FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
月夜野郷土歴史資料館。その1

矢瀬遺跡、親水公園から上って行ったところ。
ゆっくりしたカーブのところにあります。
月夜野郷土歴史資料館」。

矢瀬遺跡から出土した発掘資料が展示されているというので、
ヒジョーに興味シンシンなのです。


月夜野郷土歴史資料館。その9

いきなりですがっ。
こちらは「矢瀬遺跡出土木柱根」です!


=== 案内より ===
これらは縄文時代の終わり頃(約3000~2300年前)、地面に立てられた柱のうち、
地中の部分が腐りきらずに残っていたもので〝木柱根〟と呼ばれています。
矢瀬遺跡から出土した50本以上の木柱根は、
保存と活用のために化学的に処理し、一部展示しました。


月夜野郷土歴史資料館。その10

残っている部分は、直径70~10cm長さ80~10cmです。
家に使う柱の太さはたいてい20cm以下ですから、
異常に太いことがわかります。半数くらいのものは縦半分に割られて、
カマボコのような形をしています。
また、縄をかけて引っ張るためと考えられる溝を彫ったものもあります。
これらのほとんどはクリの木を使っています。
クリは腐りにくいので建物の土台などに使われることが多く、
また、実がたくさんなるため、当時も建築材や食料として利用価値の高い
非常に大切な木でした。

残念ながら、地上の部分は残っていないので、柱の高さとか
上がどうなっていたのかわかりませんが、ムラの中のお祭りをする場所に
トーテムポールのように立てられた柱であったと思われます。
云々。。。


トーテムポール?!
恐るべし縄文文化。。。


[月夜野郷土歴史資料館。 [みなかみ町]]の続きを読む