FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
秋、酒蔵にて。 ★中之条町

酒をテーマにした様々、個性ある作家さんが集まる作品展。
昨年は前橋市の山賀煉瓦倉庫で行われましたが、
今年は会場を中之条に移して決行!

「秋、酒蔵にて」。
作家さんも16人に増え更にパワーアップ!
ヒジョーに楽しみなイベントであります♪
日本酒の試飲も出来るというぢゃありませんか?!
これは随分なご馳走だねっ★
マジ行くしかないっ!
さぁ、皆でいってみよー!


「秋、酒蔵にて 2010」
日 時/2010年10月30日(土)~11月3日(水)
開催時間/10:00~18:00
会 場/旧廣盛酒造
入場料/無料

陶/籠橋宗範、清水貞志、村田康男
Junk art/主代淳典
木/大野修志、小美濃厚夫、鎌田純男、斉藤秀樹、平井敦、吉澤良一
鉄/鈴木浩
石/明田一久、外丸治
絵/高橋芳
書/矢部澄翔
食/堀澤宏之


●オープニングパーティ 10/30(土) 18:30~
●交流会     11/2(火) 18:30~
作家16人が「酒」をテーマに製作した様々な作品を展示販売いたします。
酒蔵のご協力によりご提供頂いたお酒を、
各作家の手作りぐい呑みで味わい語り合いましょう。

問い合わせ・・・
鎌田/090-4700-8734
吉澤/090-3436-8607



以前の記事はこちらから。
「秋、酒蔵にて」に行って来ました!  前橋市★山賀煉瓦倉庫中蔵
「秋、酒蔵にて」  前橋市★山賀煉瓦倉庫中蔵

旧廣盛酒造
@群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町909-16

青島神社 宮崎市青島 その2 青島神社 宮崎市青島 その3

=== 案内板より ===
御由緒
彦火火出見命が海宮からお帰りのときの御住居の跡として
三神をお祀りしたと伝えられている。
始めてお祀りした年代ははっきりしていないが、
日向土産という国司巡視記に嵯峨天皇の御宇(約1179年前)
崇祀青島大明神と書いてあったといわれる文亀(室町時代約488年前)以後は、
藩主伊東家の崇敬が厚く、御社殿の改築や境内の保全に万全を尽され、
明治以後は国内絶無の熱帯植物繁茂の境内を訪ねる人が多く、
縁結び、安産、航海、交通安全の神として、
益々神威が輝くようになった。
云々。。。


青島神社 宮崎市青島 その1

何度か来たことがあります。
宮崎市、青島にある「青島神社」。
歴史深く、神話や伝説が数多く残されている神社さんです。


青島神社 宮崎市青島 その4

===
御境内
昔から霊地として一般の入島は許されず
藩の島奉行と神職だけが常に入島し
一般は旧3月16日島開祭から島止祭(同月末日)まで
入島を許されていたが元文2年(252年前)当時の宮司
長友肥後が一般の参拝者にも入島を許されるよう
藩主にお願いして許可され以後入島が自由になった。

昔から聖域として保護されたので植物、岩石が
自然のままに残り
大正10年3月植物が、昭和9年5月岩石が天然記念物に指定され
国の保護を受けることになったのである。
云々。。。


青島神社 宮崎市青島 その6 青島神社 宮崎市青島 その7 青島神社 宮崎市青島 その9

左から、
御祖神社、玉の井、祓所。


===
御祖神社(みおや神社)
青島神社氏子神徒の祖霊並びに氏子戦病死者の霊を祀る。

玉の井
玉の井とは、海積宮(竜宮城)の入り口にあったとされる井戸の事であり
彦火火出見命の頸飾り(まが玉)が語源と思われる。
古事記によれば、彦火火出見命と豊玉姫命との
出会いのきっかけとなった井戸であるとも記されている。
今でも年間を通して水を汲みに来社される人々が絶えず
病気平癒・家内安全等の清めの水として使用されている。
また周囲を海に囲まれているにもかかわらず塩分は全く含まれていない。
不思議なことに対岸の山頂に塩水の湧き出る場所があり
水源が入れ替わっているのでは等の伝説が残されている井戸でもある。
云々。。。


青島神社 宮崎市青島 その8

「手水舎」のドラゴンと、


青島神社 宮崎市青島 その5

「狛犬」クン。
南国調かな。。。


青島神社 宮崎市青島 その10

神門をくぐり、
「拝殿」です。
朱の色がとても鮮やか。


青島神社 宮崎市青島 その11


[神々の伝説が残る。。。  青島神社★宮崎市]の続きを読む