ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
しもつけ窯 2011 秋の窯出し市


「作家の手作りの器を、毎日の暮らしの中で気軽に使ってもらいたい。」
そんな思いでしもつけ窯を開窯して、すでに4半世紀が過ぎました。
いまでも基本姿勢は少しもブレていません。
思えば様々な手法に挑戦してきたものだと我ながら感無量です。
その勇気を支えていただいた皆様に感謝しつつ、
今年も、たった一軒の陶器まつり・窯出し市を開催します。~


足利市にある「しもつけ窯」さん。
毎年恒例の「窯出し市」のご案内です。
さぁ、皆で行ってみよーっ!


「しもつけ窯 2010 秋の窯出し市」
日 時/2011年11月3日(金)~11月6日(日)
日 時/10:00~日没まで
会 場/しもつけ窯


しもつけ窯さんのブログはこちらから。
しもつけ窯
以前の記事はこちらから。
2010 秋の窯出し市  足利市★しもつけ窯

【しもつけ窯】
@栃木県足利市大前町1448
TEL/0284-63-0565


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
伊香保温泉「千明仁泉亭」さん。~カフェ&バー 楽水楽山~その3

伊香保温泉「千明仁泉亭」さん。~カフェ&バー 楽水楽山~その4 伊香保温泉「千明仁泉亭」さん。~カフェ&バー 楽水楽山~その2

夜の伊香保温泉。石段街側からのアプローチ。
ライトアップされ、素敵な雰囲気です。


伊香保温泉「千明仁泉亭」さん。~カフェ&バー 楽水楽山~その1

楽水楽山 rakusui-rakusan」。
「千明仁泉亭」さんに併設されたcafe&barです。


[伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。 ~カフェ&バー 楽水楽山~]の続きを読む
FRAPBOIS JOURNAL。

「FRAPBOIS JOURNAL」。
2011-2012 AUTUMN&WINTER。



お店のブログはこちらから。
BIGI ashikaga

【BIGI ashikaga】
@栃木県足利市通1-2705-17-18 長松ビル1F
TEL/0284-41-2884
営業時間/10:00~19:30
おやすみ/水曜日


[FRAPBOIS JOURNAL。]の続きを読む
伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。 ~お食事編~その1

伊香保温泉「千明仁泉亭」さん。
明治の文豪・徳冨蘆花さんが常宿とした老舗旅館。

温泉を十分に楽しんだ後、もう一つのお楽しみ、ディナータイムです。
この食前酒のアプローチだけで、期待が高まります。

伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。 ~お食事編~その2 伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。 ~お食事編~その3

伊香保の地酒と一緒に楽しむ一品料理☆


伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。 ~お食事編~その4

赤城の霜降り牛と上州豚はしゃぶしゃぶで。


伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。 ~お食事編~その10

伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。 ~お食事編~その5 伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。 ~お食事編~その6

伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。 ~お食事編~その7 伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。 ~お食事編~その8

お酒の進む前菜の数々。
日本酒は、お燗もつけていただきましょう。


[伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。 ~お食事編~]の続きを読む
イタリア料理 イル・ガット 足利市2011-10-3 イタリア料理 イル・ガット 足利市2011-10-2

イタリア料理 イル・ガット 足利市2011-10-1

足利市にあるイタリア料理のお店「イル・ガット」さん。
迷わずカウンター席へ♪
(シェフのお喋りがけっこう楽しい。)

お願いしたのは芋焼酎「山ねこ」。
香りが良いんですよねー、この焼酎♪
オンザロックに、水をチョイ足しで、くぴくぴとやっつけます。


イタリア料理 イル・ガット 足利市2011-10-4

本日のオススメ前菜の中から選んだ「自家製オイルサーディン」。
どうですか?
なんともグラマーなオイルサーディンです。

そして、美味しいっ!
お酒の相棒として、ホント頼もしい前菜であります。


イタリア料理 イル・ガット 足利市2011-10-5

美味しくて何枚も撮りました(汗、、、


[イタリア料理のお店、イル・ガットさん。 [足利市]]の続きを読む
伊香保温泉 【千明仁泉亭】 その4

せっかくとった宿だから、
なるべく早いチェックインで、温泉をたらふく楽しもう。
(TARAFUKUとは、もうこれ以上入いらない、の意味。)


伊香保温泉 【千明仁泉亭】 その1

大きく湯をたたえる「露天風呂」。

伊香保温泉 【千明仁泉亭】 その2 伊香保温泉 【千明仁泉亭】 その3

フライングぎりぎりで到着したのは、
伊香保温泉の老舗旅館「千明仁泉亭 chigira-jinsentei」さんです!
なんと500年以上の歴史があるのだとか。

伊香保温泉には、茶褐色をした「黄金の湯」と、無色透明な「白金の湯」の
2種類の温泉があります。
千明仁泉亭さんでは、昔からある黄金の湯を源泉かけ流しで味わうことができます。
なんという贅沢☆

詳しくはこちら↓
伊香保 黄金の湯 小間口

伊香保温泉 【千明仁泉亭】 その5 伊香保温泉 【千明仁泉亭】 その6 伊香保温泉 【千明仁泉亭】 その7
(写真はクリックで拡大します。)

貸切風呂も充実しています。
それぞれに「泉 izumi」、「憩 ikoi」、「仁 megumi」、
と命名されたお風呂。


[伊香保温泉、老舗の御宿「千明仁泉亭」さん。]の続きを読む
水沢うどんの清水屋さん☆その1 水沢うどんの清水屋さん☆その2

“四百有余年の伝統と歴史
水澤うむどんを守り続けた唯一軒の老舗
始祖 清水屋”

看板に刻まれた店の誇りと歴史!
前を通る度に寄って行きたいなー、と思っていたのですが、
久しぶりにそれが実現したっ!
伊香保、水沢うどん「清水屋」さんです。


水沢うどんの清水屋さん☆その4

水沢うどんの名店も多々あれど、やっぱりコレが好きだなー。
秘伝の「ゴマだれ」。
清水屋さんの汁は、こちらのゴマだれのみです!


水沢うどんの清水屋さん☆その5

そして「大盛り」のうどんっ♪
あぁ~、君に会いたかった~☆


[名物手打うどん、水沢うむどん 始祖・清水屋さん。 [伊香保町]]の続きを読む
[足利市*牛たんつづみ]2011-10-1

先月も来ました♪
そしてまた今月もお邪魔してます(汗、、、
足利市にある牛たん料理のお店「牛たんつづみ」さん♪
リーズナブルなお店なので、ついつい足が向くのかも。。。

お通しは「栗」。煮てあるのかな?
意表を突かれたような、なんとなくホッとするお通しデス。
ホクホク☆


[足利市*牛たんつづみ]2011-10-2

「タクワン」。
単純にコレにハマっています。
コリコリとした食感と素朴な味わい。美味しいタクワン。

[足利市*牛たんつづみ]2011-10-3

向こうで焼いてもらっているのは「ラム」ですねー。
これは後ほど。


[足利市*牛たんつづみ]2011-10-4

「とうふサラダ」。
クリーミィなゴマドレッシングの良く合う、
野菜たっぷりのサラダ。


[今夜の晩酌はTSUZUMIさんにて。 [足利市*牛たんつづみ]]の続きを読む
沖ノ原遺跡 [新潟県津南町] その3

=== 案内板より ===
国指定史跡 沖ノ原遺跡
沖ノ原遺跡は、昭和47・48年の2か年に亘り3回の発掘調査が行われました。
その調査成果は、雪国縄文文化を解明する大きな手がかりを提供しました。
直径約120メートルの規模を持つ環状集落であり、
中央に広場、西南方向に自然湧水地点をもつ
典型的な雪国縄文集落跡であることが判明しました。


沖ノ原遺跡 [新潟県津南町] その4

3回に亘る調査で、竪穴住居跡49基、長方形大型家屋跡3基、
敷石住居跡1基の計53基が確認されました。


沖ノ原遺跡 [新潟県津南町] その1 沖ノ原遺跡 [新潟県津南町] その2

その分布状況から判断して、少なくとも200基以上の住居跡が
埋蔵されていると判断されました。また出土資料には、火焔型土器など
縄文時代中期(今から約4500年前)の土器や打製石斧などの石器群、
クッキー状炭化物などがあります。

この先住民が残した貴重な遺跡を地域文化として、保存することになりました。
また貴重な出土遺物は、平成7年3月28日付けで
新潟県有形文化財(考古資料)に指定されました。
この新潟県指定有形文化財は、津南町歴史民俗資料館(船山地区)に
保管展示してありますのでご覧ください。
云々。。。


ヒジョーに興味シンシンなる「沖ノ原遺跡」であります!


[沖ノ原遺跡。 [新潟県津南町]]の続きを読む
ど~んっ、と大迫力の昔の民家。茅葺き
桑原さんち(の家)と紹介されています♪
新潟県津南町にある「歴史民俗資料館」にやって参りました。
資料館の外に保存されている昔の民家です。

津南町歴史民俗資料館と船山神社 その3

津南町歴史民俗資料館と船山神社 その1 津南町歴史民俗資料館と船山神社 その2

。。。


津南町歴史民俗資料館と船山神社 その6

津南町歴史民俗資料館
そんなに大きな博物館ではありませんが、
古代、縄文時代の貴重な資料、秋山郷の民俗資料、
縄文の布と呼ばれる越後アンギン、などなどヒジョーに興味をそそられる品が
たくさん展示されています。

しかし館内の撮影はno good(ちょっと残念!)
新潟県の一部エリアでしか発掘例がないという「火焔型土器」は、
大きくて、独特のデザイン。
シビレテしまうくらい素敵な土器(汗、、、
ヒジョーにカッコ良かったです(笑

津南町歴史民俗資料館と船山神社 その4

こちらも野外に展示してあった↑
一風変わった、なかなか不思議な民俗資料。。。


=== 案内板より ===
この鉄剣が打ち込まれているブナの木は「ケンギ(剣木)」と呼ばれているものです。
この剣木は津南町大場地区に生育していた古木で、
老齢のため倒壊したことから、移設して保存しています。


津南町歴史民俗資料館と船山神社 その5

この貴重な民俗事例は、十二様信仰(山の神)によるものであり、
古木に鉄剣を打ち込み「山に関連する仕事の安全を祈願したものだ」
と伝わっています。
この民俗事例は、清津川の支流である釜川水系に3個所分布するだけです。
他地域における類例報告はなく、山棲み生活における貴重な民俗事例です。
云々。。。


[津南町、歴史民俗資料館と船山神社。 [新潟県津南町]]の続きを読む
○玄檎さん○ 居酒屋さん その1

「居酒屋」→「酒菜」に!
足利市田中町の「玄檎 gengo」さんがリニューアルして1年が過ぎたそう!
先日、移転後初めて伺いました。お店も広くなってピッカピカ☆

先ずは「お通し」。寒かった今夜、
温かいけんちん汁がすごくウレシイ♪
生ビールでクイっ、と。


○玄檎さん○ 居酒屋さん その2

お刺身は「5点盛り」をお願いしました。
手前、秋刀魚から、タコ、サーモン、マグロ。
右は真鯛の松皮造り。

秋限定の「黒龍・ひやおろし」に合わせて☆
オイシ。。。


○玄檎さん○ 居酒屋さん その3

これも嬉しい一品でした。「天然ミョウガ 天ぷら」!
サックリと揚げられた天婦羅は、ミョウガの食感と風味でいっぱい☆
天然モノだそうで、さらに味わいが濃いんです。
大人なオツマミですねー。
もちろんお酒も2杯目に突入します♪


[酒菜、玄檎さん。 [足利市]]の続きを読む
★虫生神社 野沢温泉村 その1

野沢温泉村。
国道117号線の界隈を検索していたら、
「虫?、虫生?、むし???。。。」

というわけでやって参りました「虫生神社」です。
「虫生」と書いて“むしう”と読みます。


★虫生神社 野沢温泉村 その8

田舎の風景の中で、すごく目立ってた朱色の「鳥居」。

わかりますか?下り参道です!
鳥居より社殿のある境内の方が低いところにあります。
鳥居をくぐってから下りていく、みたいな。
珍しいですねー。

以前の下り参道はこちらから。
一ノ宮の貫前神社 その1  ★富岡市
鵜戸神宮にやって来ましたっ!  ★宮崎県日南市
木曽義仲の足跡  群馬県北橘村★木曽三社神社


★虫生神社 野沢温泉村 その2

案内板がなかったので詳しいことはわかりません(汗、、、
しかし、ここの集落名、神社の社号にもなっている「虫生」。
不思議な名前だ。。。


虫生神社 その3

ここ、野沢温泉村は「むしう」。
他にも全国に同じような地名があるようです。

千葉県山武郡横芝光町虫生(むしょう)

静岡県磐田市虫生(むしゅう)

滋賀県野洲市虫生(むしゅう)

兵庫県豊岡市虫生(むしゅう)

などなど。。。

さらに不思議だ。
う~ん。。。


[虫生って不思議な名前だと思いません?! [野沢温泉村*虫生神社]]の続きを読む
○ステーキ大作○ その1

ずいぶんと前からあるステーキのお店。
ホームページには創業35年と紹介されていました。
足利市の「ステーキ専門店 大作」さん。

知っていたけど来るのは初めて~。
あの路地を入ったところです。。。

○ステーキ大作○ その2 ○ステーキ大作○ その3

事前に予約を入れておきましたから、
席にはすでに、スターターセット?が用意されていました。
ピッカピカの鉄板♪

○ステーキ大作○ その5 ○ステーキ大作○ その4
(写真はクリックで拡大します。)

「付き出し」と「日本酒」。
“鄙願 higan”というお酒。ほのかに上品な香り。
とてもクリアなボディを持ったお酒です。
「こちらを使って飲んでみてください♪」と、
お若い店主さんの計らいで、うすはりグラスでいただく。
これでさらに美味しくなってしまうのだから不思議です☆


○ステーキ大作○ その6

「サラダ」。
トマトにレタス、コーン、セロリにキュウリと具沢山♪
特製ドレッシングがとても相性良くて~。
この大きさのカットが美味しくてウレシイさらだ。


○ステーキ大作○ その7

「ニンニクは平気ですか?」
「はいっ。ガッツリお願いします(笑」


[ステーキ専門店、大作さん。 [足利市]]の続きを読む
★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その1

野沢温泉村。
早朝の「湯沢神社」です。
なかなか渋いエントランス?!だと思いません?
「鳥居」の形もカッコイイ~♪


★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その2

少し急な石段、参道には2対の「狛犬」クン。


★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その3

=== 案内板より ===
湯沢神社
湯沢神社は旧く「湯山~湯沢」と呼称された野沢温泉の総鎮守です。
創建の年代ははっきりしませんが、
諏訪信仰の祖神建御名方神(タケミナカタノカミ)を祭神とし、
現在の社殿は明和2年(1765年)頃の造営と伝えられています。
云々。。。


社殿には綺麗な彫刻が施されています。

★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その4 ★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その6
(写真はクリックで拡大します。)

(左)社殿を横から。
奥にあるのがすっぽりと覆屋で囲われた「本殿」。

(右)本殿の右側にあった小さな境内社。
稲荷神社さんかな?

★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その7 ★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その8

(左)「神楽殿」。
奥にあるのは、健命寺の建物です。

(右)神社の西にあった“八海山”と刻まれている石塔。


[湯沢神社と健命寺。 [北信州・野沢温泉]]の続きを読む
★朝市と足湯。 [北信州・野沢温泉] その1

早朝の、冷たくも澄んだ空気の野沢温泉
麻釜を観て、外湯に浸かって戻ってきたら
朝市が開かれていました。


★朝市と足湯。 [北信州・野沢温泉] その2

さすが野沢温泉。
朝からけっこうな人出です。


★朝市と足湯。 [北信州・野沢温泉] その6

野沢菜のお漬物、


★朝市と足湯。 [北信州・野沢温泉] その3

自家製のイワナの燻製。
郷土色豊かな逸品が、いろいろと並んでいます。


[朝市と足湯。 [北信州・野沢温泉]]の続きを読む
イタリア料理 フォルトゥーナ 2011-10-1

昔からある一方通行の道に、少し前から
イタリア料理のお店がOPENしています。
足利市にある「フォルトゥーナ・Fortuna」さん。

人気のお店だということですが、
今夜は空いてて良かったー♪


イタリア料理 フォルトゥーナ 2011-10-2

ワタシのポジションは、カウンターの一番右の席。

「付き出し」はグラスに飾られた3点。
鶏レバーはペースト、魚はムース仕立て。
突き刺さっているパンは実にハード☆
もしかして病みつきになるかも?!


イタリア料理 フォルトゥーナ 2011-10-3

「パルマ産 生ハムのサラダ」。
運ばれて来た時思わず「でかっ!」と唸ってしまった!
ボリュームあります。


イタリア料理 フォルトゥーナ 2011-10-4

素晴らしく美味しかった生ハム。
こちらにいただいたパンをちぎりながら、
ワインと一緒に流し込むわけです。

至福の時。。。
そしてワインも2本目~(笑


[イタリア料理のお店、フォルトゥーナ Fortuna さん。 [足利市]]の続きを読む
★河原湯と瀧の湯 その2

野沢温泉にある、13もある外湯のひとつ「河原湯」。
河原湯と書いて“kawaharayu”と読みます。

朝のお風呂は気持ちが良いっ。


★河原湯と瀧の湯 その1

そうなんですが(汗、、、
ただでさえ熱湯の野沢温泉。一番風呂ともなると、
それはもう熱湯甲子園なみの熱さ?!(笑

先にいらっしゃった方も、お湯に浸かるまでに
ずいぶんと時間がかかったようです。
あっちっちぃー!、みたいな(笑

それでもヒジョーに気持ちが良いっ。
サイコー。


熊の手洗湯は入りやすいよー。」と教えていただきました☆


[河原湯と瀧の湯。 [北信州・野沢温泉]]の続きを読む
野沢温泉「麻釜」 2011-10-1

早朝の「麻釜 ogama」の風景。
朝なのですが、
まだ外灯がついているくらいの早い時間です。


野沢温泉「麻釜」 2011-10-2

もぅもぅと湯気が立ち上っています。


野沢温泉「麻釜」 2011-10-3

こんな早くから仕度をしている方がいました!
ヘルメットをかぶっていたお爺ちゃん?
いや、おじさん?!

ヘルメットおじさん!?


[早朝の麻釜の風景。 [北信州・野沢温泉]]の続きを読む
野沢温泉 野沢温泉ホテルにて。 その1

以前にも利用させていただいた「野沢温泉ホテル」さん。
地元の方からも評判の良い温泉のあるホテル。
こちらは内湯「大浴場」。


野沢温泉 野沢温泉ホテルにて。 その3

前回とずいぶんお湯の色が違うのです。
今夜のお湯はすごく緑がかった色。

前の記事と比べていただくと良く分かると思います↓。
野沢温泉GURURI旅 その3 野沢温泉ホテル [北信州・野沢温泉]


野沢温泉 野沢温泉ホテルにて。 その4

それでも湯花は野沢温泉特有の「」。

野沢の温泉は、全国でも珍しい
アンチエイジング効果のある温泉なのだそうです。
浴槽の温泉は、源泉とほぼ同じ状態で保たれているどころか、
酸化の進む肌に若返りを促す、高い還元性を持っている温泉だそう。
すごいっ!

野沢温泉 野沢温泉ホテルにて。 その2 野沢温泉 野沢温泉ホテルにて。 その5

大浴場から露天風呂の「瑠璃の湯」へ↑。
こちらも前回とお湯の色が違います。


=== 案内板より ===
野沢温泉の歴史
野沢温泉を発見したのは、聖武天皇の頃(724~748)に
この地を訪れた僧行基であるという説、修行中の山伏が見つけたという説、
手負いの熊が猟師に教えたという説があります。
かなり古くから野沢の地に湯が湧いていることは
知られていたようです。

それでも当時は温泉に入りに旅として訪れるということは一般的でなく、
江戸時代に飯山藩主松平氏が大湯に別荘を建て
一般の人々に湯治を許可した後、
多くの人々が湯治に訪れるようになりました。


野沢温泉 野沢温泉ホテルにて。 その6

当時は北信濃や越後の人々が、主として農閉期のご苦労休みに
訪れたものでした。
温泉街に点在している13の外湯は昔ながらの温泉です。
外湯めぐりもお楽しみいただけます。
云々。。。



野沢温泉での夜空。
月がいいですねー♪


[野沢温泉はアンチエイジング温泉でした! [野沢温泉ホテル]]の続きを読む
○御宿総本家○ その1 ○御宿総本家○ その2
(写真はクリックで拡大します。)

早朝。

いやいや、ヒジョーにご無沙汰しておりました、赤城温泉です!
赤城温泉と言えばっ?!
そう!「御宿総本家」さんっ!
温泉先生、いるかなぁ~?


○御宿総本家○ その3

というわけで、早速お風呂を拝借。。。


○御宿総本家○ その4

「露天風呂」です。

肌寒い朝。
ぬる目の源泉は少しもの足りないように感じるかも知れませんが、
それでも、ゆぅ~くりと、じぃ~くり浸かっていると。。。
ポカポカポカポカ。。。
額に汗がにじむくらいに温まってきます!

あ゛~、、、


○御宿総本家○ その5

抜群の温泉、まさに源泉かけながし!
一番の効能は疲れがとれるっ
まちがいなしっ。


[ヒジョーに魅力的な源泉です♪ [赤城温泉・御宿総本家]]の続きを読む
野沢温泉 居酒屋 治作 その1

思い立ったら吉日。
高速道路へ飛び乗り、夜のハイウェイ、
田舎の山道を走ること3時間弱。
10時近くになったかなー?


野沢温泉 居酒屋 治作 その2

というわけで「野沢温泉 nozawa」!
以前来た時にチェックしていた居酒屋さん。「治作」さんにお邪魔しています。

生ビールを一気にやっつけ、
芋焼酎「黒霧島」をボトルでお願いしました★
ほ~っ、とするこの瞬間♪


野沢温泉 居酒屋 治作 その3

「馬さし」。
野沢温泉の馬刺しは美味しいなー、と、
やっぱり前回来た時に印象にあった馬刺しです。
しっとりしてる感じ。食感がすごくなめらか。
鮮度が良いのかな。
すこぶるウマイのです。


[夜遅くに着いた野沢温泉。 [北信州・野沢温泉*治作]]の続きを読む
~平成18年3月21日の朝日新聞・文化総合欄のページに
「旧石器考古学と芹沢長介氏」(日本列島の歴史を追い続けた)との
死亡追悼記事が載っていました。
その記事の中で、日本で初めて旧石器を発見した相沢忠洋さんと
笠懸の岩宿遺跡に立つ芹沢先生の写真が貼付されていました。
まさに、芹沢先生こそ相沢さんを世に認めさせた方であります。

その相沢さんが発掘を指揮したのがこの「升形遺跡」であります~
云々。。。

と、“赤城南麓交流村ブログ”の中で紹介されていました。

こちらの記事です↓
よもやま話「赤城升形遺跡(千本桜周辺)」


赤城南麓、枡形遺跡。 その1

赤城南麓。
枡形遺跡」です。

この案内の柱が1本建っているだけで、
遺跡らしき遺構は何もありません(汗、、、

すこぶる昔、旧石器時代の遺跡のようです。


赤城南麓、枡形遺跡。 その2

今でこそ、うっそうとしたただの雑木林となっていますが、
この辺りに?!


赤城南麓、枡形遺跡。 その3

この辺りにっ!!

大昔、人類が生活していたっ!
のです。

すごーいっ!


[赤城南麓、枡形遺跡。 [前橋市]]の続きを読む
○NAKANOJO BIENNALE 2011[霊山たけやま]その1

10月2日まで開催された「中之条ビエンナーレ2011」。
今年は更に規模も大きく、広いエリアで作品が展示されていました。

与えられた時間の中では1部しか観ることが出来なかったのがすごく残念っ(汗
それでも2013年の次回開催にヒジョーに期待してしまうわけです!

○NAKANOJO BIENNALE 2011[霊山たけやま]その2 ○NAKANOJO BIENNALE 2011[霊山たけやま]その3

こちらは「霊山たけやま」会場。


○NAKANOJO BIENNALE 2011[霊山たけやま]その5

以前にも来たことのあるこちらの場所ですが、
霊山というくらいですから、ヒジョーに歴史も深いです。
こんなの見つけたっ↓


○NAKANOJO BIENNALE 2011[霊山たけやま]その7

=== 案内板より ===
寺屋敷(法蔵寺)跡
もとの地形や様子は残されていないが、このあたりが「寺屋敷」と呼ばれていた
「金光山法蔵寺」のあったところである。
清見寺誌によると、「寺を持たない『鉦打・かねうち』という坊さんたちが、
嵩山合戦でなくなった人の慰霊をするために形ばかりの草庵(家)をつくられたのが
法蔵寺のはじまりと思われる。」と述べている。

その後に、法蔵寺は親都から西中之条に移り
「鉦打」の集まって供養をする「念仏堂」になったという。

またその場所(今市)に市場を開くことになり清見寺の西北の地に2度目の移転をした。
その後、清見寺に合併をしたのである。

法蔵寺の鐘楼(かねつき堂)は中之条町の時の鐘として親しまれてきたが、
昭和17年(1942)に軍用に撤収された。
清見寺の今の鐘楼は法蔵寺のものを移築したものである。

なお、この寺屋敷の東の林の中にある大きい石の所が、
法蔵寺の稲荷社で、中之条町にあるトウケエシ稲荷神社の奥宮といわれている。
云々。。。


[NAKANOJO BIENNALE 2011 Vol.9 [霊山たけやま]]の続きを読む
△炭火だいにんぐ燈 [太田市] その1

こちらのお店も久しぶりです。
太田市にある「炭火だいにんぐ 燈 akari」さん♪
「ほんとっ、久しぶりですねー♪」
と、店長さんに冷やかされながらカウンターの席へ。


△炭火だいにんぐ燈 [太田市] その2

ずどんっ!
いきなりですが、これぞ極上の「和牛サーロイン短冊焼き」!
メニューを開いた瞬間に食べた~いとなった一品。

軽く中まで焼けたかな~、と思ったところで、パクッ!
口の中でとろけてしまうのは言うまでもありません♪

△炭火だいにんぐ燈 [太田市] その5 △炭火だいにんぐ燈 [太田市] その6
(写真はクリックで拡大します。)

「4種ナムルの盛り合わせ」と「サンチュ 1本」。
お酒のオツマミにも嬉しい、ナムルの盛り合わせと、サンチュ。
サンチュ1本ってオモシロくありません?!
メニューを見ているだけで楽しくなってきます☆


△炭火だいにんぐ燈 [太田市] その7

これまた極上の「中おちカルビ」。
あまり数がとれないブイらしく、限定なんだそうです。
うまいっ。


[焼肉食べて、元気出してイコーッ!PartⅡ [太田市*炭火だいにんぐ 燈]]の続きを読む
○NAKANOJO BIENNALE 2011[棚田]その1
○NAKANOJO BIENNALE 2011[棚田]その2

こんな棚田な、田舎の風景を見ながら、
のんびりと会場ごとを移動しています♪

ゆっくりな時間がいいですねー。


○NAKANOJO BIENNALE 2011[伊参スタジオ]その11

というわけで「伊参エリア」デス。
伊参スタジオ isama」。


○NAKANOJO BIENNALE 2011[伊参スタジオ]その2

役所広司さんが主演を務めた小栗康平監督作品、
「眠る男」の撮影所になった旧中学校の木造校舎。
当時のセットが再現されています。


[NAKANOJO BIENNALE 2011 Vol.8 [伊参スタジオ]]の続きを読む
○NAKANOJO BIENNALE 2011 Vol.7 [清流の湯]その1

ひゅんひゅんと輪が飛んでくるような作品です。

中之条ビエンナーレ2011。
四万温泉エリア「清流の湯」会場であります。


[NAKANOJO BIENNALE 2011 Vol.7 [四万清流の湯]]の続きを読む
セミの脱け殻2011-1

よーやく見つけた「セミの脱け殻」。
今年の夏、どこをさがしてもないなー、と
すっかり諦めていた矢先。裏庭を掃除してたら見つけました♪

いくらお彼岸にセミが鳴いていたからといって、
温暖化が進んでいるからといって、
もう10月ですよー?!

良く残っていたなー。。。


[セミの脱け殻 2011。]の続きを読む
ビエンナーレでの昼食は、ゆうみんさんにて。 その1

中之条ビエンナーレ2011。
今回、初めて会場となった“四万温泉 落合通り”。


ビエンナーレでの昼食は、ゆうみんさんにて。 その2

そろそろのランチタイムは。。。
やっぱり「ゆうみん」さんかな~?!
地元の人もオススメする、ラーメンと餃子のお店です!


ビエンナーレでの昼食は、ゆうみんさんにて。 その3

「餃子タンメンセット」をお願いしました!
セットメニューになると100円お得な優れモノ☆

「手作りぎょうざ」。
メニューにも“当店自慢の品”と書かれているオススメの逸品。
オーダーが入ってから作るので、多少の時間がかかるのですが、
それでも作りたての餃子はホント美味しい☆

軽いタッチで、2~3枚は平らげてしまうであろう、
思い出すだけで魅力的な焼き餃子です。


[中之条ビエンナーレでランチタイム。 [四万温泉*お食事処 ゆうみん]]の続きを読む
ダイニング興 ★足利市☆ その1

昨日の今日?
ちがうちがう!夕べの今日

ちがぁーうっ!夕べの「興 kyo」!
そう!足利市にある「ダイニング 興」さん♪


ダイニング興 ★足利市☆ その2

こんなベタベタな(汗、
うわっ、と思われてしまうオヤジギャグの滑り出しでスミマセン(汗、(汗、、、

ダイニング興 kyo さんにお邪魔して来ました♪


ダイニング興 ★足利市☆ その7

「新じゃがときのこのキッシュ」。
美味しそうでしょう?
そして、グラス生ビール、

ダイニング興 ★足利市☆ その3

と、1本目の辛口白ワイン。
フランスの一般的なテーブルワイン。
リーズナブルで美味しいワイン。もうそれで十分★


ダイニング興 ★足利市☆ その5

「豚舌のテリーヌ」。
ギュ、と美味しさが詰め込まれたようなテリーヌ。
マスタードをたっぷりのせてから、白ワインで流し込みます!
これが至福の時☆
付け合せのピクルスもすごく良く合います♪


[前菜とワインを楽しもう。。。♪ [足利市*ダイニング興]]の続きを読む
ビエンナーレ2011【落合通り】 その1

昨日まで開催されていた中之条ビエンナーレ2011
四万温泉街「落合通り」会場に来ています。

落合通りは、射的のお店やスマートボール屋さん、お土産店、
お食事処がならんだ、昭和のテイストが残っている温泉街です。


ビエンナーレ2011【落合通り】 その2

ブロック塀のペインティング。。。


ビエンナーレ2011【落合通り】 その3

美好乃」会場。
昔懐かしい写真展。


ビエンナーレ2011【落合通り】 その4

こちら、「大黒屋」会場にて行われているのは、
“魔法使いの部屋”という企画展。


[NAKANOJO BIENNALE 2011 Vol.6 [落合通り]]の続きを読む