ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
浅間温泉のイタリアン、トラットリア・レーデラさん。その1

東石川旅館さんのほんの少し先。
イタリア料理のお店「トラットリア レーデラ」さん。


浅間温泉のイタリアン、トラットリア・レーデラさん。その2

ゆっくりと食事ができる落ち着いた店内。
以前は旅館を営業されていたとのこと。


浅間温泉のイタリアン、トラットリア・レーデラさん。その12

先ずは生ビールをやっつけて、
白ワインをお願いします♪

「気まぐれサラダ」と、


浅間温泉のイタリアン、トラットリア・レーデラさん。その5

「白身魚のカルパッチョ」。

お刺身好きな方にはたまらないんじゃないかな?
ワインとも良く合って、ぺろりと、あっという間に
平らげてしまいます。

今日はランチから飲んでいますが、
我ながら良く入るなぁ、といった感じ(汗、、、
美味しいデス。


[TRATTORIA L’EDERA トラットリア レーデラ。 [松本市浅間温泉]]の続きを読む
松本市・浅間温泉、東石川旅館さん。その1

松本市・浅間温泉「東石川旅館」さんです。
蔵造りの渋い建物、純和風で落ち着きのある部屋。
しかし何よりも24時間入浴できて、源泉かけ流し★
これに惹かれました♪

こちらは内湯です。
外には庭園露天風呂


松本市・浅間温泉、東石川旅館さん。その2

初めての浅間温泉。
アルカリ単純泉で、肌がつるつるになる美人のお湯系。
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え性などに効くのだとか。

松本城も近いし、良いかなぁ~、なんてなんとなくでしたが、
開湯1300年以上を誇る信州の古湯。
ナニゲにその歴史は深かった。。。


浅間温泉の起こり。それは古代にまでさかのぼります。
日本書紀によると天武天皇が白鳳13年(684)に、
「・・・信濃国に遣わして地の形を見しむ。特に是の地に都せんとするか」、
翌年14年には
「・・・信濃に遣わして行官を造らしむ。蓋し束間の温湯に幸せんと擬すか」
と記されています。


[松本市・浅間温泉、東石川旅館。]の続きを読む
松本市浅間温泉・豆腐料理まるい。その1

松本市浅間温泉・豆腐料理まるい。その2 松本市浅間温泉・豆腐料理まるい。その3
(写真はクリックで拡大します。)

松本市「浅間温泉」であります。
メインストリートにあるお豆腐屋さん。
こちらの2階にあるのが、豆腐料理のお店「まるゐ」さんです★
〝まるゐ〟と書いて〝まるい〟と読みます。


松本市浅間温泉・豆腐料理まるい。その4

早速カウンターに陣取りまして、お通しと
浅間温泉オリジナル地酒「のみましょや」を♪
スッキリしていてとても飲みやすいお酒です。

「海老飛竜頭」。
海老の入ったガンモドキと野菜の炊き合わせデス。


松本市浅間温泉・豆腐料理まるい。その5

「カリカリ豆腐のシーザーサラダ」。
カリッ、として、ひと口かめばフワッ、として。
美味しい揚げ豆腐が入ってマス。


[豆腐料理 まるゐ(まるい)。 [松本市浅間温泉]]の続きを読む
松本市・浅間温泉、下浅間薬師堂。その1

松本市「浅間温泉」です。
温泉街の一角にある「下浅間薬師堂」。
ひっそりとたたずんでいる小さなお堂です。
ここにあるのが「本州中央の地」の石碑。
前にもあったなぁ、日本の中心地↓ 全国あちこちにあるようです。
もりそばと、よもぎの湯。 [佐野市*蓬山ログビレッジ]


松本市・浅間温泉、下浅間薬師堂。その3

そしてこちらが、薬師堂の由来であります★

=== 案内板より ===
下浅間薬師堂の由来
一、この付近の地名を念仏田といい、武田信玄がこの地を支配していた
  永禄4年(1561)5月念仏寺が創建され、寛永2年(1625)大村へ移り
  清光寺となり寛文9年(1669)玄向寺と改めた。
  その跡地に薬師堂が建立された。
一、薬師堂の創立年代は不明であるが、古くは上浅間の横谷沢沿い
  荒湯源泉の上に祭られていた。「現在の第2号源泉付近」
  境内右側の石堂内石仏は、元禄11年(1698)頃、横谷沢の大水により
  湧き出た源泉中に沈んでいたのを発見したと伝えられている。
一、寛保2年8月1日(1742)横谷沢の大水害の後、35軒が下浅間へ移住したときに、
  薬師の湯と共に移して下浅間の守護のため建立された。


[下浅間薬師堂。 [松本市浅間温泉]]の続きを読む
中国料理 粋圓(すいえん)さん。その1 中国料理 粋圓(すいえん)さん。その2

今日は中華にしようか?
ついつい足を運んでしまうのが、足利市にある「粋圓」さん。
いつきてもキレイで落ち着いた店内、癒されますぅ~。
静かなBGMが心地よい、平日ランチタイムでございます♪


中国料理 粋圓(すいえん)さん。その3

まずは「スルメイカのミミの塩辛」。
新鮮じゃないとできない塩辛。ミミの部分だけを使うなんて、なんとも贅沢。
コリコリ感がたまりません~。
ワタを和えないで、添えるところがオシャレですなぁ。


中国料理 粋圓(すいえん)さん。その4

お酒が飲みたくなるのは当たり前でございまして、
「美丈夫・特別本醸造」を。高知の地酒です。
香りが良くて、まろやかで~、そしてキリリとスッキリ。
旬のお酒です。いいですね~。

「ハツの焼き物」。
味がしっかりきいていて、
そして柔らかい~ちょい焦げ目がこれまた美味しい。
お酒も2杯目突入→

中国料理 粋圓(すいえん)さん。その5

カウンターにあったなにやら怪しい瓶(笑
調味料自動発酵装置だとか。。。


[中国料理 粋圓 suien。 [足利市]]の続きを読む
2012年、伊香保まつり。その1

おおーっ。やってるやってるっ


2012年、伊香保まつり。その2

伊香保まつり2012」!!
最後の難関、伊香保神社参道の石段前です!


2012年、伊香保まつり。その3

「再会」さんと「ふきのとう」さんで1杯、
お宿に戻ってひと風呂浴びて、
いよいよこの時を待っていました!
最終日のラストシーン!


2012年、伊香保まつり。その4

若連がガッツリと保佐をして、
急な石段をねじ上げるように進む女神輿。


2012年、伊香保まつり。その5

境内までもう少し!


2012年、伊香保まつり。その7

その後に待機する男神輿と山車。


[2012年、伊香保まつり。 [伊香保温泉]]の続きを読む
伊香保温泉 ふきのとう。その1

おっ。やってるやってる。

9月20日の今日は「伊香保まつり」の最終日。
さっきまでの豪雨も、少しだけ小降りになりました★


伊香保温泉 ふきのとう。その2

おしくらまんじゅうのように樽神輿を揉み合う、激しさ抜群の伊香保まつり。
足元が滑らないようにこんな工夫もされています。


伊香保温泉 ふきのとう。その3

さぁさぁ、テンションが上がって参りましたぁ~っ。


伊香保温泉 ふきのとう。その4

オイッサー、オイッサー、

オイッサー、オイッサー、


伊香保温泉 ふきのとう。その7

オイッサー、オイッサー、

オイッサー、オイッサー、


伊香保温泉 ふきのとう。その5

伊香保神社には、すでに何台かのお神輿が
上がっていました。

押し合い圧し合い、もみくちゃになりながら、
ゆっくりなペースで進む樽神輿。

[伊香保まつりとふきのとう。 [伊香保温泉]]の続きを読む
松本市・浅間温泉、神宮寺。その1

浅間温泉」であります。
ここは温泉街入り口交差点。
松本市街から車で20分くらいのトコにあります。


松本市・浅間温泉、神宮寺。その2

「御射神社」に引き続きまして「神宮寺」~っ、
と行きたいところですが、なんと法事の真っ最中!
というわけで、神宮寺参道入口にいらっしゃるお地蔵さんデス。

=== 案内板より ===
守屋貞治作の延命地蔵尊
守屋貞治は高遠の有名な石工で、この地蔵尊は県の内外にある
貞治の作品約340躰中の名作。
文政9年(1826)神宮寺12世道方智堅により建立され、
台座に徳をたたえた讃を刻む。
願望がかなうというので参拝者が絶えない。
云々。。。



[神宮寺参道入口の石造物。 [松本市浅間温泉]]の続きを読む
伊香保温泉 田舎料理 再会。その1

そう、伊香保温泉です!
9月20日は「伊香保まつり」の最終日!
1年ぶり~★

でもこのドシャ降り。
お神輿の担ぎ手の皆さんも待機されているよう。。。


伊香保温泉 田舎料理 再会。その8

というわけで、こちらも小休止と参りましょう♪
郷土料理のお店「再会」さんです★


伊香保温泉 田舎料理 再会。その2

再会さんの定番メニュー「煮物の盛り合わせ」。


伊香保温泉 田舎料理 再会。その3

めずらしく熱燗などいただきながら。
この「自家製コンニャク」が素晴らしく美味しいっ。
プニプニと不思議な柔らかさがあって、
病みつきになりそうな美味しさです!


[伊香保まつりと再会。 [伊香保温泉]]の続きを読む
松本市浅間温泉・御射神社 春宮。その1

長野県松本市です。

以前松本城を観に来て以来だから2年ぶりです。
そして松本市街から車で20分ほど、
浅間温泉」であります。


松本市浅間温泉・御射神社 春宮。その2

先ずは神社からっ(汗、、、
温泉街の北に位置する「御射神社」です。
〝御射〟と書いて〝みさ〟と読みます。
こちらの神社さんは春宮。ということは秋宮があるわけです。

松本市浅間温泉・御射神社 春宮。その12 松本市浅間温泉・御射神社 春宮。その13

「鳥居」より右に行くと「稲荷神社」。
鳥居をくぐってすぐにある「ご神木」。

松本市浅間温泉・御射神社 春宮。その3

=== 案内板より ===
御射神社春宮の道祖神
双体道祖神
寛政11年(1799)正月吉日 浅間村と刻む

松本市浅間温泉・御射神社 春宮。その4 松本市浅間温泉・御射神社 春宮。その5
(写真はクリックで大きくなります。)

文字道祖神
天保10年(1839)己亥正月建立 上浅間村と刻む

双体道祖神
宝暦7年(1757)丑正月と刻む
本郷地区では、古い道祖神
三体とも上浅間や下浅間の辻道にあったが
道路拡張のため神社境内に移された
云々。。。



[御射神社 misa-jinja 春宮。 [松本市*浅間温泉]]の続きを読む
もんじゃ焼・太助さん。その10

足利市にあるラーメンともんじゃ焼のお店、
太助」さん。
最近ちょこちょことお邪魔しております。


もんじゃ焼・太助さん。その1

時々思い出したように食べたくなるもんじゃ焼。
食べたい時が美味しい時~♪

先ずは「揚玉文」。
シンプルに見えるのは、
〝紅ショウガを別でお願いしますバージョン〟だからですっ。


もんじゃ焼・太助さん。その3

お醤油とソースを絶妙にブレンドし味付け。。。
この場合の絶妙と言うのは、だいたいで、
又はテキトーな塩梅で、という意味です(笑

もんじゃ焼・太助さん。その2

お次は「特文」。
お肉とニラの入った、ちょっとだけ贅沢なもんじゃ。

もんじゃ焼・太助さん。その7
(写真はクリックで大きくなります。)

焼くとこんな感じデス。
青のりをたくさんかけてみました★


[ラーメン、もんじゃ焼・太助。Vol.3 [足利市]]の続きを読む
千曲市・姨捨サービスエリア。その1 千曲市・姨捨サービスエリア。その5

長野自動車道です。
姨捨サービスエリア」。
姨捨伝説で有名な姨捨山と云われる冠着山を背にした所です。
こちらの展望広場からは善光寺平が一望できます♪
夜景が綺麗なことでも有名。


千曲市・姨捨サービスエリア。その4

そして、「恋人の聖地」。
なんですか?恋人の聖地って???


千曲市・姨捨サービスエリア。その7

なんでも、全国の観光地の中から選ばれた、
プロポーズにふさわしいデートスポットなのだそうです。
ロマンティックですね~★

姨捨からの綺麗な夜景を観ながら、
プロポーズしてみてはいかがでしょう?!


[姨捨SAにて。 [千曲市]]の続きを読む
千曲市・佐良志奈神社。その1

戸倉駅から大正橋を渡って突き当たり。
佐良志奈神社」があります。

こちらの神社さんは社殿を背にして、
それぞれ左と右に「鳥居」があります。
こちらは右手の鳥居。


千曲市・佐良志奈神社。その2

正面社標は、正親町三条実愛(おおぎまちさんじょうさねなる)卿の書であり、
側面の撰文並びに書は佐久間象山によるものである。

当社神主松田直友は、京都に於いて実愛卿との知遇を得てこの書を戴くと共に、
卿の姑柳原大夫人よりさらしなの里の歌を賜り、社頭の栄として
建立したことが碑文に記されている。
佐久間象山は直友と親交があり度々この地を訪れている。
文字は謹厳な隷書体で社蔵の大幟と共に象山の名筆であ。

明治の町村合併に際し、更級村と改名することを許可される
根拠となった社標である。

月のみか 露しもしぐれ 雪までに
  さらしさらせる さらしなの里

文久元年(1861年)建立
云々。。。

千曲市・佐良志奈神社。その3 千曲市・佐良志奈神社。その4

鳥居からすぐ入ったところにある
「高良社」と「秋葉社」。


千曲市・佐良志奈神社。その5

そして「稲荷社」。


千曲市・佐良志奈神社。その6

手前「手水舎」と、奥に「社務所」。


千曲市・佐良志奈神社。その8

境内には「土俵」もあります♪


[佐良志奈神社 sarashina-jinja 。 [千曲市]]の続きを読む
宇都宮東武ホテルグランデ・カフェレストランオアシス。その8

社用で宇都宮が多い今日この頃。
ホテルでランチ。東武グランデの中にあるカフェレストラン。
Oasis オアシス」さんです。
北イタリアランチの看板にすい込まれ、そのまま入店~(笑


宇都宮東武ホテルグランデ・カフェレストランオアシス。その1

期間限定の「北イタリアランチ」は、
ボロネーゼ+「選べるメイン料理」、それにサラダとドリンク、
デザートまでついてくる優れモノ☆

サラダはセルフでサラダバーから。


宇都宮東武ホテルグランデ・カフェレストランオアシス。その2

「ボロネーゼ」。
イタリアンマンマの味~、と紹介されていました♪
お肉たっぷりのミートソース。
モッチモチで弾力のあるペンネです。


[Cafe & Restaurant OASIS カフェレストラン オアシス。 [宇都宮市]]の続きを読む
善光寺大本願別院。その1

上山田温泉から「千曲市城山史跡公園(荒砥城跡)」へ向かう1本道。
くねりくねりとした坂道の途中にあります。
こちら「善光寺大本願別院」。

御本尊の御恵観音菩薩、そして、
善光寺如来三尊の御分身が祀られていると聞きましたが、
由緒書等が見当たらなかったので詳しいことは分かりませんっ(汗、、、


[善光寺大本願別院。 [千曲市]]の続きを読む
千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その9

=== 展示資料より ===
荒砥城では平成18年12月、NHK大河ドラマ風林火山のロケが
行われました。撮影は主役の勘助を演じる内野聖陽さんほか
武田晴信役の市川亀治郎さん、板垣信方役の千葉真一さん、
平蔵役の佐藤隆太さん、相木市兵衛役の近藤芳正さんらが参加して
行われました。
云々。。。


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その10

===
五輪塔・多宝塔・宝篋印塔(ほうきょういんとう)
(力石 今里地籍出土=今里氏居館跡か)
これらの仏塔は、インドなどで造られたストゥーパ(お釈迦様の遺骨=仏舎利などを
奉納し供養するために造られた塔などのこと)に端を発し、
日本では卒塔婆など供養塔や墓標等として、平安時代から
造られ始めたものです。

この五輪塔・多宝塔・宝篋印塔は、力石の今里地籍の調査によって
出土したものであって、一部分が新しく補充されて完形となっています。
宝篋印塔には、「応永29年」(1422)との記年銘があり、
製作された時期が明確です。
従って、村上氏の支族今里氏の活躍した時間的な位置も自ずと知れるものです。
また今里遺跡からは火葬の骨蔵器、古瀬戸灰釉の瓶子や板碑の破片も出土し、
注目されています。

仏像群とともに、中世豪族の仏教的世界をかいま見ることができる
貴重な資料です。
云々。。。


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その11

===
寄合出土の古常滑大甕(ことこなめおおがめ)
この古常滑大甕は、千曲市寄合遺跡(寄合氏居館跡か)から出土したものです。
同遺跡からは、他に中世の石組み井戸址や鍛冶址が隣接して発見されています。

甕の表面に“押印”のあとが四段観察できることから、五回にわけて
製作されたことがわかります。従ってその製作時代は、鎌倉時代のものと
考えられ、折端口縁の優品であります。また製作地は現在の愛知県
常滑一帯であったものと考えられ、交易品としてはるかこの地に
もたらされたものです。

この大甕の出土した寄合は、村上氏の支族寄合氏の居館と推定されますが、
中世寄合の合議制が地名や豪族名になって今日まで伝えられていることは
注目に値します。

大甕には、胴部下半に内部からの加撃による直径10cm程の破壊孔が
あることに気付きます。
内部から棒状のもので意図的に加撃したものと推察されます。
それは、槍の石突きによる一突きで内部から付き抜いたものかも知れません。
鎌倉・室町時代という激動の中で、埋没井戸跡と言い
地方豪族の盛衰を物語る好資料です。
云々。。。


[千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その2 [千曲市]]の続きを読む
千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その1

「千曲市城山史跡公園」です。
戦国時代、「荒砥城 arato-jo」というお城があった場所であります。


=== リーフレットより ===
荒砥(あらと)城は今から約400年前に、この地を治めていた村上氏の一族である
「山田氏」によって築かれた城で、郭(くるわ)が連なるように並んでいるところから、
『連郭式山城』と呼ばれています。

千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その2 千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その3

この時代は、全国各地で戦が繰り広げられていた戦国時代という時代です。
この地も例外ではなく、荒砥城と千曲川をはさんだ対岸の山頂に築かれた
葛尾(かつらお)城の城主村上義清は、上田原の戦い(1548年)や
戸石城の戦い(1550年)では武田信玄との戦に勝ち、領地を守ってきましたが、
武田軍の圧倒的な軍勢の前に、1553年、ついに葛尾城は落城し、
荒砥城もこの戦いで城主を失い、山田氏は滅亡してしまいます。


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その4

その後、川中島の戦い(1553年~1564年)を経て
荒砥城は上杉氏の治める城となりますが、海津城の副将であった屋代秀正は
上杉方に背き、海津城を出て荒砥城に篭ります。
1584年、上杉軍に攻められた荒砥城は落城して廃城となり、
城としての役割を終えます。
云々。。。


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その8

山城ですから、穏やかとは言え上り坂が続きます(汗、、、
「二の郭」にある見張り台の「櫓」です。

千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その5 千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その6 千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その14
(写真はクリックで大きくなります。)

眼下には、千曲川、戸倉上山田温泉を見下ろし、
ヒジョーに良い眺めであります。
絶景かな。


[千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。 [千曲市]]の続きを読む
カラコロの足湯、戸倉上山田温泉。その1 カラコロの足湯、戸倉上山田温泉。その5

温泉街の真ん中。
神楽殿風のステージ、
飲泉所や東屋のある「水と緑と潤いのある公園」。


カラコロの足湯、戸倉上山田温泉。その2

こちらにある足湯。「カラコロの足湯」というそうです。
戸倉上山田温泉特有のやわらかな硫黄の香り。
なめらかなお湯で、足もツルツルになります。


カラコロの足湯、戸倉上山田温泉。その3

そして、開湯百年記念碑と案内板。


[カラコロの足湯。 [千曲市*戸倉上山田温泉]]の続きを読む
1209・杏さん。その1

お通しは「茄子の煮浸し」。
綺麗な色なんですねー。美味しい♪

たくさんのお客様で賑わっている店内。
私はカウンターに陣取って。
前回に引き続き、太田市にある「」さんですっ。


1209・杏さん。その2

「鮪の赤身」。
ぐぐっ、と旨みが詰まったような赤身です。
美味しい赤身ってすごく嬉しくありませんっ?!
上品な味わいのワサビ醤油も又ウレシイ。


1209・杏さん。その4

「イカの塩辛」。
トップに乗っているのは〝カニミソ〟。
良く和えて召し上がってください~、とご主人。
しばらくすると味がなじんで、もっと美味しくなるのだそうです♪


1209・杏さん。その8

ちなみにこちらは作りたての塩辛。
イカとイカのワタ、それに塩が
まだ一つにまとまっていなくて、バラバラな感じです。
なるほど~、こういうことなんだー。


[くずし割烹とせいろ飯のお店、杏さん。 [太田市]]の続きを読む
湯元 上山田ホテル。千曲市*戸倉上山田温泉、その4 湯元 上山田ホテル。千曲市*戸倉上山田温泉、その3

「戸倉上山田温泉」です。
湯量が豊富だからこそ出来る、源泉かけ流し。
上山田ホテル」さん。


湯元 上山田ホテル。千曲市*戸倉上山田温泉、その2

単純硫黄泉、栗にも似た香りがします★
あ゛~、気持ち良かとデス。

男女それぞれの大浴場、そして露天風呂。
貸切露天風呂が2つ、サウナまであるという優れモノ。


湯元 上山田ホテル。千曲市*戸倉上山田温泉、その1

貸切露天風呂です。

[湯元 上山田ホテル。 [千曲市*戸倉上山田温泉]]の続きを読む
【羽衣】さん。その1

「戸倉上山田温泉」です。
最近ちょっとだけハマっています。
そして前にもお邪魔しました「御料理 羽衣」さんへGO→

【羽衣】さん。その2 【羽衣】さん。その3

「お通し2点」。
生ビール、そして赤ワインをお願いしました。


【羽衣】さん。その4

「エビマヨサラダ(小)」。


【羽衣】さん。その5

ボリューム満点の「とりつくね」。


【羽衣】さん。その6

生卵をといて、からめていただきまショー★
甘みのあるつくねのタレと良く合います。


[御料理 羽衣さん。その2 [千曲市*戸倉上山田温泉]]の続きを読む
●桐生が岡動物園。[桐生市]その6

●桐生が岡動物園。[桐生市]その5

桐生が岡動物園」です。
暑いのにペンギンさんも御苦労さまです。

この夏は何度か動物ネタがありましたので、
今回はちょっと省略させていただきまして。。。

●桐生が岡動物園。[桐生市]その8 ●桐生が岡動物園。[桐生市]その7 ●桐生が岡動物園。[桐生市]その9

動物園の奥にある「ミニ水族館」。
アマゾンの熱帯魚と、でかいトカゲ?
動かないなー。。。

そして一番奥の広場に展示されているのが、こちら!


[桐生が岡動物園にて。Vol.2 [桐生市]]の続きを読む
多々良沼の浮島弁財天。その5

「鶉古城跡」を後に「多々良沼公園」を散策中です。
緑が多くていいなー。
トンボもたくさん飛んでます。


多々良沼の浮島弁財天。その6

シオカラトンボかな?
もうそんな季節☆


多々良沼の浮島弁財天。その7

あれですねー。
多々良沼にチョコンと突き出した所に神社さんがあります♪
浮島弁財天」。

正面は向こう側。
こちら神社さんの裏になります。


[多々良沼の浮島弁財天。 [邑楽町]]の続きを読む
館林市、鶉古城跡。その1

邑楽町にあります「多々良沼公園」。
ここにはかつてお城がありました。
鶉古城」です。


=== 案内板より ===
鶉古城跡
鶉新田字小城にある、多々良沼に突出した「荒間崎・あらまさき」
と呼ばれた半島部に築かれた城である。


館林市、鶉古城跡。その2

城名については葵下坂といわれた幕府御用鍛冶康継二代の弟が、
この地に住み脇差に「鶉古城打」という銘を残しているところから
江戸初期、すでにこの名称が使われていたものであろう。

城跡西南端に当たる入口の道路付近から、半島部を横断するように
北に向かって直線にのびる、高さ3メートル、長さ250メートルほどの土塁と、
その西側に沿って空堀がある。


[鶉古城跡。 [館林市]]の続きを読む
インド料理・スーリヤ surya さん。その1 インド料理・スーリヤ surya さん。その2

インド料理 スーリヤ surya」さん。in 足利市。

「いらしゃいまっしぃ~。」
って、以前はシリナマステさんがあったところです。
またリニューアルしたのかな?

コロナビールのオツマミで出していただいた「パパド」と、
セットメニューの「サラダ」。


インド料理・スーリヤ surya さん。その4

今日はランチタイムの「タンドリーセット」デス。
大きな「タンドリーチキン」♪


インド料理・スーリヤ surya さん。その5

そしてこれまた大きな「プレーンナン」。
甘みがあります。
ナン、好きです☆


インド料理・スーリヤ surya さん。その3

ドリンクは、コーラ、コーヒー、紅茶、ラッシーなど、
数種類の中から選べます。
私は「マンゴーラッシー」をお願いしました★


[インド料理のお店、スーリヤ surya さん。 [足利市]]の続きを読む
松田川ダム。vol.10

松田川ダム」です。
松田湖、展望台近くに「赤雪山遊歩道」への登り口があります。
こちらはその案内図。

と、〝足利の伝説〟より抜粋されたらしき案内板があります★


=== 案内板より ===
足利の伝説
足利又太郎忠綱は藤原性で成行からかぞえて4代目になる忠綱は
足利義兼の客分であって、義兼のかわりに館の留守を守っていた。
半年ぶりに帰館した義兼は、侍女の藤野による「時子夫人と忠綱が不義をした」
というざん言を聞き、これを真に受けて怒りだした。

忠綱は危険を避けるため数人の従者を従い北の山岳地帯を目ざして馬を走らせた。
矢傷を負った忠綱は、ただ一人皆沢に落ちていったが追手に取り囲まれ、
ただ一人で追手の中に斬り込んでいった。
その状況はまるで夜叉が暴れだしたような戦いぶりたったと伝えられている。
討ち死にを覚悟した忠綱は、追手の放った矢を受け、悲壮な最期をとげた。
云々。。。


足利義兼さんのいない間、ばんな寺の留守を預かっていた
忠綱さんの話ですねー。
今までにも何度か紹介したことのあるお話です☆

ばんな寺の開かずの井戸!?  ★足利市
足利忠綱を祀る。。。  桐生市★皆沢八幡宮
鑁阿寺と逆さ藤天神  ★足利市
足利 ばん阿寺


[赤雪山遊歩道案内図より。 [足利市]]の続きを読む
草津温泉の焼き肉屋さん、オモニーさん。そのいくつかの1

「サンチェ」です。

けっこう食べて飲んで良い気持ち。
お腹もいっぱい、もうこれ以上入らないんぢゃないのー?
って時に、もう1軒。
そんな経験ありません?!

オモニー」さんデス。
韓国料理のお店★


草津温泉の焼き肉屋さん、オモニーさん。そのいくつかの2

まだ飲める?生ビールと焼き肉~♪
〝カルビ〟と〝ハラミ〟には限りなく目がありません(笑

草津温泉の焼き肉屋さん、オモニーさん。そのいくつかの4 草津温泉の焼き肉屋さん、オモニーさん。そのいくつかの3
(写真はクリックで大きくなります。)

プルコギも美味しいと聞いていたのですが、
「カルビクッパ」ですっ。
我ながら、ホント良く食べている今夜(汗、、、

そしてまたお肉を焼き、

そして、そして(汗、、、


[韓国料理のお店、オモニーさん。 [草津温泉]]の続きを読む
松田川ダム。vol.4

松田川ダム。vol.5 松田川ダム。vol.3

残暑が厳しい毎日です(汗、、、
それでも今日は、空気がとっても澄んでいて、
青い空に白い雲のコントラスト(^_^)


松田川ダム。vol.2

松田川ダム」です~★
in 足利の山奥。


松田川ダム。vol.8

●堤高56.0m
●堤長228.0m
●堤体積66,000m3
●総貯水量1,900,000m3

大きなダムではありませんが、近くで見ると迫力ありますね~。
こんな場所が足利にもあるんですね~。
ちょっと嬉しい!


松田川ダム。vol.6

キャンプ施設や綺麗に整備された公園があり、
水遊びをするのに絶好な小川。

サワガニ見つけっ!


[松田川ダム。Vol.3 [足利市]]の続きを読む
いきなりですが「草津温泉」です!
湯畑から町役場方面へ向かう坂の途中、
居酒屋 たに咲」さんにお邪魔しています♪

草津温泉 居酒屋 たに咲 その1

カウンターに陣取りまして、先ずはの生ビール。
そして赤ワインをボトルで。
お通しは「六合村のキュウリ」。
初めていただいた六合村産。ちょっと違いますっ。
キュウリらしくないキュウリと言うのでしょうか、
肉厚でボリューム有り★ 若いメロンのような印象デス。


草津温泉 居酒屋 たに咲 その2

野菜はたくさん摂りましょう。
「嬬恋高原キャベツと草津豆腐のサラダ」。
これも甘いんです、キャベツ。
濃厚なお豆腐にマヨネーズベース、そして豆板醤でしょうか?
ちょっとだけピリ辛のドレッシングが良く合います。
美味し★


草津温泉 居酒屋 たに咲 その3

「馬刺し」。霜降りです。
やわらかで上品なお味。
ニンニクか生姜醤油かはお好みで!


[居酒屋たに咲さん。 [草津温泉]]の続きを読む
群馬サファリパーク。その22

群馬サファリパークであります♪
園内にある「レストラン サバンナ」。

ランチタイム。こちらでいただいたのが、
インドネシアの代表的な盛り合わせ料理「ナシチャンプル」。
いろいろなおかずが乗ったご飯ですねー★


群馬サファリパーク。その23

「カリ・サユゥル」は野菜カレー。


群馬サファリパーク。その24

「カドカド」温野菜のサラダ。

ちょっと左に切れてしまった「アチャーム」、
ニンジンとキュウリの甘酢漬。

「ヤムウンセン」ビーフンのレモン風味サラダ。


[群馬サファリパーク。Vol.2 [富岡市]]の続きを読む