FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
三俣本陣関新右衛門宅跡。その1

三俣本陣関新右衛門宅跡。その2

湯沢町「三俣エリア」です。
江戸時代、宿場として栄えたこの村には、
今でもその遺構が残っています。

「本陣跡」。
大名や佐渡奉行などの休泊に当てられていた関新右衛門宅跡です。
建物は無く、石垣が残っています。


三俣宿・脇本陣池田家。その1

「脇本陣跡 池田家」。
脇本陣とは、本陣の予備施設。
本陣だけでは泊まりきれない場合などに利用されました。
当時の面影を残す三俣では唯一の建物。


=== 案内板より ===
三国街道脇本陣跡 池田家
三国街道は、江戸と越後を結ぶ江戸時代の幹線路で、
諸大名の参勤交代をはじめ人馬や物資の往来がさかんで、
街道ぞいに多くの宿場があった。
三国三宿とよばれた浅貝、二居、三俣にも本陣、問屋などがあったが、
ほとんど失われて当時の遺構としては、この池田家の建物だけとなった。

池田家は、当時三俣宿の脇本陣として、諸大名、奉行代官等の宿所であり、
問屋業も兼ねた豪家であった。
道路に面した主屋は、桁行10間(約18M)、梁間(約11M)の
切妻造り石置木羽葺屋根の2階建で、内部は、向かって左側の6室が
客室部その他が居室部である。


[三俣宿、本陣跡。 [湯沢町三俣]]の続きを読む