ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
漆工房の店 くぼた

窪田さんから寒中のお見舞いをいただきました。

先日偶然にも、うどん屋さんでバッタリ。
久しぶりのご挨拶★

お店の方にも行ってみようかな。


[くぼたさんから。Vol.2]の続きを読む
足利市 お好み王国さん。その1 足利市 お好み王国さん。その3

開いてて良かったぁ~!
遅くまでやっているので、ナニゲに重宝させていただいてます。
足利市にあるお好み焼きのお店「お好み王国」さん。

お通しは「ポテトサラダ」。
とろぉ~りチーズたっぷりの「海老帆立マヨチーズ焼き」。
先ずは生ビールで乾杯★


足利市 お好み王国さん。その2

「山イモふわっと とん平」。

とん平とは?
~焼いた豚肉をたまごで包む、シンプルな鉄板焼~
メニューより。

すんごいふわっふわです!山イモが入っているからなのかな?
軽さが絶妙!お腹にたまることなく、軽快にやっつけられる一品。


足利市 お好み王国さん。その4

「Hey!Come on!」
マスターの掛け声と共に、店内の照明が消されたっ!
お好み王国さん自慢のファイヤーショーです♪

ホントに一瞬です!
タイミング良くとらえるのは中々難しいですョ!



[お好み王国。Vol.7 [足利市]]の続きを読む
伊香保温泉、森秋旅館。その1

降ったなー。

こちら伊香保温泉の「森秋旅館」さんです。
今まで来た伊香保温泉の中で一番の雪かも。
タイヤを滑らしながら上がって来ました(汗、、、


伊香保温泉、森秋旅館。その9

伊香保温泉、森秋旅館。その10 伊香保温泉、森秋旅館。その11 伊香保温泉、森秋旅館。その5

というわけで露天風呂であります★
雪見風呂ですよー。おおーっ。

凍っているくらいに冷たい夜の空気。
身体はポカポカですが、耳が冷たい(笑
それでも極上のお湯であります♪

森秋旅館さんの露天風呂には小さな内湯が付いてます。
こちらでもゆっくり温まって。

ふいぃ~、、、
GOKURAKU、GOKURAKU~。。。


[森秋旅館。 [伊香保温泉]]の続きを読む
川下直広 kawashita naohiro 3+。その1

ウィークデーの夜8時。
ちょっと夜遊びに出掛けたくなる時間帯。
仕事帰りの埃をちょこっと払い、ブラブラワクワク通3丁目へと向かう。

SAXの川下直広さんが足利に来るというポスターを目にしたのは偶然。
その日のメンバーはbass・不破大輔さん、drums・岡村太さん、
piano・山口コーイチさん、percussion・松村孝之さん。

「JAZZ SPOT 屋根裏」にちょこっと仲間が集まって、ワルサしようという感じ。

ウキウキしながら階段を上がり、入り口のドアを開けると、
ワルそうな男の人たちが煙草をふかして物思いに耽っている。
ちょっと悪い遊びにウエルカム。。。
今夜の遊び相手はもちろん、


川下直広 kawashita naohiro 3+。その2

川下直広 kawashita naohiro 3+。その3


[川下直広 kawashita naohiro 3+。 [足利市*JAZZSPOT 屋根裏]]の続きを読む
極楽館と水穂さん。その1

草津温泉のお宿「極楽館」さんです。

こちらの自慢は自家源泉。
〝大日の湯〟と呼ばれる源泉を所有しているお宿です★
草津の温泉の中ではぬるめのお湯ですから、
ゆ~っくり、ゆ~ったり、浸かれます。

極楽館と水穂さん。その2 極楽館と水穂さん。その3

入浴スタイルも少し変わっていて、
いわゆる大浴場はなくて、全て貸切の3つのお風呂があります♪

もちろん、空いていれば自由に入れる優れモノ★
こちらは少し深めのお風呂「楽 tanoshi」。
湯気で曇ってしまい、なんだか分かりませんネ(汗、、、

極楽館と水穂さん。その5
(写真はクリックで大きくなります。)

こちらは「極 kiwami」。
格子窓があり、半露天風のお風呂です。
こちらでも一瞬にしてレンズが曇ります(汗、(汗、(汗、

極楽館さんのお湯は美肌の湯。
ツルッツルになりますョ。
お試しあれ。


>>>>>


極楽館と水穂さん。その6

そして私はいつものように、
「いざかや 水穂」さんに向かうのでありました。


[極楽館といざかや水穂。 [草津温泉]]の続きを読む
草津温泉・極楽館さん前にある、道しるべ。その5

うぅ~、さぶっ!
ただ今、夜の草津温泉ですが、気温マイナス10℃。
このくらい寒いんぢゃないかというくらい、
道路も凍りついています。


草津温泉・極楽館さん前にある、道しるべ。その1

で。
こちらは「極楽館」さんの前に建つ石塔。
その昔利用された〝道しるべ〟のようです♪

正面には「鬼泉水(右)」、「氷たに」と刻まれています。
鬼泉水とは現在の西の河原のことだそうです。

草津温泉・極楽館さん前にある、道しるべ。その6

暗くて良く見えませんから、
こちら昼間の写真。


草津温泉・極楽館さん前にある、道しるべ。その2

草津温泉・極楽館さん前にある、道しるべ。その7

右側には「常布瀧(右)」、「白根山(左)」
と刻まれています。

従是~、というのは、
これより、この先に、とかの意味です。


[極楽館さんの前にある、道標 michishirube。 [草津温泉]]の続きを読む
桐生市・桐生が岡動物園。その11

桐生が岡動物園のお隣「桐生が岡遊園地」です。
何度も訪れたことのあるこの遊園地で、
何度となくこの前を通り過ぎていましたが、
今回初めて写真を撮りましたっ。


桐生市・桐生が岡動物園。その13

蒸気機関車 C12」!
小型の機関車でありますっ。
すげー。

桐生市・桐生が岡動物園。その12 桐生市・桐生が岡動物園。その14

=== 案内板より ===
蒸気機関車のあゆみ
この蒸気機関車は昭和9年3月川崎車輛株式会社にて
製作された近距離用機関車です。
同年4月桐生機関区に配置され足尾線(桐生~足尾間)にて活躍し、
昭和43年10月に近代車両ディーゼル機関車と交代廃車になりました。


[桐生が岡遊園地の蒸気機関車。 [桐生市]]の続きを読む
桐生市・桐生が岡動物園。その1

桐生が岡動物園」です。

さぁ行くぞ、と気張るわけでもなく、
なんとなく行ってみようかな、みたいな。
気軽な気持ちで遊びに来れる入園無料の動物園♪

門から右の方へ行くと「フラミンゴ」がいます★
実物はもっとカラフル♪


桐生市・桐生が岡動物園。その2

そして「ニホンザル」のサル山。
てっぺんに一匹いますねー。

=== 案内板より ===
北限のサル・ニホンザル
ニホンザルは、世界で一番北にすむことで知られる、珍しいサルです。
南は鹿児島県の屋久島から、北は青森県の下北半島まで分布し、
下北半島のものはあらゆるサルの分布の北限になっています。

~中略~
このサル山の群は、香川県の小豆島にすんでいた
野生のニホンザルが祖先です。
云々。。。


桐生市・桐生が岡動物園。その7 桐生市・桐生が岡動物園。その8

食事中の「ムフロン」。と、そのおしり。
現在家畜化されているヒツジの一祖先で、その中でも
最も小さな種類なんだそうです。


桐生市・桐生が岡動物園。その9

で、こちらが「ヒツジ」。
あたたかな絨毯にくるまっているよう。。。


桐生市・桐生が岡動物園。その5

いきなり顔をよせて来た「アミメキリン」。
まつ毛が長くて女性的なお顔立ち★


[桐生が岡動物園。Vol.3 [桐生市]]の続きを読む
草津温泉・金刀比羅神社。その3

お蕎麦と豚しゃぶのお店「月や」さんの手前にある石燈籠。
石塔には〝金比羅神社〟と刻まれています。
ずいぶんと前から気になっていました。


草津温泉・金刀比羅神社。その4

意外に長い石段の参道。
凍っているから足元に気をつけてっ。
日頃の運動不足で、軽く息を切らしながら(汗、、、

おお!
「鳥居」が見えたぞ。


草津温泉・金刀比羅神社。その1

正面に現れたのは「金刀比羅神社」であります。


[金刀比羅神社 konpira-jinja。 [草津温泉]]の続きを読む
平の家さんと水穂さん。その10

草津温泉「湯畑」です♪

=== 案内より ===
かおり風景100選
群馬県草津町 草津温泉「湯畑」の湯けむり
ここ草津温泉のシンボル湯畑、温泉から出る独特な硫黄の湯けむりのにおい。
平成13年11月12日に環境省「かおり風景100選」の一つとして
「湯畑」の湯けむりが認定されました。
云々。。。


平の家さんと水穂さん。その11

というわけでお邪魔しております。
「居酒屋 水穂」さん♪

マスターおすすめの「井筒わいん コンコード」。
甘くてジュースのように飲めてしまう、口当たりの良いワイン。

平の家さんと水穂さん。その12 平の家さんと水穂さん。その14 平の家さんと水穂さん。その15

平の家さんと水穂さん。その16 平の家さんと水穂さん。その17 平の家さんと水穂さん。その18

大好きな酒蒸しに青菜のタイ風炒め、
馬刺しといろいろいただいてマス。
大判油あげやきは、栃尾のあぶらげ★

平の家さんと水穂さん。その13

「↑やべっちに似ているマスターの図」

ん?ちょっとテイストが変わったのかな?
なんて思っていたら、マスターから厨房にいた
マスターJrを紹介していただきました★
以前からお話は伺っていたのですが、地元に戻られたんですねー。

実はこちらのマスターJr、都内有名イタリアンで修業されていたそうです。
お笑いタレントあぶちゃんの旦那様のお店。
期待(大)ですねー。
また楽しみが増えましたっ。


[YUBATAKE The 11thといざかや水穂と、お宿平の家。 [草津温泉]]の続きを読む
長野原町・八ッ場ダム。その1

JR吾妻線「長野原町」です。
川原湯温泉駅のところ。


長野原町・八ッ場ダム。その2

八ッ場ダム(やんばダム)」建設に伴う、
湖面1号橋」の建設風景。


長野原町・八ッ場ダム。その3

写真は2012年8月。
5ヵ月ほど前のものです。


[八ッ場ダム、湖面1号橋の建設風景。Vol.2 [吾妻郡長野原町]]の続きを読む
伊香保温泉 水沢うどん・手打うどん、清水屋さん。その1 伊香保温泉 水沢うどん・手打うどん、清水屋さん。その2

いや~、間に合うかなぁ(汗、(汗、(汗、、、
最近来た中では一番の雪。
予想以上に時間がかかってしまい、閉店間際っ?!
閉まっていなければ良いのだけれど。。。


伊香保温泉 水沢うどん・手打うどん、清水屋さん。その3

というわけで、ギリギリの時間の中、
テーブル席に通していただきました。
水沢うどん「名物手打うどん 清水屋」さんです。


伊香保温泉 水沢うどん・手打うどん、清水屋さん。その4

耳が凍ってるんぢゃないかと思うくらいの寒さです。
1本の熱燗で命を吹きかえす(笑
チョー渋い湯煎鍋で出していただきました☆

おつまみは「舞茸のバター炒め」。


伊香保温泉 水沢うどん・手打うどん、清水屋さん。その5

肉厚でぷりぷりしてます、こちらの舞茸。

実はこの他に、お~っ、群馬だぁ~、と想わせるような
特製おつまみを2品いただいたのですが、こちらの写真はNO GOOD!
気になる方はお店に足を運んでみてくださいっ。

↑は清水屋さんオリジナルの「ゴマつゆ」。


伊香保温泉 水沢うどん・手打うどん、清水屋さん。その9

お銚子を2つやっつけたところで
うどんが運ばれてきました★
「迷った時は大盛りだょ!」というご主人のアドバイス通りに、
〝大盛り〟登場♪


[名物手打うどん 清水屋。 [伊香保温泉]]の続きを読む
湯沢町・HATAGO 井仙。その1

そろそろ夜が始まって来ております。

午後一番でのチェックインから何回お風呂に入ったろう?
湯沢町にあります「HATAGO 井仙 isen」さん。

もう一つのお楽しみ、
ディナータイムであります★


湯沢町・HATAGO 井仙。その2の20

湯沢町・HATAGO 井仙。その2の1 湯沢町・HATAGO 井仙。その2の2
(写真はクリックで大きくなります。)

食事は井仙の中にあるレストラン
「魚沼キュイジーヌ むらんごっつぉ」でいただきます。
〝むらんごっつぉ〟とは〝村のごちそう〟という意味だそうです。


湯沢町・HATAGO 井仙。その2の3

お酒のスターター(笑
白ワインです。


湯沢町・HATAGO 井仙。その2の4

アミューズ 「魚沼冬の幸 枡盛り」
一合枡に盛り付けられた前菜です。

棒だら酒粕煮、こんにゃく山椒煮、蜜芋蒸し、
くわい、銀杏。

湯沢町・HATAGO 井仙。その2の7 湯沢町・HATAGO 井仙。その2の6

スープ 「自然薯と蕪の真情丈 みぞれ仕立て」
前菜とスープで、すでにワインが加速しているわけです♪


湯沢町・HATAGO 井仙。その2の8

副菜は3品。
「にいがた3種の握り」

にいがた和牛、魚沼サーモン、日本海鮮魚。
和牛の赤身にしびれます。。。


[HATAGO 井仙 isen。Vol.2 [湯沢町]]の続きを読む
世界初撮影!深海の超巨大イカ。その2

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」にも出て来ましたよね~、
海の怪物〝クラーケン〟。

この海の魔物のモデルになったと云われるのが「ダイオウイカ」。
深海に住み、大きなものでは体長20m近くなるという
超巨大イカであります。

世界初撮影!深海の超巨大イカ。その1 世界初撮影!深海の超巨大イカ。その3

13日夜に放送されたNHKスペシャル、
「世界初撮影!深海の超巨大イカ」、観ました?
なんと!ダイオウイカの生きた姿を、
世界で初めて撮影に成功したという驚きの番組!


[NHKスペシャル、観ました?ダイオウイカ。。。]の続きを読む
湯沢町・HATAGO 井仙。その15

HATAGO 井仙 isen」さん。
越後湯沢駅、西口の正面にある温泉宿です。
旅籠(HATAGO)とは、江戸時代の旅館さんのこと。

往時を偲ばせる格子のある木造の建物。
真ん中に杉玉がさがっています。
造り酒屋さんみたいですねー。


湯沢町・HATAGO 井仙。その3

ウェルカムドリンク。
魚沼の「はっか糖」と「こんぺい糖」。
懐かしいっ。


湯沢町・HATAGO 井仙。その4

湯沢町・HATAGO 井仙。その5

フロントのお隣にある囲炉裏のスペース。
先ずはこちらでチェックイン&一服。

大きなスクリーンにJAZZが流れています♪
囲炉裏とJAZZ。このギャップがいいなぁ。。。


湯沢町・HATAGO 井仙。その7 湯沢町・HATAGO 井仙。その8 湯沢町・HATAGO 井仙。その6
(写真はクリックで大きくなります。)

井仙さんでは、それぞれに趣の異なる
いろいろなタイプのお部屋が用意されています。
今夜のお部屋は「和風露天の間」。
まん丸のコタツが印象的です。


湯沢町・HATAGO 井仙。その9

露天風呂付きのお部屋です。

雪国の冷たい空気と源泉かけ流しの温泉★
あ゛、あ゛ぁ~。。。っ。。。

ゆっくりとお湯に体を沈めます。
首まで浸かったところで、また、あ゛~。。。っと♪

温泉に来て良かったっ、と思う瞬間であります。
う~ん。。。


[HATAGO 井仙 isen。 [湯沢町]]の続きを読む
どん兵衛の年明けうどん。その2

ニッポンのうどん。
どん兵衛」。
〝年明け〟バージョンがあるとは知らなかった。
新しく出たのかな?


=== ウラブタより ===
-「年明けうどん」とは -
うどんは「太くて長い」ことから、古来より長寿を祈る縁起物として
食べられてきました。日清のどん兵衛年明けうどんは
縁起の良い「梅」「とろろ昆布」「寿かまぼこ」を盛り付けました。
今年の幸せを祈って年初めにお召し上がり下さい。
云々。。。


しかも驚くべきことに、このフタの裏側には、
毘沙門天さま」がいらっしゃったのだっ!


[どん兵衛の年明けうどん。]の続きを読む
湯沢町・水屋 mizuya。その1

越後湯沢駅前にて。
趣があり、ちょっとお洒落な香りが漂って来ます♪
水屋 mizuya」さん。
温泉宿「HATAGO 井仙」さんの1Fにあるカフェです。


湯沢町・水屋 mizuya。その4

湯沢町・水屋 mizuya。その2 湯沢町・水屋 mizuya。その3
(写真はクリックで大きくなります。)

湯沢町・水屋 mizuya。その15

鉄で飾られた重厚感のあるテーブルと椅子。

ナニゲに良い雰囲気なのです。
好きだなぁ、こういうの♪


湯沢町・水屋 mizuya。その5

私がいただいたのは「温泉プリン」。
地卵を温泉水で蒸し上げたという一品★

とろっ、としていて風味も豊かっ。
もう一つイケてしまいそう。
美味しいです~、コレ。


[水屋 mizuya。 [湯沢町]]の続きを読む
湯沢町・魚沼らーめん 雁舎。その1

「越後湯沢駅」です。
こちらに併設された駅ビル「CoCoLo湯沢」。

新潟の日本酒を楽しめるぽんしゅ館さんをはじめ、
お土産屋さんやお食事処が並んでいます。


湯沢町・魚沼らーめん 雁舎。その2

〝たべあるき横町〟と呼ばれるフードコートにあります、
魚沼らーめん 雁舎 ganya」さん♪

「もつ煮」と、


湯沢町・魚沼らーめん 雁舎。その3

「生ビール」。

そしてやっぱり、地酒もいただきたいっ。
新潟だから余計にそう思うのかな?。。。

「八海山ワンカップ」です!
お酒のラインナップは八海山、鶴齢、高千代、上善如水の4種類。
すべて一合ワンカップです。渋いっ★


[魚沼らーめん 雁舎 ganya。 [湯沢町*越後湯沢駅内]]の続きを読む
足利市・手打蕎麦 はつがい。その2 足利市・手打蕎麦 はつがい。その3 足利市・手打蕎麦 はつがい。その4
(写真はクリックで大きくなります。)

寒いんだけど、冷たいお蕎麦食べたいな~♪
北風が強いんだけど、ビールを一口飲みたいな~。
というわけで、足利市のお蕎麦屋さん、
はつがい」さんにお邪魔しております★


足利市・手打蕎麦 はつがい。その1

ビールの中ビン1本とヤッコをつまみながら、
今日のお酒は美味しいな~、なんてお蕎麦を待つわけです。

「とろろつけ蕎麦」。
ほんのり甘いとろろ芋。
蕎麦ツユを少し入れて溶きましょう!


足利市・手打蕎麦 はつがい。その5

お蕎麦も香りが良いんですねー。ほのかに香ばしいような。
コシもあります★

とろろをたっぷりくぐらせて、
ろろっ、ろろっ、ろろろろろ~っ、と
一気にすすり込みましょう!

とろろ好きな方にはたまらないこの美味さ!


[手打蕎麦 はつがい。 [足利市]]の続きを読む
川下直弘さん。in屋根裏

ただ今絶好調とウワサの川下さん♪
久しぶりの足利でのLIVEであります★

今回は5人編成。
どんな音が飛び出してくるかヒジョーに楽しみっ!
さぁ、みんなで行ってみよーっ!


「川下直広 3+」
日 時/2013年1月23日(水) 20:00~
入場料/前売り・2500円、当日・3000円
場 所/JAZZSPOT 屋根裏
出 演/川下直広(sax)
出 演/不破大輔(bass)
出 演/岡村太(drums)
出 演/山口コーイチ(piano)
出 演/松村孝之(percussion)
お問い合わせ/JAZZSPOT 屋根裏(0284-21-7282)



以前の記事はこちらから。
川下直弘トリオin屋根裏

【JAZZSPOT 屋根裏】
@栃木県足利市通3丁目2778
TEL/0284-21-7282


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
草津温泉・湯畑草菴。その1

「草津温泉」です。
昨年12月に新しいお宿がOPENしました。
「湯畑草菴 souan」さん★


草津温泉・湯畑草菴。その2

「平の家」さんのお隣。
以前、山幸旅館さんがあったところです。


草津温泉・湯畑草菴。その4

満を持していよいよ登場!
というだけあって、さすがにハイセンス★
ホテルの心地良いサービスと、温泉旅館のぬくもりが合体!
みたいな。


草津温泉・湯畑草菴。その3

草津温泉・湯畑草菴。その5 草津温泉・湯畑草菴。その6

ちょっとだけ奮発して、露天風呂付きのお部屋をお願いしました。
草津には温泉風呂付きのお宿が少ないので良いかもっ。

熱くなくぬるくなく、ゆっくり浸かれる部屋露天であります♪


草津温泉・湯畑草菴。その7


[湯畑草菴 yubatake-souan。 [草津温泉]]の続きを読む
湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その16

ゆるやかな坂の町「湯沢町」。
ここからの眺めが意外に好きなのです♪

湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その1 湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その2 湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その3

そしてこの通り沿いにある「湯沢町歴史民俗資料館」。
雪国館」ですっ。

入り口では「石櫃」と諏訪神社の「神木根」が出迎えてくれます。
石櫃は大きな石をくり抜いて造られた、中に重要なものを入れて
保管しておく、今で言う金庫のようなものです。
キターッ。


湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その4

湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その15 湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その5 湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その12
(写真はクリックで大きくなります。)

民俗資料館ですからご多分にもれず、
昔使われていた農器具や生活品などが展示されています。


湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その11

=== 館内資料より ===
原始より近現代まで
湯沢町のおいたち
今から数千年前にも、この地域に人が住んでいたことは、各所に散在する
縄文遺跡から出土する石器、土器によって明らかである。

湯沢町が歴史や記録に出てくるのはようやく中世になってからで、
特に南北朝時代越後に入った新田氏と足利氏の間に争乱が起き、
この地域はにわかに騒然となった。
やがて上杉謙信が春日山城に拠って越後を統一し、十数度にわたって
関東へ出陣するが、その通路として最も多く三国越えが利用された。

江戸時代に入ると五街道に次ぐ重要道としてここが整備され、宿駅が置かれた。
三国街道は越後諸大名の参勤交代や幕府の公用に、
また庶民の往還として盛んに利用された。

明治維新後宿駅が廃止され、
次いで新幹線の開通が街道の衰退を決定的なものにした。
地域に再び曙光が射しはじめたのは昭和6年の上越線開通に始まり、
36年の国道17号線開通によって一躍脚光を浴びるに至った。
云々。。。


>>>>>


三国街道の宿場町として
三俣の歴史①
江戸から越後・佐渡へ人・物資を運ぶ主要道であった三国街道。
その宿場町として栄えた新潟県湯沢町三俣地区は、現在も登山客、
スキー客などを迎える旅館や民宿が建ち並びます。
その町並みにはかつて隆盛を極めた頃の宿場町の姿がところどころに息づき、
日本人の原風景が広がっています。


湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。その8

三俣を足がかりとした武将たち
越後を統一した上杉謙信は、三復庵(さんぷくあん)を本陣として、
関東へ進軍するようになりますが、謙信は夢叶わず、他界します。
その後継の座を巡り、天正6年(1578)に景勝と景虎の間で「御館の乱」がおこります。
その戦のさなか景勝は景虎についた北条軍から坂戸城(六日町)を守るため、
芝原峠に荒戸城を築き、攻撃に備えますが、四万もの大群に
攻め落とされます。しかし、徐々に形勢を挽回し、
最終的に景勝が越後の盟主の座につきました。
云々。。。


江戸に一番の近道・三国街道
江戸時代、越後と江戸を結ぶルートは、高田・信州回りの北国街道、
新発田・会津回りの会津街道など複数ありましたが、中でも江戸と
佐渡金山の最短ルートでもある三国街道は、幕府が早い時期から
道普請(工事)をおこない、物資の運搬や参勤交代などに使用し、
江戸~越後・佐渡間の物流に重要な役割を果たしてきました。
八木沢には口留番所が置かれ、当地から他藩への特産物の持ち出しを
厳しく取り締まっていました。
云々。。。

[湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」。 [湯沢町]]の続きを読む
三俣観音堂と百庚申

湯沢町「三俣エリア」です。
こちらの建物は「三俣観音堂」。
郵便局近くにあります。

~本尊は、慶応年間に脇本陣・池田家の祖先が三俣に移り住んだ際、
持参した聖観世音菩薩で、現在の堂宇は数年前に建て替えられたもの~
と、ホームページに紹介されています。
http://www.kagura-mitsumata.ne.jp/


湯沢町・三俣観音堂と百庚申。その3

すこし先に行くとこんもりとした庚申塚があります。
雪で全体が分かりずらいのですが。


[三俣観音堂と百庚申。 [湯沢町三俣] ]の続きを読む
三俣本陣関新右衛門宅跡。その1

三俣本陣関新右衛門宅跡。その2

湯沢町「三俣エリア」です。
江戸時代、宿場として栄えたこの村には、
今でもその遺構が残っています。

「本陣跡」。
大名や佐渡奉行などの休泊に当てられていた関新右衛門宅跡です。
建物は無く、石垣が残っています。


三俣宿・脇本陣池田家。その1

「脇本陣跡 池田家」。
脇本陣とは、本陣の予備施設。
本陣だけでは泊まりきれない場合などに利用されました。
当時の面影を残す三俣では唯一の建物。


=== 案内板より ===
三国街道脇本陣跡 池田家
三国街道は、江戸と越後を結ぶ江戸時代の幹線路で、
諸大名の参勤交代をはじめ人馬や物資の往来がさかんで、
街道ぞいに多くの宿場があった。
三国三宿とよばれた浅貝、二居、三俣にも本陣、問屋などがあったが、
ほとんど失われて当時の遺構としては、この池田家の建物だけとなった。

池田家は、当時三俣宿の脇本陣として、諸大名、奉行代官等の宿所であり、
問屋業も兼ねた豪家であった。
道路に面した主屋は、桁行10間(約18M)、梁間(約11M)の
切妻造り石置木羽葺屋根の2階建で、内部は、向かって左側の6室が
客室部その他が居室部である。


[三俣宿、本陣跡。 [湯沢町三俣]]の続きを読む
湯沢町三俣・伊米神社。その1

雪の中に建つ「鳥居」。
三俣の鎮守様「伊米神社」であります。
〝伊米〟と書いて〝いめ〟と読みます。
小千谷にも同じ名前の神社さんがあったなぁ。


湯沢町三俣・伊米神社。その4

湯沢町三俣・伊米神社。その10

鳥居から社殿までの参道はさほどではありませんが、
ズブッズブッ、と膝下まで埋まってしまう雪に苦戦っ(汗
この程度の雪で四苦八苦しているようでは、
雪国の人に笑われてしまうかも知れませんがっ(汗、、、

湯沢町三俣・伊米神社。その6 湯沢町三俣・伊米神社。その7
(写真はクリックで大きくなります。)

ようやく「狛犬」クンまでたどり着きます。


[伊米神社 ime-jinja。 [湯沢町三俣]]の続きを読む
2013年、太平山神社へ初詣。その1

2013年元旦、明けましておめでとうございます!

さっそく日の出前の早朝、
栃木市にある「太平山神社」へ行ってまいりました♪


2013年、太平山神社へ初詣。その2

手先・足先凍りつくような寒さの中、ジャラジャラジャラとお参りし、
気合いを入れて日の出を待ちます。


2013年、太平山神社へ初詣。その6

街の夜景を凝視しながら20分経過。。。
覆っていた夜のとばりは次第に薄れだします。。。

2013年、太平山神社へ初詣。その10

30分経過。。。
寒さはさらに厳しさを増します。


[初詣 「2013」。Vol.2 [栃木市*太平山神社]]の続きを読む
☆初詣 「2013」☆ [足利市*鑁阿寺]その16

さぁ、詣でよう!2013年、初詣。
足利市の「鑁阿寺・ばんなじ」であります。

すごい人出です。
お参りをする人の列が、本堂より一直線に延びて、
太鼓橋、そしてお堀まで届いております☆

☆初詣 「2013」☆ [足利市*鑁阿寺]その18 ☆初詣 「2013」☆ [足利市*鑁阿寺]その17

こちらは本堂のお隣「中御堂」。
ライトアップされた不動明王さま♪

本堂、中御堂でお参りをすませ。。。


☆初詣 「2013」☆ [足利市*鑁阿寺]その14

そして、鑁阿寺「鐘楼」!


☆初詣 「2013」☆ [足利市*鑁阿寺]その13

重要文化財にも指定されているこの鐘を、
鎌倉時代に造られたというこの鐘を!


☆初詣 「2013」☆ [足利市*鑁阿寺]その7

ごおぉぉぉ~ん。。。
、と。


[初詣 「2013」。 [足利市*鑁阿寺]]の続きを読む
2013 謹賀新年

明けましておめでとうございます。


[2013、謹賀新春。]の続きを読む