FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
長野県史跡 根塚遺跡 その6

田んぼの中に浮かぶ遺跡。。。
信州木島平であります。 


=== 案内板より ===
長野県史跡 根塚遺跡
《調査の結果》
木島平村では、平成7年度から平成11年度にかけ、県営担い手育成
基盤整備事業による大区画圃場整備を計画しました。
この区域内には、根塚遺跡、大塚遺跡、平塚遺跡が存在したことから、
木島平村教育委員会では平成7年度に当時の長野県教育委員会文化財保護課
(現文化財・生涯学習課)をはじめとした関係機関との保護協議を行い、
その結果、事業に先立ち遺跡の記録保存をすることになりました。


長野県史跡 根塚遺跡 その5

第一次調査は、平成8年4月下旬から圃場整備の計画区域内の
記録保存を目的とし開始されましたが、この調査では考えてもみなかった
弥生後期に属する二振りの鉄剣が発見され、そのうちの一振りは、
柄頭に一つ、柄尻に二つの渦巻文を有していたことから、
大塚初重明治大学名誉教授、西谷正九州大学名誉教授により
「渦巻文飾鉄剣」と命名されました。


長野県史跡 根塚遺跡 その3

この鉄剣は、朝鮮半島南部の加耶地域からもたらされた舶載品であり、
ほかの一振りも中茎の目釘穴のほかに孔があることから、
同じく加耶地域からもたらされた舶載品であると認定され、
大きな話題を呼びました。

村では遺跡の重要性を鑑み、平成8年度に遺跡全体を買収し村有地として
遺跡の破壊を防ぐとともに、平成9年度から遺跡の全容を究明するため
根塚調査指導委員会・調査団を組織し末調査部分の学術調査を
4年間にわたり実施しました。


長野県史跡 根塚遺跡 その4

調査の結果、縄文時代、弥生時代、古墳時代、平安時代、
中世の各時代に人々が利用していたことが判明しました。
特に弥生時代後期については、重要な発見が相次ぐこととなり、
その中でも二振りの鉄剣は、弥生時代の鉄剣としては最大級であり、
渦巻文の装飾を持つ特異な剣で、全国的にも貴重なものです。
云々。。。


[根塚遺跡。 [長野県木島平村]]の続きを読む