ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
山門前、濡れ仏と六地蔵 その2

山門前にいらっしゃる2組のお地蔵さん。
六地蔵と濡れ仏です。


=== 案内板より ===
六地蔵
六地蔵は、われわれ衆生が輪廻を繰り返す六つの世界(六道)に現れ、
迷いや苦しみから衆生を救ってくださる菩薩です。

向かって右から、地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・
人界・天界の地蔵菩薩です。
地獄界の地蔵菩薩が蓮台から片足を踏み出しているのは、
一刻も早く衆生を救いに行こうというお気持ちの顕れだと
言われています。
云々。。。


[山門前、六地蔵と濡れ仏。 [長野市]]の続きを読む
善光寺、仲見世通り その1

向こうに見える大きな建物が「善光寺山門」です。
その門前にある「仲見世通り」。


善光寺、仲見世通り その2

お食事処、お土産屋さん、旅館や喫茶、
写真館に仏具屋と、いろいろなお店が並んでいます★
とても活気があって、賑やかな通りです♪


善光寺、仲見世通り その3

しばらく行って右に曲がると
善光寺の宿坊の一つ「世尊院・よそんいん」があります。
こちら、世尊院の「釈迦堂」であります。


=== 案内板より ===
善光寺世尊院 釈迦堂
釈迦涅槃像(国指定重要文化財)
天延3年(973年)越後国古多ヶ浜より漁師の網にかかり
出現せられ、その後当寺へ奉送された。

毘沙門天像(市指定文化財)
善光寺七福神

不動明王像
右、本尊並び両脇侍は戸張(幕)内にあり、特別拝観日のみ
御開帳される。

一光三尊阿弥陀如来像(市指定文化財)

開運 摩利支天像
云々。。。


[仲見世通り、世尊院釈迦堂と延命地蔵。 [長野市]]の続きを読む
善光寺、仲見世通り、天草屋さんのおかき。 その1

いろいろなお店の並ぶ善光寺仲見世通り。
手造りおかきのお店「天草屋」さん。

善光寺、仲見世通り、天草屋さんのおかき。 その3

善光寺、仲見世通り、天草屋さんのおかき。 その2

ざらめ、昔醤油、わさびのり、青のり、七味、etc。。。
いろんな種類があります♪
〝串ぬれ〟なんていう、串焼きのぬれ煎もあったり★


善光寺、仲見世通り、天草屋さんのおかき。 その4

私は〝黒ごま〟をGETしました!
ごまの風味がすごく香ばしいっ♪

焼きたてのあったかいおかきで、ちょっと小休止★
オイシイ。



以前の記事はこちらから。
善光寺表参道、敷石と仁王門。 [長野市]

【天草屋】
@長野県長野市大字長野元善町
TEL/026-235-1111


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
善光寺表参道、敷石と仁王門。 [長野市]その1

=== 案内板より ===
史跡 善光寺参道(敷石)
善光寺参道(敷石)は、宝永4年(1707)、本堂が仲見世堂跡地蔵尊付近から
現在地に移転竣工の後、7年目にあたる正徳4年(1714)に完成した。

本堂普請の後、参道の路面状態が悪く、参詣人に難儀をきたしていたため、
正徳3年、本堂前の敷石が、腰村(西長野)西光寺住職単求の寄進により敷設、
続いて境内入口の二天門跡から山門下までの218間(397メートル)が
江戸中橋上槙町(現日本橋3丁目)の石屋香庄(大竹屋平兵衛)の寄進により
敷設された。(墓碑銘・大勧進日記)


善光寺表参道、敷石と仁王門。 [長野市]その2

伝説によると、平兵衛は、伊勢出身で江戸で財をなしたが、
長男が放蕩で家へ寄り付かなかった。ある夜、盗賊が入ったので、
突き殺すと、それが我が子であったという。
平兵衛は世の無常を感じ、家を後継者に譲り、巡礼の旅の途中善光寺にきて、
諸人の難儀を救うため敷石を寄付した。

平兵衛は後に茂管静松寺で出家し、享保11年(1726)に没した。
平兵衛の墓は、静松寺と善光寺境内に今も残っている。
その後も平兵衛の子孫は、敷石の修理をしていたという。

敷石は、山門上が幅四間、山門下から二天門跡までが幅三間で、
長方形の石が規則正しく敷かれている。
西長野郷路山産の安山岩製で総数7777枚といいならわされているが、
現在およそ7千枚が敷設されている。
一部補修をうけているが、大部分は当初のままで、
これほどの規模を持つ近世以前の敷石の参道は、全国的にも稀である。
云々。。。


善光寺表参道、敷石と仁王門。 [長野市]その3

===
信州善光寺 堂照坊
この名号堂は善光寺本堂を大御堂と申しますのに対し小御堂と呼ばれるもので、
居並ぶ各坊を小御堂坊中といいます。
なかでもこの御堂を持つ堂照坊は善光寺一山中もっとも歴史のある坊と伝えられており
鎌倉時代に至って親鸞上人が建暦2年3月から御逗留あらせられ念仏勤行し
善光寺本堂に毎日参詣された御旧跡であります。
云々。。。


こちらの表参道・石畳の通りを過ぎると。。。


善光寺表参道、敷石と仁王門。 [長野市]その9

ドドォ~ン!


。。。








宝暦2年(1752年)建立、大正7年(1918年)再建。
仁王門」です!


[善光寺表参道、敷石と仁王門。 [長野市]]の続きを読む
から揚げ、おでん、串揚げの専門店。 和作さん その1

ううぅ~、さぶぅ~、、、
手も凍りつくような、そんな激寒い晩に、
和作 wasaku」さんのおでんが食べたいなぁ~、と。
オバちゃん、元気でやってるかな?


から揚げ、おでん、串揚げの専門店。 和作さん その2

さっそく麦焼酎のお湯割りをいただきます!
お通しの「しらすおろし」には酢醤油をたっぷり♪
かけつけ1杯、ほぉ~、とする瞬間なのです。


から揚げ、おでん、串揚げの専門店。 和作さん その3

今の季節は「おでん」ですよねー。
ウインナー巻き、はんぺん、大根、
シュウマイ揚げ、


から揚げ、おでん、串揚げの専門店。 和作さん その4

厚揚げ、魚河岸揚げ、キンチャク、のベスト7品!
なんと言っても、はんぺんと魚河岸揚げ。これに目がないのです~。
あ、あと大根ですか(笑?!


[から揚げとおでんのお店。 [足利市*和作]]の続きを読む
善光寺、参道いろいろ。 [長野市]その1

蔵づくりの建物が並んでいます。
この辺りからずいぶんと町の景観が変わってきます☆


善光寺、参道いろいろ。 [長野市]その2

こちらは洋風建築のビル。
モダンな時計屋さんです♪

建物の時代もいろいろです。


善光寺、参道いろいろ。 [長野市]その5

灯籠があったり。。。


善光寺、参道いろいろ。 [長野市]その4

紙屋さんでしょうか。
今で言う文房具屋さんかな?
看板には「柏與紙廛」と書かれています。
渋い。。。


[善光寺、参道のいろいろ。 [長野市]]の続きを読む
北野文芸座と熊野神社。 [長野市]その1

善光寺、表参道にある建物の中でも、
ひと際目を引きます。おおっ?!歌舞伎座かなっ!!
という「北野文芸座」。


北野文芸座と熊野神社。 [長野市]その2

伝統芸能、演劇、コンサートなど、
各種公演に用いられている施設です。
特有の外観。大きくて迫力あります★


北野文芸座と熊野神社。 [長野市]その3

この文芸座のすぐ横にちょこんと居座る石祠。
「道祖神」です。

昔からこの場所にあったんだろうなー。
地元にまつわる云われなんかがありそうじゃありません?
こんな小さな道祖神にも、興味シンシンなのであります。


[北野文芸座と熊野神社。 [長野市]]の続きを読む
川原湯温泉、足湯と外湯。 [吾妻郡長野原町]その1

建設中の巨大な橋脚。その足元にある温泉街。
早朝の「川原湯温泉」です。

共同浴場の「王湯」。
源氏の家紋「笹竜胆(ささりんどう)」が掲げれています♪
早いからどうかなー、と思っていましたが、やっぱりやっていなかった(汗、、、
こちらの共同浴場、10:00amのOPENです★

建久4年(1193)、源頼朝さんが発見したと云われる川原湯温泉。
とても歴史ある温泉なのです♪

川原湯温泉、足湯と外湯。 [吾妻郡長野原町]その2

なにかの供養等と芭蕉の句碑↑


=== 案内板より ===
川原湯温泉
泉温  71.6℃(調査時の気温25.5℃)
泉質  含硫黄-塩化物・硫酸塩温泉(中性低張性高温泉)
禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、
禁忌症 重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、
禁忌症 高度の貧血、その他、一般的に病勢進行中の疾患、
禁忌症 妊娠中(特に初期と末期)

適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこわばり、
禁忌症 うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、
禁忌症 疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、
禁忌症 慢性婦人病、動脈硬化症
云々。。。


川原湯温泉、足湯と外湯。 [吾妻郡長野原町]その3

王湯を過ぎ、坂を上がったところ、
神社の手前に「足湯」があります。


[川原湯温泉、足湯と外湯。 [吾妻郡長野原町]]の続きを読む
勢獅子、秋葉神社と忠治の墓。 [長野市]その1

権堂町、アーケード通り。
「権堂駅」手前、イトーヨーカドーの隣、「秋葉神社」です。
全国にも数多くある神社さんで、一般には火伏せの神として信仰されています。

「一ノ鳥居」と、


勢獅子、秋葉神社と忠治の墓。 [長野市]その2

「二ノ鳥居」。
正面に「拝殿」があります。

勢獅子、秋葉神社と忠治の墓。 [長野市]その3 勢獅子、秋葉神社と忠治の墓。 [長野市]その4
(写真はクリックで拡大します。)

阿吽の「狛犬」クン。
なかなかユーモラスな形です。


[秋葉神社、四條霊社と忠治の墓。 [長野市]]の続きを読む
八ッ場ダム、湖面1号橋。その4

バイパスが通ったおかげで、
草津に行くにもずいぶん近くなったなー、
なんて思っていた矢先の川原湯温泉附近。


八ッ場ダム、湖面1号橋。その6

「八ッ場ダム(やんばダム)」建設に伴う関連整備事業。
「湖面1号橋」建設の真っ只中を通りかかりました。


八ッ場ダム、湖面1号橋。その7

八ッ場ダム、湖面1号橋。その8

デカいなぁ。。。


八ッ場ダム、湖面1号橋。その5

5径間連続PCエクストラドーズ橋。
案内板にあった完成予定図。

湖面1号橋というのは現時点では仮称。


八ッ場ダム、湖面1号橋。その9

すげー。


[八ッ場ダム、湖面1号橋の建設風景。 [吾妻郡長野原町]]の続きを読む
勢獅子 kioi-jishi 。 [長野町]その1

権堂町、アーケード通り。
突然目の前に、大きな獅子頭が飛び込んで来ました!
おお~っ、デカイっ(汗、、、


勢獅子 kioi-jishi 。 [長野町]その2

こちらのBIG HEAD、
「勢獅子」と言うのだそうです。
kioi-zishi、です。


=== 案内碑より ===
権堂町勢獅子の由来
勢獅子(きおいじし)は、その起源が古く江戸時代の天保2、3年頃と伝えられている。

当時、正月と祗園祭りには木造り獅子を悪魔払いと称して、
乱暴御免とばかりに町内各所で舞暴れたと伝えられている。


勢獅子 kioi-jishi 。 [長野町]その3

年と共にこの獅子は木造りから大型なものに造り変えられ、
現在では約30数kgの獅子頭となっている。

明治7年県庁庁舎が移転新築されたおり、落成の祝賀式に権堂の暴れ獅子を献じたが、
ささいなことで乱闘になり「ほろ」が破かれてしまった。
時の県参事は直ちに式場にあった紫縮緬の大幕を貸し与えた。
この大幕は権堂町の宝として保存され、以来権堂の暴れ獅子の「ほろ」には
菊花の紋章を形取って毛巻を16本とし、中に三星を入れて作っていたが、
今は原型を残すのみである。


[勢獅子 kioi-zishi 。 [長野町]]の続きを読む
権堂通りと弁財天。 [長野市]その2

「権堂アーケード」。
中央通りから善光寺に向かって、途中右手に入っていく道路です。
小さなお店がずらりと並んだ商店街♪
雨の日だって傘の入らない優れモノ★


権堂通りと弁財天。 [長野市]その1

=== 案内碑より ===
権堂通り 由来
表権堂、裏権堂と呼ばれた南北二つの通りが、
かつてのメインストリート。
現在の権堂通りは昭和に入って隆盛した。
云々。。。


権堂通りと弁財天。 [長野市]その3

と、言うわけで、
こちらの通りに入ってから、すぐ左手にお寺さんがあります。
弁財天と白抜きされたのぼり旗がひと際目を引きます、
往生院」です。


[権堂通りと弁財天。 [長野市]]の続きを読む
足利市 牛たんつづみさん 201202-1

足利市にある牛たん料理の専門店「牛たんつづみ」さん。
こちらのお店のお通しがすごく好きです☆
毎回違って、いろいろな一品が楽しめます。

今夜は「白子豆腐」。
いいなー、コレ。


足利市 牛たんつづみさん 201202-2

11月~春先まで、牡蠣料理も楽しめます♪
広島から直送される新鮮な牡蠣!「かきの正油漬」。

ヒジョーにお酒を加速してくれるオツマミ。
ブラウマイスターをやっつけた後、
白ワインをいただきました!


足利市 牛たんつづみさん 201202-3

以前はゆでたん派。
今は「たん焼き」にハマっています(笑
香ばしい焼き上がりで、程よく肉厚な歯応えがなんとも言えません。
好きだなー。


[季節限定の牡蠣料理。 [足利市*牛たんつづみ]]の続きを読む
桂並木と善光寺。 [長野市]その1

=== 案内板より ===
桂並木と善光寺
ここ善光寺の表参道「中央通り」には、約1.4kmの桂並木が続いています。
全国的にも珍しいこの桂並木は、善光寺にゆかりのある樹木です。

古来、度重なる火災に見舞われた善光寺ですが、
国宝に指定されている現本堂は江戸時代の宝永4年(1707年)に建立され、
以来その荘厳なたたずまいを保っています。


[桂並木と善光寺。 [長野市]]の続きを読む
=== 案内より ===
このお寺に参詣なさるかたは本堂にむかってナムアミダブツと十返
お唱え下さい。
800年まえ建久8年(1197)の夏、此の地に棚引く紫雲と共に善光寺如来が影現、
源頼朝に十返のお念佛を直授された奇瑞を勝縁に開創されたので
「紫雲山・頼朝院・十念寺」と号する、お念佛のお寺なのです。


十念寺と秋葉神社。 [長野市]その1

時降って應永7年(1400)「大塔の乱」合戦の場(篠之井大當附近)に駆けつけ、
戦死者一人一人に「十念」を授けて供養したのは「十念寺の聖」でありました。
600年の風雪に耐えて墓域に現存する、應永15年銘の六字名号碑断片は、
この聖の遺徳を後世に語り続けるものであります。~
云々。。。


「西光寺」から程なく。
こちら「十念寺」であります。
頼朝さん、ゆかりのお寺さんなのですねー。

突き当たりにある「本堂」の屋根の形と、
向こうに見える山の形がそっくりです!


十念寺と秋葉神社。 [長野市]その5

境内に入るとすぐ右手に「大仏堂」。
中には金色をした大きな大仏様が安置されています。


十念寺と秋葉神社。 [長野市]その8

大仏堂の傍らにある「六字名号碑」。


===
正道大和上名号碑由来
美作の誕生寺は法然上人ご誕生の地に熊谷蓮生坊を第一世として開創され、
第二十二世正道慈鋼大和上はご出世のまえの寛政年間(1790年代)
善光寺参道の十念寺を拠点に北信、中信に念仏を弘め、成果の一つとして
寛政11年(1799)丈六阿弥陀仏像建立の偉業を成就され、文化2年(1805)には
誕生寺住職に出世を遂げられた。
当山ご留錫中に入門されたお弟子の一人、卓道律師が文政2年(1819)故郷に建立した、
正道和上御真筆六字名号碑は久しく等閑に付されていたが此の度、~
云々。。。


[十念寺と秋葉神社。 [長野市]]の続きを読む
ラーメンともんじゃ焼の店、太助さん。足利市 その1

そんなにお腹が減っているというわけではないのですが、
でもなんとなく食べたい(汗、、、
少しだけお酒も飲みたいっ。

そんな時にはやっぱり?!
もんじゃ焼?!
足利市にあるラーメンともんじゃ焼のお店、
太助」さんにお邪魔しました。


ラーメンともんじゃ焼の店、太助さん。足利市 その2

けっこうな遅い時間まで開いているお店ですから、
飲んだ後の上がりに行かれる方も多いのではないでしょうか?

もんじゃ焼き」です!
スタンダードバージョン。


ラーメンともんじゃ焼の店、太助さん。足利市 その3

じゅわわわ~、と一気に焼きましょう!

ラーメンともんじゃ焼の店、太助さん。足利市 その4

やっぱり最初はお醤油ですよねー。
うす目に味付けして、次はソースをミックスしたり。。。
いろいろ美味しい食べ方があったら教えてください(笑


ラーメンともんじゃ焼の店、太助さん。足利市 その5

生ビール→芋焼酎をやっつけながら、
ちょっとオツマミに「カキフライ」をお願いしました★
ドロリとした中濃ソースをたっぷりかけていただきましょう。
ホクホク♪


[辛味噌ラーメンともんじゃ焼。 [足利市*太助]]の続きを読む
1 かるかや山 西光山 長野市

長野駅から中央通り「かるかや山前」交差点のところ。
西光寺 saikouji」です!
〝絵解き〟で有名なお寺さん。

絵解きとは、説教・唱導(仏の道に導くため、教えを説くこと)を目的とする、
宗教者による絵画を用いた文芸・芸能です。
そのルーツはインドにあるとされ、中国、朝鮮半島から、日本に伝わって来ました~、と
ホームページで拝見しました。
物語は物語り、ですが、絵の場合は絵語りとは言わず、
絵解き(えとき)と言うのだそうです。
なるほど★

境内は、見所がたくさんでありました。


2 かるかや山 西光山 長野市

=== 案内板より ===
六地蔵憧
六道の衆生を救う菩薩のお姿を六体の浮彫りであらわした
室町時代の作風であり 素朴ながら柔和なお顔と
やさしいお姿はまれにみるすぐれた作といわれている。
云々。。。

かるかや山 西光山 長野市 その3 かるかや山 西光山 長野市 その4

===
朝日山大蛇の塚(左)
天保6年、朝日山に住む大蛇・小蛇は近くに住む木樵の忠兵門に
古木と間違えて切り殺され町に持ち帰られ見世物にされたのであります。
大蛇は恨んで忠兵門一族に崇り、忠兵門は狂死、一族も奇病により死に絶えました。

その崇リを鎮めるため大蛇に「畜轉善達信士」の法名が授与され
(小蛇は生存していると伝えられ朱色で「得円妙了」と刻まれる)
「朝日山大蛇の塚」として手厚く葬られ、崇りを善神に
むけしめたことにより霊魂が甦り「家運隆盛」「無病息災」「金運招福」等の
霊検があらたかとなり、広く信仰されております。
云々。。。


(右)六地蔵尊。


かるかや山 西光山 長野市 その5

こちらが「本堂」です。


===
苅萱山(浄土宗)
草創正治元年と称せられる。
苅萱上人(寂照坊等阿法師)の開基で その後、石童丸(信生坊道念法師)が
師の苅萱上人(実の父)を慕って、この寺に来り入寂したところで、
境内に父子両法師の墓があります。


[かるかや山 西光寺 saikouji 。 [長野市]]の続きを読む
柳原神社 長野市 その1

宿泊したホテルの、すぐ近くにあった神社さんです。
柳原神社 yanagihara-jinja」。
午前中の早い時間、曇り空のこの日。
神社、正面より。


柳原神社 長野市 その2

善光寺七社の一つに数えられるという
由緒ある神社さんです。
そんなことを聞いてしまうと、
他の6つの神社さんにも行ってみたくなりますよねー。
ウムム。

柳原神社 長野市 その3 柳原神社 長野市 その4

「ご神木」。
すごく大きくて立派なケヤキの木です。
太い。


柳原神社 長野市 その5

「拝殿」。


[柳原神社 yanagihara-jinja 。 [長野市]]の続きを読む
長野駅前 豚のさんぽ その1

初めて行く土地の場合、事前にいろいろ下調べする時も
間々あります。美味しいそうなお店はないかな~、みたいな。
専門料理~、なんて聞いてしまうと、そのお店でしか
いただけないものがあったりして、ワクワクしてしまうのです。

豚肉料理専門店「豚のさんぽ」さん。
in 長野駅前。


長野駅前 豚のさんぽ その2

豚のさんぽって可愛らしい名前です。

「お通し」の3点。
豚の小腸のチャンジャ、もやしのナムル、それにスープ。
小腸のチャンジャなんて初めてです!
良くダシの出ているスープは、鶏でしょうか?
汁モノのアテって、好きデス♪


長野駅前 豚のさんぽ その4

「とりのからあげ」。
豚料理の専門店さんですが、鶏です!(笑
スタッフの方のおすすめということでお願いしました。
モモ肉はもちろんですが、ムネ肉もしっとりしていて
とても食べやすい♪
レモンをたっぷり搾っていただきます!

付け合せのキャベツもすごく甘いんですっ。


長野駅前 豚のさんぽ その5

そしてこちらがお店の大ヒットメニューだという
とろとろ石焼角煮」。


[トマト煮とリエット、そして、とろとろ石焼角煮。 [長野市*豚のさんぽ]]の続きを読む
長野駅前 その1

高崎駅」です。


長野駅前 その2

おおっ。来た。


[粉雪が舞っていました。]の続きを読む
ランコントレさんのショートケーキをいただきました♪ [桐生市]その2 ランコントレさんのショートケーキをいただきました♪ [桐生市]

仕事の合間、ちょくちょくオフィスに顔を出してくれるOクン。
「差し入れでっせ~」と届けてくれたショートケーキ♪

おっ。
桐生にあるケーキ屋さん
ランコントレ」さんのショートケーキじゃありませんかっ!
さっそくお茶の時間にいたしましょう♪

ランコントレさんのショートケーキをいただきました♪ [桐生市]その3

チョコレートも久々~★
おいしそぉ~♪

Oクン、いつもありがとう。
ごちそうさまです!


[ランコントレさんのショートケーキをいただきました♪ [桐生市]]の続きを読む
地蔵堂と地蔵の湯 草津温泉 その1

=== 案内板より ===
地蔵堂と地蔵の湯
地蔵堂は文化5年(1808)の建立です。
もともと葛城山常楽院(じょうらくいん)という修験山伏の御堂で、
大日堂不動堂もありましたが、明治の神仏分離令で大日堂は壊され、
不動堂は光泉寺へ寄進されました。


地蔵堂と地蔵の湯 草津温泉 その2

本尊は高さ25センチメートルほどの石の地蔵で、
木曾義仲の護持仏と伝えられています。


地蔵堂と地蔵の湯 草津温泉 その3

地蔵堂の前には地蔵湯畑、目洗地蔵と共に、
草津温泉独特の入浴法『時間湯』が今も行われている
地蔵の湯があって、昔から信仰と湯治が深く結びついていることを
伝えています。
云々。。。


[地蔵堂と地蔵の湯。 [草津温泉]]の続きを読む
立春大吉のドラゴントーンセッション その1 立春大吉のドラゴントーンセッション その2
(写真はクリックで拡大します。)

織姫山から観た足利の夜景と、立春大吉のお札。
チケット代わりにもなっているこのお札は、佐野市にある
出流原弁財天の名水で墨をすり、石坂さん自らが書いたもの★


立春大吉のドラゴントーンセッション その3

2月4日、石坂亥士さんの「立春ライブ」です。
第3部のドラゴントーンセッション。
in 足利市ホワイトパレス。


立春大吉のドラゴントーンセッション その4

幻想的な雰囲気の中、
クリスタルボウルの音が響きます。

音と言うより音波みたいな。
何て言うでしょう、クリスタルボウル・ヒーリング?


立春大吉のドラゴントーンセッション その5

ヒュンヒュンヒュンヒュン。。。
と、気付いたら音の中にいる?!ような感覚。

スリリングでありながらも、手のひらが温まってきたような。。。


[立春大吉、ドラゴントーンセッションにて。 [足利市]]の続きを読む
草津温泉 十二屋旅館 その11 草津温泉 十二屋旅館 その2

草津温泉です。
今回お邪魔したのは「十二屋旅館」さん。
思い立ったら吉日の素泊まりプランです。

旅館正面とフロントにあった囲炉裏。

草津温泉 十二屋旅館 その9 草津温泉 十二屋旅館 その10

まだ新しい建物でピッカピカ★
館内の空調もバッチリです。

。。。

建物2Fの和室に通されました。
「スタンダード和室」なのにこんなに広くて綺麗。
私には広すぎて、どこに居たら良いのだろう?みたいな(笑、、、
それでもすごく心地良い空間♪

1Fは「露天風呂付和室」と「21帖和洋室」があるそうですが、
スタンダートでこれだけの広さですから、どれだけなのでしょう?(汗、、、

草津温泉 十二屋旅館 その5

というわけで、
チェックイン後に、さっそくお風呂をいただきます。


[大人なテイスト、十二屋旅館さん。 [草津温泉]]の続きを読む
昨夜のブラタモリで、国分寺のことを紹介していました。
武蔵国分寺」。
東京都国分寺市にあります。

上野下野常陸信濃筑前、etc、と、
行ったことがありますが、武蔵はまだだったなー。

古代の巨大寺院、国分寺跡。
行ってみたい。。。

ブラタモリで。。。
居酒屋ちゃんこ 大茶庵 その7 居酒屋ちゃんこ 大茶庵 その1

草津温泉です。
湯畑、中心街から少しだけ歩くのですが、前から気になっていたお店。
ちゃんこ鍋屋の「大茶庵・だいちゃあん」さん♪

夕食後ですが、もう少し飲みたいなぁ~、
というわけでお邪魔しました☆


居酒屋ちゃんこ 大茶庵 その2

元関取だったというマスター。
メインは「ちゃんこ鍋」ですが、居酒屋メニューも豊富にあります。
ちょい飲みでもOK!

熱燗を2つ、それに「手羽先塩焼き」。
しっかりと肉厚な手羽先。レモンをたっぷり搾っていただきます♪
皮の焼き目が香ばしくて好きです。


居酒屋ちゃんこ 大茶庵 その3

「力士かつおたたき」。


[居酒屋ちゃんこ、大茶庵さん。 [草津温泉]]の続きを読む
炭焼き 利衛門 [足利市]その2

ダイコン、厚揚げ、ウインナー巻きに玉子。
この季節の「おでん」って、しみるほどに美味しい♪
足利の焼き鳥屋さん「利衛門」さんにお邪魔しています。
熱燗をいただけば、ほ~っと、あたたまります。。。


炭焼き 利衛門 [足利市]その3

「鶏のたたき」。
今夜のたたきは、ムネ肉ではなくて「モモ」バージョン!
赤い色をして、すごくしっとりとしています。
皮のところが甘くて、コレ、止まりませんっ(汗、、、
甘い醤油もすごく合う。

炭焼き 利衛門 [足利市]その4 炭焼き 利衛門 [足利市]その6
(写真はクリックで拡大します。)

「塩辛」と「きゅうりのピクルス」。
さっぱりと箸休め的な2品。


[炭焼きのお店、利衛門さんにて。 [足利市]]の続きを読む