FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
宮崎県西都市、都萬神社。その19

宮崎県西都市「都萬神社」です。

社殿、右奥に境内社が3つあります。
「大山祇神社」、「霧島神社」、「四所神社」。
それぞれのご祭神は、
大山祇神社が大山祇命、霧島神社が瓊々杵尊(ニニギノミコト)、
四所神社が磐長姫神、豊受姫神、天児屋根神、太玉神、となっています。

こちらはひときわ大きい社殿を持つ
大山祇神社」の案内板より。。。


=== 案内板より ===
山の神 大山祇神社
この神社の祭神は大山祇命であります。
命は木花咲耶姫の父君で國土の山野を占有し之を司どった御方であります。
故に山の神も御父様、小戸神社、宇戸神社またサクヤ姫を祀る本殿の北
奥の森に御陰居住として鎮座ましていましたので奥の宮とも申します。


宮崎県西都市、都萬神社。その20

昔から林産業者の崇敬ことのほか厚く旧暦正月、5月、9月の16日を
「山の神祭り」として神事を続けています。
尚本宮は火鎮の御神徳とくに深く、徳川三代家光時代頃から
地方の信仰と鎮火祈願の場として旧暦11月初巳の日を「うとん祭」と呼んで
現在も市街地この近郷の消防諸員が主となり、夕刻から夜間に
祭典を続けています。

創立の年代はつまびらかではありませんが、おそらく九曜星の紋章が
社殿に保存されてありますので、伊東時代(500年以前)の建立かと
推察されますが、この以前にも社があったものと想像されます。
その後延宝2年8月17日(昭和46年から凡そ300年前)當時大宮司越智朝臣、
川野氏部、太摶道直が大工松本九穴衛門尉に改修造築させたと
社殿屋根裏壁板に記録してあります。


[大山祇神社。 [宮崎県西都市]]の続きを読む