FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その16

ゆるやかな坂の町「湯沢町」。
ここからの眺めが意外に好きなのです♪

湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その1 湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その2 湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その3

そしてこの通り沿いにある「湯沢町歴史民俗資料館」。
雪国館」ですっ。

入り口では「石櫃」と諏訪神社の「神木根」が出迎えてくれます。
石櫃は大きな石をくり抜いて造られた、中に重要なものを入れて
保管しておく、今で言う金庫のようなものです。
キターッ。


湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その4

湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その15 湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その5 湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その12
(写真はクリックで大きくなります。)

民俗資料館ですからご多分にもれず、
昔使われていた農器具や生活品などが展示されています。


湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その11

=== 館内資料より ===
原始より近現代まで
湯沢町のおいたち
今から数千年前にも、この地域に人が住んでいたことは、各所に散在する
縄文遺跡から出土する石器、土器によって明らかである。

湯沢町が歴史や記録に出てくるのはようやく中世になってからで、
特に南北朝時代越後に入った新田氏と足利氏の間に争乱が起き、
この地域はにわかに騒然となった。
やがて上杉謙信が春日山城に拠って越後を統一し、十数度にわたって
関東へ出陣するが、その通路として最も多く三国越えが利用された。

江戸時代に入ると五街道に次ぐ重要道としてここが整備され、宿駅が置かれた。
三国街道は越後諸大名の参勤交代や幕府の公用に、
また庶民の往還として盛んに利用された。

明治維新後宿駅が廃止され、
次いで新幹線の開通が街道の衰退を決定的なものにした。
地域に再び曙光が射しはじめたのは昭和6年の上越線開通に始まり、
36年の国道17号線開通によって一躍脚光を浴びるに至った。
云々。。。


>>>>>


三国街道の宿場町として
三俣の歴史①
江戸から越後・佐渡へ人・物資を運ぶ主要道であった三国街道。
その宿場町として栄えた新潟県湯沢町三俣地区は、現在も登山客、
スキー客などを迎える旅館や民宿が建ち並びます。
その町並みにはかつて隆盛を極めた頃の宿場町の姿がところどころに息づき、
日本人の原風景が広がっています。


湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その8

三俣を足がかりとした武将たち
越後を統一した上杉謙信は、三復庵(さんぷくあん)を本陣として、
関東へ進軍するようになりますが、謙信は夢叶わず、他界します。
その後継の座を巡り、天正6年(1578)に景勝と景虎の間で「御館の乱」がおこります。
その戦のさなか景勝は景虎についた北条軍から坂戸城(六日町)を守るため、
芝原峠に荒戸城を築き、攻撃に備えますが、四万もの大群に
攻め落とされます。しかし、徐々に形勢を挽回し、
最終的に景勝が越後の盟主の座につきました。
云々。。。


江戸に一番の近道・三国街道
江戸時代、越後と江戸を結ぶルートは、高田・信州回りの北国街道、
新発田・会津回りの会津街道など複数ありましたが、中でも江戸と
佐渡金山の最短ルートでもある三国街道は、幕府が早い時期から
道普請(工事)をおこない、物資の運搬や参勤交代などに使用し、
江戸~越後・佐渡間の物流に重要な役割を果たしてきました。
八木沢には口留番所が置かれ、当地から他藩への特産物の持ち出しを
厳しく取り締まっていました。
云々。。。

[湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。 [湯沢町]]の続きを読む