ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
蓬山ログビレッジの蓬山レストラン。その1

作原・さくはら」という地名をご存知でしょうか?
佐野市田沼町から国道201号線をひたすら北上して行きます。
1本道ですから迷うことはありません(笑

正面に見える山は蓬山。
藤原秀郷築城の言い伝えのある「蓬山城」があります。


蓬山ログビレッジの蓬山レストラン。その2

道が悪いと聞いたので、城跡の散策は断念し。。。
こちら蓬山ログビレッジ内にある「蓬山レストラン」。

地元のオバちゃんたちがワイワイ賑やかに働いている
お食事&休憩処です★

蓬山ログビレッジの蓬山レストラン。その3 蓬山ログビレッジの蓬山レストラン。その4

大広間のテーブル席です。
タクワン、白菜の漬物と玉コン。


[もりそばと、よもぎの湯。 [佐野市*蓬山ログビレッジ]]の続きを読む
皇大神宮(内宮)。宇治橋~第一鳥居。その1

神宮」です!
遂にやって参りました「皇大神宮(内宮)」。


皇大神宮(内宮)。宇治橋~第一鳥居。その2

朝の神宮。やっぱり朝が良いですねー。
さぁ、参りましょう★
「衛士見張所」と「松」。


=== 案内板より ===
皇大神宮 こうたいじんぐう (内宮)
御祭神 天照大御神
御鎮座 垂仁天皇26年
天照大御神は皇室の御祖神であり 歴代天皇が
厚くご崇敬になられています
また私たちの総氏神でもあります。


皇大神宮(内宮)。宇治橋~第一鳥居。その3

約2000年前の崇神天皇の御代に皇居をお出になり
各地をめぐられたのち この五十鈴川のほとりにお鎮まりになりました。

20年ごとに神殿をお建て替えする式年遷宮は
約1300年余り続けられてきました。
第62回神宮式年遷宮は平成25年に行われる予定です。
云々。。。


皇大神宮(内宮)。宇治橋~第一鳥居。その5

「宇治橋鳥居」。


皇大神宮(内宮)。宇治橋~第一鳥居。その4

「宇治橋」。


皇大神宮(内宮)。宇治橋~第一鳥居。その6

=== 案内リーフレットより ===
宇治橋 うじばし
五十鈴川に架けられた木造の橋は神宮の表玄関です。
長さは101.8m、両はじににある鳥居は、
旧御正殿の棟持柱(むなもちばしら)をリサイクルしています。
云々。。。


早い時間ですから、
参拝や観光の方もまだまばらです。


[伊勢神宮。皇大神宮(内宮)、宇治橋~第一鳥居。 [三重県伊勢市]]の続きを読む
浅草。寿司いさりびさん。123-1

浅草です。
ついつい足が向いてしまうお寿司屋さん♪
寿司 いさりび」さん。
今夜はカウンター!
って、カウンター席のみのお店ですが(笑

浅草。寿司いさりびさん。123-2 浅草。寿司いさりびさん。123-3 浅草。寿司いさりびさん。123-4
(写真はクリックで拡大します。)

辛口のイタリアワインをお願いし、
オツマミで「お刺身の盛り合わせ」を★
中トロ、サバ、カツオ、真鯛、キンメ、そして、
メチャメチャ甘味が強いのでお替りしてしまったトリ貝。

焼き魚は「ブリカマ」。


[ISARIBI 3。 [浅草*寿司 いさりび]]の続きを読む
浅草寺ライトアップ。 その7

日がとっぷりと暮れた頃、
浅草にいたんです。。。
浅草寺」です。

すごく綺麗にライトアップされています★
こんな夜の風景があるなんて知らなかった~。
参拝に訪れた人たちも、デジカメや携帯を取り出し、
人類皆カメラマン状態となっていましたっ(笑


浅草寺ライトアップ。 その1



浅草寺ライトアップ。 その6

それにしても綺麗だぁ~。。。


[浅草寺ライトアップ。]の続きを読む
松坂肉の牛丼。[伊勢自動車道*嬉野PA]その1

昨日も伊勢神宮。今日も伊勢神宮。
ホテルを朝早めに出発し、内宮を目指します。
朝の伊勢自動車道「嬉野パーキングエリア」。


松坂肉の牛丼。[伊勢自動車道*嬉野PA]その2

〝腹が減っては戦は出来ぬ〟
せっかく伊勢まで来たのだから、
せっかく松坂の近くにいるのだから(汗、、、
牛丼」を食べよう!

朝から牛丼っ(汗、(汗、(汗


[松坂肉の牛丼。 [伊勢自動車道*嬉野PA]]の続きを読む
佐久市、春日の道祖神。その1

職人館さんにあった地元案内のリーフレット。
この辺りって「道祖神」がたくさんあるんだ。。。

佐久市、春日の道祖神。その2 佐久市、春日の道祖神。その3 佐久市、春日の道祖神。その4

佐久市、春日の道祖神。その5

「けっこう古いもんだぞ、おい。
信心深いんだろうな、おい。」

職人館の館主(ご主人)北沢さんは、語尾に
〝おい〟と付くのが口癖のようだ。


[春日界隈の道祖神。 [佐久市]]の続きを読む
皇大神宮(内宮)の別宮、倭姫宮。 [三重県伊勢市]その1

伊勢神宮です。
外宮と内宮のちょうど間に倉田山と呼ばれる小高い丘があります。
こちらに鎮座されているのが、皇大神宮(内宮)の別宮、
倭姫宮 やまとひめのみや」です。


皇大神宮(内宮)の別宮、倭姫宮。 [三重県伊勢市]その2

倉田山エリアには倭姫宮の他、
神宮徴古館、農業館、神宮美術館、神宮文庫など、
伊勢神宮を詳しく知るには持ってこいの文化施設が集まっています。


それにしても~

素晴らしく綺麗だと思いません?
こちらの参道、石段。


皇大神宮(内宮)の別宮、倭姫宮。 [三重県伊勢市]その3



皇大神宮(内宮)の別宮、倭姫宮。 [三重県伊勢市]その4


皇大神宮(内宮)の別宮、倭姫宮。 [三重県伊勢市]その5

うっとりと眺めてしまった。。。
こんな石段の景色なんて観たことないっ。。。

木もスゴイぞ。


[伊勢神宮。皇大神宮(内宮)の別宮、倭姫宮。 [三重県伊勢市]]の続きを読む
外宮の前。伊勢うどんの「いそべや」その1

「豊受大神宮」から伊勢市駅までの一直線の道。
外宮の「表参道」です☆
〝名物 伊勢うどん〟の大きな看板がひと際目を引きます。

「神宮に行くのだったら、伊勢うどん食べてくれば?」
なんて言われていたものだから迷わず決定!

外宮の前。伊勢うどんの「いそべや」その3

外宮前で一番目立っていた「いそべや」さんにお邪魔しました。
〝番号をお呼びしますから、お答えください〟と書かれた整理券が渡され、
お茶して待つことしばらく。。。


外宮の前。伊勢うどんの「いそべや」その4

でたっー!
伊勢うどんっ」!


[初めての伊勢うどん。 [三重県伊勢市*いそべや]]の続きを読む
職人館。長野県佐久市。2012-3-1

佐久にはまだ雪が残っていた。
メチャメチャ楽しみにしていた「職人館」さん。
ホント、久しぶりなんです!


職人館。長野県佐久市。2012-3-2

さぁさぁ、
たらふく飲もうではありませんか?!


職人館。長野県佐久市。2012-3-3

「うまい酒にはツマミなんかいらねぇだかなぁ!」
愛情たっぷりのジョークと共に、塩が出されるっ。
白と茶色がかった2種類。

ご主人のジョークは、まんざらジョークだけにとどまらず、
この塩さえあれば飲めちゃうかも。。。、と
ホントに思わせてくれるところがスゴイ。

職人館。長野県佐久市。2012-3-4 職人館。長野県佐久市。2012-3-5
(写真はクリックで拡大します。)

塩をパッパと振っていただいた「さといらず」と「みまき豆腐」。
〝さといらず〟は地大豆の名前で、砂糖がいらないほど甘味があるの意味。

驚くのは、塩や味噌、調味料の類は、
すべて職人館さんのオリジナルなのだということ!


[地元野菜と、蕎麦の実と地鶏とナツメのサムゲタン。 [長野県佐久市*職人館]]の続きを読む
神路通りの歴史。その4

外宮の別宮「月夜見宮」を背にすると、
1本の路地があります。
この道をまっすぐ進めば「外宮・豊受大神宮」に至ります。


神路通りの歴史。その5

この道が「神路通り」です☆


=== 案内板より ===
神路通りの歴史
外宮の北御門から、月夜見宮に行く間の宮後(みやじり)町のこの道を
小字神路といい、通称「神路(かみぢ)通り」といいます。

昔は並木があり、中央を避けて通ったといわれ、
今でも中央を歩かない風習があります。
また家並みの不浄所の戸も道の方へは開けず、不吉な行列も
この道を通らないとされています。


神路通りの歴史。その3

「明治33年(1900年)神都実測図」↑


「日本の神話」河出書房新社では、この神路通りを次のように解説しています。
「・・・(中略)・・・
高河原神社(月夜見宮)と豊受大神宮とを結ぶ一直線の広い道路がある。
その道は、神の通い道であると考える気持ちが山田の人々の間には古くからある。


[神路通りの歴史。]の続きを読む
=== 案内板より ===
伊勢と松尾芭蕉
芭蕉は生涯6度伊勢に訪れたといわれています。
お伊勢参り、尊敬する西行法師や俳諧の祖である荒木田守武神主
(あらきだもりたけかんぬし)ゆかりの地である伊勢は芭蕉にとって憧れの地でした。

伊勢は俳諧の盛んな土地で芭蕉のファンや門人も多かったため伊勢人との交流は深く、
俳諧興行しばしば行われました。

伊勢と松尾芭蕉。


[伊勢と松尾芭蕉。]の続きを読む
足利市。韓国家庭料理 ちんぐ。その4

韓国家庭料理のお店「ちんぐ」さんが、
移転リニューアルしたと聞いて行って参りました♪
辛いの、久しぶりだなぁ。

場所は足利市民プラザのすぐお隣です。
赤い外観が目印。


足利市。韓国家庭料理 ちんぐ。その1

先ずは生ビール。
ジョッキまでキンキンに冷えてます。のど越しまで冷たくて
気持ちイイ。
ビールと一緒に、もやしのナムルとキムチが出てきました★


足利市。韓国家庭料理 ちんぐ。その2

「海鮮チヂミ」。
イカ、タコ、エビなど、魚貝がたくさん入ってます。
オリジナルのタレにつけて、キムチをのせて、
韓国ノリに巻いていただきます!これが美味しい~♪

ピザに例えるならMと同じくらいのサイズ?(笑
それでも1枚ぺろり、デス。


[海鮮チヂミと石焼スンドゥブ。 [足利市*韓国家庭料理 ちんぐ]]の続きを読む
豊受大神宮(外宮)の別宮、月夜見宮。 [三重県伊勢市]その1 豊受大神宮(外宮)の別宮、月夜見宮。 [三重県伊勢市]その2
(写真はクリックで拡大します。)

伊勢神宮、「豊受大神宮」より歩いて10分くらいでしょうか。
月夜見宮 つきよみのみや」にやって参りました。
外宮の別宮となる神社さんです。


豊受大神宮(外宮)の別宮、月夜見宮。 [三重県伊勢市]その3

境内に入ってすぐ右手に、
「手水舎」と「祓所・はらえど」。


豊受大神宮(外宮)の別宮、月夜見宮。 [三重県伊勢市]その4

「社殿」。
伊勢神宮のお社は、どれもこのような形をしているようです。
シンプルに見えますが、深みのある建物というか。
うーん、一つの完成形みたいな。。。


豊受大神宮(外宮)の別宮、月夜見宮。 [三重県伊勢市]その6

「鳥居」。
境内には背の高い木が立ち並びます☆


豊受大神宮(外宮)の別宮、月夜見宮。 [三重県伊勢市]その7


=== 案内図資料より ===
月夜見宮 つきよみのみや
外宮の別宮で月夜見尊と月夜見尊荒御魂をおまつりしています。
内宮の別宮の月読宮におまつりされている
月読尊と同神です。
云々。。。


[伊勢神宮。豊受大神宮(外宮)の別宮、月夜見宮。 [三重県伊勢市]]の続きを読む
=== 案内板より ===
お木曳きと山田
伊勢神宮には20年毎に御宮を遷しかえる式年遷宮という行事があります。
これは1300年程前の持統天皇の御世に始めらたもので、
この伝統が固く守られ営々と現在に伝えられています。

お木曳き(おきひき)行事とは、木曽の山から切り出された御用材を
宮川より外宮の北御門まで各団の誇るお木曳き車に載せ、
木遣り歌、伊勢音頭などを囃したり、練ったりしながら、
神領民(かみりょうみん)と呼ばれる地元の人々によって行われる
民俗行事です。
時期的には遷宮の7、8年前に行われ、いよいよまち全体が
遷宮の年に向けて走り出す行事といえます。
外宮領の山田地区では、陸曳きと呼ばれ、街中を曳き、
内宮領の宇治地区では川曳きと呼ばれ、五十鈴川をソリで曳きます。


お木曳きと山田。 [三重県伊勢市*伊勢神宮]その1

お木曳き車はワン鳴りと呼ばれる独特の音を出しながら曳かれ、
その音を競ったりもします。
また、ここ北御門への曳き込みはエンヤ曳きと呼ばれ、
お木曳き行事のクライマックスで見応えのある勇壮なものです。

伊勢人はこの行事に参加することで、お伊勢さんへの畏敬の念と共に
親しみを持って自分達の誇りとして、日々暮らしています。
また、外宮の北御門は、伊勢参りに訪れる多くの人々が
神宮に辿り着いたと感じる終着点と言える場所であり、
それと同時に全国各地へ旅立つはじまりの場所でもありました。
世界遺産に登録されている熊野古道(伊勢路)へ向かう多くの人々も、
ここから熊野三山を目指し新たな旅を始めようとしていたのです。
云々。。。


[お木曳きと山田。 [三重県伊勢市*伊勢神宮]]の続きを読む
伊勢神宮、外宮。度会国御神社と大津神社。その59

伊勢神宮、外宮の「豊受大神宮」です。
境内を、ひと回り巡って見たところでもう1度☆

北御門から少し入ると、右手に小さな1本道があります。
神社林の中を通る道はとても清々しいものです。
しばらく行くと小さな神社さんが見えて来ます♪


伊勢神宮、外宮。度会国御神社と大津神社。その55

度会国御神社」。
〝わたらいくにみ〟と読みます。なかなか難しいっ(汗、、、

伊勢神宮、外宮。度会国御神社と大津神社。その57

伊勢神宮、外宮。度会国御神社と大津神社。その56

豊受大神宮(外宮)の摂社の神社さん。
明治以前まで、代々外宮の祭祀を務めてきた度会氏の祖神を
お祀りしているのだそうです。

なんでも外宮がご鎮座される以前から、
祀られていたと伝えられています。
凄くありません?!


伊勢神宮、外宮。度会国御神社と大津神社。その58

鳥の鳴く声が響きます。
まるで原生林のよう。。。

もう少し先に進みましょう♪


[伊勢神宮、外宮。度会国御神社と大津神社。 [三重県伊勢市]]の続きを読む
しんこまんじゅう。佐野市の石川やさん。その1 

しんこまんじゅう」!
田沼名物と書かれています。


しんこまんじゅう。佐野市の石川やさん。その2

知り合いのSさんからいただいた差し入れです♪
しんこまんじゅう、ですかー。

〝しんこ〟は新粉の意味。
田沼産のうるち米の粉と小豆、おいしい田沼の水を使って、
手間暇かけて作られるお饅頭。


[石川やさんのしんこまんじゅう。 [佐野市]]の続きを読む
伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その4の42

伊勢神宮。
外宮の「豊受大神宮」であります。


伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その4の41

「北御門参道」から入って、


伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その4の43

「御正殿」、3つの別宮と参拝を済ませ、
表参道方面へ参ります☆

=== 案内より ===
神宮の由緒
日本人の心のふるさと-「お伊勢さん」の名で親しまれている神宮は、
皇大神宮(内宮)豊受大神宮(外宮)を中心に14所の別宮と
109所の摂社・末社・所管社からなりたっています。

ここ、外宮の御祭神である豊受大御神は、天照大御神の御饌都神
(みけつかみ・食物を司る神)で衣・食・住を始め
すべての産業の守護神として、崇められています。

年間千数百回に及ぶ祭典では、皇室の繁栄と国の隆昌、
五穀の豊穣と国民の幸せを願って、祈りが捧げられています。
云々。。。


伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その4の47

「神楽殿」。

===
神宮の御神楽(おかぐら・ご祈祷)
神饌をお供えして祝詞(のりと)を奏し、皆様のお願いごとを
大御神にお取次ぎするのが「御饌・みけ」です。

これに雅楽を奏し、舞楽を加えてご神慮をお慰めし、より丁寧に
ご祈祷を行うのが「御神楽」です。

大御神の広大無辺な御神徳を仰ぎ、
明るく清々しい日々を過ごしましょう。
云々。。。


[伊勢神宮、外宮。神楽殿から表参道へ。 [三重県伊勢市]]の続きを読む
太田市*トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ。その1

TRATTORIA VIA BINDELLINA。

トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ。
太田市にOPENしたイタリア料理のお店です。


太田市*トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ。その2

メインの通りから少しだけ入ったところ。
どことなくアットホームな、ゆっくりして行きたくなるような雰囲気。
お店の前にはマンションが見えます。
特別な風景ではないのだけれど、落ち着くなぁ。

太田市*トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ。その3

先ずはグラス生ビール。赤ワインもお願いし、
オリーブをつまみながら、どれにしようかなぁ、と♪

太田市*トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ。その4 太田市*トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ。その5 太田市*トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ。その6
(写真はクリックで拡大します。)

お酒も楽しみながら、ちょこちょことつまみたいわけで、
「本日の小皿」の中から3品ほど。

「トマトとモッツァレラのサラダ」「タラのペースト」「タコの煮込み」。
お通しサイズの小皿は、どれもパフォーマンスがあってオイシイ!
お腹をいっぱいにしないで、いろいろ楽しめる優れモノ★★★


[TRATTORIA VIA BINDELLINA。 [太田市*トラットリア・ヴィア・ビンデリーナ]]の続きを読む
伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その3の12 伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その3の13
(写真はクリックで拡大します。)

伊勢神宮
先ずは外宮。「豊受大神宮」です。

「御正殿」の前に注連縄で囲われている所があります。
「三ツ石」と云うのだそうですが、正式名称は「川原祓所・かわらのはらいしょ」。
遷宮や諸祭の時に、お祓いが行われる場所です。

こちらの三ツ石に手をかざしている人がいました。
なんでも温かい感じを受けるのだとか。。。

豊受大神宮 別宮遥拝所

三ツ石の手前に「別宮遥拝所」。
注連縄が張られ、白い玉石が敷き詰められています。


伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その3の14

「御池」。

伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その3の15

ピンと張ったような水面。
周りの木々が映り、とても綺麗です☆


伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その2の27

外宮の境内には3つの別宮があります。
こちらは「風宮・かぜのみや」。

御祭神は、
級長津彦命(しなつひこのみこと)と級長戸邊命(しなとべのみこと)。


伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その3の45

=== 案内マップより ===
風宮 かぜのみや
風の神をおまつりする別宮(べつぐう)です。
鎌倉時代の元寇(げんこう)の時、神風(かみかぜ)を吹かせて
日本をお守りになった神様として知られています。
云々。。。


[豊受大神宮。三ツ石と3つの別宮。 [三重県伊勢市]]の続きを読む
イタリア料理のお店。イル・ガット。2012-3-2

もうちょっとだけ飲みたい!
もう少しワインが飲みたい。

イタリア料理のお店。イル・ガット。2012-3-1 イタリア料理のお店。イル・ガット。2012-3-3

すでに夕食は終えていたのですが、
あのカウンター席に呼び寄せられるように。。。


イタリア料理のお店。イル・ガット。2012-3-4

来てしまった♪

さっそく、辛口の白ワインを選んでいただくも。。。
グラスのつもりがボトルになった(汗、、、


イタリア料理のお店。イル・ガット。2012-3-5

「温かいカプレーゼ アンチョビソース」。


[温かいカプレーゼとイカスミのスパゲティ。 [足利市*イル・ガット]]の続きを読む
伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その2の16

どどぉ~んっと、「伊勢神宮」です。
外宮と呼ばれる「豊受大神宮」であります☆


伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その2の18

こちらがその「御正殿」。


伊勢神宮 豊受大神宮・外宮 その2の19

=== 案内マップより ===
御正殿 ごしょうでん
内宮と同じ唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)の様式ですが、
鰹木は9本で千木が垂直に切られているなど、
いくつかの異なる点があります。
云々。。。


[伊勢神宮。豊受大神宮(外宮)、御正殿。 [三重県伊勢市]]の続きを読む
足利市の「よね吉」さん。 その1

新しくお店がOPENしたと聞いてやって参りました!
足利市にある「よね吉」さん。
Charcoal fire(炭火焼鳥)と、Chicken&egg rice(親子丼)が自慢のお店。
可愛らしいロゴマーク。 

足利市の「よね吉」さん。 その2 足利市の「よね吉」さん。 その3

奥のテーブル席に通されました♪
とりあえずのビールと、野菜と胡麻油の「お通し」。
こちらの瓶ビールは、なんとサッポロラガー。
この赤い星が美味しいのです!好きだなー。


足利市の「よね吉」さん。 その4

「ピリ辛そぼろと韓国のりの豆腐サラダ」。
豆腐のサラダに、鶏そぼろと韓国のりのトッピング★


足利市の「よね吉」さん。 その5

この、ピリ辛のSOBOROがすんごくオイシイ♪
食べたい気持ちが一気に加速します。
ご飯が欲しくなるんですよねー。
ゴマドレッシングとの相性もドンピシャ!


[新しくできた炭火焼鳥のお店。 [足利市*よね吉]]の続きを読む
深夜、北関東自動車道へ飛び乗り、西へ!

高崎JCT、藤岡JCTから上信越道へ。
更埴JCTから長野自動車道へ入り南へ。
そしてさらに西へ。。。


伊勢神宮 外宮 その1の1

岐阜を通り、名古屋を過ぎて、
いや~、走りました(汗、(汗、(汗、
6時間以上は走っているでしょうか。あともう少し。

思い立ったら吉日☆
神社に着いたのは朝8時ちょっと前。
キターっ。


[神宮 jingu へ。。。]の続きを読む
あれから1年。その1

東日本大震災から今日で1年が経ちました。


あれから1年。その3

あれから1年。その2

昨年、冬になる前、友人を訪ねて行った石巻市。
石巻港附近の風景。

あれから1年。その4 あれから1年。その5 あれから1年。その6
(写真はクリックで拡大します。)


あれから1年。その10

ねじまがった駐車場の看板。
〝満車〟の表示のまま、です。


あれから1年。その7 あれから1年。その8 あれから1年。その9

この時点ではまだ被災市街地の都市計画が出ていなかったらしく、
復旧もままならないと、友人が話してくれました。


[震災後、1年経ちました。]の続きを読む
2012年3月の粋圓さん。その8

ちょっとした打ち合わせも兼ねてのランチタイム。
足利市にある「粋圓 suien」さん。

カウンターには、いつも綺麗な生花が飾られています♪
で、今日はテーブル席へ(笑


2012年3月の粋圓さん。その1

本日のランチ」をお願いしました。
こちらのセットは、いろいろ小鉢とプチデザートが一緒になった優れモノ。

「春菊のサラダ」。
独特の風味の春菊と、やわらかな蒸し鶏が、
ドレッシングで一つになります。
もう春だもの~★


2012年3月の粋圓さん。その2

「芝海老とアスパラの揚げ物」。
ちょっとHOTなチリソースがめちゃめちゃ合うんです♪
海老好きですから、もうたまりません。


2012年3月の粋圓さん。その3

「酸辣湯・サンラータン」。
酸味の効いた辛口のスープです。
スパイシーなのですが、日本酒とも良く合います♪
純米吟醸をひと口だけいただきました★


[本日のランチセット。 [足利市*中国料理 粋圓]]の続きを読む
りつこ&りつこ Spring Collection [桐生市*御ちゃわん屋]

春だなぁ☆
と、言うわけでイベントのご案内です。
会場は桐生市の御ちゃわん屋さん♪
「山猫しろシャツ×時代を縫い閃きをトッピング」。
青木りつ子さんと伊藤律子さんのSpring Collection。

さぁ、みんなで行ってみよーっ!
ただ今開催中、11日(日)まで。


「りつこ&りつこ Spring Collection」
日 時/2012年3月2日(金)~3月11日(日)
日 時/11:00~17:00
会 場/町屋のギャラリー 御ちゃわん屋
お問い合わせ/御ちゃわん屋・TEL/FAX 0277-44-1050



以前のイベントはこちらから。
2011 夏展 - 布 - [桐生市*御ちゃわん屋]

【町屋のギャラリー 御ちゃわん屋】
@群馬県桐生市西久方町2丁目1-20
TEL/FAX 0277-44-1050


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
そば処 元屋 長野市 その1

くるくると、あちこち観てまわった善光寺。
お寺の周りには、たくさんの魅力的なお店がありました★
やっぱりお蕎麦屋さんが多かったかな?

こちら「そば処 元屋」さん。
ランチタイム外でもウェイティングの出る人気店。
1階は一杯。2階にひとつだけ空いていた席!
ラッキー♪


そば処 元屋 長野市 その2

やっぱりスタンダード、
もりそば」をお願いしました!
小もり、大もりとありますが、
私が頼んだのは。。。


そば処 元屋 長野市 その3

かさね」、であります!
おおーっ。


[信州善光寺の門前そば。 [長野市*そば処 元屋]]の続きを読む
善光寺 忠霊殿 その1

善光寺境内にはいろいろな建物があります。
こちらは、本殿の裏の方に建つ「忠霊殿」。
「善光寺史料館」も併設されており、こちらも必見!


=== 案内板より ===
善光寺日本忠霊殿
戊辰戦争から第二次世界大戦までの戦争で亡くなった、
約240万柱の英霊を祀る仏式霊廟です。

善光寺 忠霊殿 その3 善光寺 忠霊殿 その2
(写真はクリックで拡大します。)

明治39年(1906年)に創建され、昭和45年(1970年)に現在の姿に
改築されました。
1階には善光寺ゆかりの宝物を展示する
「善光寺資料館」が併設されています。
云々。。。

「香炉の獅子(左)」と大きい「狛犬(右)」クン。

善光寺 経堂 その1

「経蔵」。
壁のデザインがカッコイイ♪


善光寺 経堂 その2

===
経蔵 重要文化財
宝暦9年(1759年)に完成した、経本の収蔵庫です。
間口・奥行は約11.5メートル、高さは約13.5メートルです。

中央には八角形の回転式輪蔵があり、元禄7年(1694年)に寄進された
鉄眼黄檗版一切経(てつげんおうばくばんいっさいきょう)の経本が
納められています。
輪蔵の腕木を押して一回転させると、中の経本を全て読んだのと
同じ功徳が得られると言われています。
云々。。。


[境内の建物いろいろ。 [長野市]]の続きを読む
信州 善光寺 本堂 その3

山門をぬけ、いよいよやって参りました、
信州善光寺 本堂」であります!
やたーっ!


信州 善光寺 本堂 その4

ズズゥ~ン、と大迫力★


信州 善光寺 本堂 その5

本堂を背に、山門方面を見るっ。
きたーっ!

信州 善光寺 本堂 その7 信州 善光寺 本堂 その2

「鐘楼(右)」と、


信州 善光寺 本堂 その1

本堂正面、香炉にまたがる獅子。
ここから奥は撮影禁止であります、もちろん!


[信州 善光寺、本堂。 [長野市]]の続きを読む
善光寺、本堂前。大香炉の獅子。

善光寺、本堂前。

もうもうと、お線香の煙を吐き続けている
大香炉にまたがった「獅子」。



以前の記事はこちらから。
善光寺、山門。

【善光寺】
@長野県長野市元善町


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )