えられる。
大工棟梁は、高島藩に仕えた大工棟梁伊藤儀左衛門の弟である。
柴宮(当時は村田姓)長左衛門矩重(1747~1800)であった。


[諏訪大社 下社春宮。[長野県諏訪郡]]の続きを読む
旧中島飛行機(株)呑龍工場と中島知久平

呑龍さまにお参りに行く途中、
1枚の案内板が目に留まりました♪
フジジュウ、そう!「旧中島飛行機」の案内です★


=== 案内板より ===
旧中島飛行機(株)呑龍工場と中島知久平
眼前の工場は大正6年(1917)12月10日、飛行機王中島知久平が
尾島から飛行機研究所をここに移し、9名程の同士と創業し、
中島飛行機製作所と改める。
後の富士重工業(株)群馬製作所の発祥の地である。


[旧中島飛行機(株)呑龍工場と中島知久平。[太田市]]の続きを読む