FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
中央自動車道「釈迦堂PA」の次、「一宮御坂IC」からほどなく。
甲斐国分寺跡」にやって参りました!
この辺りは、お隣の甲州市も含めて、
ヒジョーに遺跡・史跡の多いエリアで、前からチェックしていたのですっ。


甲斐国分寺跡。その5

=== 案内板より ===
甲斐国分寺跡
甲斐国分寺跡は南北330メートル、東西225メートルの築地塀と
溝に囲まれた範囲に広がっていました。
寺の正面は南側で、正門である南門から入ると中門と回廊に囲まれた
宗教的な空間があります。
回廊奥の建物は国分寺の中心である金堂で、本尊の釈迦如来を
安置していました。


甲斐国分寺跡。その7

回廊内の東端には国分寺のシンボルと言える塔が建てられました。
金堂の北側には経典の購読をする講堂、さらに僧侶たちの宿舎である
僧房が続き、金堂・講堂の両脇には鐘楼・経楼があったと
推定されています。
塔及び講堂跡等に礎石が現存し、当時の壮大な伽藍をしのぶことが
できます。


甲斐国分寺跡。その6

寺伝によると古代の国分寺は建長7年(1255)に焼失し
戦国時代に武田信玄によって再建されました。
現在は史跡保存のため約200メートル南に移転しています。
云々。。。


[甲斐国分寺跡。[山梨県笛吹市]]の続きを読む