ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
佐野市・孫太郎神社。

佐野市駅南口、ロータリーから歩いて数分。
伊賀町にある「孫太郎神社」にやって参りました。
こじんまりとした小さな神社さんですが、
その歴史はとても深そうです。。。


=== 案内板より ===
伊賀町鎮守 孫太郎神社縁起
通称「孫太郎様」として親しまれているこの神社は、今を去る千六十有余年の昔に
創建されたといわれています。

天慶の乱(938~940)に平将門を討った田原藤太秀郷により、天命の春日ノ岡
(現在の城山公園)に建てられた寺の守護神として祀られました。
しかし、寺も神社も保元・平治の乱(1156~1159)に兵火に遭い、
荒廃してしまいました。その後、文永年間(1262~1272)に寺は俊海上人によって
再興され、同じ時期に神社もまた修復されましたが、その再建に力を尽くしたのが
孫太郎と称していた秀郷八代の子孫に当たる足利家綱でした。


佐野市・孫太郎神社。

里人達は、それを大変に徳としまして、それから後神社の名を「孫太郎明神」と
誰いうとなく呼びならわし、いよいよ崇敬の念を篤くしたとされています。

尚、異説として鎌倉時代の武将・佐野孫太郎義綱が讒言(ざんげん)にあって、
領地をすべて没収されるという悲運に遭いましたが、
稲荷社に自身の無実が晴れることを懸命に祈願したところ、
その甲斐あって疑いが晴れ、無事に領地を取り戻すことが叶いました。
その謝恩の念を込めてそれまで無名であった稲荷社を春日ノ岡に「孫太郎神社」として
お祀りをしたのがゆえんであるという故事も伝わっています。


[孫太郎神社。[佐野市]]の続きを読む
鵤木の一本スギ。

足利市水処理センターの西に、小さな公園があります。
「鵤木(いかるぎ)児童公園」です。
この公園の真ん中に立っている大きな杉の木。
これぞ正しく「鵤木の一本スギ」でありますっ。


=== 案内板より ===
鵤木の一本スギ
通称鵤木の一本スギといわれ、鵤木町の南端にある。


鵤木の一本スギ。

幹は地上1.5mのところから3本に分かれている。


鵤木の一本スギ。

度々の落雷にあい、幹に縦裂の跡が残っている。
樹齢は約600年と推定される。


[鵤木の一本スギ。[足利市]]の続きを読む
第100回足利花火大会。[足利市]

第100回足利花火大会」。

明治36年(1903)に始まってから今年でなんと111年!
第100回目を迎える足利の花火大会です!
すごいですねー、100回目ですょ、100回!

今年は100回を記念して「日本の名玉大玉花火」や「ワイドスターマイン」など、
2万発の花火が打ち上げられるそうです★
8月2日(土)の夜7時打上開始。
さぁ、みんなで行ってみよーっ。
100回目!


詳しくはこちらから。
◇ 足利商工会議所ホームページ http://www.ashikaga.info/



去年の足利花火大会はこちらから。
足利花火大会 2013。

【第100回 足利花火大会】
@栃木県足利市伊勢南町

「桐生八木節まつり」

2014年もいよいよ「桐生八木節まつり」の季節がやって参りました♪

「みこし宵の出御(祇園)」は前日の7月31日(木)20:00~。
今年は美和神社~本町5丁目へ。
桐生人のお祭りにかける情熱はハンパないぞっ!

第51回八木節まつりは、
8月1日(金)、2日(土)、3日(日)の開催!
他にも市内各所でいろいろなイベントが催されますョ。
さぁ、皆で行ってみよーっ!

詳しくはこちらから。
◇ 桐生八木節まつり2014 http://kiryu-maturi.net/



以前の記事はこちらから。
桐生八木節まつり、みこし宵の出御 2013。 [桐生市]

【桐生八木節まつり】
@群馬県桐生市本町5丁目

岩松八幡宮。[太田市]

岩松八幡宮。[太田市] 岩松八幡宮。[太田市]
(写真はクリックで大きくなります。)

真っ赤な鳥居がとても印象的。
太田市にある「岩松八幡宮」です。


=== 案内板より ===
岩松八幡宮
誉田別命(ほんだわけのみこと・応神天皇)を祭神とするこの社は、
市野井(新田町)の生品神社、鹿田(笠懸村)の赤城神社と共に
新田の三社といわれ、明治5年栃木県(当時この地は栃木県に属した)
において郷社に列せられた。


岩松八幡宮。[太田市]

岩松八幡宮。[太田市]

創建は仁安年中(1166~1169)新田義重が京都大番のおり
山城国男山より小松を持ち帰り、この地に植えて岩清水八幡を勧請し
岩松八幡宮と称した。
以来犬間(いぬま・猪沼)郷を岩松郷に改めたという。


[岩松八幡宮。[太田市]]の続きを読む
しゃぶなべ 燈(あかり)。[太田市] しゃぶなべ 燈(あかり)。[太田市] しゃぶなべ 燈(あかり)。[太田市]
(写真はクリックで大きくなります。)

店内には和のテイストがちりばめられていて、
ほっこりリラックスできる雰囲気です♪
しゃぶなべ 燈」さんでのランチタイム。

しゃぶなべ 燈(あかり)。[太田市] しゃぶなべ 燈(あかり)。[太田市]

しゃぶしゃぶランチ〝しっかりおひるごはん〟コースをお願いしました。
もちろんランチでも飲りましょう(笑
お鍋のセッティングをする前に、1パイだけクピクピと。。。
蕪の煮物とワサビ菜。美味しいのでもう1パイだけ(笑

しゃぶなべ 燈(あかり)。[太田市] しゃぶなべ 燈(あかり)。[太田市]

「野菜」と、


しゃぶなべ 燈(あかり)。[太田市]

「お肉っ」!


[しゃぶなべ 燈(あかり)。[太田市]]の続きを読む
太田市、いぬま公園。

=== 案内板より ===
いぬま公園
昔はこの地域を「いぬまの郷」と呼んだ。
範囲は明確でないが、岩松を中心に広い地域が、
その中に含まれていたこともあったようである。

明治22年(1889)町村制が施行され、尾島町が誕生する以前の村々
(現在の大字)の沿革などを書きあげた村誌によると、阿久津村、尾島村、
岩松村、備前島村、押切村、堀口村、亀岡村などは、
年代については明らかではないが、昔は新田荘猪沼(犬間とも)の郷に
属していたとしている。


[いぬま公園。[太田市]]の続きを読む
太田市、大和神社(行者堂)。

ちょっと見過ごしてしまいそうな道路沿い。
案内板が目にとまり寄ってみました。
大和神社(行者堂)」。
小さなお社ですが、なかなか古い云われがありました♪


太田市、大和神社(行者堂)。

=== 案内板より ===
大和神社(行者堂)案内
祭神 役行者 疫病除け・子育ての神
もと長福寺の境内にあったもので、役行者(えんのぎょうじゃ)の像を安置する。
役行者は役君小角・役小角・役の優婆塞・神変大菩薩などとも呼ばれ、
奈良時代初期の山岳呪術者で、修験道の祖とされる。
僧衣をまとい、頭巾をかぶり、右手に錫杖、左手に経巻を持ち、
足には一本歯の高下駄をはき、左右には前鬼・後鬼という二体の鬼を従者として伴う。


太田市、大和神社(行者堂)。

寛平年間、大和から来た僧が、この像を背負って長福寺に入ったという。
その後文化12年(1815)、徳川から発した大火災で長福寺は全焼し、
この像も半焼となったものを火中から搬出した。
そこで村民相談の結果、新たに同じ像一体を彫刻させ、半焼の古い像は
御隠居様と呼んで、別に厨子に保存し、現在にいたっている。


[大和神社(行者堂)。[太田市]]の続きを読む
=== 案内板より ===
縁切寺満徳寺
江戸時代においては、一度他家へ嫁した上は、その夫や家人と
不和を生じるなどして生家へ戻っても、夫方の離縁状を持たなければ、
再婚することが出来ないという規則があった。その時代に、弱い女性を護り、
離縁の目的を貫かせた寺として有名な所が日本に二つあった。
鎌倉の東慶寺と徳川の満徳寺がそれである。
徳川郷は徳川氏発祥の地として、江戸時代には幕府から租税課税の免除、
あるいは守護使不入の地として、特別の取り扱いを受けていた。

太田市、縁切寺満徳寺。

満徳寺は、徳川氏の初代義季の娘・浄念尼が開いた時宗の尼寺である。
代々の住職は新田の一族から出たというゆかりによって、天正19年(1591)
家康は寺領百石を寄進して、当時衰微していた寺を復興させた。

次いで大阪落城の後、豊臣秀頼の妻であった秀忠の娘・千姫を入寺させ
豊臣家との縁を切った。そして、本多家(忠刻)へ再嫁させたのであるが、
実は、千姫の身がわりとして侍女の刑部の局が入寺し、名を俊澄と改めて
住職になったといわれる。

以来、特に幕府から優遇を受けるようになった。寛永12年(1635)三代将軍・家光の時
寺を再建し、以後将軍家の位牌所として修繕費等はすべて幕府の支弁によった。

このように徳川幕府を背景として、寺法は権威を持ち
縁切寺としての機能を強く発揮することが出来たのである。


[縁切寺満徳寺。[太田市]]の続きを読む
伝新田義重夫婦の墓。[太田市]

「徳川東照宮」の東にあります。
こちらもまた、畑の真ん中ですっ。


伝新田義重夫婦の墓。[太田市]

新田義重夫婦の墓」であります!


=== 案内板より ===
徳川氏館跡の宝塔
新田義重の二男(あるいは四男)義季は、父より新田荘内徳川・
女塚・押切・世良田・上平塚・三ツ木・下平塚などを譲られ、
徳川に館を造り、徳川氏を称した。

義重は義季を特に愛し、夫人と共にこの館において晩年を送り、
没後邸内に葬られたと伝えられている。古来よりこの一郭は、
義重夫婦の墓所と伝えられ、徳川幕府に特別に保護されてきた。


[伝 新田義重夫婦の墓。[太田市]]の続きを読む
徳川東照宮。[太田市]

太田市にある〝東照宮〟といえば「世良田東照宮」が有名ですが、
実は他にもう一つ、東照宮があります。


徳川東照宮。[太田市]

徳川町にある「徳川東照宮」です。


徳川東照宮。[太田市]

満徳寺の北にある小さな神社さん。
新田義季(すえよし)さんの館跡に鎮座しております。


[徳川東照宮。[太田市]]の続きを読む
太田市、大館氏館跡。その1

畑の真ん中にポツンと立っている小さな神社さん。
「諏訪神社」です。
実はこの神社さんが立つこの場所は、新田氏一門であった、
大舘さんの館があったところだと伝えられています。


=== 案内板より ===
大館氏館跡
おおたち、の地名の初見は仁安3年(1168)
新田義重置文(国重文・長楽寺所蔵)であり、義重がその子、
らいおうごぜん(徳川義季)とその母に、所領を譲り渡す約束をした文書である。
それによると、おおたちは空閑の郷(新しく開墾された土地)で、
他の18郷とともに、らいおうごぜんやその母に譲渡される予定であった。
がしかしその後の事情で新田宗家に伝えられることになったものと思はれる。
義重四世の孫、家氏がここに住んで大館氏の祖となった。


太田市、大館氏館跡。その3

館跡は耕地整理などによって、その遺構は失われたが、
古くから竈跡(かまあと)であったと伝えられる。
この地を中心に、御堀、御蔵、鍛冶屋、 馬場などの小字名が残り、往時を偲ばせる。


[大館氏館跡。[太田市]]の続きを読む
太田市、大舘八幡宮。その1

太田市にある「大舘八幡宮」です。
正面に一つ目の「鳥居」。


太田市、大舘八幡宮。その2

そのすぐ後ろに二つ目の「鳥居」。


太田市、大舘八幡宮。その3

太田市、大舘八幡宮。その4 太田市、大舘八幡宮。その5

「拝殿」。
極彩色の施された神獣の彫刻。くすんでしまっていますが、
かつては綺麗に彩られていたのでしょう。


太田市、大舘八幡宮。その6

「本殿」は覆屋で保護されています。

=== 案内板より ===
大舘八幡宮
大舘字吹上に鎮座、創建年代は不明であるが、
大舘は平安時代末期からの文書に出てくる古い地名であり、
新田義貞の曽祖父、政氏の弟にあたる、大舘家氏が
この地に勧請したと伝えられる。


[大舘八幡宮。[太田市]]の続きを読む
岩松尚純公のお墓。その2

太田市にある「尚純萩公園」です。
この公園は、岩松尚純夫婦のお墓を復元整備したものです。


=== 案内板より ===
岩松尚純夫婦の墓
この史蹟は、治部大輔岩松尚純(ひさずみ)と夫人秋吟尼(しゅうぎんに)の墓所である。
墓はいずれも五輪塔で、一辺が約4メートル四方の上壇上に立てられているが、
欠損が著しく後補されている。


岩松尚純公のお墓。その3

地輪に刻まれている銘文は次の通りである。
貞松院殿 尚純君塚 永正八未年 十月十五日
秋吟 尼君 明應八未 八月二十六日
善福寺 施主

尚純は、1461(寛正2)年に金山城主岩松家純の嫡子明純と
幕府政所代蜷川新右衛門(にながわしんうえもん、智蘊うん・ちうん)
の娘との間に生まれた。

1494(明応3)年に家純の跡を継ぎ城主となったが、
翌年、権臣横瀬氏との抗争に敗れ、家督を嫡男夜叉王丸(昌純)
に譲り岩松に隠居した。
戦国武将の座を捨てた尚純は、静喜庵と号し
その生涯を連歌の世界に生きたのである。

尚純の連歌は早くから世に表われ、奇しくも城主を追われた
明応4年成立の「新選莬玖波集」に九句も選ばれている。


[岩松尚純夫婦の墓。[太田市*尚純萩公園]]の続きを読む
太田市・義国神社。その1

=== 案内板より ===
義国神社
源義国を祭神とするこの祠は、久しく義国天神と称され、村人によって
崇敬されてきた。元文4年(1739)正月八代将軍徳川吉宗は、
義国院祭祀料として、白銀5枚を奉納し遠祖の霊を追祀したという。
明治10年群馬県より神社号を公称することを許された。


太田市・義国神社。その2

義国は八幡太郎源義家の三男として生れた。新田氏の祖義重並に
足利氏の祖義康の父であり平安時代の武将であった。


[義国神社。[太田市]]の続きを読む
台之郷に移転した龍飛さん。その1

太田市にある和食のお店「龍飛」さんです。
昨年末に台之郷町に移転、リニューアルオープンしました!
今夜、新店に初めてお邪魔します。
楽しみ~♪


台之郷に移転した龍飛さん。その2

水槽前のテーブル席に陣取りました。
先ずはグラス生ビール。そして「お通し3点」。
右はじのローストビーフ風。好きだなぁ、コレ。


台之郷に移転した龍飛さん。その3

「群馬県産 豚もつ煮」。
やわらかぁ~いもつ煮は、スプーンをお借りして
スープまでやっつけました★
美味し。


台之郷に移転した龍飛さん。その4

お刺身が美味しいことでも評判の龍飛さん♪


台之郷に移転した龍飛さん。その5

「お刺身5点盛り」です。
甘えび、島根産アジ、まぐろ中トロ、青やぎ、とり貝。
これは日本酒がはかどりますっ。


[龍飛 tappi。[太田市]]の続きを読む
岩松館跡。

=== 案内板より ===
岩松館跡
新田・足利氏の祖源義国は、この地岩松(当時は、いぬま)に居住し、
現在の青蓮寺境内を中心にしたこの区域がその跡であり、
その子新田義重もここに居住し、南方に岩清水八幡宮を勧請したと伝えられる。

正木文書(群馬県史資料編)によれば建保3年(1215)、
鎌倉幕府は新田義重の嫡男義兼の譲状に基づき、
その妻である義兼後家(新田尼)を岩松、下今居、田中郷の地頭職に任じ、
その後貞応3年(1224)、新田尼はその孫時兼にやしき岩松郷を譲渡し、
2年後の嘉禄2年(1226)、鎌倉幕府は時兼を岩松郷の地頭職に任じたとある。

また源義国の孫足利矢田判官義清が、平家追討に出陣するにあたり
寿永2年(1183)、山城国山背野中西寺に祖父義国等の供養のため奉納した
大般若経の奥書に、上野国新田住式部太夫加賀介従五位下義国とある。


[岩松館跡。[太田市*青蓮寺]]の続きを読む
皆川城跡。その1

栃木市にある「皆川城跡」です。


皆川城跡。その4

現地案内板に紹介されていた復元模型の写真です。
(栃木県立博物館蔵)
こんな形をしていますから、別名「法螺貝城」とも呼ばれています。


皆川城跡。その3

=== 案内板より ===
皆川城址
室町時代皆川氏を名乗った長沼秀宗が築いたこの城は、
山の形をそのまま利用したものでその形から「ほら貝城」とも
呼ばれている。
城山を登るとその中腹に井戸の跡や土塁武者走りが残っていて、
当時をしのばせる。


[皆川城跡。[栃木市]]の続きを読む
太平山の山田家さん。その1

太平山神社でお参りを済ませ、ようやくひと休み。
何回も書きましたが、1000段の石段は疲れた~

でも、そして、この絶景!
山田家」さんで一服と参りましょう。


太平山の山田家さん。その2

先ずは、名物の「玉子焼」。
ふわっふわで、ちょい甘の美味しい玉子焼♪
大根オロシにお醤油をかけて、アッツアツのうちにいただきましょう。


太平山の山田家さん。その3

こちらは「和風そばつくね」。
甘めの和風ダレ。七味とうがらしをふって、わさびを少し。
ナニゲにボリュームのある、肉厚なつくねです★
美味し。。。


[太平山のお茶屋さん。[栃木市*山田家]]の続きを読む