FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
女渕城 ★前橋市粕川町 その1

「西宿沼」。
戦国時代に造られた女渕城のお堀の一部であり、
歴史的にも価値が高い沼です。~、と案内板に記されています。


女渕城 ★前橋市粕川町 その2

というわけで、やって参りました「女渕城」!
「女渕」と書いて「ona-buchi」と読みます♪

前回、粕川温泉元気ランドで遭遇した巨大な根瘤は
この辺りから掘り起こされたもの。
やっぱり見ておかないと、ですねー。


女渕城 ★前橋市粕川町 その3

=== 案内板より ===
女渕城跡
女渕城は戦国時代に赤城山南麓にあった城の一つ、
要害に広く水濠を用いた平城である。

女渕城は、いつ、だれが城を築いたか詳しくわかっていないが、
戦国時代から歴史上に出てくる。
赤城山南麓地方の他の城と同じように、越後の上杉氏、甲斐の武田氏、
小田原の北条氏などの戦国大名の侵攻を受け、城主の変遷が多かった。


女渕城 ★前橋市粕川町 その4

城跡は東西200メートル、南北450メートルの広い地域を占めている。
主要部は南北320メートル、最大幅90メートルの水濠の東側にあり、
低い土居と堀をめぐらして、北から北曲輪、本丸、二ノ丸、三ノ丸(御霊曲輪)、
竜光寺曲輪が並んでいる。
北曲輪と本丸の東に帯曲輪がある。


女渕城 ★前橋市粕川町 その5

本丸は東西40メートル、南北30メートルあり、
広くて深い水濠で囲まれている。
本丸に接する帯曲輪、北曲輪、二ノ丸にはそれぞれ土橋で通じている。
西曲輪は本丸の西側の広い水濠をへだててあり、
堀をめぐらしている。その先に外濠があった。
城の東側は河川が自然の水濠となっていた。


女渕城 ★前橋市粕川町 その6

天正18年(1590)小田原の北条方の城だったので、
豊臣秀吉方の軍勢に攻められ、
小田原落城と同じく、落城し廃城となった。
云々。。。


[女渕城 onabuchi-jo に参る。。。♪  ★前橋市粕川町]の続きを読む