FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
山上古墳と山ノ上碑 ★高崎市 その1の、その1

=== 案内板より ===
来迎阿弥陀画像板碑
剣菱形の緑泥片岩の板碑の上半に、薄肉彫りで
右斜めを向いた阿弥陀如来一尊を刻んでおり、下半には、
中央に「建治4年正月 日」と紀年銘を刻み、その両側に
一対の華瓶(二具足)を線刻している。

二条線は剥落したのか明らかでない。
高さ97.5センチ、幅33センチ、厚さ5センチの一般的な大きさである。

山上古墳と山ノ上碑 ★高崎市 その1の、その9

阿弥陀の顔は右斜め下にむかい、頭部には放射状の頭光(輪光)を
線刻しており、印相は、右手をあげ左をたれた来迎印を結び、
踏み割り蓮座の上に立っていて、信仰者の臨終にあたって
これを極楽浄土に迎える弥陀来迎の形式をとっている。

銘文の建治4年は西暦1278年、鎌倉時代中期の造立である。

山上古墳と山ノ上碑 ★高崎市 その1の、その2

板碑は、鎌倉中期にあらわれ、戦国時代ころまでつくり続けられる。
五輪塔などの墓標とあわせて建てられるので、
年回などの際に建てられる現在の卒塔婆にあたる。
云々。。。

山上古墳と山ノ上碑 ★高崎市 その1の、その4

===
三郡板東の札所 窟堂址(馬頭観音)
江戸時代の中頃、旅をおぼえた民衆は、名所古跡を訪ね、
古来の札所を廻った。
西国三十三所の観音札所であり、板東の札所である。

しかし一般の庶民にとって、これら長距離の札所は高嶺の花で、
とうてい順礼することはできない。
そこで考えだされたのが、ミニ観音札所や、
四国八十八か所になぞらえた新四国である。


[山上古墳と山ノ上碑 yamanoueno-hi その1  ★高崎市]の続きを読む