FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
★五 味 八 珍 [桐生市] その1

桐生市を深夜?徘徊です。
ウワサの名店「五味八珍」さん。
雰囲気の良い暖簾からは、美味しそうな香りが漂っています。
ご主人と女将さん、せがれさんである若大将で切り盛りされているお店。

★五 味 八 珍 [桐生市] その2

カウンター席に落ち着き、生ビールと白ワインをお願いしました。
「お通し」は枝豆と鶏そぼろ。
風味豊かで歯応えのある枝豆と、
ご飯の欲しくなる鶏そぼろ。


★五 味 八 珍 [桐生市] その3

「お刺身盛り合わせ」。
ウニ、タコ、


★五 味 八 珍 [桐生市] その4

シマアジ、マグロ、コチ、の5点盛りです。
タコとコチはポン酢で、その他はワサビ醤油でいただきました。
海鮮メニューも豊富で、それぞれの季節によって
オススメも変わるようです♪

シマアジ好きだなー。


★五 味 八 珍 [桐生市] その6

「旬野菜の煮物」。
卵でとじてあります。
大好きなミョウガが美味しくて、ワインも一撃でやっつけました!

そして。。。
やっぱり日本酒?!今度は地元のお酒「赤城山」を熱燗で★
キュイィ~ん、と。


[甘、酸、苦、辛、鹹、GOMI-HACCHIN! [桐生市*五味八珍] ]の続きを読む
松之山郷民俗資料館と松陰寺。 [新潟県十日町] その5

松之山郷民俗資料館」です。

=== 案内より ===
松之山郷民俗資料館の建物
この建物は、藤内名の佐藤家(屋号・大城)の建物を移転し、縮小改築したものです。
佐藤家は農業を営む地主であり、養蚕や機織りも手がけていました。
広いたたきと囲炉裏のある茶の間、戸を取払い上から見ると田の字型の大広間となる座敷、
太い欅の柱やサシ、長押など古い農家の面影を残しています。

建築年は明治38年(1905)。
建築期間は初秋から雪が降るまでの3ヶ月間余(約100日)でした。
建築用材は全て松之山地内の佐藤家の山から切り出したものです。
云々。。。

松之山郷民俗資料館と松陰寺。 [新潟県十日町] その1 松之山郷民俗資料館と松陰寺。 [新潟県十日町] その2

縄文時代の土器や土偶、


松之山郷民俗資料館と松陰寺。 [新潟県十日町] その3

松之山郷民俗資料館と松陰寺。 [新潟県十日町] その7 松之山郷民俗資料館と松陰寺。 [新潟県十日町] その9

雪国の生活民具、農耕用具。

松之山郷民俗資料館と松陰寺。 [新潟県十日町] その6

時代を越えた品々、資料がいろいろと展示されています。
もちろん、文学者・坂口安吾さんの遺品等も。


[松之山郷民俗資料館と松陰寺。 [新潟県十日町]]の続きを読む