ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
新潟市水族館 マリンピア日本海。その2

すでに満員のドルフィンスタジアム。
これからイルカショーが始まろうとしています。
子供たちに大人気☆

新潟市にある水族館「マリンピア日本海」であります。


新潟市水族館 マリンピア日本海。その3

イルカって賢いなー。
調教師さんの言う事を良く聞いて、
ぴょいぃ~んっ!

新潟市水族館 マリンピア日本海。その4 新潟市水族館 マリンピア日本海。その7

ぴょいぃ~んっ、て。
するどいジャンプ!
思わず天婦羅を想像してしまいましたっ(汗、、、


新潟市水族館 マリンピア日本海。その6

うわっ。
すごいっ!


[新潟市水族館「マリンピア日本海」。 [新潟市]]の続きを読む
炭火焼鳥と親子丼の店 よね吉

親子丼が大評判の焼き鳥屋さん「よね吉」さんです。
それでも今夜も親子丼にはありつけなかったのですが(汗、、、
in 足利市、デス。


炭火焼鳥と親子丼の店 よね吉

どうしても〝飲み〟の方に行ってしまいがちなもので、
焼き鳥の盛り合わせをお願いしましたっ。
塩盛り合わせ 5本」。
もも、せせり、砂肝、軟骨、わさび。

よね吉さんちの美味しい焼き鳥★
やっぱり塩ですよネ~♪


炭火焼鳥と親子丼の店 よね吉

「パリパリごぼうのツナサラダ」。
バリバリいけてしまう、正にパリパリなサラダ。
(なんのこっちゃい?(笑、、、)

生ビールをやっつけて、日本酒をお願いしました★


[炭火焼鳥と親子丼の店 よね吉。 [足利市]]の続きを読む
熊本県・黒川温泉の地蔵堂。その1

山間にある温泉地「黒川温泉」です。
温泉街を流れる田の原川に架かる丸鈴橋。
向こうに見える旅館は「ふじ屋」さん。


熊本県・黒川温泉の地蔵堂。その9

対岸には共同浴場の「穴湯」があります。
ちいさな内湯がひとつあるお風呂です。

熊本県・黒川温泉の地蔵堂。その2 熊本県・黒川温泉の地蔵堂。その3

お土産屋さん、お食事処、旅館さんが立ち並ぶ街並み。
細い路地といった感じで、とても雰囲気があります。


熊本県・黒川温泉の地蔵堂。その4

こちらはもうひとつの共同浴場、
「地蔵湯」。

そしてこの正面にあるのが。。。


[地蔵堂。 [黒川温泉*熊本県阿蘇郡]]の続きを読む
黒川温泉、耕きちの湯。その3

阿蘇からやまなみハイウェイをひた走り、
やって参りました「黒川温泉」!
鄙びた湯の町の風景が残る、温泉手形を使った露天風呂巡りで
有名な温泉地です。


黒川温泉、耕きちの湯。その9

温泉街から少し離れたところにある
入浴とお食事のお店「耕きちの湯」さん。
人気の家族風呂と内湯があります。


黒川温泉、耕きちの湯。その7

黒川温泉、耕きちの湯。その1

先ずは貸切の露天風呂へGO→


[耕きちの湯。 [黒川温泉*熊本県阿蘇郡]]の続きを読む
ほやほ家。Vol.2 [足利市]その7

昔懐かしい、往年の歌謡曲、POPSが流れる店内。
赤チョウチンが、さらに雰囲気を盛り上げてくれます♪
「酔いどれ酒場 ほやほ家」さんです★
飲むぞーっ(笑


ほやほ家。Vol.2 [足利市]その1

ひーひー言いながらも、日中の暑さと戦った体を
冷たぁい生ビールが一気に駆け抜けますっ。
一口目のビールは正に快感♪ ふいぃ~。。。

「お通し」は3点盛りです。
冬瓜、サヤエンドウ、魚の煮物。


ほやほ家。Vol.2 [足利市]その2

「薬味たっぷり冷やっこ」。
ネギ、ミョウガがテンコ盛り。
薬味だけでもオツマミになります(笑


ほやほ家。Vol.2 [足利市]その3

「長芋のさっと焼き」。
千切りも好きですが、ぶ厚いのも好きです。
サクッ、シャリッ、とした食感がたまりませんっ。
こちらは梅ソースバージョン。

2杯ほど、生ビールをいただいた後は、
麦焼酎にチェンジ☆


[酔いどれ酒場 ほやほ家。Vol.2 [足利市]]の続きを読む
阿蘇郡産山村・ヒゴダイフルーツ。その1

阿蘇山麓の絶景を走り抜ける道路。
日本百名道にも選ばれている「やまなみハイウェイ」。

こちらの道中に目立ちまくっているお店があります。
ヒゴダイフルーツ」さんです★

でたべれる〟〝あまい〟
このキャッチフレーズに誘われてしまったのは
言うまでもありません。

こちらがその、生で食べられる「味来コーン」。
試食をいただけば、すこぶる甘いのですっ!
そしてとてもジューシー。かぶりつくと、じゅわぁ~、て感じ♪
ホント果物みたいですねー。


阿蘇郡産山村・ヒゴダイフルーツ。その2

阿蘇郡産山村・ヒゴダイフルーツ。その4

1本、焼いていただきました!
焼いてももちろん甘いんですっ。
これぞトウモロコシの立ち食いっ!


[ヒゴダイフルーツ higosai-fruit。 [熊本県阿蘇郡]]の続きを読む
阿蘇市、阿蘇神社。その1

時折、雨脚の強くなる午前中の「阿蘇神社」です。
楼門をくぐり、境内へ。


阿蘇市、阿蘇神社。その2

阿蘇市、阿蘇神社。その3 阿蘇市、阿蘇神社。その4

神秘的な、それでいてどこかユニークな
「狛犬」クンがいらっしゃいます。


阿蘇市、阿蘇神社。その5

「拝殿」。


阿蘇市、阿蘇神社。その8

=== 案内板より ===
阿蘇神社
阿蘇神社は阿蘇の国つくりの主、健磐龍命を始め十二神を祀り、
肥後一の宮として古代から重要な地位を占めてきました。
阿蘇神社で執り行われている国指定重要無形民俗文化財「阿蘇の農耕祭事」は
阿蘇谷に暮らす人々の営み、暮らしとともに一連の祭祀として
今に伝わっています。
また、阿蘇神社の建造物も平成19年6月に国から重要文化財の指定を受け、
その楼門は日本三大楼門の一つに数えられています。

【十二神の神様の名】
一 宮、健磐龍命   二 宮、阿蘇都比咩命
三 宮、国龍神(吉見神、彦八井命)  四 宮、比咩御子神
五 宮、彦御子神(惟人命)  六 宮、若比咩神
七 宮、新彦命   八 宮、新比咩命
九 宮、若彦神   十 宮、弥比咩神
十一宮、速瓶玉命(国造神)  十二宮、金凝神(綏靖天皇)
云々。。。


[阿蘇神社 aso-jinja。 [阿蘇市]]の続きを読む
阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その7

来ました!「阿蘇神社」でありますっ。
全国にも珍しい横参道を配置するこの神社さんは、
代々阿蘇氏が宮司を勤める、ヒジョーに深い歴史を持つ神社さんです。

正面に「楼門」がそびえ立ちます。

阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その1 阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その8

「神の泉」。

=== 案内板より ===
神の泉の由来
一の宮町はむかしより地下水の噴出する[清泉の町]として
知られております。とくにこの神域に湧き出ずる水は、
美味豊醇な神の泉として珍重され、不老長寿の水として
多くの人々に飲用されています。
云々。。。


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その12

横参道に沿ってある2つのお社。
「南門守社」と、


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その13

「北門守社」。

===
北門守社
阿蘇神社の参道は表横参道で南と北に夫々御門がありましたが、
この門の開閉を司り、神社の門番の役務に任ずる神として
南北の参道入り口に夫々門守の神を祀りました。
云々。。。


[阿蘇神社の楼門。 [阿蘇市]]の続きを読む
阿蘇市・日本一のポスト。

翌日、熊本市内から阿蘇へ向かいました。
「阿蘇神社」前です。

小さな郵便ポストがありました。
日本一のポスト」。
何が日本一かって?そんなやぶさかな質問は無しです。


=== 案内より ===
私は、観光郵便ポストです。
皆さんこんにちは、元気に頑張っています。
市民のやさしい心配りで、屋根を取り付けてもらいました。
この屋根は、日本三大楼門のひとつであります
阿蘇神社の楼門をイメージした銅板屋根で覆っています。

豪華でしょう。
優しい心でポストカードの投函をお待ちしております。

私みたいな、ポスト見かけますか!
私は、日本に一つだけのポストです。
宜しく御愛顧の程お願いします。
云々。。。

~みんなやさしさの根っこでつながっている~
好きだなぁ、こういうの。



以前の記事はこちらから。
自然食の家庭料理 うたの木。[熊本市]

【日本一のポスト】
@熊本県阿蘇市一の宮町


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
熊本市・うたの木。その10 熊本市・うたの木。その11

熊本駅」前です。
路面電車に乗って移動してきました★
バスみたいな電車で、ナニゲに楽しい。


熊本市・うたの木。その17

と言うわけで「五郎八」さんに続いて2軒目です。
熊本駅から歩いて5分くらいだったかな?
自然食の家庭料理のお店「うたの木」さんです★
キターっ。。。


熊本市・うたの木。その12

いやいやすごいです。かなりのお客様で賑わっております。
人気のお店なんですねー。

1つだけ空いていたカウンター席に陣取ります。
芋焼酎をいただきながら「ざる豆腐」をお願いしました。
すでにお腹に入れてますから、
軽めのオツマミからスタートです。


[自然食の家庭料理 うたの木。 [熊本市]]の続きを読む
熊本市・五郎八。その1 熊本市・五郎八。その2
(写真はクリックで大きくなります。)

目の前にあるのは大好物の「熊本城」!
しかし時はすでに夕刻。
入園時間終了~(汗、(涙、(涙、、、


熊本市・五郎八。その3

と言うわけで、必ずもう1度来るぞ!とリベンジを誓い、
トポトポと街へ繰り出します。

路面電車の走る街並みがすごく印象的★

熊本市・五郎八。その9

あそこかなー。


[五郎八 gorohachi。 [熊本市]]の続きを読む
密閉搾り ねぶた

カッチョいいラベルだと思いません?
密閉搾り ねぶた」。

JAアオレンさんから発売されている、
必殺のリンゴジュースであります!


[密閉搾り ねぶた。 [青森県弘前市]]の続きを読む
蒙古塚。 [福岡市志賀島]

「金印公園」から少し行ったところにあります。
蒙古塚 moukozuka」です。


=== 案内板より ===
蒙古塚(蒙古軍供養塔)
この地は、文永11年(1274年)および弘安4年(1281年)の
2度にわたる元寇襲来の古戦場とされ、古くは「首切塚」とも
呼ばれていました。


蒙古塚。 [福岡市志賀島]

この供養塔は、文永・弘安の襲来の際に戦死した元(モンゴル軍)の
兵士のため、昭和2年(1927年)に日蓮宗の僧高鍋日統の提唱で
建てられました。
昭和13年(1938年)には蒙古連盟自治政府の指導者である
徳王も参拝され、現在は中央区にある勝立寺の飛び地境内として
祭祀されています。
云々。。。


蒙古塚。 [福岡市志賀島]

案内板にあった「建立時の様子」の写真です。


[蒙古塚。 [福岡市志賀島]]の続きを読む
蓮台寺砦。 [足利市]

ここ、お花見で有名な足利公園
料亭・蓮岱館さんの近くです。


=== 案内板より ===
蓮台寺砦
平安時代、北関東一帯は、下野の押領使(おうりょうし・
軍事・警察の長官)藤原秀郷の子孫が勢力を伸ばし、治めていました。

天喜2年(1054)伊勢崎淵名城主藤原成行が足利に入部し、
両崖山城を築いたと伝えられます。
藤性足利氏がこの時出来たのです。


[蓮台寺砦。 [足利市]]の続きを読む
福岡市志賀島・金印公園。

=== 案内板より ===
金印公園
この地は後漢(現在の中国)の光武帝が奴国
(現在の福岡市を中心とする地)の使者に授けたといわれる金印(国宝)が
発見された場所としてわが国の歴史上、重要な地とされています。

印綬伝来から1900余年を経過したいま、この地に立って
博多湾、玄界灘を望みながら遠く中国大陸と交流があった当時をしのべば、
私たちの心に新たな感銘を呼びおこすでしょう。
云々。。。

福岡市志賀島・金印公園。

===
金印て何でしょう?
実物の金印は、一辺の長さが2.3cm、高さが2.2cm、重さが108.7gの
非常に小さなもので、ほぼ純金でつくられています。
天明4年(1784年)に、この公園の付近で出土したと推定されています。
中国の「後漢書」によると57年に、後漢の光武帝が、
弥生時代に福岡地方の小国であったとされる「奴国(なこく)」の王に、
この金印を与えたとされています。
現在は国宝に指定され、福岡市博物館に常設展示されています。

頭部の紐通しは、とぐろを巻いた蛇のデザインです。

福岡市志賀島・金印公園。

「漢委奴国王」と記されており、「漢ノ委ノ奴ノ国王
(かんのなのわのこくおう)」と読むのが定説です。
云々。。。


[金印公園。 [福岡市志賀島]]の続きを読む
焼き肉ホルモン 銀たん gintan。 [足利市]その9

毎日暑い日が続いています(汗、、、
そんな時にはやっぱり馬力をつけないといけませんっ。
焼き肉ホルモンのお店「銀たん」さんです。


焼き肉ホルモン 銀たん gintan。 [足利市]その1

テーブルに木炭コンロがセットされ、
さぁ、食べるぞー!


焼き肉ホルモン 銀たん gintan。 [足利市]その2

先ずは「ねぎタン塩」。


焼き肉ホルモン 銀たん gintan。 [足利市]その3

そして「特選牛ハラミ」。
中ジョッキがどんどん空いて行きますっ。


[焼き肉ホルモン 銀たん。Vol.3 [足利市]]の続きを読む
お盆 2013。

ユリが咲いています☆

お盆のお墓参りにやって来ました。
うちのお墓は山っ際にあるので、
こんな野生のユリに遭遇することもあります♪


[お盆 2013。]の続きを読む
万葉歌碑・志賀島9号碑。

福岡市「志賀島」です。
近くで海が見たくなって、海岸に出たら「歌碑」がありました。

=== 案内板より ===
万葉歌碑(志賀島9号碑)
「筑前の国の志賀の白水郎(あま)の歌十首」中の一首。
神亀(724~729)のころ大宰府から対馬に糧を送るよう命じられた
宗像郡の津麿(つまろ)に代わって志賀の荒雄は、
肥前の国の美祢良久(福江島三井楽)から対馬に向かった船出したが、
暴風雨に遇って海没した。


万葉歌碑・志賀島9号碑。

それから8年、荒雄の妻子はなおその生還を念じて
これらの歌を作ったという。
また一説では筑前の国守山上憶良(やまのうえおくら)
の作であるとも伝えられている。

荒尾の乗った鴨という船が、也良の崎をまわって
漕いで来るよと知らせが来たらなあ。

鴨は荒雄の船の名、也良の崎は能古の島の北端で、
そのあたりを漕いで来る荒雄生還の吉報を期待する
家人の切ない心を読んだ歌である。
(なお、也良の崎には
「沖つ島鴨とふ船の還り来ば也良の崎守早ぐ告げこそ」の歌碑がある。)
云々。。。


[万葉歌碑・志賀島9号碑。 [福岡市志賀島]]の続きを読む
YUSHI CAFE ユーシカフェ。 【佐久市】

YUSHI CAFE ユーシカフェ」です。
in 佐久市。


YUSHI CAFE ユーシカフェ。 【佐久市】

職人館の北澤さんとご一緒させていただきました★


YUSHI CAFE ユーシカフェ。 【佐久市】

風通し良く、
気持ちの良い空間。


[YUSHI CAFE ユーシカフェ。 [佐久市]]の続きを読む
志賀島・火焔塚。その3

福岡市の「志賀島 shikanoshima」です。
事前に調べていた史跡のひとつ「火焔塚」です。


志賀島・火焔塚。その6

こ~んな案内板と(汗、、、


志賀島・火焔塚。その4

お堂?お地蔵様かな?(汗、(汗、(汗、、、
まったく人気のない山の中腹。
少しひるんでおります(汗、、、


[火焔塚 kaen-zuka。 [福岡県志賀島]]の続きを読む
職人館 shokunin-can。 [佐久市]

~手打そばと信州の手仕事~


職人館 shokunin-can。 [佐久市]

そうです。
職人館」さんにやって参りました。

目の前に広がる田畑の風景。


職人館 shokunin-can。 [佐久市]

お店の前にドンっ、と構える大きな木。


職人館 shokunin-can。 [佐久市]

正しく職人館さんです★


[職人館 shokunin-can。 [佐久市]]の続きを読む
福岡市志賀島・志賀海神社。その15

前回に引き続き「志賀海神社」です。
背の高い「楼門」。カッコイイですネ。


福岡市志賀島・志賀海神社。その16

楼門の手前にある「神橋」。
紙垂が廻らされていて渡ることは出来ません。
特別な日とかに開くのかな?

そして。。。


福岡市志賀島・志賀海神社。その30

「拝殿」です。
おおー。。。


=== 案内板より ===
志賀海神社 略記
御祭神
左殿 仲津綿津神(なかつわたつみのかみ)
中殿 底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)
右殿 表津綿津見神(うはつわたつみのかみ)

御由緒
古来、玄界灘に臨む交通の要衝として聖域視されていた志賀島に鎮座し、
「龍の都」「海神の総本社」と称えられ、海の守護神として
篤く信仰されている。
御祭神は、伊邪那岐命が筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原において
禊祓(ミソギハラヒ)をされた際に、住吉三神と共に御出現された
綿津見三神で、神裔阿曇族によって奉斎されている。


福岡市志賀島・志賀海神社。その22

御祭神が、禊祓で御出現された神であることから不浄を特に嫌い、
諸々の穢・厄・災・罪を祓い清め、また、
海の主宰神であることから水と塩を支配し、
私達の生活の豊凶をも左右する御神威を顕現されている。

当社の創建は明らかではないが、
古来、勝馬の地に表津宮・中津宮・沖津宮の三社で奉斎されていた。
2世紀(遅くとも4世紀)に表津宮(底津綿津見神)が当地勝山に遷座、
併せて仲津綿津見神・表津綿津見神が奉祀されたと伝えられる。


福岡市志賀島・志賀海神社。その23 福岡市志賀島・志賀海神社。その24
(写真はクリックで大きくなります。)

往時の社殿は壮麗で、末社375社、社領50石を有し、
奉仕する者も100数十名いたなど繁栄を極めた。
社伝には神功皇后の伝説を多く残し、元冦の役など国家の非常の際に
嚇々たる御神威を顕示されたことから、社格も貞観元年(859年)従五位上、
『延喜式』には明神大社、大正15年(1927年)には官幣小社の処遇をうけている。
云々。。。


[志賀海神社 shikaumi-jinja。Vol.2 [福岡市志賀島]]の続きを読む
セミの抜け殻2013。

あちこちでセミの鳴き声が聞かれるようになりました。
オフィスの周りでもずいぶんと賑やかに鳴いています。

セミが出て来たということは、
抜け殻もあるのかな?
植木の下を覗いて見たら。
おーっ、ありました、ありました!
これぞ、2013年夏の「セミの抜け殻」。


[セミの脱け殻 2013。]の続きを読む
福岡市志賀島・志賀海神社。その1

福岡市志賀島・志賀海神社。その2

福岡空港へ降り立ちました★
街中にもいろいろな史跡、神社仏閣がたくさんありますが、
手配していたレンタカーに飛び乗り、
真っ先に向かったのは「志賀島」なんです。

〝しがしま〟ではなく〝しかのしま〟と読みます。
街ならまた来る機会があるかも知れない、でも島は
行ってみよう!と決心しないと来ないだろうなー、という思いから。


福岡市志賀島・志賀海神社。その3

です!やっぱり神社さん。
商店街入り口に「一之鳥居」があります。
ここからまっすぐ行くと。。。


福岡市志賀島・志賀海神社。その4

おおー。。。ここだ。
志賀海神社 shikaumi-jinja」です!
きたーっ★

福岡市志賀島・志賀海神社。その6 福岡市志賀島・志賀海神社。その7
(写真はクリックで拡大します。)

参道の石段手前にあるお清めの砂。
砂なんですっ!こういうの初めてですっ。

=== 案内板より ===
御潮井(清め砂)
御砂を体の左・右・左と振りご参拝下さい。
云々。。。

石段を上ると、二つ目の鳥居、石燈籠が見えて来ます。


[志賀海神社 shikaumi-jinja。Vol.1 [福岡市志賀島]]の続きを読む
喰い飲み屋 アシベ。 [桐生市]

すごくリラックス出来る、
ワタシにとってヒジョーに居心地の良い空間を与えてくれる、
そんな居酒屋さんです。
「喰い飲み屋 アシベ」に久しぶりにお邪魔しています★


喰い飲み屋 アシベ。 [桐生市]

窓側のテーブル席に陣取ります。いつもここ(笑
「お通し」と「とうふサラダ」で、
生ビールを流し込もうー。
初めのひと口って、ホント美味しいっ。


喰い飲み屋 アシベ。 [桐生市]

夏だから辛いオツマミが欲しくなります!
「チャンジャ」っ。

そしてお酒はカベルネ・ソーヴィニヨンの赤ワイン♪
キンキンに冷やしていただいて、
くいくいとやっつけます。


[喰い飲み屋 アシベ。 [桐生市]]の続きを読む
飛んだ~っ

朝の「羽田空港」です。

慣れてきたとは言え、まだまだドキドキする空の旅。
そろそろ時間かな~(汗、、、


飛んだ~っ

ちゅどぉ~~んっ!
飛んでるっ(汗、、、

ここまで高く上がってしまえば幾分楽。



[飛んで。。。Vol.5]の続きを読む
足利の花火大会。2013

今年の「足利花火大会」。
昨年に続いて、コグレ楽器前で「Glowlamp」さんが演奏するというので
観に行って来ました★

「Glowlamp・グローランプ」とは、ただ今人気上昇中のロックバンド!
そして、ボーカルのrieさんは足利出身なのです!
↓要チェック★
Glowlamp Official Website

演奏を終えたrieさん♪
お疲れ様ですっ。


[足利花火大会 2013。]の続きを読む
桐生八木節まつり、みこし宵の出御 2013。

2013年8月1日(木)夜。
そろそろ始まるかなー。
正面に見えるのは神社の鳥居です。

桐生八木節まつり、みこし宵の出御 2013。 桐生八木節まつり、みこし宵の出御 2013。

「桐生八木節まつり 2013」!
みこし宵の出御」が始まりますっ!
来たーっ!!


桐生八木節まつり、みこし宵の出御 2013。

今の桐生八木節まつりは、
〝八木節まつり〟〝祇園祭り〟〝七夕祭り〟の
3つお祭りが合体したもので、
お祭り前夜に行われる「みこし渡御」は、
祇園祭りにゆかりの行事なのだそうです。

おおーっ
通りに出て行きますーっ。


桐生八木節まつり、みこし宵の出御 2013。

おおーっ!


[桐生八木節まつり、みこし宵の出御 2013。 [桐生市]]の続きを読む
宗月窯にて。その6

赤城山麓にある陶芸工房、
宗月窯sougetsu-gama」にお邪魔しています。

宗月窯にて。その3 宗月窯にて。その1

ゾクゾクとエキゾチックな香りのする、
それでいて、なにかユーモラスな作品たちが並んでいます。


宗月窯にて。その2

人気の作品「カメレオン」君。
サイズも大、中、小とあって、
それぞれに表情も豊かです。


宗月窯にて。その8

とても心の落ち着く工房です。
なぜかお酒が飲みたくなるのは不思議。。。


[宗月窯にて。 [前橋市]]の続きを読む
大田区・居食屋 渡美 watami。その1

前回の「大鳥居駅」の近くにホテルを取り、
チェックインを済ませ、ひょいひょいと繰り出します。

近くにあった居酒屋さん、
居食屋 渡美 watami」さんです。

大田区・居食屋 渡美 watami。その2

〝居酒屋〟ぢゃないですよっ、居屋なんですっ。
早速、テーブル席に陣取り、お通しを生ビールでやっつけます!
今日も汗ダクな1日でしたから、冷えた生ビールがホントうまいっ。


大田区・居食屋 渡美 watami。その3

だからこちらの「冷たいとまと」もすんごく美味しい★
もっと冷たくしてー、みたいな(笑


[居食屋 渡美 watami。 [大田区]]の続きを読む