ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2014/031234567891011121314151617181920212223242526272829302014/05

湯田中温泉、串道楽さん。その1

温泉宿に着いた時には、もう辺り真っ暗。
お宿の方にご紹介いただいた居酒屋さんです♪
串道楽」さん★


湯田中温泉、串道楽さん。その2

隣がお蕎麦屋さんになっていて、
昼間のランチタイムは、そちらで営業するようです。
夜はこっちで居酒屋さん♪

先ずはカウンターに陣取りまして、
「お通し」と生ビールでスタート。


湯田中温泉、串道楽さん。その3

ナニゲにオモシロイのが、
それぞれの席に、小さなテレビが付いてるんです。
ナイターシーズンには、盛り上がるんだろうなー。

で、「馬刺し」です。
美味し☆


[湯田中温泉の、串道楽さん。[長野県]]の続きを読む
水沢うどんの、清水屋さん。[伊香保町]

ピッカピカでツルツル。
コシもあって美味しいおうどん。
伊香保町の水沢うどん「清水屋」さんです。


水沢うどんの、清水屋さん。[伊香保町]

いろいろなお店が建ち並ぶ、うどん街道。
実は清水屋さんしか入ったことないんです(汗、、、
他のお店は行ったことなくて。。。


水沢うどんの、清水屋さん。[伊香保町]

でも、良いかな~、と。
おうどんが美味しいし、こちらのゴマだれも好きだから。


ささ、「白舞茸」と「バター炒め」をオツマミに、
1パイだけ飲りましょうか?!(笑


[水沢うどんの、清水屋さん。[伊香保町]]の続きを読む
安中市、赤穂四十七義士の石像。その1 安中市、赤穂四十七義士の石像。その2
(写真はクリックで大きくなります。)

前にある無料駐車場に車を止めて、
ここから山の中へ入って行きます。

聞こえて来るのは、ギャーギャーという鳥の鳴き声と
ザワワワワ~、と木々の枝のこすれる音。。。
ちょっと怖いかな~。


安中市、赤穂四十七義士の石像。その3

薄暗い山道の中、しばらく歩くと
山肌が露出している場所に出ます。


安中市、赤穂四十七義士の石像。その4

安中市、赤穂四十七義士の石像。その8

ありました!
赤穂義士 四十七士石像」です。


[赤穂義士、四十七士石像。[安中市]]の続きを読む
高崎市の箕輪城跡。その1

=== 案内板より ===
箕輪城復元想像図
この図は長野氏時代の箕輪城の復元想像図です。この頃の大手(城の正面)は
今の搦手(城の裏門)にあったといわれています。
したがって、この図は当時の大手口(東明屋方面)から望んだものです。
云々。。。


高崎市の箕輪城跡。その2

というわけで、前回に続いて「箕輪城跡」です。

実は、帰りがけに、二の丸前の駐車場にいたおじさんに
資料をいただきました★
その資料より紹介したいと思います。
おじさん、ありがとうございます♪


高崎市の箕輪城跡。その3

=== いただいた資料より ===
国指定史跡 箕輪城跡
◎箕輪城の遺構

・箕輪城は1598(慶長3)年、高崎(和田)に移城したことによって、
廃城となりました。
・廃城に伴う移築などから当時の建物は全く残っていませんが、
大規模な堀や石垣などは良好に残り、当時の様子を偲ばせています。


高崎市の箕輪城跡。その8

・箕輪城の最大の特徴は、大規模な堀です。本丸周辺では最大幅30m、
深さ10mの空掘りが巡り、他にも、城の中央部を南北に分断する役割のある
大彫切など同時代の城としては全国的な規模の堀が城内各所に残っています。
なお、大部分の堀は空掘と思われます。


[箕輪城跡。[高崎市]]の続きを読む
高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その6

高崎にある「箕輪城跡」。
ずいぶんと大きなお城の跡です。堀や土塁もしっかり見て取れます★
先ずは、本丸あたりから。。。


高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その5

=== 案内板より ===
本丸
本丸は御前曲輪とともに城の中心部であり、南北約100メートル、
東西約70メートル、東側には高い土手を築いて
城内が敵に見えないようにしている。
この土手が御前曲輪の東側まで続いていることにより、
御前曲輪も本丸の一部であったと考えることができよう。


高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その9

本丸と御前曲輪の間の空掘は東部が浅く西部が深く、
西の空掘りに降りる通路となっていた。

空掘底は初期にはすべて交通壕であったが、
後に掘り下げられてそのはたらきを失ったらしい。

南の本丸の虎口(こぐち・出入口)には前に「曲尺馬出し」がつき、
本丸南部が突き出して虎口前を側面から防ぐようになっている。
云々。。。


高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その8

案内の立っている所が本丸跡。
その右側手前から、向こうの方まで土手が続いています。
土手に沿って、ブルーのビニールシートのずっと先が御前曲輪。


=== 別の案内板より ===
本丸
箕輪城には天守閣はありませんでしたが、多数の「かわらけ」や
楽茶碗などが発掘されていることから、城主の住む建物や
軍議を開いたり酒宴を催したりする館があったと推定されています。

城主の交代を契機に城の造り替えが行われたことが
発掘調査で確認されました。
云々。。。


[箕輪城跡の本丸周辺。[高崎市]]の続きを読む
日立市、宿魂石と大甕神社。その1

茨城北ジオパーク、歴史散策コース。
日立市にある「大甕神社」です。
「大甕」と書いて〝おおみか〟と読む、oomika-jinja、です。

日立市、宿魂石と大甕神社。その2 日立市、宿魂石と大甕神社。その3
(写真はクリックで大きくなります。)

とても雰囲気のある神社さんです。
鳥居~、狛犬クン1対。


日立市、宿魂石と大甕神社。その4

「石燈籠」と「拝殿」。


日立市、宿魂石と大甕神社。その6

向かって、拝殿の右方向にある「宿魂石」の文字が刻まれた石。
そして拝殿後方には大きな岩山。
その頂上に「本殿」がありました。

ジオパークの資料も、とても興味深いものです♪

=== 資料より ===
大甕神社は多賀山地の一番南のはしにあり、
カンブリア紀の花崗岩の岩山の上に建っています。
この花崗岩は国道6号を越えて日立研究所の方に続いています。
『日本書記』の中に大甕神社の大岩にまつわる伝承があり、
日本列島のルーツを語るカンブリア紀花崗岩と
神代(かみよ)の日本ができるときの話がつながっています。


[宿魂石と大甕神社。[日立市]]の続きを読む
煙害を防いだ大煙突。

茨城北ジオパーク。
大昔の地層を追いかけながら、土地の史跡を探るという、
歴史の散歩コースであります。

煙害を防いだ大煙突」。


煙害を防いだ大煙突。

おお~。
鄙びた感、満載な風景です。


[旧日立鉱山の大煙突。[日立市]]の続きを読む
南極寿星 nangokujushouの座禅石。[日立市]

重さ1000tはあろうかという、この大きな石。
南極寿星の座禅石」です。
南極寿星は〝なんごくじゅしょう〟と読みます。
お坊さんの名前です。


南極寿星 nangokujushouの座禅石。[日立市]

もともとは、神奈川県の足柄にいたという禅師が、
布教のため日立を訪れ、この石の上で座禅修行したことから
座禅石と呼ばれています。

また、天狗がこの上に寝たという伝説もあり、
「天狗の布団石」とも呼ばれているのだそうです。


[南極寿星 nangokujushouの座禅石。[日立市]]の続きを読む
矢筈石 yahazu-ishi。[日立市*折笠スポーツ広場]

なんとっ!
大好きな「案内」が汚れていて読めません!(涙、、、
時々遭遇してしまう、こんな悲しい風景。。。


矢筈石 yahazu-ishi。[日立市*折笠スポーツ広場]

というわけでやって参りました「折笠スポーツ広場」。
in 日立市、
十王ダムに続いて、デス。

こちらの広場の一角にある大きな石。
これが「矢筈石 yahazu-ishi」です。


矢筈石 yahazu-ishi。[日立市*折笠スポーツ広場]

真っ二つに割れてます。

茨城北ジオパークの資料によると。。。
県北地方には八幡太郎義家に関する伝説がいくつか残っておりますが、
「矢筈の石」にもその伝説が伝わっています。
この石は別名「弓弦(ゆづる)の石」と言われ、
源義家が奥州征伐に向かった折り、
この石に弓矢を射かけて真っ二つに割ったという伝説が残っています。


[矢筈石 yahazu-ishi。[日立市*折笠スポーツ広場]]の続きを読む
十王ダムと十王パノラマ公園。その4

茨城県日立市です。
茨城県北ジオパークで紹介されていた日立市。
歴史散歩コースpdfを片手に、鵜の岬に続いてやって参りました。

十王ダム」です。


十王ダムと十王パノラマ公園。その7

十王ダムと十王パノラマ公園。その5

1993年に完成した重力式コンクリートダム。

資料には、
十王川が山地から平野に出る場所には5億年前の地層が露出しています。
5億年の地層は堅いので侵食に強く、狭い谷ができます。
この谷を利用してダムサイトが作られました。
ダムの下の発電所そばによい露頭があります。
と、ありますが、初めての、
しかも全くの地層シロウトなので分かりませんっ(汗、、、


十王ダムと十王パノラマ公園。

と、言いながらも、
こんな散策が好きなのです。。。


[十王ダムと十王パノラマ公園。[日立市]]の続きを読む
3月の初めに行った「袋田の滝」。
1500万年前、この滝の周辺が海底火山だと知ったのは、
ひとつの案内板からでした。
「茨城北ジオパーク」でありますっ。

~ジオパークとは、地域を形づくってきた長い長い地球の歴史を、
また大地に育まれつむがれてきたその土地の文化を体験できる場所です。~
茨城県北ジオパークホームページより。


碁石浦と伊師浜海岸。その9

というわけで、
大昔の地層を拝見するためにやって参りました。
それでこの辺、うろちょろしているんです。
こちら、日立市「墓石浦」であります。


碁石浦と伊師浜海岸。その8

碁石浦と伊師浜海岸。その10

新生代(2300万年前?)の地層がむき出しになっている岸壁だそうですが、
迫力ありますねー。


碁石浦と伊師浜海岸。その7

以前の、津波到達点の前にある小さな浜辺がこの碁石浦。
この碁石浦という地名は、「常陸国風土記」の中で
珠玉のように美しい碁石が採れる浜、
と記述されていることから来ているそうです。

深いなぁ。。。


[碁石浦と伊師浜海岸。[日立市]]の続きを読む
ウミウ捕獲場。日立市。その11

ウミウ」です。
日立市、鵜の岬にある「鵜のパラダイス」で飼育されている
おとり用のウミウです。
こんな近くで見るの、初めて★

ここには全国で唯一の「ウミウ捕獲場」があります。


ウミウ捕獲場。日立市。その1

=== リーフレットより ===
ウミウ捕獲場 ~鵜飼文化を支えるウミウ捕獲~
1300年の歴史を誇る「鵜飼」。その鵜飼を支える「ワザ」が
ここ茨城県日立市にはあります。
白砂青松日本100選のひとつである伊師浜海岸は、白く続く砂浜から
20mを超える断崖絶壁へと変化に富んだ海岸線が続きます。

この断崖がウミウにとっては格好の休憩地点となり、
毎年40羽ほどのウミウを捕獲し、全国の鵜飼地へ供給している
日本唯一の場所となっています。
云々。。。


ウミウ捕獲場。日立市。その2

===
ウミウ捕獲(4~6月と10~12月の年2回)
ウミウの捕獲は、岸壁に設置された鳥屋(トヤ・・丸太とコモで作られた小屋)
の中で行われます。鳥屋の外には、5羽ほどのおとりのウミウを配置し、
群れを離れて休もうとするウミウや波間で遊ぶウミウが、
おとりの姿に誘われ、鳥屋の前に舞い降りたところを「かぎ棒」を
足首にかけ、鳥屋内にひきづりこみます。

~中略~
以前は篠竹の先端に「とりもち」を巻きつけた棒を使用していましたが、
「とりもち」は粘着力があり、羽根に付着するとなかなか取れないことから、
次第に「かぎ棒」に変わりました。
云々。。。


ウミウ捕獲場。日立市。その4 ウミウ捕獲場。日立市。その3
(写真はクリックで大きくなります。)

それでは「ウミウ捕獲場」へ行ってみましょう。
長いトンネルを抜けると。。。


[ウミウ捕獲場。[日立市*鵜の岬]]の続きを読む
桜も終わり。。。

満開の桜も、もう散り始め。。。
今年の桜はなんだかあっという間だったなぁ。

雨や風がなかったら、もう少し楽しめたのに。

桜も終わり。。。

新年度、入学式。
そんな季節です。



以前の桜はこちらから。
~桜~ April,2014。[佐野市*城山公園]

日立市にあった、津波到達点と愛と絆の鐘。

=== 案内板より ===
津波到達点
平成23年3月11日(金)午後2時46分に発生した、
東日本大震災の津波は、
下記の地点まで水が到達しました。

日立市十王町
マグニチュード9.0
震度 6強
云々。。。


日立市にあった、津波到達点と愛と絆の鐘。

うっかりして見過ごしてしまいそうな小さな目印。
茨城県日立市、鵜の岬にある「津波到達点」です。

震災の被害も、
すごかったみたいです。。。


[日立市にあった、津波到達点と愛と絆の鐘。]の続きを読む
~桜~ April,2014。[佐野市*城山公園]

改札を出ると、
そこは。。。


~桜~ April,2014。[佐野市*城山公園]

満開の桜だった!

佐野駅の北口すぐ、「城山公園」にやって参りました。
夜桜見物~、というわけなのですが、
いやいや風がもの凄い(汗、、、
髪の毛は逆立ち、うかうかしていると吹き飛ばされそうです(汗、(汗、(汗、、、


[~桜~ April,2014。[佐野市*城山公園]]の続きを読む
平成26年 赤城南面千本桜まつり。

日本のさくら名所100選「赤城南面千本桜」。
今年も「赤城南面千本桜まつり」の季節がやって参りました!

お祭りの期間は4月5日(土)~20(日)まで。
いろいろなイベントが繰り広げられます♪
さぁ、みんなで行ってみよーっ!

=== 主なイベント ===
桜並木ライトアップ(日没~21:30)
お花見ステージ・ふれあい物産市(4月5日~20日)
赤城南面千本桜フェスタ2014(4月13日)



以前の千本桜はこちらから。
赤城南面千本桜まつり 2013。Vol.2[前橋市]

【赤城南面千本桜】
@群馬県前橋市苗ケ島町

茨城県笠間市、笠間PA。その1

北関東自動車道「笠間パーキングエリア」です。
休憩に寄ったこのパーキングエリアで、
巨大なストーンオブジェを発見っ!!
大地のたまご」であります。


=== 案内碑より ===
大地のたまご
この石は、北関東自動車道の建設工事中に出現した自然石で、
この地域で産出される花崗岩です
(稲田みかげ石と呼ばれています)


茨城県笠間市、笠間PA。その2

この形のまま地下に埋まっていたもので、直径は約2.7メートルあります
花崗岩がこれほど大きな球形で発見されることは大変珍しいといわれています

このパーキングエリアがある笠間市の稲田地区は、白みかげ石の石材産地として
110年の歴史を持ち、その産出量も日本有数で、全国の建築物、
公園のモニュメント、神社の鳥居、墓石等に大変多く使われています



[大地のたまご。[笠間市*笠間PA]]の続きを読む
~桜~ April,2014。 [佐野市*旗川緑地公園]

公園の一角にある「八坂神社」。
こちら「旗川緑地公園」です。
in 佐野市。


~桜~ April,2014。 [佐野市*旗川緑地公園]

初めて来た公園ですが、
こちらにf約100本の桜の木が植えられています♪


~桜~ April,2014。 [佐野市*旗川緑地公園]

あちこちで満開の声を聞くようになりましたが、
もうちょいですか?


[~桜~ April,2014。 [佐野市*旗川緑地公園]]の続きを読む
大田原市、佐久山城跡。その9

突然ですが、「大田原市」です。
〝御殿山公園〟にやって参りました。


大田原市、佐久山城跡。その4

こちらの公園は昔あったお城を整備したもの。
佐久山城跡」であります♪


大田原市、佐久山城跡。その5 大田原市、佐久山城跡。その8

=== 案内板より ===
佐久山城跡
文治3年(1187)、那須太郎資隆の次男泰隆は、
この地辺りに築城(通称御殿山)して、佐久山次郎泰隆氏と称して
居住した。
後、永禄6年(1563年)、子孫の佐久山右衛門義隆は、
同族の福原安芸守資孝(大田原備前守資清の次子資則)
に滅ぼされ廃城となった。


[佐久山城跡。[大田原市]]の続きを読む
メン ウィズ ア ミッション

先日のテレビ番組の中で、初めて観た「MAN WITH A MISSION」。
オオカミ男?5人組のロックバンド。

ハードなんだけれども、意外にPOPで聴きやすい♪
今秋には全米デビューするという、ただ今注目のバンドです。


Tales of PureflyTales of Purefly
(2014/03/12)
MAN WITH A MISSION

商品詳細を見る