ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
彌彦神社 ★新潟県弥彦村 その1

おおっ!
忽然と目の前に姿を現した「大鳥居」。


彌彦神社 ★新潟県弥彦村 その2

でかいっ!
新潟県「彌彦神社」であります。
ホントは「iyahiko・伊夜比古」と言うらしいですが、
皆さん「yahiko」と呼んでいるようです♪

しかしデカイ。
高さ30m、扁額はタタミ12畳分の大きさがあるんだとか。。。
すごいな。

彌彦神社 ★新潟県弥彦村 その3

というわけで彌彦神社であります。


彌彦神社 ★新潟県弥彦村 その4

正面の鳥居をくぐるとすぐ右手に神橋。
「玉の橋」と呼ばれるこの橋は、神様が渡る神聖な橋とされ、
人が渡ることは出来ないんだそうです。

それにしても綺麗な橋です☆

彌彦神社 ★新潟県弥彦村 その5 彌彦神社 ★新潟県弥彦村 その6

今日は「菊祭り」。
すごい人手であります(汗
(クリックすると大きな写真で見られます。)


彌彦神社 ★新潟県弥彦村 その7

迫力のある「随神門」。


[延喜式内社、「伊夜比古神社」は「彌彦神社 iyahiko-jinja」  ★新潟県西蒲原郡]の続きを読む
北陸への電車が走る、柏崎の海であります。。。その2

肌を刺すような冷たい空気であります。
日本海っ!
新潟、柏崎の海であります!


北陸への電車が走る、柏崎の海であります。。。その3

だぁ~れもいませんねー。
潮の香りと波の音だけ。。。


北陸への電車が走る、柏崎の海であります。。。その4

冬の日本海。
どんよりしてるなぁ。。。


北陸への電車が走る、柏崎の海であります。。。その6

淋しくなって来るような、
気持ちを持って行かれてしまうような、
なんだか怖ささえ覚えてしまう海の風景であります。。。


[北陸への電車が走る、柏崎の海であります。。。]の続きを読む
上杉謙信と林泉寺 ★上越市 その1

「林泉寺」です。

正面の「惣門」。
春日山城の搦手門を移築したものと伝えられ、
現存する唯一の春日山城の建築物なんだそうです。


上杉謙信と林泉寺 ★上越市 その2

=== 案内板より ===
林泉寺
明応6(1497)年、上杉謙信公の祖父越後守護代長尾能景公が、
父重景公の17回忌にあたり、越府鎮護の古寺址を浄め、
長尾氏の菩提所として建立された、曹洞宗の名刹。


上杉謙信と林泉寺 ★上越市 その3

開山は名僧曇英恵応禅師。
以来その法嗣が代々相続して行き、謙信公は6代天室光育、
7代益翁宗謙に学んで、帰依あつく、
隆盛を極めました。


上杉謙信と林泉寺 ★上越市 その4

上杉謙信と林泉寺 ★上越市 その5

上杉謙信と林泉寺 ★上越市 その6

春日山は越府の要害として長尾氏が居館を構えて守り、
山下のここ林泉寺は、府内守護上杉氏の菩提所至徳寺(臨済宗)
と並んで、共に栄えたが、林泉寺は法灯絶えることなく、
今にその歴史を語りかけています。
云々。。。


上杉謙信と林泉寺 ★上越市 その7

上杉謙信公ゆかりのお寺として知られる林泉寺。
謙信さんは7歳から14歳までの7年間を、
こちらで過ごされたと云います。

仁王門には、謙信さんが書かれた「第一義」の扁額が掲げられています。


[今回は、本丸まで行けなかったけど。。。 その3  林泉寺★上越市]の続きを読む
春日山神社 ★上越市 その1

=== 案内板より ===
春日山神社のご案内
本殿正面にお祭りしている神様
春日山城主 上杉謙信公
童話作家小川未明の父、小川澄晴が昔のままに
謙信公にお住い願おうと建立しました。
若い人達に競技の神様、縁結びの神様として人気があります。


春日山神社 ★上越市 その2 春日山神社 ★上越市 その3

本殿に併せてお祭りしている神様
菅原道真公 学問の神様
岩屋大黒天 商売繁盛の神様


春日山神社 ★上越市 その4

境内の石のお宮にお祭りしている神様
北海稲荷大明神 商売繁盛の神様


春日山神社 ★上越市 その5

ご祭礼
5月5日 みたま祭り(春祭)
8月中旬 謙信公祭(秋祭)


春日山神社 ★上越市 その7

春日山神社 ★上越市 その6

春日山神社 ★上越市 その10

神社建築と境内の施設
本殿と拝殿
宮大工江崎長三郎の作で明治34年の建立です。
長三郎は国分寺の三重の塔を始め小丸山別院や
京都東本願寺の大門なども造った郷土の名工です。

春日山神社記念館
上杉謙信公の宝物室
謙信公の毘、龍、日の丸の軍旗、阿字観本尊、漢字手本などを
展示しています。
云々。。。


春日山神社 ★上越市 その8

春日山神社 ★上越市 その11

というわけで、
「春日山神社」にやって参りました♪
春日山城の中腹にある、上杉謙信さんをお祀りした神社さんです★


[今回は、本丸まで行けなかったけど。。。 その2  春日山神社★上越市]の続きを読む
春日山城 ★上越市 その2

=== 案内板より ===
舌代
白地に毘(び)の字の刀八毘沙門旗印
これこそ上杉謙信公の軍旗である。

公の母君虎御前(とらごぜん)は四天王の一仏法の守護神
毘沙門天王に願いをかけて云く・・・
我れに越後の国の統一平和安全を譲り得る
汝の如く強き男の子を授け給え・・・
と享禄3年(1530年)正月21日春日山城内老母屋敷(現春日山神社)で
見事男児を出産、父為影公は生れ年の庚寅にちなみ虎千代と名付後、
景虎、政虎、輝虎、を圣て謙信と号す。


春日山城 ★上越市 その4

謙信公初陣の日より母より給わりし毘沙門天像を陣中より離さず
毘沙門天の一字を頂き毘の字の旗を一生の旗印と決め
我が軍は毘沙門天の軍隊である
決して私利私欲の戦はしない
常に正義の為の戦である
弱者を援け悪を倒す
ひとたび戦場に出れば毘の字の旗をなびかせて向かうところ敵無く
又百姓には塩米を援助する。


春日山城 ★上越市 その1

遠く関東から小田原城で北条氏康を攻め
鎌倉八幡宮で関東官領職に就任(1561年)
源平の時代より四隣に君臨した甲斐武田騎馬隊を川中島で破り
しかも敵中唯一騎信玄公に切り込む(1561年)
北陸の名城能登七尾城を陥し
織田信長の大軍を湊川で破り(1577年)
越後信濃関東北陸の上杉軍の頭上に
この毘の旗は嶄然とひるがえっていたことであろう。
云々。。。


[今回は、本丸まで行けなかったけど。。。  春日山城跡★上越市]の続きを読む
セロ鈴木さん。 ★その6

大泉町の「どんさん亭」であります♪
リーズナブルで使い勝手の良い大衆居酒屋さん。


セロ鈴木さん。 ★その3 セロ鈴木さん。 ★その5 セロ鈴木さん。 ★その4

やっぱり「牛ステーキ串」、好きだなぁ。。。
「えびとホタテのタルタル」、
それに「かさごの灰干し」。

芋焼酎をボトルでお願いして、
さぁ、1杯やりましょう♪


セロ鈴木さん。 ★その2

なかなか良い雰囲気で盛り上がっております★

ん~。。。
あちらの店員さん。


セロ鈴木さん。 ★その1

あれ~?!

どんさん亭の足利店で、
マグロの解体やってた人ぢゃないの~?!

あれあれあれー!!


[暗い子、どこの子?鈴木さん。。。 セロ鈴木さん発見の巻!!]の続きを読む
日光市 輪王寺大猷院 2010-1

「日光廟大猷院」であります♪
徳川3代将軍・家光公の廟所。

奥に見えるのが仁王門。
手前が「常行堂」と「法華堂」です。

ささ、参りましょう★


日光市 輪王寺大猷院 2010-2

「仁王門」。

大猷院には6つの門がありますが、
こちらはこの廟所の第1番目の門です。


日光市 輪王寺大猷院 2010-3

仁王門にいらっしゃる「金剛力士像」。


日光市 輪王寺大猷院 2010-4

やはり紅葉のこの時季、
さらに整然とした綺麗な風景を奏でていますねー。


日光市 輪王寺大猷院 2010-5

「御水舎」。


日光市 輪王寺大猷院 2010-6

「二天門(雷門)」。

正面左右に、「持国天」「広目天」のニ天を祀っているところから
ニ天門の名前があるそうです。


日光市 輪王寺大猷院 2010-7 日光市 輪王寺大猷院 2010-8

日光市 輪王寺大猷院 2010-9 日光市 輪王寺大猷院 2010-10

背面には、
「風神」と「雷神」がいらっしゃいます。


[日光って、けっこう好き! その2  ★輪王寺大猷院 taiyu-in]の続きを読む
日光って、けっこう好き♪ ★日光山輪王寺 その1-1

日光って、けっこう好き♪ ★日光山輪王寺 その1-2

日光を開山した勝道上人さんの像。
ひさしぶりにやって参りました日光。
曇日ではありますが、まぁまぁ。


日光って、けっこう好き♪ ★日光山輪王寺 その1 日光って、けっこう好き♪ ★日光山輪王寺 その2

「日光山輪王寺 三仏堂」。
(写真をクリックすると大きく見れます♪)

あれれ~っ?!
巨大なシートがかけられ、三仏堂の姿が描かれてます!
もしかして工事中?!


日光って、けっこう好き♪ ★日光山輪王寺 その6

巨大建造物でも建てているような。。。
なにやら50年ぶりの大修理が行われているようです。
(平成19年~30年まで)。

なんと!迫力の本堂が観れないぢゃないですか~(涙
と、嘆き悲しむなかれ。
工事中の、こんな姿も50年に1度しか観られないと思えば。。。
う~ん。


日光って、けっこう好き♪ ★日光山輪王寺 その3

こちらは三仏堂入り口前に植えられている
天然記念物の「金剛桜」。


日光って、けっこう好き♪ ★日光山輪王寺 その4

=== 案内板より ===
天然記念物 金剛桜
黄芽、白花大輪の山桜で花香が強く、樹齢は約500年。

地際より数本の支幹に分かれ、特異の樹形をなし、
その基部の周囲は約5.7mに及ぶ。
繖房状に3~4花を着け、花茎は約3.8cmで、極めて大輪。
花弁は円形で長さ約1.7cm。巾は約1.6cmで、
花弁の縁は重なりあっている。

明治年間、当寺門跡厚大僧正の諡号(しごう)、
金剛心院に因んで命名されたもの。
云々。。。


日光って、けっこう好き♪ ★日光山輪王寺 その5

三仏堂裏手の「護摩天堂」。


日光って、けっこう好き♪ ★日光山輪王寺 その7

綺麗に紅葉した庭。


日光って、けっこう好き♪ ★日光山輪王寺 その8

「大護摩堂」。


日光って、けっこう好き♪ ★日光山輪王寺 その9

そして「相輪橖」。

===
相輪橖(そうりんとう)
慈眼大師(天海大僧正)が寛永廿年に家光公の発願によって
比叡山の宝塔に模して構築した高さ15メートルの青銅の供養等であり
塔内に千部の経典を収蔵し天下泰平国土安穏を祈願せるものなり
という。
云々。。。


[日光って、けっこう好き!  ★日光山輪王寺]の続きを読む
「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その1

ずいぶんと前になりますが、栃木市の巴波川沿いを散策している時に
ヒジョーに気になっていた「山車会館」。

館内は撮影禁止のようで、記事ではアップしませんでしたが、
いつかこの山車が舞うお祭りを見てみたいなー、
と思っていました。


「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その19

というわけでやって参りました「とちぎ秋まつり 2010」!

11月13日(土)、夜。
ホコ天になったメインストリートに
巨大な人形山車が繰り出しております!

どーんっ!、と。
迫力あるなー!

こちらは「仁徳天皇」。


「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その11

「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その2

「天照大神」。


「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その20

「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その3

「雄獅子」。
この獅子頭も山車の1種。
すたたたたー、と駆け抜けて行きました♪


「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その4

「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その5

踊るオバちゃんたち。


「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その6

こんなユニークな山車も。
「諌鼓鳥」。


「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その7

巨大な人形山車を格納するスペース。
2階建ての建物くらいの高さはあるでしょうか?!


「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その8 「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その9

露天のお店でワンカップと焼き鳥をいただき
ますますご機嫌になるわけであります♪

お祭りだもの。。。


「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その10

「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その12

「ぶっつけ」。
お祭りの見どころであります。
人形山車が正面からぶつかり合うように向き合って、
「おりゃおりゃぁ~」みたいな感じでお囃子を競い合います♪

山車の引き手が提灯を高々に上げ、
お囃子を盛り上げます!
「おりゃおりゃ~!」


「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪ ★栃木市 その13


[「とちぎ秋まつり2010」に行って来ました♪  ★栃木市]の続きを読む
えびす講祭りに行ってきました♪[2010] 足利市★西宮神社 その1

いや~、紅葉狩りには絶好の秋晴れ★
夕べに引き続き「えびす講」にやって参りました!

こちら足利市、西宮神社参道であります。
お宝を飾る露天のお店。
綺麗ですねー。


えびす講祭りに行ってきました♪[2010] 足利市★西宮神社 その2

お参りはこちらの石段から。


えびす講祭りに行ってきました♪[2010] 足利市★西宮神社 その8

=== 案内板より ===
西宮神社
当社は、慶長8年(1603年、江戸幕府ができた年)
代官小林重郎左衛門が攝津国(兵庫県)の西宮神社を勧請し
創建した。

商売繁盛、財福清廉の「福の神」としての恵比寿神としての神徳は、
関東一円にわたり、関東総社として多くの人々の崇敬が篤い。
昭和50年には、鎮座400年祭が盛大に行われた。


えびす講祭りに行ってきました♪[2010] 足利市★西宮神社 その6

11月19日、20日の秋季大祭は、10数万余の参拝者で賑わい、
1キロの参道を、お宝売りをはじめ、さまざまな店が並ぶ。
境内の神楽殿では、お神楽の奉納も行われ、
近郷最大の名物行事となっている。
云々。。。


[続・えびす講祭りに行ってきました♪[2010]  足利市★西宮神社]の続きを読む
えびす講祭りに行ってきました♪[2010] 桐生市★西宮神社 その1

えびす講
えびす講(えびすこう)は、地方により異なるが、
主に10月20日・11月20日などに催され、
神無月に出雲に出かける時期に
留守を預かる留守神として竃様(かまどのかみ)をまつり
一年の無事の感謝や
または魚や根菜を中心とした青物が、決まって売られていたので、
農業や漁業の神として五穀豊穣、
大漁祈願を願っての民間行事または秋祭り。
云々。。。
(Wikipediaより)


えびす講祭りに行ってきました♪[2010] 桐生市★西宮神社 その2

と、言うわけで、
相変わらず、すごい人出であります「桐生えびす講」。
人の波の中、ここまで来るのにヨチヨチ歩き状態(汗

やっぱり派手だなー。
お宝もすんごい煌びやかです~★


えびす講祭りに行ってきました♪[2010] 桐生市★西宮神社 その3

いやいやいやいや~、


えびす講祭りに行ってきました♪[2010] 桐生市★西宮神社 その5

ホントたくさんの人がお参りに来てます♪
30分程度で参拝できれば早い方。。。(汗、(汗

それでもなんだか楽しいのが、
えびす講祭り!


えびす講祭りに行ってきました♪[2010] 桐生市★西宮神社 その4

神楽殿ではお神楽が奉納されております♪
いい雰囲気だなぁ~。


[えびす講祭りに行ってきました♪[2010]  桐生市★西宮神社]の続きを読む
筑摩神社 tsukama-jinja ★松本市 その1 筑摩神社 tsukama-jinja ★松本市 その2 筑摩神社 tsukama-jinja ★松本市 その3

松本市にある「筑摩神社」です。
筑摩と書いて「つかま」と読みます。神社の名前も
なかなか難しいですね~(汗

というわけで、こちらの神社さん前にはなんと!
「飯塚」と「五條天神」。
この飯塚というのは、あの坂上田村麻呂にやっつけられた
八面大王さんの首塚なんだそうですよー。
首を埋めたところ。。。


筑摩神社 tsukama-jinja ★松本市 その4

そして正面にももう1つ神社さんがありましたけど
社号がなくてわかりません。。。

で。
いよいよ。


筑摩神社 tsukama-jinja ★松本市 その5

こちらが「筑摩神社」です!
「鳥居」には「八幡宮」の額がかかってます?!
ん?


筑摩神社 tsukama-jinja ★松本市 その6

2つ目の朱色の鳥居と向こうに見える「山門」。
背の高い木が多く立ち並び、
境内も広々としています。。。


筑摩神社 tsukama-jinja ★松本市 その7

「狛犬」クン♪
立派なタテガミを持った、まさに獅子?!
ライオンのようであります!


筑摩神社 tsukama-jinja ★松本市 その8 筑摩神社 tsukama-jinja ★松本市 その9 筑摩神社 tsukama-jinja ★松本市 その10

「境内社」があちこちに。
「弓矢塚」と記された石碑もありました。
なんだろ?。。。


[筑摩神社 tsukama-jinja に参る。。。  ★松本市]の続きを読む
旬が美味しい♪ 旬彩和食 仁や その1

足利市にある和食屋さん、
「仁や」さんにお邪魔しています♪

いつも楽しみなんですよねー。
新鮮な旬のお魚が味わえるから。
グラス生ビールをやっつけて、お通しの「あん肝ポン酢」。
濃厚なあん肝とミョウガとネギ、
それに紅葉オロシが抜群!


旬が美味しい♪ 旬彩和食 仁や その2

グラスビールを一撃でやっつけた後は、
鹿児島の芋焼酎「相良兵六」。
寒くなるとやっぱりお湯割りかな。。。

そして「銚子産 真だこのお刺身」です。
タコはあまり食べないかも?
でもこちらの真だこ、味があります~。
きゅっ、と身が引きしまって、ほんのりとした甘味。
歯応えのある白身って感じです★
美味しい。


旬が美味しい♪ 旬彩和食 仁や その3

「地金目のお刺身」。
お刺身の中でも大好きな一品。
言うことなしデス★


旬が美味しい♪ 旬彩和食 仁や その4

「コリコリつくね串」。
普段はあっさり味の「塩」でお願いするのですが、
今夜は「タレ」で!
甘味のあるタレは、つくねによぉ~くからみます♪
コロン♪とした大きいつくねと軟骨の食感がたまりません。
甘いんだけど、芋焼酎に良く合うのです★
ウマっ。


[真だこの刺身とコリコリつくね♪  足利市★旬鮮和食 仁や hitoshiya]の続きを読む
深志神社 ★松本市 その1

正面「鳥居」より。

深志神社 ★松本市 その2

向こうに見える朱色の社殿がとても印象的。
松本市にある「深志神社 fukashi-jinja」であります。

正面、拝殿の前にある神楽殿。
この辺りの神社さんは、やはりこういう社殿の配置が多いのかな?
ウムム。。。


深志神社 ★松本市 その3

「狛犬」クンは2対いらっしゃいました★
こちらは初めの狛犬クン。


深志神社 ★松本市 その4

「あれれ?」みたいな。
とてもユーモラスな表情♪


深志神社 ★松本市 その5 深志神社 ★松本市 その6

「手水舎」と境内社の「恵比寿神社」。

深志神社 ★松本市 その7 深志神社 ★松本市 その9

天満宮では牛は神様のお使いです。
臥牛の像がありました。


深志神社 ★松本市 その8

鮮やかな色合いの「神楽殿」と、

深志神社 ★松本市 その10

石塔の上の小さな祠★
「三峯山」と彫られていますから
「三峯神社」でしょうか?。。。


[深志神社 fukashi-jinja に参る。。。  ★松本市]の続きを読む
深志神社前の、富士浅間、金比羅、多賀神社 ★松本市 その1

深志神社をお参りする前に。。。

あれ?これ境内社かな?と
小さな神社さんがありました★

深志神社前の、富士浅間、金比羅、多賀神社 ★松本市 その2

「狛犬」クン。


深志神社前の、富士浅間、金比羅、多賀神社 ★松本市 その3

そして「拝殿」。
拝殿には「富士浅間神社」、「金刀比羅宮」
と記された額が掲げられております。


[深志神社前の、富士浅間、金刀比羅、多賀神社  ★松本市]の続きを読む
松本銭座の記 その2

=== 案内碑より ===
松本銭座の記
越前大野五万石から、信濃松本七万石に転じた
松平出羽守直政は、寛永13年幕府の命を受け、任地松本に銭座を設け、
庄内堀米の2箇所において寛永通宝を鋳た。


松本銭座の記 その1

鋳銭は、寛永14年からとみられるが、
同15年2月に直政は出雲松江十八万石に転じ、同18年には
幕府から、地方鋳銭の禁止令が出されているので、
この期間に中止されたものと思われる。
鋳銭の請元は松本本町の今井勘右衛門で、
鋳工は飯田町の三輪忠兵衛と伝えられている。

松本銭座は、寛永年間に置かれた全国11銭座の1つで、
江戸に置かれた金座や銀座と共に、
江戸に幕府の貨幣制度を整えるために重要な役割を果たした。
云々。。。



以前の記事はこちらから。
信濃国の三ノ宮であります。。。  松本市★沙田神社 isagoda-jinja

松本銭座の記
@長野県松本市深志

沙田神社 isagoda-jinja ★松本市 その1

松本市にある「沙田神社」です。
沙田と書いて「いさごだ」と読みます。
こちらの神社さんの前に1つの石塔。

=== 案内板より ===
真言宗 蓬島山普明院神宮寺跡
創立年次不詳・延喜式の古社沙田神社の別当寺として、
本地垂迹説(神仏合体)により創立された由緒ある大寺であった。
江戸時代、寺領一町五反余を領した。
明治3年松本藩の廃仏毀釈(神仏分離)により廃寺となる。
のち明治5年の学制発布と共に翌6年に博明学校(三の宮学校)として
使われた。
云々。。。


おお~っ、いきなり深いです~。


沙田神社 isagoda-jinja ★松本市 その2

沙田神社 isagoda-jinja ★松本市 その3

こちらの沙田神社なのですが、
自分ではすっかり忘れていまして、以前の記事の中で
行ってみたいなぁ~、と書いていた神社さんなのです。

鳥居の額には「信州三ノ宮」と記されています。


沙田神社 isagoda-jinja ★松本市 その4

こちら、ですねー。↓
木曽義仲の足跡  群馬県北橘村★木曽三社神社

巡り巡ってやって参りました!


沙田神社 isagoda-jinja ★松本市 その5

「大鳥居」、「ニノ鳥居」を過ぎ、
少しだけ長い参道。


沙田神社 isagoda-jinja ★松本市 その6 沙田神社 isagoda-jinja ★松本市 その7 沙田神社 isagoda-jinja ★松本市 その8

手前にある、
「ご神木」、「手水舎」、「蚕玉社」。


沙田神社 isagoda-jinja ★松本市 その9

そして境内。
沙田神社であります♪


[信濃国の三ノ宮であります。。。  松本市★沙田神社 isagoda-jinja]の続きを読む
梓川SAにて。その1

上信越自動車道から更埴Jctを分岐、長野自動車道へ。
豊科を過ぎ「梓川SA」であります。

今日も早起きですよ~っ!


梓川SAにて。その2

と、しかし。
軽井沢附近ではそうとう降られた(汗
バケツをひっくり返したような大粒の雨。

今でこそ止んではいるものの、
大きく曇った空は相変わらずです。


梓川SAにて。その4

向こうの方が明るくなってきたなー、くらいにしか、
「朝」がわかりませんでした(汗
ぼんやりと少しずつ明るくなってきて、気付いたら「朝」みたいな。。。

う~ん、残念っ!
早起き先生、朝日を拝めず、の巻き。。。
梓川SAにて、の朝デス。
もう、けっこう人もいるよっ。


[早起き先生、第7話。「梓川サービスエリアにて」  ★長野県]の続きを読む
和作さん 今回はおでんと唐揚げ。手羽もタベタョ ★足利市 その2

ん~っ、今夜はおでんが食べたいっ!
思い立ったら吉日で、食べたい時がウマイ時!

足利市の「和作」さんにお邪魔しています♪

ふいぃ~、さぶいぃ~、
熱燗、お銚子1本いただきながら、
しらすおろしの「お通し」です。ポン酢で美味しい★


和作さん 今回はおでんと唐揚げ。手羽もタベタョ ★足利市 その3

そして、
お待ちかね~、の「おでん」です!
そう、私は大根とはんぺんが大好き。


和作さん 今回はおでんと唐揚げ。手羽もタベタョ ★足利市 その4

お任せでね~♪
嫌いな具もありませんから!
ん~、いい香りぃ~。


和作さん 今回はおでんと唐揚げ。手羽もタベタョ ★足利市 その5

大根にサクッ、と箸を入れ。。。
熱いところをフゥフゥ言いながら召し上がれ!

ん~っ、体も温まるし、
なんだか最高にオイシイ☆
やっぱり食べたい時に食べたいモノ、ですよねー?!


和作さん 今回はおでんと唐揚げ。手羽もタベタョ ★足利市 その6

こちらは「キンチャク」。
糸こんと鳥肉がぎっしり詰まっています!

うぅ~、
お酒、もう2つ付けちゃってくださいなっ。


[食べたい時がウマイ時!和作さんのおでんであります♪  ★足利市]の続きを読む
瀬波温泉 大観荘の源泉 その1

瀬波温泉 大観荘の源泉 その2

新潟であります!
村上市、瀬波温泉「大観荘」さん♪

源泉とありますが、ここから噴出しているのかな?
こういう施設は初めて見ました♪


瀬波温泉 大観荘 その1 瀬波温泉 大観荘 その2

まだまだ明るいうちにチェックイン!
初、瀬波のお湯!
内湯と露天、ゆっくりとつかって♪
(クリックすると大きく見れます。)

露天のお湯は若干黄金色をしています。
なにやら化学反応でこんな色になるんだとか。
天然温泉だね~★

あ゛~、
海だぁ~。


瀬波温泉 大観荘 その4

ひと風呂浴びて、
海岸を散歩であります。。。


瀬波温泉 大観荘 その30

ざざぁーんっ、て。


瀬波温泉 大観荘 その3

海なし県の人ですから。
波がウレシイ★
手ですくってなめてみたりする。
塩辛いですよね。。。


瀬波温泉 大観荘 その5

ホテルの前には足湯もあります♪
「足湯日本海」!
ご利用時間は6:00~22:00であります。

の~んびりとつかって。。。


瀬波温泉 大観荘 その6

カメラマンが出没するころ。。。


瀬波温泉 大観荘 その7


瀬波温泉 大観荘 その31

海岸はオレンヂ色に輝き出します。。。
おお。。。


瀬波温泉 大観荘 その8 瀬波温泉 大観荘 その9

さぁさぁ、これからの時間は、
貸切風呂に陣取って★

ご覧ください。。。↓


[せなみの湯、大観荘さんにて。極上の夕焼け♪  ★村上市]の続きを読む
せなみの湯、大観荘さんの夕食であります♪ ★村上市 その1


せなみの湯、大観荘さんの夕食であります♪ ★村上市 その2


せなみの湯、大観荘さんの夕食であります♪ ★村上市 その3


せなみの湯、大観荘さんの夕食であります♪ ★村上市 その4


せなみの湯、大観荘さんの夕食であります♪ ★村上市 その5 せなみの湯、大観荘さんの夕食であります♪ ★村上市 その6


[せなみの湯、大観荘さんの夕食であります♪  ★村上市]の続きを読む
岩船大祭 岩船神社 ★村上市 その1-2

2010年10月18日、今日。
村上市の岩船地区。岩船大祭「宵宮」当日であります。
岩船神社で行われる岩船大祭。
海上の安全、商売繁盛、大漁を願った港町の壮麗なお祭り。

それぞれ町内で巡行する祭礼屋台の準備が
忙しく行われています♪
この祭礼屋台は地元では「おしゃぎり」と呼ばれています。

今夜が宵宮行事、明日が本祭なんですねー。


岩船大祭 岩船神社 ★村上市 その2

各町内ごとに9台のおしゃぎりがあるんだそうです。


岩船大祭 岩船神社 ★村上市 その3

港町らしく、
なかなか勇壮な風景にも見えます♪


岩船大祭 岩船神社 ★村上市 その4

おおーっ。
カッコイイ。。。


[岩船大祭の宵宮にて。。。  村上市★岩船神社]の続きを読む
西宮神社は、七福神の一人・お恵比寿様を祀る神社で、
毎年11月には「恵比寿講」祭りが行われます。
お恵比寿様は「福の神」のことで、
恵比寿講祭りは開運や商売繁盛を願うお祭りです。
さぁ、皆でいってみよーっ!

というわけで2010年、恵比寿講デス。



桐生市「えびす講」 
日 時/2010年11月19日(金)~20日(土)
場 所/桐生西宮神社・群馬県桐生市宮本町2丁目





足利市「恵比寿講」 
日 時/2010年11月19日(金)~20日(土)
場 所/西宮神社・栃木県足利市西宮町3129




[えびす講★「2010」]の続きを読む
岩船神社 ★村上市 その26

岩船神社と隣り合わせにある「磐船招魂社」。
明神橋の向こうから見えたのは、こちらの白い「鳥居」ですね。

岩船大祭の今日、境内の真ん中にはテント?が張られています。
ちょっと失礼しまして。。。


岩船神社 ★村上市 その23

ん?
これかな?

こちらの神社さんが磐船招魂社でしょうか?
小さなお社であります。
ウム。。。


と。

岩船神社 ★村上市 その24

お。

お?


岩船神社 ★村上市 その25

おおーっ!!
私って柵好き?(汗。。。


=== ウィキペディアより ===
磐舟柵
磐舟柵(いわふねのき、いわふねさく)は、古代日本の城柵の一つで、越国におかれた。
石船柵とも書かれた。648年に現在の新潟県村上市岩船の辺りに置かれ、
廃絶の時期は不明だが8世紀初めまで存続した。

歴史的な考察から石船神社(いわふねじんじゃ)付近にあったとされるが、
遺跡そのものや場所を特定するだけの史料が発見されていない為、
正確な場所は判明していない。

概要
「日本書紀」の大化4年(648年)是歳条に、
「磐舟柵を治めて蝦夷に備え、越と信濃の民を選んではじめて柵戸を置いた」とある。
磐舟柵の設置を記したものである。
この前年には渟足柵が造られており、ともども北方の備えにあたったが、
磐舟柵のほうが北の荒川と三面川の両河口のほぼ中間地点あったとされ、
最前線の拠点だったと考えられている。

その後、「続日本紀」によれば、
文武天皇2年(698年)12月21日に越後国に石船柵を修理させた。
文武天皇4年(700年)2月19日には越後国と佐渡国に石船柵を修営させた。

磐舟柵に関する記録はこの700年で途切れる。
708年頃さらに北に出羽柵が建てられ、最前線の柵はこれに替わった。
このとき廃絶された可能性もあるが、
養老年間(717年 - 723年)まで渟足柵が存在したことがわかっているので、
磐舟柵も続いた可能性もある。結局のところいつ廃されたかは不明である。

磐舟柵と渟足柵など初期の城柵の遺跡は未だ見つかっていない。
この当時の柵がどのようなものだったかは推測というより想像で語るほかない状況である。
云々。。。


[磐船柵跡の碑と、饅頭岩。  村上市★磐船招魂社]の続きを読む
岩船神社 ★村上市 その1

村上市にある岩船地区。
小さな港町であります。

「明神橋」を渡ると「岩船神社」。
ここからも鳥居が見えます♪


岩船神社 ★村上市 その2

海のすぐ近く、
港のすぐ近くにある歴史ある神社さんです。

やって参りました、この日。
今日、10月18日は岩船大祭、宵宮当日でありました♪
お祭りって聞くとワクワクしません?!


岩船神社 ★村上市 その27

神社の境内もあちこち提灯で飾られています★
ちょっとお化粧をした、神社さんのハレノ日♪


=== 案内板より ===
岩船神社(式内社)由緒
一.御祭神
饒速日命(にぎはやひのみこと)
罔象女命(みずはのめのみこと)
高龗神(たかおかみのかみ)
闇龗神(くらおかみのかみ)

一.創建
大化4年(648)磐船柵がおかれたとき、石の小祠があったと
伝えられる。
大同2年(807)北陸道観察使秋篠朝臣安人が
京都の貴船明神を勧請され奉祀される。


岩船神社 ★村上市 その3 岩船神社 ★村上市 その4

一.境内地
約4000坪(約13300平方米)
社叢、椿林、他(天然記念物)
新潟県文化財に指定
境内社、金比羅神社、他
芭蕉句碑、2基
磐船招魂社、磐船柵跡碑
祭礼屋台倉庫、2棟、9台分

一.例祭日(岩船まつり)
毎年10月18日(宵宮)
毎年10月19日(本祭)
新潟県無形民族文化財に指定
云々。。。


岩船神社 ★村上市 その5

大和朝廷の命令で、阿部比羅夫によって築かれた「磐舟柵」。
それ以前にあった石の祠がこの神社の前身と伝えられているのですから、
ホ~ント、ずいぶん古い神社さんなのです★


参道沿いの「狛犬」クンと、


岩船神社 ★村上市 その6

「手水舎」。

岩船神社 ★村上市 その19

ゆるやかな上りの参道から
いよいよ境内です!

向こうに見えるのはお神輿。
手前には槍が立てられています。
オモシロいな。


岩船神社 ★村上市 その7

社殿前の「狛犬」クン。
チッコイ狛犬クンのお尻を抱えております。


[岩船神社 iwafune-jinja にやって参りました♪  ★村上市]の続きを読む
鮨 川むら本店 ★村上市 その1

「いやいやいやいやーっ、どこからお出でですか?
お仕事?観光ですかー?
オタクさん、今日はラッキーだなー、
今日は休もうと思ってた、実は。
最近はね、仕事しないようにしてるから~。」

のっけから飛ばしてくるご主人★
村上市の「川むら鮨 本店」さんにお邪魔しております。


鮨 川むら本店 ★村上市 その2

「飲む?飲むでしょう?お昼だもの。
うちのは旨いよ、塩から。ワタが多いから!」

有名な地酒もこちらが地元。
「〆張鶴 純米吟醸・純」を1杯。
ご主人が言うだけあって風味が豊かな「塩から」。
海の香りがするようです。。。


鮨 川むら本店 ★村上市 その3

「お任せ?はいっ、お任せ10貫ねっ。
はいよ、今にぎろうと思ってたとこ、これホント。」

「アオリイカ」と「キス」。


鮨 川むら本店 ★村上市 その4

「本ずわい」と、、、
「南蛮エビ」。なんですが、
調子にのって、エビ、食べてしまった。。。(汗

「シャリだってねぇ、新潟の新米ですから!」
そして変らず飛ばしていくご主人。


鮨 川むら本店 ★村上市 その5

「貝柱」。

「なんでうち来たの?
え、駅前にあったから?はー、そうですかっ!」


[川むら鮨本店さんの、お任せ10貫!  ★村上市]の続きを読む
笹川流れ その1

遊覧船に乗ってみよう!

新潟県村上市の「笹川流れ」。
名勝として有名なところであります。

こちらでチケットを購入するのですが、
「天ぴ屋」さん♪
笹川流れで水揚げされた地魚の販売所。
干物などを売っているんですねー。


笹川流れ その2

炭火で炙ったのを試食させてくれます♪
「気に入ったら買って行ってねー。」みたいな感じです。

ところがこちらの干物、すんごい美味しい!
脂がのっていてとてもジューシーですし、旨味がたっぷり♪
「干物ってこんなに美味しかった?!」ってくらい、驚き感激。

お店の方は「しっかりと天日と潮風にさらして手作りしてますから~。」
と、おっしゃっていました。
なるほど★


笹川流れ その3

というわけで船がやって参りました。
小さく見えますが、これで120名ほど乗船出来るんですねー。

初めての笹川流れ。
楽しみ~♪


笹川流れ その4

少し波が高く、多少揺れるかも知れないとの事。
軽い揺れもすごく楽しい♪

Let's go!!


笹川流れ その5

おお~っ。。。


[笹川流れにて、絶景かな、絶景かな。。。  ★村上市]の続きを読む
「須永辰緒の夜ジャズ」

Le Coeur 10th Anniversary 「須永辰緒の夜ジャズ」
日 時/2010年11月13日(土)
日 時/open 18:00
日 時/stageⅠ 19:30~
日 時/stageⅡ 20:30~
日 時/DJ play (須永辰緒)
日 時/close 23:30

出 演/DJ: 須永辰緒
出 演/LIVE: Blu-Swing

会 場/ガレリア・スカーラ

チケット/[Ⅰ部・Ⅱ部通し券] 5000円(Food,1Drink)
チケット/[Ⅱ部] 3,000円(1Drink)

チケット、お問い合わせ/Le Coeur Heart TEL 0284-72-2715
チケット、お問い合わせ/ガレリア・スカーラ TEL 0284-22-2202


友人のOクンがオフィスに届けてくれたチラシ。
ル・クールさんの「10th Anniversary」、須永辰緒さんの「夜ジャズ」。
んんん~、これはイイかも!



以前の記事はこちらから。
夏のデザート Le・Coeur★ル・クール 足利市
ランラン♪ランチ@galleria-scala  足利市★ガレリア・スカーラ

ガレリア・スカーラ
@栃木県足利市通3丁目2776-1

新潟駅前 その1

新潟駅前 その2

新潟であります。
関越道を突っ走り、約3時間♪
その夜、私は新潟の駅前にいたっ!

というわけで、さっそくです。。。


ろばた、串焼の店 大衆酒場 天下一 ★新潟市 その1

駅前にあります「天下一」さん★
お店の前を通った時に、暖簾の隙間からのぞけた
なんとも良い雰囲気のカウンター。
これぞ酒場♪
迷わず直行であります!

ポケットマネー・サラリーマン天国、の看板が
うれしく、眩しい☆☆☆


ろばた、串焼の店 大衆酒場 天下一 ★新潟市 その2

お店の奥にはテーブル席もありましたが、
もちろんカウンターに陣取り。。。

お通しは「茄子の油味噌」。
なんだか懐かしいなぁ。

やはり新潟ということで地酒をいただくわけであります♪
まずは熱燗。近くの酒蔵さんのお酒だと聞きましたが、
さらりとした辛口ですごく美味しかった♪
これははかどりマスっ!


ろばた、串焼の店 大衆酒場 天下一 ★新潟市 その11

ちびちび飲りながら、
カウンター席の醍醐味を楽しみましょう!

あの氷の中に、いろんな魚が隠れているんですよねー♪


ろばた、串焼の店 大衆酒場 天下一 ★新潟市 その10

そこからひょいっ、と取り出して、
じっくりと焼き上げるわけです。
美味しい香りがこちらまで届いて。
う~ん♪


[駅前酒場、カウンター席にて1杯♪  新潟市★大衆酒場 天下一]の続きを読む
よみがえる江戸の粋!栃木秋まつり  ★栃木市

=== パンフレットより ===
江戸との舟運そして日光例幣使街道の宿場町として栄えた
「小江戸とちぎ」には、商人の心意気が残っています。
「とちぎ秋まつり」は明治7年(1874)県庁構内(当時栃木町)で行われた
神武祭典に山車を繰り出し祝ったことに始まり、
慶事や祝典の時に山車を巡行し祝いました。

絢爛豪華な山車が蔵の町並みを巡行する様は
栄華を極めた往時の栃木を彷彿とさせます。
是非、蔵の町並みや巴波川の景観と共にお楽しみ下さい。
云々。。。


1年おきに開催される盛大なお祭りです!
山車の迫力、夜間のライトアップも見所です!
さぁ、皆で行ってみよーっ!


「とちぎ秋まつり2010」
期 間/平成22年11月12日(金)~11月14日(日)まで
会 場/栃木県栃木市:蔵の街大通り

詳細ページはこちらから。
とちぎ秋まつり