ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
1205 イタリア料理 フォルトゥーナ その2 1205 イタリア料理 フォルトゥーナ その9

足利市にあるイタリア料理のお店「フォルトゥーナ」さんです。
夏日になった今日、冷たい白ワインをカブガブ飲みたくて
やって参りました。

1205 イタリア料理 フォルトゥーナ その1

お通し。
モッツァレラチーズにオリーブオイル、
そしてカラスミが振られたもの。

モッツァレラとカラスミ♪ワインがグングン進みます。


1205 イタリア料理 フォルトゥーナ その3

「広島のムール 北海アサリのワイン蒸し」。
ペロリと行けてしまうムールとアサリ。
好きデス。


[イタリア料理 フォルトゥーナ Fortuna 。 [足利市]]の続きを読む
桜島フェリー その1

第十六櫻島丸」。
別名〝ドルフィンライナー〟。


桜島フェリー その2

おおー。これに乗るぞー。

というわけで「桜島港」にいます。
ここから15分ほどの乗船で、「鹿児島港」に着くんですねー。
なんという便利な優れモノ★


桜島フェリー その3

桜島フェリー その7 桜島フェリー その8
(写真はクリックで拡大します。)

海風がすごく気持ちいぃ。


[桜島フェリー。 [鹿児島市]]の続きを読む
道の駅「桜島」火の島めぐみ館 その4

道の駅桜島」です!
チケットを購入し、ゲットしたのは。。。


道の駅「桜島」火の島めぐみ館 その1

小みかんソフトクリーム」!

鹿児島県名産「小みかん」を贅沢に使ったソフトクリーム★
甘酸っぱい風味が口の中いっぱいに広がります♪

今から400年前、薩摩の藩主島津義弘さんが
文禄慶長の役の際に持ち帰ったものが桜島で広まったと云われている
「小みかん」。
世界一小さなみかんなのだそうです。

美味しい。


[道の駅桜島「火の島めぐみ館」。]の続きを読む
草津温泉 「蕎麦茶寮 七草」 その3

ウワサには聞いていたのですが、ホントに美味しかった!

草津温泉まで上がっていく1本道の途中、左側にあります。
オープン前のお店は、特別看板とかも出ていないので
見過ごしてしまうかも(汗、、、
(もちろんオープン時には暖簾が出ます!)

蕎麦茶寮 七草」さん!


草津温泉 「蕎麦茶寮 七草」 その1

前菜の3点盛りをいただきながら、
地元のお酒「秘幻・純米微発泡酒」を。
軽めの発泡性の日本酒デス。しゅわしゅわ~★


草津温泉 「蕎麦茶寮 七草」 その4

タケノコ、胡麻よごしといただき、
面白かったのはワサビのゼリー。ほんのりピリッ、と
大人な味わい。

草津温泉 「蕎麦茶寮 七草」 その5 草津温泉 「蕎麦茶寮 七草」 その6

「山椒」と「ワラビ」に、

草津温泉 「蕎麦茶寮 七草」 その7

「タラの芽の天婦羅」♪
辺りは山菜の宝庫。元気な採りたてがやっぱり美味しい。

草津温泉 「蕎麦茶寮 七草」 その11 草津温泉 「蕎麦茶寮 七草」 その2

群馬の名産「銀ヒカリのお刺身」をいただき、
さらにお酒が加速する中で、
ワサビをすってお蕎麦を待ちます(笑。。。


[蕎麦茶寮 七草 nanakusa さん。 [草津温泉]]の続きを読む
叫びの肖像。 その3

あそこに、

ずんっ。


叫びの肖像。 その10

誰かいる?

ずずんっ!


叫びの肖像。 その5

うおーっ!
と、叫んでいる長渕剛さん!?


叫びの肖像」です。


[叫びの肖像。 [鹿児島県桜島]]の続きを読む
コンヴィヴィアリテ イチノセ。 【太田市】その1

「行く?」「あ、行く行く♪」
というわけで速攻で決まり。
Convivialite ICHINOSE コンヴィヴィアリテ イチノセ」さん。

太田市にあるフランス料理のお店です。
La seconde。

コンヴィヴィアリテ イチノセ。 【太田市】その4 コンヴィヴィアリテ イチノセ。 【太田市】その2 コンヴィヴィアリテ イチノセ。 【太田市】その3

こちらのセッティングを目の前にしますと、
う~ん、飲むぞぉー!って元気がわいて来ます(笑
今夜は友人たちとの会食。
テーブルの上のお皿の数も賑やかです。

アミューズ。
「ハムのシュクレ、茄子のタルタル、蛸のコロッケ」の3点。


コンヴィヴィアリテ イチノセ。 【太田市】その5

オードブル。
「フォアグラのガトー仕立て オペラ風」

コンヴィヴィアリテ イチノセ。 【太田市】その7 コンヴィヴィアリテ イチノセ。 【太田市】その6

「ジャガイモのポタージュ」。 
ほのかな柑橘類の香りが心地良いのです。
デコポンだったかな?


[Convivialite ICHINOSE コンヴィヴィアリテ イチノセ、La seconde。 【太田市】]の続きを読む
【有村溶岩展望所】その3

今日は少し曇っています。
そして、今朝の噴火で灰が舞っています。
そして私は「有村溶岩展望所」にやって参りました★


【有村溶岩展望所】その1

【有村溶岩展望所】その2

駐車場の車もこの通り。
あっという間に灰が積もります。
すげーっ。

って言うか、なんとなくゲホゲホッっと、
喉が痛いです(汗、、、


[有村溶岩展望所にて。 [桜島]]の続きを読む
宮戸川 その1

浅草。浅草寺の裏にある和食店。
江戸下町料理 宮戸川」さんです。

日中汗ばむくらいに暑くなったこの日。
さっそく「カチワリワイン」をクピクピと♪
いやー、ようやく落ち着きましたっ(笑


宮戸川 その2 宮戸川 その4

お通しは「クラゲの酢味噌和え」。そして、
「東京べったら漬け」。
コリコリとポリポリの、歯応え2大競演、みたいな。
(ベタですみません。。。)


宮戸川 その3

「牛すじ煮込み」。
前回もそうでしたが、もちろん今回もお替り!
好きだなー、こちらの煮込み。
汁だくタイプ♪
なぜだか病みつきになってしまうのです。


[江戸下町料理の専門店、宮戸川さん。 [浅草]]の続きを読む
東京スカイツリー。 その2

孫悟空の乗るキント雲のような巨大モニュメント。
私の回りには〝う○こビル〟なんて呼ぶ人が多いのですが。
(アサヒビールさんごめんなさいっ(汗、、、)


東京スカイツリー。 その1

ビルの側面に影を映す、


東京スカイツリー。 その3

東京スカイツリー」。


[東京スカイツリー。]の続きを読む
三島塚古墳。[高崎市]その1 三島塚古墳。[高崎市]その7
(写真はクリックで拡大します。)

高崎市にある「三島神社」です。
「三島塚古墳」という古墳の上にお祀りされている神社さんです。


三島塚古墳。[高崎市]その2

古墳の上に神社さんがあるのって、
意外に多いんですよねー。
前回、伊勢崎の「雷電神社」もそうですし。
なんでかなー?


三島塚古墳。[高崎市]その3

=== 案内板より ===
三島塚古墳
烏川右岸(西岸)の低い段丘上にあって、小坂山の北東に位置しています。

幅14メートルもある幅の広い、深い周堀をめぐらした
直径58メートル、高さ5.5メートルもある大きな円墳で、
2段に築かれ、規模に対して頂上が広く、高さの比較的低い、
特色のある墳丘です。
表面には葺石がほどこされ、埴輪も配列されています。


[三島塚古墳。 [高崎市]]の続きを読む
Okatte 餘波 nagori その1

今夜の晩酌は、ちょっとだけ早いスタート。
足利市にある居酒屋さん「Okatte 餘波 nagori」さんにお邪魔しています。
コンパクトにまとめられた、ナニゲにオシャレな店内。
センスいいなぁー。

Okatte 餘波 nagori その2 Okatte 餘波 nagori その3
(写真はクリックで拡大します。)

カウンターにて。
お通しの「肉じゃが」と「トマトのカプレーゼ」。


Okatte 餘波 nagori その4

「三重 鳥羽産 生かき」。

生ビールをやっつけた後は日本酒かな。
三重県の肴に三重県の地酒「瀧自慢」を☆
純米酒です。スッキリしていて飲みやすいっ。


[Okatte 餘波さん。 [足利市]]の続きを読む
桜島 埋没鳥居 その1

正面に見える「桜島」。
今朝ほど噴火したそうで、もうもうと噴煙を立ち上らせています!

「道の駅たるみず」から向かい、いよいよ桜島へ上陸~!


桜島 埋没鳥居 その2

灰がすごいんです!
対向車とすれ違うたびに、ぶわっ、と巻き上がる火山灰。
フロントガラスにも積もりますから、
ワイパーを動かして視界を確保っ(汗、、、

空気が灰色であります。。。
スゴイ(汗、(汗、(汗、、、


桜島 埋没鳥居 その4

というわけでやって参りました、
こちら「黒神埋没鳥居」です。
桜島の噴火の凄まじさを物語る史跡であります。


=== 案内板より ===
埋没鳥居
猛威を語りつぐ鳥居

- 大正3年桜島大噴火で3mの鳥居が埋没 -
大正大噴火の前兆は、すでに3日前から始まっていました。
島内いたるところで井戸が沸騰し、海岸には大量の死魚が浮き、
地震が断続的に起きていたのです。


[黒神埋没鳥居。 [鹿児島県桜島]]の続きを読む
パティスリー・ラミティエさんちのマカロン。その1

パティスリー・ラミティエ」さん。
太田市にある洋菓子のお店です。


パティスリー・ラミティエさんちのマカロン。その2

いただいたのは「マカロン5ヴァリエ」。
Nチャンからいただいた差し入れデス。

5つのカラーは5つの味♪
最近マカロンに縁があるなぁー。。。


[マカロン5ヴァリエ。 [太田市*パティスリー・ラミティエ]]の続きを読む
佐波郡玉村町 火雷神社 その1 佐波郡玉村町 火雷神社 その2

参道の一本道。近くまで住宅地となってます。
佐波郡玉村町にある「火雷神社 karai-jinja」。
上野国八の宮となっている延喜式内社です。


佐波郡玉村町 火雷神社 その3

鳥居をくぐると石燈籠と一対の「狛犬」クン。
十二社といわれる群馬県内の延喜式内社。今回でいくつ目だろう?


佐波郡玉村町 火雷神社 その6

朱が施された「拝殿」。


[火雷神社 karai-jinja 。 [佐波郡玉村町]]の続きを読む
道の駅「たるみず」 その1

霧島から鹿児島湾湾岸を走る国道220号線へ。
向こうに見えるのは「桜島」です!


道の駅「たるみず」 その2

今朝ほど噴火したのだと地元の方が言ってたなー。
もくもくと噴煙を上げています★
曇りで良く見えなかったのが残念。


道の駅「たるみず」 その3

というわけでやって参りました。
道の駅 たるみず」!
鹿児島湾、桜島を見て、足湯にも浸かれる
ヒジョーに重宝な道の駅です。

館内のレストランにて。
ランチでいただいた「たるみずブリ丼」です♪


道の駅「たるみず」 その4

ランチのセットは味噌汁、小鉢、香の物が一緒になった優れモノ★

=== メニューより ===
たるみずブリ丼 800円
ぶり大将は平成19年11月9日に「かごしまのさかな」に認定された
「鹿児島ぶり」です。
鹿児島県で最初にぶり養殖を開始しました。(昭和43年)

漁場の水深が120mと深いために、自然浄化作用が高く品質が保たれています。
錦江湾は冬季の水温が高く(最低15℃)、又夏場は水温が30℃を越えることもなく、
1年中給餌できるために全国一成長が早いです。
云々。。。


鹿児島はお醤油が甘いんです♪
新鮮で美味しいブリをいただいて、ごちそうさまでした!


[道の駅たるみずの「たるみずブリ丼」。 [鹿児島県垂水市]]の続きを読む
倭文神社 しとりじんじゃ その4

伊勢崎市にある「倭文神社」です。
倭文と書いて〝しどり〟と読みます。
shidori-jinja。

倭文神社 しとりじんじゃ その5 倭文神社 しとりじんじゃ その6

上野国九之宮の延喜式内社です。
歴史も相当古そうです。


=== 案内板より ===
倭文神社略由緒
当社の御祭神は、天羽槌雄命で、その歴史は古く機織の祖神として、
また農耕、養蚕の神として尊崇されてきた。
その創建は、人皇第11代垂仁天皇の御宇3年と伝えられているが、
これを明らかにする証跡は、現在不明となっている。


倭文神社 しとりじんじゃ その2

貞観元年(859)に官社に列せられ、従五位下を授けられた。(三代実録)
その後、延長5年(927)に撰集された『延喜式』神明帳の中に
倭文神社の名が載せられ、上野神明帳には、『従一位倭文大明神』とあって
上野国の九之宮とも称された。


[倭文神社 shidori-jinja 。 [伊勢崎市]]の続きを読む
なんとなく盛京亭さん♪ 足利市 vol.1

足利市の中華料理のお店「盛京亭 seikintei」さん。
うわっ、懐かしいぃ~、学生の時にはずいぶん通ったなぁー、
なんて思う方も多いのではないでしょうか?
ずいぶん昔からあるお店です♪


なんとなく盛京亭さん♪ 足利市 vol.2

テレビの前のテーブル席。
芋焼酎と「ちんじゃおろーす」。


[盛京亭さんの中華やきそば。 [足利市]]の続きを読む
連取の松と菅原神社。 [伊勢崎市]その1

=== 案内板より ===
菅原神社由緒書
~前略~
創建
北条執権時代の元応元(1319)年、当地は旱魃(かんばつ)による被害が大きく、
五穀は実らず農民が困苦したため、北野天満宮に祈願したところ、
たちまち雷雨が発生し五穀が蘇ったので、これを喜んだ里正の飯島氏が
北野天満宮の分霊を奉還し、「天神社」の名称で創建したのが
始まりと伝えられています。

連取の松と菅原神社。 [伊勢崎市]その2 連取の松と菅原神社。 [伊勢崎市]その3
(写真はクリックで拡大します。)

天文20(1551)年からは、光福寺(現在の連取会議所が跡地)が別当となり、
天正19(1591)年に徳川氏の旗本駒井氏が連取村に入封すると当社を篤く崇敬し、
また伊勢崎藩主酒井忠強(ただつよ)公が嘉永7(1854)年にお国入りの際には、
当社を参詣したことなどが記録に残されています。

享保13(1728)年には正一位天満宮となり、嘉永4(1851)年には
現在の社殿(本殿・幣殿・拝殿)が、森村・北爪・原田家が世話人となり
当地の氏子たちによって建立されました。


連取の松と菅原神社。 [伊勢崎市]その4

明治維新となり旧制度の改革が行われるようになると、
当社も明治7(1874)年に宮郷村の村社となり、
さらに新政府の方針により神社の統廃合が実施されると、
明治40(1907)年10月9日には当社の境内末社であった妙義社・
八幡社・飯玉社・三峰社と、字中屋敷の飯玉神社および末社4社、
林根の白山神社および末社3社を合祀することになり、
「菅原神社」して統合されました。
云々。。。


なかなかの古い神社さんですが、明確な由緒が残されています。
それにしてもスゴイのがこちらの松!
鳥居から拝殿に至るまでを覆い、
腰をかがめて行かないと通ることが出来ませんっ(汗、、、


[連取の松と菅原神社。 [伊勢崎市]]の続きを読む
コンヴィヴィアリテ イチノセ その1

「太田に本格フレンチのお店がOPENしたんだって?行った?」
チマタでウワサになっているお店、
Convivialite ICHINOSE コンヴィヴィアリテ イチノセ」さん。

コンヴィヴィアリテ イチノセ その2 コンヴィヴィアリテ イチノセ その3 コンヴィヴィアリテ イチノセ その5
(写真はクリックで拡大します。)

コンビビって、ちょっと舌を噛みそうなネーミングは、
フランス語で〝幸せな食卓〟という意味なんだそうです。
いいね!


コンヴィヴィアリテ イチノセ その4

「彩り野菜のテリーヌ」


コンヴィヴィアリテ イチノセ その6

「フォアグラのポワレ」


[Convivialite ICHINOSE コンヴィヴィアリテ イチノセ。 【太田市】]の続きを読む
火の見櫓と釈迦如来像。その1

菅原神社」です。in 伊勢崎市。
巨大な「連取の松」があることで有名な神社さん。

鳥居の前にあった2つの石仏様。


火の見櫓と釈迦如来像。その2

=== 案内板より ===
二十二夜塔
二十二夜待は、月の二十二日に月の出を待って講組織が、
本尊の如意輪観音に供物を供え飲食を共にする行事のことで、
この月待塔は、明和6年(1769)に女人講中によって奉納されたもので、
本尊が刻まれている。
云々。。。


火の見櫓と釈迦如来像。その3

===
釈迦如来像
菅原神社の神宮寺であった光福寺(廃寺となり、跡地が現在の会議所)の僧の
信誉宋口が六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)に迷う万霊の供養と、
父母・親族の菩提を願って延宝4年(1676)に造立したもので、
説法印を結んだ立像である。
云々。。。


[火の見櫓と釈迦如来像。 [伊勢崎市*菅原神社]]の続きを読む
霧島、必殺の泥湯。さくらさくら温泉、その6 霧島、必殺の泥湯。さくらさくら温泉、その7

せっかく霧島に来ているんだからっ。
やっぱり温泉にも入りたーいっ!

というわけでやって参りました、
この辺りは〝霧島神宮温泉郷〟


霧島、必殺の泥湯。さくらさくら温泉、その1

「霧島神宮」から「道の駅 霧島」へ向かう途中。
さくらさくら温泉」であります♪

日帰り入浴も受け付けてくれる温泉宿です。
こちらは「内湯」。
うっすらとブルーに濁った温泉です。
ほのかに硫黄が香ります♪なんだか効きそう~。


霧島、必殺の泥湯。さくらさくら温泉、その5

こちらは「露天風呂」。


[さくらさくら温泉。 [鹿児島県霧島市]]の続きを読む
佐野市 松島ポンド その1

Today's pond.
10:00 a.m.

[Today's pond 。]の続きを読む
BEL AMERのマカロンラスク。  その1 BEL AMERのマカロンラスク。  その3

忘れたころにやって来るOクン。
今日も差し入れありがとうございます♪


[ベルアメールのマカロンラスク。]の続きを読む
うつのみや遺跡の広場、資料館。その6

根古屋台遺跡「うつのみや遺跡の広場・資料館」です。
こちらには、う~ん、と唸ってしまう、
いろいろ貴重な資料が展示されていました♪


うつのみや遺跡の広場、資料館。その7

=== 案内より ===
発掘調査発祥の地
栃木県と考古学とのつながり

私たちが住む栃木県は、日本の考古学の発達の上で
古くから重要な関わりがあります。

元禄5年(1692年)テレビでおなじみの水戸黄門・徳川光圀が
那須郡湯津上村にある上侍塚古墳・下侍塚古墳の発掘調査を行いました。
この調査は宝探しのためではなく、古墳の被葬者(葬られている人)を知るためのもので、
学術的な発掘としては世界で最も早いものです。


うつのみや遺跡の広場、資料館。その8

しかも光圀は出土品を自分のものにせず、図面をとるとすぐに埋め戻し、
古墳をもとの状態にかえしたうえに松の木を植えるなど、
その態度が高く評価されています。
云々。。。


なるほど~、黄門様すごいっ♪
みたいな感じであります。


[うつのみや遺跡の広場、資料館。 [宇都宮市]]の続きを読む
根古屋台遺跡。うつのみや遺跡の広場。 その6

根古屋台遺跡。うつのみや遺跡の広場。 その6-2

前回に引き続き、根古屋台遺跡「うつのみや遺跡の広場」です。
「四阿」から眺めた「根古屋台遺跡」。

=== 案内板より ===
四阿
この四阿(あずまや)は、本遺跡に復原した建物の
骨組みを知ることができる構造にしました。
ここでも、復原建物と同様に耐久性や安全性を高めるため、
釘やボルトなどの金物を使用しました。
展望台に上がって、建物の配置や墓の位置など遺跡全体の様子を観察してください。
云々。。。


根古屋台遺跡。うつのみや遺跡の広場。 その7

===
長方形大型建物(13号)
この遺跡では、15棟の長方形大型建物跡が確認されましたが、
ここでは建物を支えた10本の柱と壁ぎわの柱の下部を示しました。
なお、この建物の上部は、復原している長方形大型建物(1号)と
同様であると考えられます。
云々。。。


根古屋台遺跡。うつのみや遺跡の広場。 その8

===
竪穴住居(J-20)
この建物は、本遺跡で確認された27軒の縄文時代の竪穴住居跡のうちで、
中規模なものを復原したものです。
復原にあたっては、建物の高さを床面から7.7mに設定し、
屋根は入母屋で、妻の上部に出入口をとる構造としました。
なお、平面の規模は、長さ11.1m、幅4.7mです。
云々。。。


[根古屋台遺跡、うつのみや遺跡の広場にて。vol.2 [宇都宮市]]の続きを読む
PizzaPazza ピッツァパッツァ。 その1 PizzaPazza ピッツァパッツァ。 その2

栃木市に美味しいピザ屋さんがあると聞いて行って参りました。
PizzaPazza ピッツァパッツァ」さん♪
in ランチタイム!


PizzaPazza ピッツァパッツァ。 その3

ランチタイムでも美味しくワインをいただきます♪
白ワインのデキャンタを先ずは1つ。

オススメはセットメニュー。
いろいろあるピザの中から1枚チョイス!
そしてワンコイン、なんと+100円でドリンクとサラダが付いてきます!
こちらはセットの「ハーフサラダ」。
みずみずしいっ。

そして肝心のピザは。。。


PizzaPazza ピッツァパッツァ。 その4

先ずは「シラス」。
チーズ、ミニトマト、シラス、オレガノ。

初めていただいたシラス。
塩の感じがすごく美味しいんです。


PizzaPazza ピッツァパッツァ。 その5

そして「スモークモッツァレラチーズと赤いレタスのピザ」。
レタスの食感がなんとも言えませんっ♪ 
やさしい味わいのピザ。


[PizzaPazza ピッツァパッツァ。 [栃木市]]の続きを読む
根古屋台遺跡。うつのみや遺跡の広場。 その1

前回に続いて「うつのみや遺跡の広場」です。
史跡 根古屋台遺跡」の史跡公園です♪
縄文時代の、ちょっとした集落跡かなー、なんて思っていたら大間違い!
そこは大規模集落跡、見所満載でありました!


根古屋台遺跡。うつのみや遺跡の広場。 その2

=== 案内板より ===
石室モデル
この石室は、聖山公園の造成にともなって発掘調査をした
聖山1号墳(円墳)の石室の一部を模式的に復原したものです。
前方の将軍塚古墳の内部にも、このような横穴式石室があると考えられます。
云々。。。


根古屋台遺跡。うつのみや遺跡の広場。 その2-2

根古屋台遺跡。うつのみや遺跡の広場。 その2-1

===
竪穴住居(J-5号)
この建物は、本遺跡で確認された27軒の縄文時代の竪穴式住居跡のうち
最大規模のものを復原したものです。
復原にあたっては、建物の高さを床面から8.4mに設定し、
屋根は入母屋で、妻の上部に出入口をとる構造としました。
なお、平面の規模は、長さ13.7m、幅7.4mです。
云々。。。


[根古屋台遺跡、うつのみや遺跡の広場にて。 [宇都宮市]]の続きを読む
霧島神宮。鹿児島県 その37

=== 案内板より ===
坂本竜馬・おりょう新婚旅行記念
今からちょうど130年前、慶応2年(1866年)日本の歴史の大転換期に
坂本龍馬と妻おりょうは、薩摩(鹿児島)に訪れています。

京都伏見の寺田屋事件(1866年1月23日未明)で幕史に襲われ
九死に一生を得た龍馬は、妻おりょうとともに霧島の山深く入り
温泉で傷を治しながらその足で霧島山(高千穂)の峯にある天の逆鉾を見ようと
妻おりょうと高千穂登山をしています。

姉乙女への手紙によりますと「天の逆鉾」を見て天狗の面に似ていると
二人で微笑んだと記されています。
下山途中は一面にみやまきりしまが咲きほころび
美しい情景であったそうです。

またその足で霧島神宮をお参りし、大きな杉の木もあるが
御神殿の建物にも奥深いものがあると感じながらここに一泊し
そこから霧島の温泉に戻り4月12日鹿児島へ帰っているようです。

坂本龍馬が鹿児島へ訪れた行程は88日間と示され、
現在の新婚旅行とも言われています。
このことは龍馬が姉乙女宛へ送ったと言われる手紙から抜粋し要約したものです。
参考文献(京都国立博物館蔵より)1996年12月 霧島町 
云々。。。


以前の記事はこちらから。
霧島神宮 kirishima-jinguu 。 [鹿児島県霧島市]

【霧島神宮】
@鹿児島県霧島市霧島田口


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
tasuke 太助さん その3

ちょっと前にお邪魔しましたもんじゃのお店、
太助」さん♪


tasuke 太助さん その4

「あの店に行ったら、あれ食べなくちゃダメぢゃん~っ。」
なんて言われてしまったものですからっ!

「バター豆腐」!ネ!
これでよろしいでしょうか、Uさん?!(笑


tasuke 太助さん その5

鉄板にバターをしいて、お豆腐を導入!
お醤油を少々。。。
ん?これで良いのかな?


[やっぱりバター豆腐。 [足利市*太助]]の続きを読む
おおた芝桜まつり。 [太田市]その6

そうだっ。芝桜を見に行こう!


おおた芝桜まつり。 [太田市]その7

というわけでやって参りました太田市北部運動公園。
おおた芝桜まつり」会場であります。


おおた芝桜まつり。 [太田市]その8

前回に比べるともうひとつかなぁ?

それでもたくさんの人が訪れていました♪




[おおた芝桜まつり 2012。 [太田市]]の続きを読む